楽天ゴールドカードの審査はどこを見られる?結果はすぐ届く?

公開日:

楽天カードの審査基準とは?

楽天ゴールドカードは比較的簡単に持てるゴールドカードとして人気が高く、利用者も増加しています。

一般的なゴールドカードと同じ機能を持ちつつ、審査を通過さえすれば誰でも利用できるという手軽さを持っています。

年会費がとても安いゴールドカードとしても知られており、多くの方が審査を受けているのも事実です。

しかし、楽天ゴールドカードの審査に落とされる人もいて、なかなかゴールドカードを使えなくて困っているのです。

これから利用したいと考える方は、審査に落とされる問題点などを踏まえてから審査を受けたほうがいいでしょう。

楽天ゴールドカードの審査方法は一般カードと違う?

楽天ゴールドカードの審査方法は一般カードと違います。

一般カードは一般カードを利用できるかという視点で審査を受けますが、ゴールドカードは一般カードよりもランクの高いカードです。

当然ですが厳しい審査を受けますので、対策をしないと審査に落とされてしまいます。

楽天カードは元々審査基準がそこまで厳しいカードではなく、利用できる人はとても多いのです。

しかし、楽天ゴールドカードとなれば審査基準が厳しくなり、楽天カードよりも収入等をしっかり得ていなければ審査に落とされてしまいます。

また、過去の利用状況などがかなり重要になっています。

利用状況が良くないと判断されれば審査に落とされてしまうため、より安心して審査を通過するために利用状況を改善しておかなければなりません。

過去に一般カードで問題を起こしていると審査は通過できません。

楽天ゴールドカードは審査基準が他のゴールドカードよりは甘めかもしれませんが、審査基準が一般カードと同じレベルではありません。

当然ゴールドカードを持つための厳しい審査を行い、最終的に利用できるか判断しているのです。

また楽天の一般カードの審査基準については、こちらの記事で詳しく解説しています。

楽天カードの審査は厳しい?審査期間はどれくらいかかる?

楽天ゴールドカードはクレヒスを詳しく審査する

楽天ゴールドカードの審査基準として、クレヒスを確認しています。

クレヒスというのは、クレジットカードヒストリーの略称で、クレジットカード履歴を見られるのです。

つまりクレジットカードを利用している履歴等を踏まえて、楽天ゴールドカードの審査を受ける形となります。

過去に利用しているクレジットカードの情報は、クレジットカードに関連する信用情報として残されています。

この情報をクレヒスとして楽天側が確認しており、最終的にカードを持たせてもいいと判断すれば楽天ゴールドカードを発行します。

一方で駄目だと判断されれば審査に落とされます。

クレヒスの内容に問題があると判断される理由として、過去にクレジットカードの返済ができていなかったり、クレジットカードのキャッシング等で問題を起こしている、もしくはクレジットカードの審査に何回も落とされているような状況があれば、審査落ちが待っています。

こうした状況は避けるようにしましょう。

クレヒスをしっかり見られて審査を受けるため、楽天ゴールドカードは過去の利用状況がとても重要だと考えてください。

切り替え審査は今までの利用状況を厳しく見られる

楽天カードから楽天ゴールドカードへ変更する場合、切り替え審査として今までの利用状況を確認されます。

楽天ゴールドカードを持たせてもいいか、楽天カードの利用履歴を全て確認され、問題がなければ審査を通過できます。

切り替えの場合、楽天カードで問題を起こしていなければほぼ審査を通過できます。

一方で遅延などを起こして、クレジットカードの返済をしっかり行っていない人は審査に落とされます。

楽天カードで問題を起こさなければ基本的には審査を通過できるので、まずは楽天カードの利用状況を思い出しておきましょう。

なお、切り替え審査で落とされた場合、あまりにも楽天カードの利用状況が悪いと、カード自体の利用停止措置を取られる場合があります。

楽天ゴールドカードの審査で見られるポイントはどこ?

楽天ゴールドカードの審査を受けるなら、ゴールドカードの審査で見られるポイントをしっかり見ておきましょう。

審査基準をしっかりと確認しておかないと、間違ったイメージで審査を受けてしまい、楽天ゴールドカードの審査に落とされてしまいます。

審査落ちとなれば、折角ゴールドカードを発行できるチャンスだったものが一瞬で失われてしまいます。

審査で見られるポイントとして、基本的に利用状況が重要視されます。

クレジットカードの返済や問題なくカードを使っているかという情報を確認し、問題がなければ審査を通過できます。

他には収入面の安定感も重要です。楽天ゴールドカードは収入の安定性もかなり重要なポイントとしており、安定して返済できるほどの収入であれば審査を通過できます。

多くの収入を持っていれば、楽天ゴールドカードの審査をクリアできるかもしれません。

他にも一般カードの限度額がどれくらい残されているかが大事です。

一般カードの限度額は利用し続ければ増額される場合もあります。一定以上の限度額を確保できていれば楽天ゴールドカードの審査は通過しやすくなります。

逆にあまりにも限度額が低いと審査に落とされる可能性はかなり高まるので気を付けましょう。

一番重要なのは申込者の収入が安定しているかどうか

重要視されるポイントの1つが、申込者の収入が安定しているかどうかです。

収入が不安定で、明らかに返済能力がないと判断されれば審査に落とされてしまいます。

確実に審査を通過したいなら、安定した収入を確保したほうがいいでしょう。アルバイトやパートの収入では、楽天ゴールドカードの審査基準をクリアできない場合もあります。

ゴールドカードはより高い収入を要求される傾向があり、300万円程度の年収を確保しなければ審査通過は難しいでしょう。

より安定させたければ500万円以上の年収を持っていれば問題はありません。

収入が安定しているだけでもかなり審査を通過しやすくなります。審査を通過するなら年収アップ等を図り、確実に返済できる能力を持ったほうがいいのです。

切り替え審査の場合は一般カードの限度額も見られる

切り替え審査を受ける際、一般カードの限度額を確認されます。

一般カードの限度額が低すぎる場合、楽天ゴールドカードを持つほどの限度額ではないと判断されて審査に落とされてしまいます。

従って限度額が10万円程度しか手に入らないような状態では、楽天ゴールドカードの審査は通過できないのです。

一方でかなり大きな限度額を持っているなら、楽天ゴールドカードの審査は通過できます。

限度額が多ければ多いほど、クレジットカードを使っていて信用できる、そして返済能力を確保していると判断されるためです。

従って楽天ゴールドカードを保有したいなら、限度額をより多く確保して切り替え審査を受けたほうがいいのです。

一般カードの限度額が100万円以上なら審査通過の可能性は高い

一般カードの限度額が100万円を超える人はそう簡単に出てきません。

余程クレジットカードを利用して信用を得ているほか、返済能力等をしっかり見せていなければ100万円以上の限度額は確保されないのです。

こうした状況を作りだしておけば、楽天ゴールドカードの審査はほぼ通過できるでしょう。

100万円以上の限度額となれば、基本的にかなり信用できると楽天側も判断しています。

さらに、これだけ多くの限度額を持っているなら、むしろ楽天ゴールドカードを使ってもらうほうがいいと判断して、楽天カード側から切り替えないかという話を持ち掛ける可能性もあります。

それだけ100万円以上の限度額には価値があるのです。

ただ、100万円以上の限度額を持っていても、借入の金額があまりにも多すぎたり、現時点でショッピング枠を使いすぎていると楽天ゴールドカードの審査を通過できない場合もあります。

楽天ゴールドカードの審査に通るコツ

何とかして楽天ゴールドカードの審査を通過したいと考えている方は、まず審査に通過するポイントをしっかり抑えておきましょう。

審査を通過するには、安定した収入の確保は当然必要ですが、何よりも楽天側が信用できると判断できるくらいの申込内容を作る必要があります。

ただ収入を増やしているだけでは意味がありません。

そして本当に楽天ゴールドカードを利用してもいいと思われるくらいのユーザーにならないと、楽天ゴールドカードは発行できないのです。

審査を通過するなら、まず一般カードを使うこと、そして限度額等の調整を図って審査を通過しやすくする方法を考えましょう。

まず一般カードを使い続けてクレヒスを積む

楽天ゴールドカードの審査を通過するなら、まず楽天の一般カードを使い続けてください。

その理由として、クレヒスをある程度用意しておかないと信用が得られないからです。

楽天カードを使い続けているほうが、切り替え審査で審査を通過しやすいメリットもあるので、まずは一般カードを使うように考えてください。

次に一般カードでしっかりと返済を実施し、信頼性を確保します。

使うだけではなく、お金を返すという部分に重点を置いて一般カードを使い続けるのです。

こうして楽天カード側に信用できる情報を大量に残しておき、楽天ゴールドカードの切り替え審査で有利な情報を多く作っておきます。

一般カードを使わない場合、審査基準はさらに厳しくなる傾向があります。

より審査を楽にしたいなら楽天カードを使ってクレヒスを積み上げてください。

希望限度額は必要最低限まで下げる

希望する限度額を引き下げてください。

希望限度額が高すぎると審査を通過するのは厳しくなってしまいますし、あまりにも欲張って限度額を作った結果、審査に落とされる可能性が高まってしまいます。

限度額は後からでも増やせる部分ですから、あまり多くの限度額を持たないように考えて審査を受けたほうがいいでしょう。

限度額を下げるというのは、お金を借りる時に重要なポイントです。

クレジットカードはお金を借りているわけではありませんが、限度額の希望を下げておけば返済能力があるだろうと判断されやすいのです。

収入面で不安を抱えているなら、できる限り希望限度額は下げるようにしてください。

キャッシング枠は不要な場合「0円」にしておく

楽天ゴールドカードにはキャッシング枠が用意されています。

このキャッシング枠というのは、お金を借りる際に便利ですが、使う気持ちがないなら持つ必要がありません。

さらにキャッシング枠を作ってしまうと審査基準が厳しくなり、返済能力が更に必要となります。

そこでキャッシング枠の金額を0円に設定します。

キャッシング枠が0円なら、お金を貸すための審査をしなくてもいいため、審査基準が多少下がります。

収入面の不安を持っている方は、特にキャッシング枠の金額を0円にして、ショッピング枠だけの審査を受けたほうが安心して審査を通過できるのです。

楽天ゴールドカードの審査にかかる時間はどれくらい?

楽天ゴールドカードは切り替え審査とそれ以外の審査でかなり時間が変わります。

切り替え審査はとても早いですし、本当に簡単に審査が終わるくらいのスピードです。

審査に落とされるような状況でもなければ、数分程度で審査が終わっているのです。

一方で新規申込というのはかなりの時間がかかってしまいます。

元々クレジットカードの審査はキャッシングなどと違い、色々な情報を確認しています。審査時間が長引くのは仕方ないのですが、それ以上に楽天ゴールドカードの審査は長く、かなり待たされる可能性が高いのです。

早く楽天ゴールドカードを利用したいなら、切り替え審査を受けたほうがいいでしょう。

その方が圧倒的に短時間で審査が終わります。

切り替え審査なら1分程度で完了する

切り替え審査の場合、楽天カードから楽天ゴールドカードに切り替えられるかが重要なので、楽天カードの利用状況を確認するだけで終わります。

楽天カード側には全ての情報が残っているので、現時点で楽天ゴールドカードを利用できるか、申し込み時点でほぼわかっています。

既に情報が残されているので、切り替え審査の場合は1分程度で審査が完了し、すぐに楽天ゴールドカードの結果がメールで届きます。

とても審査が早いので、今までのクレジットカード審査と同じように考えないほうがいいでしょう。

新規申込だと1週間ほどかかることも

一方で新規申込の場合、あらゆる情報を確認しなければなりません。

特にクレヒスや利用状況の確認には多くの時間がかかってしまうので、必要な時間が増えてしまいます。

楽天カードを使っている人ではなく、別のクレジットカードを使っている人は審査に時間がかかり、最長で1週間以上の時間を要してしまいます。

審査基準ギリギリだとさらに時間がかかってしまい、2週間以上も時間を使う場合があります。

それだけ新規申込というのは審査にかかる時間も長いですし、審査でも信用度が思ったほど得られなくて落とされるケースも増えてしまいます。

早く審査を終えたいなら楽天カードを使い続けたほうがいいのです。

審査通過からカードが来るまで平均7~10日

審査通過からカードが到着するまでには相当時間がかかってしまいます。

これはクレジットカードであれば仕方ないのですが、カードを発行して郵送するまでに相当な時間がかかってしまうからです。

楽天ゴールドカードも最低で7日程度、遅ければ10日以上の時間がかかります。

これは楽天カードから楽天ゴールドカードへ切り替える場合でも同じです。

さらに楽天カードは郵送で届きますので、自宅にいなければ受け取れません。

受け取れない場合は別の場所で受け取るなどの対策をして、早めに楽天ゴールドカードを受け取ってください。

保管期限までに受け取れなかった場合、楽天ゴールドカードは楽天側に戻ってしまい、カードの再発行を依頼しなければ受け取れません。

直接受け取れない時は近くの郵便局で受け取る

どうしても直接受け取れない場合は、近くの郵便局に局留めという方法を使って残してもらいましょう。

この方法を使えば、近くの郵便局で楽天ゴールドカードを受け取れます。

予め楽天側に相談するなどして、郵便局で受け取るようにお願いしておきます。

そしてゆうゆう窓口のある郵便局へ行って楽天ゴールドカードを受け取るのです。

後は郵便局の担当者に身分証明書を見せれば、簡単に楽天ゴールドカードを受け取れます。

楽天側に相談しない場合は、郵便局から届く本人限定郵便の案内等に従ってゆうゆう窓口で受け取る手続きを取る、もしくは不在通知が入ってから連絡して郵便局で受け取る方法でも構いません。

どちらにしても郵便局側に伝えておかないと郵便局での受け取りは難しいので、事前に連絡や必要な手続きを取ってください。

楽天ゴールドカードの審査結果が来ない!遅い時の対処法

楽天ゴールドカードの審査結果はしっかり届きますが、稀に連絡が遅い場合もあります。

もし連絡が遅い場合は、何らかの問題が生じているケースもあるので、まずは新sな状況をもう1度確認してください。

意外な問題が生じており、審査が遅れている場合もあるのです。

また、メールを見ていないだけの可能性があります。

メールボックスを再度確認するなど、本当にメールが届いているのかチェックしてください。

変なところにメールが届いている可能性もあります。

色々確認してもわからない場合、念のため窓口に問い合わせをして、楽天ゴールドカードの審査状況を教えてもらいましょう。

まずは審査状況照会を確認する

審査状況照会という方法が、楽天ゴールドカードには用意されています。

切り替え審査の場合は使わなくても審査が終わっている可能性が高いのですが、新規申込の場合は時間がかかります。

1週間以上経過しても審査結果がわからない場合、1度審査状況照会を確認してください。

もし審査を続けていると記載があれば、審査基準ギリギリと考えたほうがいいでしょう。

一方で審査が終わっているのであれば結果が表示されますので、その結果を見て今後の手続きを判断してください。

着信履歴や迷惑メールBOXを再度確認する

電話による審査結果通知はほぼなくなりましたが、要求すれば電話で審査結果を告げてくれます。

ただ、電話に出られなければ審査結果はわかりません。

電話に出られなかったために結果がわからない場合は、着信履歴に知らない電話番号が残されていないかチェックしておきましょう。

メールの場合はメールボックスはもちろんのこと、勝手にゴミ箱に移動している可能性があるので、ゴミ箱のフォルダもチェックしてください。

同時に迷惑メールのボックスもチェックしましょう。

迷惑メールに審査結果のメールが入っている場合は、早めに受信箱に移動して結果を確認してください。

どうしても気になる時は窓口に直接問い合わせる

どうしても審査結果が気になる場合は、窓口に直接問い合わせてください。

直接問い合わせを入れると、審査結果についてのメールがもう1度届く場合もあります。

ただ、問い合わせをしてもすぐに結果が受け取れるわけではないので、しばらく待つなどの対応をしなければなりません。

数分程度で連絡が返ってくるわけではないと考えておきましょう。

審査時間が短い人=審査に余裕で通る人

審査時間が短い人というのは、審査をほぼ通過できる人で、確実に審査を通過できる人と判断されているのです。

つまり余裕で審査に通る人という感じで楽天カードの関係者も判断しています。

一方で審査に時間がかかる人は、審査に余裕がない人でかなり危ない状況と考えていいでしょう。

審査時間がかかるのは、それだけ色々な情報を確認されており、ちょっとした悪い情報が見つかれば審査に落とされるのです。

審査時間が長いようなら、自分は危ないものと考えてもいいでしょう。

まとめ

楽天ゴールドカードは審査基準がそこまで厳しいわけではないものの、ゴールドカードとして一般カード以上の厳しい審査を受けます。

審査を通過したいなら、楽天の一般カードを使い続けてクレヒスを増やし、ある程度信用を得たほうがいいでしょう。

カードを受け取るまでにも時間がかかるので、ある程度余裕のある時に楽天ゴールドカードの審査を受けたほうがいいでしょう。

早期に利用したいと考える人は、すぐに発行されるゴールドカードを検討してください。