楽天ピンクカードの審査基準を解説!審査に落ちる理由・対処法

公開日:

楽天ピンクカードの審査基準とは?

女性向けに楽天が用意しているカードが楽天ピンクカードです。

カードにピンクを多く使い、女性が持っていると楽しいカードに仕上げています。

基本的な機能は楽天の一般カードとさほど変わりませんが、女性にうれしいサービスが多く入っています。

この楽天ピンクカードを発行するには、審査を通過しなければなりません。

審査に落とされると楽天ピンクカードを発行できないどころか、楽天に関連しているカードの審査に落とされ続ける可能性があります。

しっかりとカードの審査を通過するために、見られるポイントなどをしっかり見ておきましょう。

楽天ピンクカードの審査で見られるポイント

楽天ピンクカードは申込者の収入等をしっかり見て判断し、最終的にカードを使えるのか明確な判断をしています。

特に重要視されているのは年収で、年収額が多ければ多いほど審査を通過しやすくなります。

収入の足りない人は審査を通過できずにかなり苦労する場合があります。

過去のクレジットカード利用履歴もチェック

他にはクレジットカードの利用歴を見られます。

クレジットカードの利用歴は、返済能力を持ってクレジットカードを使い続けているかチェックされます。

クレジットカードを使っていない人と、過去に別のカードでもいいからクレジットカードを使っている人ではかなりの差が生まれます。

審査を通過するなら、事前に他のカードを使っておくといいでしょう。

さらにキャッシング枠の有無はかなり審査に影響します。

キャッシング枠が不要と考えているなら、キャッシングについては審査対象外となるため、審査を通過できる可能性が高まります。

一方でキャッシング枠を付けると、審査の際にキャッシングを使えるかどうかも判断されますので、審査基準がさらに厳しくなる可能性もあります。

審査を通過したいと考えるなら、審査基準をしっかりと理解したうえで申込みを実施してください。

同時に審査を通過するには大きな問題を起こしてはなりません。

過去にクレジットカードで問題を起こしている人は、なるべく問題を起こしてから長期間が経過してから審査を受けるようにしておきましょう。

最も重要視されるのは申込者の年収

一番重要視されるのは年収です。年収が足りないと判断されれば、クレジットカードの返済能力はないと考えられ、カードを発行してはいけないと思われるからです。

従って楽天ピンクカードを発行したいのであれば、しっかりと年収を確保しなければなりません。

クレジットカードは低収入でもカードを発行できるため、キャッシングほど厳しい審査を受けるわけではありません。

ただ、返済能力を持っていないと判断されるくらい年収が少ないと、年収額ではどう考えても審査を通過できないと判断され、審査落ちの連絡を受けてしまいます。

審査落ちを受けないためには、最低でも200万円くらいの年収を確保したほうがいいでしょう。

ある程度の年収を確保して返済能力を持っていると見せないと、楽天ピンクカードの審査は通過できないのです。

カード利用歴が長いほどクレヒスは高い

カード利用歴というのは、クレジットカードを利用している履歴です。

クレジットカードを使っている年数や回数と言うのは、クレヒスと呼ばれる情報に残されており、いい情報も悪い情報も全て残されています。

このクレヒスが審査では大きく関連しており、審査に落とされる場合はクレヒスの悪い部分ばかりが目立つと判断されるのです。

クレヒスはクレジットカードを使い続けているだけでどんどん増えていきます。

カードを利用して返済しているだけで、クレヒスにはカードを利用した情報がしっかり残されています。

このカードを利用した情報、そして返済の情報等を楽天ピンクカードの審査で確認し、問題なく審査を通過できると判断されればカードは発行されます。

クレヒスに問題があるなら、それは過去に利用しているクレジットカードで問題を起こしている場合だけです。

特に問題を起こしていないと考えている人は、クレヒス関連で審査に落とされる可能性はほとんどないでしょう。

キャッシング枠の有無も審査結果に大きく影響

キャッシング枠は審査にかなりの影響を与えます。

キャッシングをしなくてもいいと考えているなら、最初からキャッシング枠を外してしまえばいいのです。

キャッシング枠が残っていると、キャッシングに関連する審査も同時に実施しなければならず、年収が足りない人はかなり審査で厳しい状況に追い込まれてしまいます。

審査結果に影響するキャッシング枠は、特に用がなければ作らなくてもいいでしょう。

キャッシングを付けてしまった結果、審査通過がかなり厳しい可能性があるからです。

必要がなければキャッシング枠を外しておき、どうしてもキャッシングをクレジットカードで考えているなら、やむを得ず少額だけキャッシング枠を作ってしまうといいでしょう。

収入の多い人ならキャッシング枠はあまり関係しないかもしれません。

安定した返済能力を有しているため、ちょっとしたキャッシングなら返済できると判断されるからです。

しかし楽天ピンクカードの返済能力に不安があるなら、最初からキャッシング枠は外したほうがいいでしょう。

キャッシング枠を付けた結果、審査に落とされてしまう問題だけは避けなければなりません。

楽天ピンクカードの審査に落ちる理由

ここからは楽天ピンクカードの審査に落とされる理由を紹介します。

楽天ピンクカードはそこまで審査基準が厳しいわけではありませんが、審査に落とされる可能性も当然あります。

審査に落とされる原因等をしっかり理解して対策を立ててください。

過去に問題を起こしている人は、大きな問題が発生している場合には、申込みを避けたほうがいいでしょう。

クレジットカードも審査に落とされ続けた結果、最終的に楽天ピンクカード以外のクレジットカードも利用不可能になったり、審査通過が難しくなる場合があります。

なるべく審査を通過できるように申込内容を整えてから申込みをしてください。

申込者の収入が低い

申込者の収入があまりにも低いと審査に落とされてしまいます。

楽天カードは元々審査基準がそこまで厳しいカードではありませんが、収入が足りない人は審査を通過できません。

楽天ピンクカードも同様で、収入が足りない人は審査に落とされます。

収入は最低でも200万円程度の安定した金額を準備してください。

アルバイトやパートであれば、仕事で月収10万円程度の金額を確保していれば審査を通過できる場合があります。

100万円程度の年収など、あまり返済能力を持っていない金額は審査に落とされやすいので、できる限り収入はかなり増やして申込みをしましょう。

過去のクレカ利用でトラブルがあった

クレヒスを見て危ないと思われれば審査に落とされてしまいます。

クレヒスは楽天ピンクカードの審査ですぐに確認される項目であり、絶対に見られている部分です。

もし過去にクレジットカードで問題を起こしているなら、審査に落とされる可能性が高いと判断しておきましょう。

クレヒスの問題点としては、返済をしていなかった場合、もしくはクレジットカードの借金を何らかの形で踏み倒しているなど、明らかに返済していないと判断される情報があると審査に落とされます。

クレジットカードもお金を借りている方法に近い手法ですので、返済されない情報が1つでも残されていると審査に落とされてしまいます。

また、クレジットカードでトラブルを起こしている場合も審査に落とされてしまいます。

過去にクレジットカードを使って会社側に迷惑をかけていると、何らかの形でクレヒスに悪い情報が残されている場合もあります。

カードを使っている時に問題を起こしていると、他のカードの審査に影響すると考えておきましょう。

なお、楽天ピンクカードを初めてのクレジットカードに選んだ場合、クレヒスに関連する情報がないため悪い方向では見られません。

ただいい情報も残されていないので、他の情報がとても重要視しされるものと考えてください。

楽天の関連サービスで利用トラブルがあった

楽天はグループ企業として多くの会社があります。楽天とついているサービスはもちろんのこと、楽天と提携しているサービスも多数あります。

これらの関連サービスで問題を起こしていると、楽天ピンクカードの審査に影響してしまい、審査に落とされる可能性がかなり高くなります。

楽天を使ってもそんなに問題は起こらないだろうと思っているかもしれませんが、以下の内容に引っ掛かるようなら審査に落とされる可能性が高まります。

  • 楽天市場で支払いをせずキャンセルを繰り返している
  • 楽天関連のサービスで月額料金を払わずに滞納した
  • 楽天側からサービスの利用を停止されている
  • 楽天カード以外に審査が必要な商品の審査で何度も落とされている
  • 楽天がブラックリストに指定したユーザー

以上の他にも問題を起こしていると審査に落とされます。

特に楽天に金銭面でのトラブルが起こりやすいものはできる限り避けたほうがいいでしょう。

金銭面でのトラブルは、楽天ピンクカードの審査でかなり影響が残ってしまい、審査に落とされてしまいます。

つまり楽天市場で支払いをしないままキャンセルを繰り返す悪質ユーザー、もしくは楽天のサービスでお金を払わないというのは審査に落とされやすいのです。

楽天に関連するサービスを使っている時、過去にトラブルを起こしていると思っているなら楽天ピンクカードの審査は厳しいと考えてください。

何度も申込みをして審査に落とされている人は、ブラックリストに掲載されている場合もあるので、明らかに審査対応が悪いと思えば少し考えたほうがいいかもしれません。

申込内容の記入漏れやミスがあった

申込内容に記入漏れがあると、この内容では審査を通過させられないと判断されてしまい、審査に落とされてしまいます。

申込内容の記入漏れは絶対に避けましょう。

ただ、今の楽天カードの申込フォームは、記入漏れが出ないようにフォームに工夫が施されています。

ネットからの申込みであれば、記入漏れが1つでもあれば申込みができないようにしているのです。

しかし、紙の書類で申込む場合は記入漏れが起こる可能性があります。

絶対に記入漏れが無いように1度確認してください。

また申込内容にミスが生じていると審査に落とされてしまいます。

申込みの内容と実際に確認した情報に、かなり違いが生じていると判断されれば審査に落とされてしまうのです。

間違った申込内容で楽天ピンクカードに悪いイメージを与えないように気を付けてください。

なお、虚偽の記載も審査に落とされてしまいます。

収入等を少しでもいように見せたい気持ちはわかりますが、大きな問題として判断されるため虚偽の記載は絶対に止めてください。

預貯金額を申告しなかった

楽天ピンクカードは預貯金額を申告しなければなりません。

預貯金額は現在の返済能力を示すために必要と判断されており、楽天が重視している項目の1つです。

預貯金額を申告できなかった場合、返済能力がないと判断されて審査に落とされてしまいます。

預貯金額を申告したくないのはわかりますが、楽天ピンクカードの審査では絶対に必要な情報ですので正しい金額を提示してください。

正しい情報を提示しなかった場合は、信用できないと判断されて審査に落とされ、更に楽天関連のサービスで厳しい措置を取られる場合もあります。

嘘の預貯金額を申告するのもやめましょう。

キャッシング枠を高額に設定していた

キャッシング枠を多く残しておけば、キャッシングでも多くの金額を借りられるメリットはあります。

しかし審査に落とされる可能性が高くなってしまい、楽天ピンクカードを使えない可能性もあります。

審査に落とされたくないと思っているなら、キャッシング枠は高額に設定しないほうがいいでしょう。

特に返済能力をあまり持っていない人がキャッシング枠を増やしすぎると、返済能力がないと判断されてしまいます。

返済能力はショッピング枠とキャッシング枠を合計して考えられる場合が多いため、キャッシング枠を増やしすぎて失敗する可能性もあります。

必要ないならキャッシング枠を外すなどの対応を取りましょう。

楽天ピンクカードの審査に落ちた時の対処法

楽天ピンクカードの審査に落とされてしまった場合、まずは審査を通過するために何が必要なのかしっかり考えましょう。

自分が落とされた原因を特定できないまま審査を再度受けると、また審査に落とされてしまいます。

何度も審査に落とされればブラックリストに掲載されたり、クレヒスに悪い情報が残されて審査通過がかなり厳しくなります。

とにかく落とされたら審査に落とされた原因を特定してください。

そして原因を取り除いたうえでもう1度審査を受けるために時間を空け、安心して申し込める状況にしてから楽天ピンクカードの審査を再度受けるといいでしょう。

年収?クレヒス?まず落ちた原因を考える

最初に取り組むべき課題は落ちた原因を特定する部分です。

楽天ピンクカードの審査に落とされた原因を特定し、改善させて審査を通過できるようにします。

原因を特定しないまま再度審査を受けても審査落ちは避けられません。

絶対に改善させられる部分は改善するのです。

年収が該当している場合は、とにかく年収を増やしてください。

もしくはキャッシング枠を0円にして審査を受ければ、もしかしたら審査を通過できるかもしれません。

ただ、劇的に年収が足りていない場合、キャッシング枠を減らしても審査は通過できません。

クレヒスの場合、とにかくクレヒスの情報が消えるまで待ってください。

時間をかければクレヒスは削除されます。

後は他の情報に問題がないと確認してから審査を受けるのです。

悪い情報はゆっくりと時間をかければ間違いなく削除されます。

削除されるまではゆっくりと待つようにしましょう。

審査落ち後すぐに他社クレカへ申し込むのは避ける

楽天ピンクカードの審査を受ければ審査を通過するかもしれないと考えるかもしれませんが、基本的に審査落ちを受けてからすぐに他社のクレジットカードへ申込むのは危険です。

同じように審査に落とされてしまい、クレジットカードを使えないリスクが高いからです。

さらに、クレジットカードの審査落ちを繰り返すと、クレヒスにも悪い情報がどんどん残されてしまい、結局審査を通過できる情報を伝えられないのです。

とにかく審査落ちを受けたのであれば、ゆっくりと時間をかけて問題点を改善させて、もう1度楽天ピンクカードの審査を受けるなどの対応を取ってください。

間違ってもすぐに他社へ申し込まないでください。

すぐにクレカが欲しいならACマスターカードがおすすめ!

どうしてもすぐにクレジットカードが欲しいと思っているなら、アコムが発行しているACマスターカードがおすすめです。

楽天ピンクカードの弱点として、すぐにカードを発行できない問題があります。

1週間近くも待たされるのは嫌だと思っているなら、アコムの自動契約機で発行できるACマスターカードがいいでしょう。

このカードは即日で発行できるメリットを持っているほか、アコムの審査を通過できるなら簡単に発行できます。

ACマスターカードは限度額もそれなりに高いですし、立派なカードとして世界中で使えるメリットもあります。

どうしてもクレジットカードが欲しいなら、早さという部分でACマスターカードを検討するのは悪くない手法です。

ACマスターカードの詳細情報や、審査基準が気になる方はこちらの記事を参考にしてください。

アコムACマスターカードの審査基準と審査に落ちる人の特徴【口コミ・返済・キャッシング】

アコムの自動契約機「むじんくん」で即時発行

アコムの自動契約機であるむじんくんを使えば、ACマスターカードは即時発行できます。

審査を通過してすぐに来店すれば、後はアコムとの契約を完了させてカードを発行するだけです。

カード発行までにかかる時間もあまり長くないので、すぐにクレジットカードが欲しい方も安心です。

あらゆるカードをすぐに発行できるアコムは、自動契約機の場所さえわかっていればACマスターカードもすぐに発行できます。

申込みをしたその日にクレジットカードを保有できるのは、ACマスターカードの大きなメリットですし、急ぎの用でも発行できる良さがあるため、短時間でカードを作りたいならアコムへ申込みましょう。

まとめ

楽天ピンクカードは審査基準が厳しいわけではありませんが、審査に落とされる項目は多数あります。

審査に落とされる問題点をしっかり考え、原因を1つ1つ取り除いてから審査を受けるといいでしょう。

また、審査を完了してから発行までに時間がかかるカードです。

短時間でカードを発行したいならACマスターカードなどを検討し、早くクレジットカードを手に入れる方法も考えてください。

また楽天一般カードの審査基準や、ピンクカードとの違いを知りたい方は、こちらの記事をチェックしてください。

楽天カードの審査は厳しい?審査期間はどれくらいかかる?