どのフリーローンがおすすめ?低金利ローン徹底比較!

公開日:

フリーローンを選ぶ際は、金利などの情報をしっかりとチェックし、最適なローンを選びたいところです。

ローンの選択に成功すると、返済額が抑えられたり、利用できる限度額が増えるなどのメリットを得られます。

フリーローンは各銀行が色々な方法で提供している商品で、金利の設定はもちろんのこと、限度額もかなりばらつきがあります。

望んでいるフリーローンに近づけるような商品を見つけて、契約することがとても大事です。

この記事ではフリーローンを金利や限度額に特化してどのような商品がおすすめなのか紹介します。

返済負担が軽い!低金利フリーローンTOP3

返済負担を抑えられれば、多くのお金を借りても返済額を減らせます。

多くの返済額が必要なフリーローンよりも、低金利で返済額をある程度抑えられるローンの方が優れています。

フリーローン選びに困ったら、まずは返済負担の軽い低金利のフリーローンを選択してみましょう。

特に低金利とされている商品を3つ紹介しますので、選ぶ際の参考にしてください。

1位 三井住友銀行フリーローン

利用条件 以下の条件を全て満たす方

  • 申し込み年齢が20~65歳以下
  • 前年度税込年収が200万円以上で安定収入のある方
  • 保証会社の保証を受けられる方
  • 契約時にローン契約機に来店できる方
  • 国内在住の方
使いみち 事業資金、投機資金以外
借入金額 10万円以上300万円以内
借入期間 1年以上10年以内
金利
  • 有担保型保証料外枠方式:年2.775%
  • 有担保型保証料内枠方式:年2.975%
  • 無担保型:年5.975%
申込方法 ローン契約機、インターネット、電話
契約方法 店内設置のローン契約機で契約
返済方法 元利均等返済方式
担保・保証人 不要
手数料・費用
  • 繰上返済手数料:5,400円
  • 印紙代:所定の預金口座から引き落とし

大手銀行の三井住友銀行が提供しているフリーローンです。変動金利を採用しているフリーローンで、定期的に金利の数字は見直されています。

金利は景気の動向や銀行を取り巻く環境によって変更され、場合によっては一気に金利が高くなる場合もあります。

現在設定されている金利は、担保を提供するタイプであれば大体2.9%程度、無担保のフリーローンを利用する場合は6.0%程度が適用されています。

金利としては非常に低いですし、何よりもあまりお金を借りていない人でも、低金利でフリーローンを利用できるメリットを持っているのです。

変動金利という若干のデメリットこそありますが、変動金利にしては低金利で貸してくれる銀行です。

フリーローンの中でもトップクラスの低金利を提供しているので、フリーローンを選ぶ際に困ったら三井住友銀行を選ぶといいでしょう。

なお、無担保型のフリーローンの場合、最大の限度額は300万円までに制限されます。あまり多くの金額を借りられない点には注意しておきましょう。

2位 ろうきん無担保フリーローン

使いみち 事業資金、投機資金以外
融資金額 最高500万円
融資期間 最長10年※最終返済時は満76歳である必要あり
金利タイプ 変動金利型・固定金利型
融資方法 支払い先にお客様名義で振込
返済方法
  • 元利均等毎月返済
  • 元利均等毎月・加算月併用返済
保証料 不要

ろうきんが提供している無担保型のフリーローンも低金利で借りられる商品です。

低金利で貸してくれるようなイメージが少ないように感じる方がいるかもしれませんが、実はろうきんというのは低金利で貸してくれるいい金融機関なのです。

現在ろうきんが無担保型フリーローンで適用している金利は7.5%です。この金利は銀行系でも大手よりは高いように感じるかもしれませんが、地方銀行等よりも低く設定されています。

低金利で借りたいと思っている方には十分すぎるくらいの金利です。

また、金利はろうきんの団体会員や生協の会員であればさらに下げられます。

一番低い金利だと7.0%まで抑えられるので、かなり低金利で借りられるフリーローンに変わります。

より低金利で借りたいと考えている方は、ろうきんに関連している団体の会員へ加入してみるといいでしょう。

ろうきんは500万円まで限度額を採用していますし、金利も固定金利で提供されています。

変動金利型のフリーローンも準備しており、こちらは現在6.3%程度の金利が適用されています。

変動金利の場合は固定金利よりも低金利で借りられますが、変動金利のデメリットとして景気の動向等に左右される可能性がある点に気を付けてください。

3位 イオン銀行フリーローン

使いみち 事業資金、投機資金以外
融資金額 30万円以上700万円以内
融資期間 最長8年
金利タイプ 固定金利型
融資方法 お客様名義のイオン銀行口座に振込
返済方法 元利均等毎月返済
保証料 不要

イオン銀行が提供しているフリーローンも低金利で借りられる商品です。イオン銀行を利用したいと考える方は、低金利で借りられるフリーローンを検討してもいいでしょう。

イオン銀行フリーローンは、限度額が700万円まで借りられる商品で、しかも固定金利で提供されています。

金利が固定されているという部分は、変動金利を避けたいと考える方にとっては安心できる部分です。

金利は3.8%から13.5%の間で設定されます。金利は限度額に応じて変動する方法が採用されているので、限度額を高くできれば多くの金額を借りても低金利で返済が可能です。

逆にあまり限度額を得られなかった場合は、金利が最大値に設定される可能性が高まります。

イオン銀行はネットバンク等も提供していますし、イオンの店舗に配置されているATMなどを利用して色々な手続きも可能です。

フリーローンとしても高い限度額を持っているメリットがあるだけでなく、低金利で借りられる良さも持っています。

フリーローンは金利の低さで選ぶのが最もお得!

フリーローンは金利の低さで選ぶ方が圧倒的にお得です。

一見すると限度額で決めた方が得をするように思われますが、実は限度額で決めるよりも金利で決めたほうが圧倒的に得をするのです。

限度額が高いフリーローンは、お金をたくさん借りられるという部分ではメリットがあります。

しかし、限度額を高められるメリットと引き換えに、高い金利が適用されていると返済時に苦労してしまいます。

返済額が多くなりやすく、返済にも時間がかかる可能性があり、あまり高い金利というのはお勧めできません。

一方で低金利で借りられるフリーローンは、限度額があまり多くなかったとしても、返済額を抑えられるメリットがあります。

返済額が少しでも抑えられれば、返済の期間も短くなります。

より短期間で返済を行いたいと考える方はもちろんですし、金利を抑えて返済額を減らしたいと考える方にも、低金利で借りられるフリーローンはとてもおすすめです。

返済額が高額な分0.1%低いだけでもかなりお得

フリーローンの返済額は高額になりがちで、多くの返済を要求される場合があります。

多くの金額を借りる方がフリーローンを利用する傾向にあり、フリーローンの返済はかなり多くなってしまうのです。

従って借りる金額が多ければ多いほど、低金利で借りられるフリーローンの方が得をします。

0.1%というちょっとした金利でも、低金利に設定されていたフリーローンの方が安く返済できます。

フリーローンの場合、0.1%でも低金利の設定が行われていると、場合によっては1万円近く返済額が抑えられるメリットを得られます。

より低金利で借りたいと思っている方は、0.1%でも妥協しないようにフリーローンを選んだほうがいいでしょう。

微々たる金利の違いでも、低金利に設定されていれば返済額がかなり抑えられます。

より低金利で借りたいと考える方は、あらゆるフリーローンをチェックして低金利で借りられる商品を見つけましょう。

金利の低さだけでなく限度額にも注目しよう

金利の低さも当然大事な部分ですが、同時に限度額にも注目して考えましょう。

限度額が多ければ多いほど、借りられる金額は多くなりますし、用途を広げられるメリットを持っています。

フリーローンは用途が自由に設定されているため、広い用途を持たせられるほどの限度額があればかなり安心して利用できるでしょう。

そしてフリーローンで多くの用途が期待できるようなら、フリーローンを使えば何とかできるという気持ちも持ちやすいのです。

限度額が低いと用途が限られてしまう

限度額があまり用意されていないフリーローンの場合、限られた用途にしか使えません。

100万円程度までしか用意されないフリーローンでは、使える範囲は限定的となり、あまり高額な買い物には利用できないでしょう。

一方で300万円まで限度額が広がれば、より多くの商品の買い物に利用できます。

また、300万円まで用意されれば、カードローンのおまとめを行うためにフリーローンを利用する方法も使えるので、より多くの用途を選択できるのです。

高い限度額を得られると、多くの用途を検討してフリーローンと契約できるのです。フリーローンは高い限度額も同時に期待できるように、設定される極度額も確認したほうがいいでしょう。

限度額が違うと同額借入でも金利が変わってくる

限度額が銀行ごとに異なっているフリーローンですが、限度額が違うと借入時の金利が変わってきます。

設定される最大の限度額によって、適用される金利が大きく変わる可能性もあります。限度額はなるべく高く設定される方がいいでしょう。

元々の極度額が低い商品だと、最大の限度額で借りているとその商品の一番小さい金利が適用されます。

しかしもっと限度額の高い商品で、同じ金額を借りていると相当小さい金利に設定される可能性があります。

つまり一番多く借りられる金額が多いフリーローンの場合は、同じ金額を借りたとしても低金利で利用できる可能性もあるのです。

低金利で借りたいと考える方は、限度額の数字もしっかり確認して、より低金利で借りられそうな限度額を持つフリーローンを選択するといいでしょう。

低金利フリーローンは審査に通りにくいので要注意

低金利のフリーローンを利用したい方に注意してほしい点は、審査に通りにくいという部分です。

審査を通過できなければフリーローンは利用できません。どのような場合でも審査を通過して、フリーローンを利用できる状況に持っていかなければなりません。

特に金利が14%を下回るような低金利のフリーローンは、審査基準がかなり厳しく設定されています。

低金利のフリーローンを利用する際は、審査に関連する基準をしっかりと判断し、申込内容を整える必要があります。

上限金利14%以下のフリーローンは審査が厳しめ

上限金利が14%以下に設定されるフリーローンは、利用する人を制限したいと考えており、フリーローンの審査を厳しく設定しています。

他のフリーローンに比べると厳しい審査基準が適用されているほか、ちょっとした年収不足が影響して審査を通過できないというケースもあります。

低金利に設定しているフリーローンの多くが、信頼できる人だけが利用できるローンとして提供しているのです。

信頼できないような申込内容の人は審査に落とすようにしており、審査を通過できる人はある程度制限されているのです。

本当に信頼できると判断される人だけ、低金利のフリーローンが使えるような審査が行われます。

かなり審査基準が厳しいフリーローンも中にはあります。

フリーローンの審査も銀行ごとの違いは当然ありますので、銀行の審査基準や審査を通過するために必要な情報等をしっかり得て、自分の情報や年収という部分を整えるようにしましょう。

上限金利7%以下のフリーローンは年収200~300万円が最低条件

上限金利が7%を下回るような商品を利用する場合、フリーローンの審査では年収が重要です。

年収が不足している人は審査を通過できない可能性があるので、ある程度高い年収をしっかりと確保して、フリーローンの審査を通過できるようにしましょう。

必要な年収としては200万円から300万円程度です。会社で仕事をしている方なら審査を通過できる年収と考えていいでしょう。

一方でアルバイトやパートで200万円程度の年収を稼ぐのはなかなか難しいことで、ほぼ正社員として仕事をしている方だけがこの年収をクリアできるように作られています。

もちろん信用情報によっては、より多くの年収を確保していないと審査を通過できない場合もあります。

信用情報が悪いと思っている方は、より多くの年収を確保して審査基準をクリアできるようにしましょう。

初めてフリーローンの審査を受ける方も、少し多めに年収を持っていたほうが審査は通過しやすいかもしれません。

審査に通りやすく低金利のフリーローンはどこ?

審査を通過しやすい低金利のフリーローンも当然あります。

低金利とされている全てのフリーローンが厳しい審査を行っているのではなく、低金利で借りられるフリーローンの中でも審査基準というのは少し変わっているのです。

低金利で借りられるフリーローンの中でも、審査を通過しやすいフリーローンについて紹介します。

ネットバンク系は比較的審査が甘い!提携先ユーザーなら審査優遇も!

ネットバンク系のフリーローンは審査を通過しやすく設定されます。

ネットバンクは利用者がそこまで多くないと判断している点に加えて、やや年収に関連する基準が甘く作られています。

従って銀行系のフリーローンに比べて、ネットバンクが提供しているフリーローンは審査を通過しやすくなっています。

また、ネットバンクと提携しているユーザーについては、より審査基準を下げて対応してくれます。

特にネットバンクを実際に利用している人、長くネットバンクのサービスを利用している方など、ネットバンクのサービスに貢献していると判断される人は、審査基準が下げられます。

審査基準を下げてくれれば、低金利で借りられるフリーローンを提供してくれる可能性があります。

ただ、ネットバンクがやや審査基準が甘いと言っても、審査を通過できない可能性も十分にあります。しっかりと審査基準を満たしてから申込をするように心がけてください。

地銀フリーローンは申し込み条件が厳しい分審査に通りやすい

地方銀行のフリーローンは、申込み条件がかなり厳しく設定されています。

中には特定の地域の方だけが利用できるという条件を付けていたり、地方銀行の口座を持っていなければ利用できないという条件を付けている銀行もあります。

ただ、条件さえクリアすれば、地方銀行のフリーローンは審査を通過しやすいのです。

ある程度の条件でユーザーを絞り込み、申込みを行うユーザーを制限しています。

絞り込んだユーザーの信頼度を確認して最終的な判断を下し、審査を通過できた人に地方銀行のフリーローンを提供しているのです。

地方銀行はフリーローンを利用する人が少ない傾向もあり、ある程度利用してくれる人を探している場合もあります。

申込み条件がやや厳しく設定されている銀行でも、条件さえ満たせば簡単に審査を通過できる可能性もあります。

低金利と審査難易度には密接な関係が!目的に応じて選ぼう

低金利のフリーローンはとてもいいものですし、利用していけば多くの返済を行わずにたくさんのお金を貸してくれる可能性もあります。

できる限り低金利のフリーローンを選択して利用することを検討したいところです。

ただ、低金利のフリーローンは、どうしても審査基準が厳しくなっています。

審査の難易度が高いフリーローンでは、審査に落とされる可能性も高まってしまいます。審査が厳しいフリーローンを選ぶべきか、審査があまり厳しくないフリーローンを選ぶべきかは慎重に考えてください。

できる限り目的に応じてフリーローンを選択してください。

気軽に借りたい方は審査の難易度が簡単なところ、多くの金額を低金利で借りたい場合は審査難易度の高い銀行を選ぶといいでしょう。