フリーローンで作った借金は借り換えローンを使って減らそう!

公開日:

フリーローンは便利な商品ですが、しっかり考えて使わないと大失敗が待っています。特に原因として挙げられるのが、フリーローンの金利です。

金利が他の商品よりも高く設定されるフリーローンは、返済が上手にできないと延々と返済できない問題が発生してしまうのです。

ここではフリーローンの利用方法や返済について説明します。また、借り換えなどを考えている人のために、借り換えに成功させる秘訣も併せて紹介します。

フリーローンとは?

お得に見えるフリーローンが実は危険!その理由は?

フリーローンは非常に便利な商品ですし、多くの人が利用しているローンです。フリーローンとして提供される商品だけでなく、カードローンとして提供されているタイプもあります。

多くの会社がフリーローン形式のローンを扱っているため、銀行へ行けばどこでも自由に借りられるローンの検討ができるでしょう。

しかしお得に見えるフリーローンが実はかなり危険な商品です。フリーローンは用途が自由に決められている反面、金利が高くなるデメリットがあります。

さらに担保を提供しなくてもいいため、そのリスクを軽減するため銀行側がローンの金利を高くしており、返済額が増える問題点を抱えています。返済がしっかりできないと、フリーローンで借りても返せない問題が生じてしまいます。

さらにフリーローンの場合、多くの金額を借りられるように設定されています。カードローンよりも上限の限度額が高く設定されるだけでなく、総量規制の影響を受けない銀行側がある程度高い限度額を設定する場合があります。

限度額が増えるとその分返済はかなり厳しくなっていく可能性があります。

返済に問題点を抱えているフリーローンは、しっかり問題点を解決して返済を続けなければなりません。

返済をしっかりできていなかったという理由だけで、最終的に債務整理を実施するようなことがないよう、返済対応は毎月考えて行う必要があるのです。

フリーローンの審査基準は甘い?厳しい?カードローンとの比較と審査に落ちた人の特徴

無担保で気軽に借りられる分返済の負担が重くなる

フリーローンは無担保で提供されています。

気軽に借りられるメリットを持つだけでなく、もし返済できなかった場合でも失うものはありません。担保を提供しているローンの場合、返済できない時点で不動産などを失う高いリスクを持っていますが、無担保ですのでフリーローンの返済ができなくても何も家からはなくならないのです。

しかし無担保というのは、銀行側にすごくリスクの高い方法です。銀行は返済できなかった場合、何を使ってもローンの回収ができなくなります。つまり金利によって発生する利息だけで、無担保分のリスクを軽減しなければなりません。

従ってフリーローンの金利は高く設定され、担保ローンに比べて3%以上、中には5%近くも高く設定されるローンがあります。

金利が高くなると当然利息が増えていきます。1%違えば年間で10万円以上違う場合もあり、低金利で借りたい方には非常に厳しい状況と言えるでしょう。それでもフリーローンは、自由に借りられるメリットを通じて多くの使い方が可能です。

どうしてもフリーローンで借りたいと考えるなら、無担保で借りるリスクをしっかり理解してから利用しましょう。

カードローンより融資額が多くなり返済も長引きがち

フリーローンはカードローンよりも融資額が多くなる傾向もあります。

カードローンの場合、借りられる限度額は高くなるケースもありますが、限度額いっぱいまで借りるというのはあまり多くありません。つまり限度額の範囲内で、自分が希望している金額だけを借りればいいので、多くの融資を受けない場合が多いのです。

しかしフリーローンの場合、融資は1回で終わります。フリーローンと契約した場合、限度額の範囲までで必要な金額を出してもらい、最終的に融資を受ける形です。

もう1回融資を受けようとしても、フリーローンの残高が残っているので不可能と説明され、いきなり高額な融資を受けるしか方法がありません。この高額な融資がフリーローンの返済にかなりの影響を及ぼしているのです。

カードローンと違い、自分が希望している限度額で融資を受けられるフリーローンですが、返済という部分では借りている額の違いが一番大きな問題です。

返済をしっかりできなかった場合、フリーローンは指定された期間までに返済が終わらない恐れもあり、最終的に一括返済を要求される場合もあります。

フリーローンは即日融資できる?今日中に借りたい人必見!

フリーローンを地道に返済していても一向に完済できません!

カードローンのように、フリーローンも地道に返済していればそのうち完済できるだろうと思うかもしれません。

しかしその考え方は間違っています。フリーローンはカードローンと違い、地道に返済しても全く返済が進まないケースが多く、どんどん高い利息によって元本が返済できない状況に追い込まれてしまうのです。

フリーローンで借りた場合、翌日から利息が発生します。利息は金利によって発生する額は異なりますが、フリーローン自体が高い金利を適用していることもあり、かなり返済額が増える傾向にあります。

そして利息が多くなっていくと、利息の返済だけで元本を返済できない状況も起きてしまいます。元本が返済できないと、利息がどんどん増えてしまいます。

さらにフリーローンを提供する会社の中には、フリーローンの返済額が毎月これくらいで済むなどと伝えて、返済額を抑えられるようにするサービスを使わせようとしています。

最低限の返済で済ませられるのはメリットですが、逆に言えば借りているフリーローンの返済は全く終わっていないのです。返済を確実に終わらせたいなら、毎月多くの金額を返済するしかありません。

返済をしっかりできないとどんどん利息が多くなってしまい、最終的に返済できない状況に追い込まれます。

月々一定の金額を返済しておくのは当然ですが、返済する金額が小さくならないよう、大きな返済をしっかりできるかが非常に重要となります。

返済が長引くほど利息が高額になってしまう

返済が長引けば長引くほど、利息はどんどん発生してしまいます。利息がどんどん増えていくと、元本の返済と一緒に利息も多く返すこととなり、最終的に返済額が相当多くなっている場合もあるのです。

つまり地味日返済した場合、毎月の利息に苦しめられるようになります。最悪の場合は利息で元本が返せないケースまで起きてしまいます。

返済をしっかり済ませたいと考えるなら、利息がどれくらい発生しているのか毎月計算するなどして、情報を知っておくことが大事です。毎月の返済額がわかっていくと、どれくらいの返済を続ければ安心して完済できるのかがわかってきます。

フリーローンを利用するなら、毎月の利息等をシミュレーションで確認したほうがいいでしょう。

契約期間中は「債務者」状態!救済策を利用しにくい

契約している時点で債務者扱いとなり、借りていれば名実ともに債務者として返済義務を持つことになります。

もちろん債務者は自分の意志で借りて返済していくわけですが、債務者というのは救済策を取る方法がほとんどなく、自分の力で返済を続けるしかないのです。

もし収入がなくて困っている場合、仕事ができないなどの理由を告げれば生活保護などの救済策を取れます。当然仕事ができるようになればこれらの救済策は終了となります。

収入がなくて困っている、生活できない時に使える救済策は、本当に助かるものばかりです。

しかし債務者状態であれば、返済できるほどの収入は持っていると判断され、救済策を利用できないケースが多くなります。さらに救済策には借金等を利用している人は使えないなどと明記されており、そもそもフリーローンを使っていると救済されないなどの問題もあるのです。

債務者が使える救済策は、借金整理以外の方法がありません。借金整理も返済できない場合のみ適用される方法であり、返済できる能力があれば使えません。

つまり借金を返せる力があるのに返済を遅らせていると、救済措置を取れずに延々と返済を続けるしかないのです。

ギリギリの生活が長年続けば健康リスクも高まる

生活に余裕を持てなくなっていくと、最終的に健康リスクも高まってしまいます。

一番の問題はストレスが増えてしまうことでしょう。ストレスは体に与える影響が非常に大きく、場合によっては健康に害を与える可能性もあります。

こうしたストレスによって、どんどん体調不良を引き起こしてしまい、最終的にはがんや脳卒中などの死に至る病に犯されてしまいます。

余裕のある生活をしていれば、ある程度健康について考えられますし、ストレスを軽減できる方法もしっかり準備できるでしょう。

ギリギリの状態で生活しているのは、将来的に健康を害する可能性がとても高いため、今後返済できないリスクも高くなります。

フリーローンの返済に困ったら借り換えローンを使おう

フリーローンの返済が難しい、このままの金利で返済を続けるのはかなり厳しいと考えているなら、フリーローンの借り換えを考えてください。

借り換え用のローンを利用すれば、現在持っているローンの金額を引き継ぎ、他社へ切り替えられるのです。

他社の方が金利を低く設定されている場合など、どうしてもフリーローンを変えたいと考えるならどんどん借り換えを検討したほうがいいでしょう。

借り換えによって様々なメリットが得られますし、何よりも返済方法を自分が使いやすいものに変えられるケースが多いのです。これまで負担となっていた返済方法を変えられれば、返済がしっかり進む場合もあるでしょう。

借り換え用のローンはフリーローンを利用する方法もあれば、借り換えやおまとめを専用としているローンを使います。

専用の商品を使ったほうが安心できますが、金利面の問題があれば低金利のフリーローンを使う方法でも大丈夫でしょう。

金利が低くなって返済負担が減少

借り換えによるメリットは、何といっても金利が低くなり返済負担が減る点です。現在契約しているフリーローンの金利がかなり高く設定された場合、金利で発生する利息は相当高いものとなってしまいます。

しかし借り換えによって低金利の商品に切り替えられれば、返済の負担はかなり抑えられます。

1%以上金利が低いようであれば、借り換えを検討したほうがいいでしょう。フリーローンは金利1%で返済額が最終的に10万円ほど違うくらい、大きなメリットを得られるのです。

2%以上低い金利で契約できるならさらに返済額を抑えられるため、できる限り低金利で借りられる会社を探し、借り換えの契約をしたほうがいいのです。

どのフリーローンがおすすめ?低金利ローン徹底比較!

複数社のローンを借り換えると返済日が一定にできる

複数のローンを契約している場合、毎月の返済日はバラバラで、何度も返済のために口座にお金を入れるなどの作業が必要です。

こうした口座にお金を入れていく方法は面倒でもありますし、毎月の返済がバラバラになるとその分多くの利息も取られてしまいます。

そこで複数社のローンをまとめられる方法で返済日を一定にします。1回の返済で完了すると、利息を抑えられるメリットを得られます。

さらにローンの返済で口座にお金を入れないと駄目な状況が起こりづらくなるため、口座にお金を入れなくて返済できなかったという問題が起こらなくなります。

返済の安心感を作り出すためにも、できる限り借り換えローンを使って返済をしっかり考えたほうがいいでしょう。

自分にあった返済方法に変更することができる

自分に合った返済方法に変えられる可能性もあります。最初に契約しているフリーローンは、もしかしたら自分に合った返済方法が使えない可能性もあります。

自分が使いたい返済方法に切り替えれば、返済忘れなどの問題が起こりづらくなります。

フリーローンは口座引き落としの方法が返済で採用されます。口座引き落としは確かに便利ですが、利息が増えるデメリットもあります。

そこでATM返済等を持っている会社に切り替えて、自分が任意に約定返済を続ける方法を取るのです。これなら利息を軽減できます。

自分が使いたい返済方法を持ったローンと契約し、今の返済方法と違う方法で返済するとストレスも溜まりづらくなります。返済方法もしっかり調べておきましょう。

よりお得なフリーローンに借り換えるのがおすすめ!

借り換え用のローンを検討する場合、一番先に検討したいのがフリーローンです。

一見するとまたフリーローンと契約しているため、返済の問題が起きてしまうのではと考えてしまうでしょう。しかし現在契約しているフリーローンよりも返済が簡単にできて、しかも利息を抑えられるようになれば、その分だけ緒得に契約できるのです。

得をするフリーローンを探すのは、フリーローンと契約して借りた後でも大丈夫です。後から借り換えをする方法で、新しいフリーローンに借入額も含めて移動できるからです。

しかもフリーローンは借り換えローンとしても使っていい会社が多くあるため、いいフリーローンと契約できない問題もほぼ起こりません。

どうしても今のローンに不満を抱えているなら、新しいローンとの契約を考えたほうがいいでしょう。フリーローンでも得をする会社は多数ありますので、色々と調べて一番いいと思ったところに契約しましょう。

担保がないので万が一のときのリスクが低い

フリーローンは担保がないので万が一のリスクが非常に低く、安心して契約できるメリットを持っています。

低リスクで借りられれば、借り換えで大きなリスクを背負う必要がありません。低リスクで新しいローンと契約できるメリットがあるのです。

もちろん担保がないと言っても、問題のあるローンなのかしっかり考えたほうがいいでしょう。

もし問題があると思っているなら、別のローンを検討したほうがいいのです。いいフリーローンを見つけるまで、じっくりと時間をかけたほうがいいのは間違いありません。

フリーローンの借り換え審査に落ちる人の特徴

フリーローンの借り換えは、全ての人が審査を通過できるわけではありません。審査に落とされる人も当然出てしまうので、審査落ちの理由等を知って対策をしておきましょう。

審査に落とされないようにする対策ができれば、安心して借り換えが実施できるはずです。

フリーローンの審査に通らない10の理由と審査落ち時の対処法

返済能力が低い

一番の問題は返済能力が足りないという部分です。

返済能力が低い人は、借り換えをしても返済されないのではないかと考えられ、審査に落とされてしまいます。最低でもフリーローンの偏愛ができるくらいの返済能力をしっかり持たせて、返済できると銀行側に示す必要があるでしょう。

返済能力は借りる額に対して最低でも3倍以上は持たなければなりません。借り換えの場合は2倍程度でも契約できる場合はありますが、返済できる能力があると判断されるほどの年収は絶対に必要です。

現在の年収等を踏まえて、借り換えができるかしっかり考えましょう。

ブラックリストに登録されている

ブラックリストと呼ばれる審査拒否の対象に入っていると審査に落とされます。

ブラックリストは会社ごとに定められています。リストに掲載されている人は、会社に対して大きな問題を起こしており、なおかつ不利益を与えた可能性が高いのです。

特に過去に債務整理を実施していると、返済遅延を繰り返して踏み倒しをしようとしたなど、過去の利用歴に問題があるとブラックリストに掲載されてしまいます。

また、信用情報に問題がある人もブラックリスト扱いとなるケースがあります。

信用情報に問題があると、この人は危ないと判断されて1回目の審査の後、ブラックリストに掲載されます。その後は審査を受けても拒否されてしまい、借りられなくなるのです。

ブラックリストに掲載されているかどうかは、調べる方法がありません。掲載されないように過去の利用状況をしっかり把握しましょう。

5社以上の金融機関から借入がある

金融機関の借入があまりにも多すぎる場合、審査に落とされてしまいます。

3社以上から危険な状態となりますが、5社以上と契約しているとほぼ審査に落とされます。理由は借りている会社が多すぎて、返済されないと判断されるためです。

会社によって契約している金融機関の数はかなり厳しく見られます。中には3社でも審査に落とされる場合があります。

できる限り複数の会社と契約していないよう、借り換えの前には1社でもいいから契約数を減らすようにしましょう。

借り換え不可のローンも多い!利用条件を熟読しよう!

ローンの中には借り換え不可とされているものがあります。

本来なら借り換えを利用して返済を楽にしたいところですが、借り換え不可のローンでは対応できません。これはローンの利用条件や契約の内容に記されているので、しっかり確認してから契約したほうがいいでしょう。

借り換え不可のローンはどのような方法を使っても他社に切り替えられません。従って完済するまで契約するしかありません。

かなり面倒に感じるかもしれませんが、借り換え不可のローンはその分だけ金利が低く設定される場合もあります。

利用する際は、利用条件等をしっかり確認し、借り換え不可と書かれていないか見ておきましょう。もし借り換え不可で金利が高いように感じているなら、他社のフリーローンを考えたほうが安心できるでしょう。

フリーローンの審査難易度を比較!審査に通りやすいフリーローンはどこ?

まとめ

フリーローンはいい商品が多いものの、返済できないリスクもそれなりに高い商品です。しっかりと計画を立て、毎月の返済を多めに取るなど、返済をスムーズに進めて完済させる方法を考えましょう。

同時に借り換えなどを検討して、フリーローンを新しいものに変える方法もあります。

いいフリーローンと契約ができれば、返済額を抑えられるメリットもあります。今のローンに不満があるなら、新しいローンを考えてみるのもいい方法です。