銀行カードローンはアルバイト・パートも審査に通る?在籍確認の電話は来る?

公開日:

銀行カードローン審査はアルバイトやパートでも可能で、内容が良ければ審査を通過できる可能性もあります。しかし、銀行カードローンの審査はかなり厳しい会社もあり、場合によっては落とされてしまいます。

アルバイトやパートの方は、審査を通過するために何が必要なのか、しっかりと理解しておきましょう。

ここでは銀行カードローンをアルバイトやパートが申込む時、どのような注意点が生じるのか、そして審査を通過できる可能性について説明します。

消費者金融おすすめ比較ランキング【2018年】審査・金利・無利息・口コミ

銀行カードローン審査はアルバイト・パートでも申し込み可能

銀行カードローン審査は、アルバイトやパートでも可能です。申込みをするだけならどのような状況でも可能です。その後審査を受けて、本当に利用させてもいいと判断された人だけ、銀行カードローンを利用できます。

アルバイトやパートは、あまり限度額を増やせない可能性もあります。限度額を増やすような収入が確保できない点や、仕事の状況などで少し弱く見られてしまい、高い限度額を狙えないのです。

そこで限度額をあまり多くしないように心がけ、アルバイトやパートでも審査を通過できる限度額を希望して申込むといいでしょう。

銀行系のカードローンには、アルバイトやパートでも使えるような限度額の低いものも準備しています。

ただ、銀行カードローンには高収入者向けの商品も存在します。高収入を持っている人だけに用意されているものなので、間違って申込をして審査に落とされないようにしましょう。

審査に通るには最高月収ではなく収入のアベレージが重要

銀行カードローンの審査では、最高月収という部分を見られていません。

月収の数字で考えているのではなく、収入のアベレージを考慮して審査を行います。最高月収がかなり高くても、残りの月の収入が全く得られていないような状況では銀行カードローンの審査を通過できないのです。

カードローンというのは、年収などの数字で検討すると同時に、毎月の収入が安定して得られているのかという部分も注目しています。

毎月の収入が安定しており、返済能力があると判断されれば銀行カードローンを利用できます。一方で月々の収入が安定せず、月収の高い月の低い月が分かれているようであれば、収入が不安定と判断されて審査に落とされてしまいます。

審査を通過したいと考えるなら、収入のアベレージという部分もしっかり考えてください。高いアベレージを持たせる必要はありませんが、安定して毎月同じ収入を得られるような状況にしないと、銀行カードローンの審査はなかなか通過できないのです。

カードローン利用者の4分の1がアルバイト・パート

カードローンの利用者は、多くが正社員です。

ただ、正社員だけが利用しているのではなく、4分の1程度はアルバイトやパートの人が使っています。つまりアルバイトやパートでも、カードローンの利用はできるのです。

収入が足りず、カードローンを使いたいと考えるのはアルバイトやパートでも同じです。ア

ルバイトやパートでもカードローンを使えるように、銀行や消費者金融を中心にサービスを提供しています。利用できそうな会社に対して申し込みを行い、カードローンを利用しているアルバイトやパートはそれなりに多いのです。

これからもアルバイトやパートのカードローン利用は促進される可能性があり、より多くの人が利用するかもしれません。

その反面、返済がしっかりできるのかという不安を銀行などは抱えており、より厳しいチェックの下でカードローンの審査を行っています。

アルバイト・パートは正社員よりも審査で不利?

アルバイトやパートは正社員よりも不利な状況で審査を行っています。一番の理由は不安定な雇用形態という部分が関連しています。

アルバイトやパートは、正社員と違って雇用されている状況が安定していません。

正社員は契約を解除するまでに色々な手続きが必要ですし、そう簡単に会社を辞めてもらうという選択もなかなか取れません。

一方でアルバイトやパートというのは、一定の契約期間が経過すると契約を解除できる仕組みがあったり、突然のように契約を切られる可能性もあります。短期間で仕事を失う可能性も十分にあるのです。

この正社員の安定した雇用とアルバイトやパートの不安定な雇用では、銀行カードローンの審査に影響が及んでしまいます。安定して仕事をしている人が当然審査では優遇される傾向にあるため、アルバイトやパートは審査では不利を受けてしまいます。

審査に通りやすい!今日中に借りれる消費者金融おまとめローン4選

収入の将来性を低く見られてしまう

一番の問題点は、パートやアルバイトの収入は将来的に止まるのではないかと思われている点です。

正社員の場合は安定して定年までは収入を得られると判断されていますが、銀行カードローンではアルバイトやパートの収入はどこかで止まってしまうのではないかと考えており、あまり収入が安定しているようには考えていないのです。

将来的に契約を切られて、収入が不安定になる状況を銀行は恐れています。より安定している状況で審査を受けてもらい、将来的にも返済をしっかり行ってもらえる人に銀行カードローンを利用してもらいたいと考えているのです。

従ってカードローンを利用するには、より安定した収入状況が必要です。

アルバイトやパートは将来性がやや薄いほか、もしかしたら契約をすぐに切られてしまうかもしれないと、短期的な部分でもマイナスが多くなってしまいます。

より安定した収入を見せるためには、どうしても制社員を狙うなどの対策が必要です。

審査に通るには給与明細で安定収入をアピールする

アルバイトやパートでも審査を通過したいなら、まずは安定した収入状況をアピールするしかありません。

収入の状況に問題がないと判断されていれば、審査を通過できる可能性はかなり高くなります。そこで提出しておきたい書類が給与明細です。

銀行カードローンの場合、一定以上の限度額を確保しなかった場合、収入証明書の提出は不要です。

ただ、アルバイトやパートの場合、収入の状況を確認したいと考えており、収入証明書の提出を求められる可能性が高くなります。そこで給与明細を提出して、毎月の収入が安定しているように見せると、審査を通過する可能性は高くなるのです。

もちろん給与明細というのは、1ヶ月分だけ提出しても意味がありません。

銀行カードローンの審査を通過するには、最低でも2ヶ月分は提出しなければならないのです。2ヶ月分は最新のものが必要で、昔の給与明細を出しても再提出を求められます。新しい書類を提出して、すぐに銀行カードローンの審査が進むようにしてください。

アルバイト・パートが銀行カードローンの審査に通るコツ

アルバイトやパートでも銀行カードローンの審査を通過できる方法は色々あります。どうしても銀行カードローンを利用したいと考えるなら、まずは審査を通過するコツを理解して、実際に使ってみましょう。

ここからはアルバイトやパートでも使える銀行カードローン審査を通るコツを紹介します。

希望額を必要最低限まで減らす

まずは限度額の希望です。

限度額の希望を増やしすぎると、銀行からはアルバイトやパートなのに欲張って申込をしているのではないかと思われてしまいます。

こうした欲張って申込をしている状況というのは、震災落とされる可能性が非常に高くなります。

従って限度額の希望を増やしすぎると、審査に落とされる可能性は非常に高くなってしまうのです。そこで希望する限度額はかなり抑えておきます。

場合によっては10万円程度の限度額を希望して、審査を通るように調整してもいいでしょう。

限度額を10万円に抑えると、必要な収入が大幅に減少します。さらにアルバイトやパートでも借りすぎの状態が起こりづらくなり、返済できるものと判断されて審査を通過しやすくなるのです。

返済できないような状況を作ると銀行カードローンの審査に落とされる可能性が高まってしまいます。返済しやすく、安定して銀行カードローンを利用できると思われるためには、限度額をまずは下げて考える方がいいのです。

後から増額によっていくらでも銀行カードローンの限度額は増やせるので、最初のうちは小さい限度額で我慢する方法もあります。

他社借入をなくす・おまとめローンで一本化する

他社借入を持っている人は審査でかなり不利です。

審査の中では借入の状況などを調べられており、他社借入が複数存在する場合、もしくは1社だけとはいえ借りている額が多すぎる場合は審査に落とされてしまいます。銀行カードローンの審査を通過するには、他社借入をなくしてから申込みをしたほうがいいでしょう。

アルバイトやパートの場合、他社借入を持っているだけでも審査に落とされる場合があります。

あまり収入を持っていないのに他社から借りているのは、これからカードローンを利用させたときに返済されないのではないかと思われるためです。

従って他社借入というのは、先に返済して0円にしたほうがいいでしょう。完済している情報等を確認されると、むしろ審査を通過しやすくなります。

どうしても借金の返済ができない場合、もしくは他社の借入が複数ある場合は、おまとめローンで一本化も検討してください。

他社借入件数が多すぎると審査に落とされますが、おまとめローンで1つにまとめると審査を通過できる場合があります。おまとめローンは専用のローンが銀行から提供されるほか、カードローンでまとめる方法も使えます。

申込情報で嘘をつかない

申込情報で嘘をついていると判断された場合、当然ですが信頼できないため審査に落とされてしまいます。

銀行カードローンを利用するには、保証会社の審査で保証を受けられると判断されなければなりませんが、嘘の情報が1つでも見つかった場合は審査に落とされます。

一番の原因は信頼性がないと思わるからです。

申込情報を良く見せたいという気持ちはわかりますが、残念ながら嘘をついていると逆効果です。

嘘をつかず、自分が持っている情報を正しく提示できる人ほど、銀行カードローンの審査は通過しやすくなります。

申込情報で嘘をつくようなことはせず、正しい情報をすべて提示して審査を受けましょう。

銀行カードローンの審査では在籍確認の電話が来る?

銀行カードローンでは、大半の商品で在籍確認が行われています。在籍確認を受ける場合、アルバイトやパートでも連絡が入ります。本当に仕事をしているのかしっかりと確認するため、電話による確認は必須です。

在籍確認の連絡が嫌だと思っていても、銀行カードローンの審査ではどうしても仕事の状況を確認したいと考えているのです。

もし嘘をついている場合、仕事をしていない人にお金を貸してしまう可能性があるため、より安心して審査を行いたいと銀行が考えています。そのため全ての人に対して銀行カードローンの在籍確認が行われます。

ただ、稀に銀行カードローンでも在籍確認を行っていない会社があります。在籍確認を行っていない場合、電話による確認作業は行われておらず、別の方法を使って在籍を確認するなどの対応を行う、もしくは在籍確認をしないで審査結果を通知するケースがあります。

銀行カードローンは同僚に怪しまれにくいのが強み

消費者金融の場合、どのような会社から連絡が入っているのかわからなかったり、怪しい会社からお金を借りるための連絡じゃないかと思われてしまいます。

従って消費者金融で申し込みをすると、在籍確認の際に怪しまれるケースが多くなってしまいます。

一方で銀行カードローンの場合、個人名義で電話を入れてもらう方法もありますが、銀行名を出してもらう方法もあります。

銀行の名前を出してもらえば、銀行から何かの確認を取るために連絡を入れていると判断さえ、怪しまれる可能性は低くなります。

より安心して審査を受けたい場合は、銀行側に銀行名で連絡を入れてもらうなど、怪しまれない状況を作ってもらいましょう。

派遣バイトの場合は在籍確認の電話が派遣元に来る

派遣によるバイトでは、派遣元に在籍確認の連絡が入ります。

派遣先に連絡が入るのではなく、登録している派遣会社に対して連絡が来ます。派遣会社としては、しっかりと電話の対応を行っていますが、稀に間違った回答によって審査に大きな影響が及んでしまいます。

在籍確認は派遣バイトでもしっかり行われている行為です。派遣バイトの場合は派遣会社がしっかりと電話の対応を行ってくれるものと想定し、銀行カードローンの審査を受けるといいでしょう。

アルバイト・パートは銀行カードローンが消費者金融よりおすすめ!

銀行カードローンは審査に落とされる可能性が非常に高いことに加え、審査に落とされ続けると銀行カードローンの審査を受けられず、事実上カードローンの利用が不可能になる場合もあります。

そこでより安心してカードローンの審査を通過するため、消費者金融に申込む方法があります。

消費者金融は審査基準が銀行カードローンよりも甘く作られているため、消費者金融なら審査を通過できる人も結構います。

しかも消費者金融は審査が早く、すぐに審査結果を通知してくれるメリットもあるため、すぐに審査結果を知りたいと思っている方にもいい会社です。

アルバイトやパートは、消費者金融のカードローンを使う傾向もあります。消費者金融を銀行カードローンよりも先に検討して、より審査を通過しやすい方を選んでもいいでしょう。

金利が高い分だけ審査に通りやすい

消費者金融が審査を通過しやすい理由として、金利が高く設定されるためです。金利が低い会社ほど審査は通過しづらくなっており、逆に金利が上限近くにまで設定されている会社は審査が甘い傾向にあります。
消費者金融は利息収入で企業経営を進めている会社が多く、利息の収入は欠かせない存在です。しかし利息を得るためには利用者を増やさなければなりません。そこで消費者金融は、金利を高くする代わりに、審査基準を銀行カードローンよりもかなり低く設定しており、低収入のアルバイトやパートでも審査を簡単に通過できるようにしています。

金利が低い銀行カードローンは審査に厳しい傾向があり、なかなか審査を通過できないケースが多いのです。しかし高い金利を適用している消費者金融の場合、アルバイトやパートの人があっさりと審査を通過できる場合があります。

無利息期間サービスを使えば消費者金融のほうがお得?

銀行カードローンには無利息期間サービスがほとんど用意されていません。

カードローンを利用した次の日から利息を取られてしまいます。利息が増えてしまうと返済がスムーズにできず、場合によっては利息で元本が増えてしまうケースもあるのです。

しかし消費者金融の場合、30日間の無利息サービスを用意する会社が多く、借りてから1ヶ月程度は利息がかかりません。

この期間に返済を多くしておけば、元本が利息で増えすぎるという問題が解消され、利息の問題に悩まされる可能性は低くなるのです。

確かに金利は高く、消費者金融では多くの利息を支払うことが多くなります。しかし無利息サービスの影響もあり、場合によっては消費者金融の方が得をするのです。

ただ注意点として、このサービスは1回しか使えないことも多いので、2回目以降の借入には意味がないものと考えてください。

アルバイト・パートにおすすめの消費者金融カードローンを紹介

アルバイトやパートの方は、銀行カードローンよりも消費者金融のカードローンを検討してもいいでしょう。

消費者金融のカードローンは、借りやすさのメリットもありますし、各社が変わったサービスを提供しており、より使いやすい商品が見つかるかもしれません。

ここからはアルバイトやパートの方でも使えるおすすめの消費者金融カードローンを紹介します。

プロミス

プロミス

消費者金融トップクラスのプロミスは、金利が最大で17.8%に設定されており、少しだけ消費者金融の中でも低く設定されています。返済額が抑えられるメリットを得られます。

またプロミスでは、ポイントサービスを提供しています。一定のポイントを貯めると無利息サービスが再度利用できるなどのメリットがあり、プロミスで多く借りていればポイントによって無利息が何回でも得られます。

この無利息サービスが消費者金融でも便利なところで、返済額をさらに抑えられるメリットを持っています。

プロミスのカードローン基本情報【審査・金利・返済】

アコム

アコム

アコムは消費者金融最大手の会社です。全国的に自動契約機を配置しているほか、審査が非常に早い傾向にある会社です。

金利は最大18%に設定されるものの、借りられる限度額がプロミスより多い800万円を準備しており、多くの借入もできる会社です。

夜遅くまで営業している自動契約機は、アルバイトやパートが終わってから申し込みができて、その場でカードまで発行できます。

すぐにお金を借りたいと思っている方に、全国的に展開される自動契約機を持つアコムはとても使いやすいでしょう。

アコムのカードローン【審査・金利・返済・口コミ】

アイフル

プロミスやアコムと比べるとややサービスの質は劣りますが、それでも800万円という高い限度額を持っている会社です。

しかもアイフルの場合、提供しているローンが多いというメリットを持っており、多数のローンから自分に合わせて商品を選べます。

中には少額のみ提供しているローンも準備しています。小さい借入だけでいいと思っているなら、アイフルが提供する少額のローンも考えてください。

アイフルの審査基準は?口コミ・評判と審査に落ちた時の対処法を解説

銀行カードローンはアルバイトやパートではやや厳しいかも

銀行カードローンの審査はアルバイトやパートではやや厳しく見られる可能性もあり、場合によっては審査に落とされてしまいます。

審査に落とされればカードローンは使えませんし、落とされたという履歴によって他社の審査にも影響が及びます。1回の審査で通過できるよう、しっかりと準備を進めておきましょう。

どうしても審査を通過できずに困っているなら、消費者金融を選ぶといいでしょう。消費者金融は審査基準が銀行より甘めなので、アルバイトやパートでも審査を通過しやすくなります。

即日融資に対応している消費者金融一覧!即日融資を受ける条件・口コミまとめ