落ちた銀行カードローンと保証会社が同じ!審査に落ちる可能性は高い?

公開日:

銀行系カードローンは、保証会社との三者契約です。
保証会社は審査に対する影響力が強く、カードローン選びの重要な基準となります。

  • 銀行系カードローンの保証会社一覧
  • 保証会社が審査に影響を及ぼす理由

これらを解説したあと、万一審査に落ちてしまった場合・信用情報や返済実績に自信がない場合の「審査対策/審査に通過するためのポイント」を紹介します。

審査の甘い銀行カードローンはある?審査基準・難易度・通るコツを分析

銀行カードローンの保証会社一覧!意外と同じ会社が保証している?

銀行系カードローンの保証会社となっているのは、主に大手消費者金融・信販会社です。最初に、利用者の多い人気カードローンの保証会社を確認してみましょう。

銀行カードローン 保証会社
三菱UFJ銀行「バンクイック」 アコム
みずほ銀行カードローン オリコ(オリエントコーポレーション)
りそな銀行カードローン オリコ
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
楽天銀行スーパーローン 自社保証・セディナ
住信SBIネット銀行カードローン「ミスターローン」 オリックスクレジット
セブン銀行カードローン アコム
じぶん銀行カードローン アコム
東京スター銀行 新生フィナンシャル(新生銀行グループ)
スルガ銀行カードローン 自社保証・ダイレクトワン・オリコ
横浜銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
北海道銀行カードローン アコム
北都銀行スピードカードローン 新生フィナンシャル

※自社保証とは:
自社のグループ関連会社と保証契約することです。

債権を保全する(貸し倒れた場合の保証)という性質上、保証契約は最大手企業に集中しがちです。

結果として、全く別の銀行でカードローン申込みをしても、同じ保証会社になることが多くなります。

カードローンの保証会社とは?その役割を解説

個人向けカードローン最大の特徴は、保証人・担保の両方が不要であることです。

その一方で万が一返済不能になってしまった場合のリスクが大きく、銀行としてはどんなに信用力のある相手でも回収の見込みをつけておきたいのが本音です。

そこで、保証人の役割を担う企業として「保証会社」を立てます。

利用者が音信不通で返済してくれない場合・債務整理により貸したお金を回収できない場合は、保証会社が利用残高を全額立て替える(=代位弁済)という仕組みです。

保証会社はカードローン審査の実質全てを担当

カードローン申込者の返済能力を事実上審査するのは「保証会社」です。

保証人の役割を引き受けるという契約上、最終的に貸し倒れリスクを引き受けることになるのは保証会社だからです。

つまり、融資可能か(審査に通せるかどうか)に対する判断の権利は保証会社にあるといっても、過言ではありません。

こういった理由で、審査基準・ご自身の属性に合わせた審査の通りやすさの見極めは、各カードローンの保証会社が基準となります。

「保証会社が消費者金融だから審査が甘い」は本当?

カードローンの審査基準について「保証会社がアコム・アイフルなどのサラ金系だと通過しやすい」という一説があります。しかし、これは正しいとは言えません。

審査の厳しさは、保証会社ではなくそれぞれのカードローンの金利に比例します。

例:
三菱UFJ銀行「バンクイック」の最高金利:14.6%
消費者金融アコムの最高金利:18%
…審査を行うのはどちらもアコムですが、バンクイックのほうがより厳しい審査が行われます。

高金利より低金利カードローンのほうが低い利益率で、貸し倒れた場合は元本(借入残高)しか保証されません。

銀行系カードローンは消費者金融と比較すると、1件ごとの貸し倒れによるダメージが大きいのです。

金利が低いほど「きちんと返済してくれる人」の存在が重要になるため、審査が厳しくなります。

大手消費者金融と銀行は業務提携している

保証会社の性格(サラ金か銀行か)と審査基準の関連性が薄い理由として、大手消費者金融は銀行と関係を深めているという実態も挙げられます。

アコム:MUFJグループ(三菱UFJ銀行)と業務提携
プロミス・モビット:三井住友銀行が出資するSMBCコンシューマーファイナンスの傘下

キャッシング利用者のニーズに合わせて業態を分けているだけの関連会社というのが、現在の状況です。

消費者金融でも、利用者にとって貸主となる銀行の審査基準や契約条件(金利等)に合わせた、厳しい審査を行うと考えましょう。

同じ保証会社のカードローンを受けると審査に落ちる?

みずほ銀行・りそな銀行の2社は、同じくオリエントコーポレーションが保証会社です。みずほ銀行で審査落ちした場合、りそな銀行でも契約できないのでしょうか。

結論を述べると、保証会社が同じ別のカードローンに挑戦する場合、必ずしも落ちるとは限りません。

  • 収入が上がる
  • 同じ会社で勤め続けている(勤続年数が延びる)
  • 他社借入件数・他社借入額が減る

このように申込者属性が以前より高くなり、保証会社の要求する水準を満たせば、審査に通る可能性は十分あります。

他には、次のようなポイントを押さえて銀行系カードローンを選ぶこともおすすめします。

2社以上から保証を受けているカードローンは審査に通りやすい

楽天銀行・スルガ銀行のように、保証会社を2~3社指定しているカードローンもあります。

このような銀行は貸し倒れリスクを減らせる分、審査基準を緩める傾向にあります。低金利かつ審査に通ることを最優先したい場合、保証会社の数が多い銀行へ申し込むのもひとつの手です。

ブラックリスト入りしている場合は審査に落ちることも

ただし、次のような場合は審査に通ることが極めて困難になります。

  • 返済遅延や債務整理歴あり(金融ブラック)
  • 保証会社の社内ブラックに入っている。

信用情報が傷ついている場合、任意整理なら3~5年・個人再生や自己破産なら10年程度の時間が経過して事故情報が抹消されるまで、審査に通ることは出来ません。

見落としがちなのは「保証会社の社内ブラックに入っている場合」です。

借りていないのに保証会社の社内ブラックに入るケース

カードローン利用者が返済できなくなった際に借入残高を立て替える「代位弁済」は、立て替えた保証会社の社内ブラックに指定される原因です。

例:みずほ銀行カードローンで無連絡で2ヵ月以上返済が遅れた場合
…保証会社のオリコがみずほ銀行に対して代位弁済を行い、以降はオリコからカードローン利用者へ督促が行われます。

この例だと、オリコの社内ブラックに入ってしまいます。

以降、オリコで発行する各種クレジットカードやショッピングローンはもちろんのこと、保証会社として関わっているりそな銀行のカードローンでも審査に通ることが困難になります。

一定期間で事故歴が抹消される信用情報と違い、社内ブラックは半永久的であることにも注意が必要です。
過去に返済トラブルを起こしたことがある場合は、次の点を振り返ってみましょう。

  • 保証会社はどこだったか。
  • 代位弁済は行われていたか。
  • 最終的にどの会社から督促されていたか。

ただし、代位弁済は1カ月程度の返済遅延では行われません。無連絡で2ヵ月以上の返済遅延を起こした場合・法的整理(自己破産や個人再生)をした場合に限られます。

代位弁済は信用情報の開示で確認できる

代位弁済が起きていないか心配になった場合、信用情報機関(JICC・CIC・全国銀行協会)に情報照会してみましょう。保証会社が立て替えた記録は、信用情報として保存され、以降3~5年に渡って残されています。

このようなポイントを押さえると、審査に通りやすい銀行系カードローンを選ぶことが出来ます。

結論:同じ保証会社だからといって審査に落ちるわけではない

銀行系カードローンの審査は、保証会社の権限が大きいものの、銀行独自の審査基準と組み合わせて公平に審査してもらえます。

ここまでの審査基準についての解説をまとめると、同じ保証会社で審査落ちする場合は次の3パターンのみです。

  1. 審査落ちしたあと、申込者属性が保証会社の審査基準に満たない場合。
  2. 信用情報に金融事故歴が残っている場合(ブラックリスト)
  3. 保証会社による代位弁済で、社内ブラック入っている場合

②・③の特別なパターン以外は、審査に落ちるとは限りません。

申込者属性の見直し・収入証明書を含む必要書類を揃える等の基本的な準備をしっかりと行えば、同じ保証会社でも審査に通る可能性は十分あります。

それぞれの銀行の申し込み条件をしっかり読み込もう

見落としがちなのが、各銀行系カードローンの申込条件です。

いずれも保証会社に関する決まり・社名が明記されているのは勿論のこと、専業主婦や年金収入のみでも申込み可能かといった基本的な情報が詰まっています。

しっかりと読み込んで申込みをすることが、審査に通るための第一条件です。

まとめ

銀行系カードローンにはいずれも保証会社がついています。いずれも保証人としての役割を代行する会社であるため、カードローン申込時の審査は保証会社の影響が強くなります。

  • 申込者属性の見直しを行う
  • 必要書類をしっかりと準備する
  • 申込先の保証会社が、過去の債務整理に関わっていないか確認する

こうした基本を押さえれば、審査に通ることは難しくありません。

どうしても不安が残る場合、審査がゆるく比較的高めの金利を設定している銀行・保証会社を複数指定している銀行も検討してみましょう。

審査に通りやすい!おすすめ銀行カードローンランキング