銀行カードローンの審査についてキャッシング初心者にも分かりやすく解説

公開日:

銀行カードローンは多くの方に利用されており、気軽にお金を借りるために使われています。

多くのユーザーを抱えている銀行が増えており、近年は他のローンよりも利用率の高い商品があります。

カードローンを利用している人の多くは、しっかりと審査を受けていい結果を受け取ってから利用しています。

審査を受けずにカードローンを利用するのは無理な話であり、多くのユーザーが申込みから借入までに適切な対応を行い、審査を完了させているのです。

ここでは銀行カードローンの基礎知識やカードローンを利用するまでに必要な時間などを説明します。

審査の甘い銀行カードローンはある?審査基準・難易度・通るコツを分析

銀行カードローンって何?使っても安全?

銀行カードローンは銀行が提供しているカードローンのことです。

銀行が審査を行い、最終的に利用できると判断した人だけにローンカードを発行します。

発行されたカードを利用してお金を借りたり、カードローン契約者用のマイページに入って借入を行えるシステムが採用されています。

銀行が提供しているカードローンは問題なく利用できます。カードローンは厳格な審査を行っているだけでなく、提供している側もサービスをしっかりと提供し、問題が起こらないようにしています。

後から借りたら厳しい取り立てを受けるような状況はなく、銀行はルールの中でしっかりと対応しているのです。

銀行が提供しているカードローンの多くは、かなり多くの限度額を設けています。

限度額というのは借りられる金額のことで、利用者は限度額までカードローンでお金を借りられます。

限度額が高ければ高いほど、その銀行からは信用されているので、より多くの借入と低金利での融資が受けられるのです。

カードローンは2種類に分かれる

カードローンは大きく分けて2種類に分かれています。

1つは先ほど紹介した銀行カードローンです。

銀行が提供しているカードローンで、銀行側が審査を行って問題なしと判断している人に借入のできるローンカードを提供しています。

銀行の審査はやや厳しい傾向にありますが、借りられる金額は銀行側が自由に設定できます。

また、銀行の場合、低金利で借りられるメリットを持っているため、返済しやすい点もあります。

もう1つは消費者金融が提供するカードローンです。

消費者金融というのは独立してノンバンクのような貸し付けを行っている会社で、アコムやプロミスが代表的な会社です。

現在の消費者金融は銀行系列に加わっていることが多く、銀行カードローンの審査を担当している場合もあります。

消費者金融は審査基準が甘く設定される傾向が多いので、借りやすさを持っている会社です。

その反面金利は高く設定されているほか、総量規制の影響を受けており借りられる金額が制限されています。

借りられるのは自分が持っている年収から3分の1以内に制限されているのです。

この2つのカードローンからどちらを選ぶのかが重要です。

カードローンの場合、審査基準が甘くなるのは消費者金融ですが、借りた後にメリットを持っているのは銀行カードローンの方です。

カードローンは借りたお金の使い道は自由

カードローンでどのようにお金を借りてもいいですし、お金の使い方は自由です。

カードローン自体はフリーローンの1種として作られており、銀行が禁止している以外の用途であればどのように利用しても構いません。

単純に欲しいものを購入したいと考える時に銀行カードローンを使ってもいいですし、税金の支払いが難しいと考えられたときにカードローンを使って借りて支払う方法も使えます。

支払いがしっかりできれば、自由にカードローンを利用して生活を豊かにできるのです。

ただ、カードローンには禁止されている事項として、他人にお金を渡すためにカードローンを使えません。用途は自分が使う目的でなければならず、他人に貸し与えるためにカードローンを利用してはいけません。

銀行が違反と判断する項目等もありますので、カードローンを利用する前に違反行為について確認したほうがいいでしょう。

銀行カードローンは低金利なので返済しやすい

消費者金融は金利が18%に設定される商品も多くなっており、借りた時に返済が難しい傾向にあります。

限度額によって金利は変わりますが、それでも高い限度額に達しなければ低金利は実現しません。消費者金融の場合、高い金利を覚悟の上で借りて、返済を続けなければなりません。

しかし銀行カードローンの場合、設定されている金利は消費者金融よりも低いのです。

一部の銀行カードローンは消費者金融と同じ程度の金利を適用させる場合もありますが、大半の銀行は消費者金融から3%程度の低金利が実現できるよう、少ない借入で返済が容易にできるようにしています。

低金利で借りられるのは、発生する利息を抑えられるメリットを持ちます。利息が減れば返済する金額の合計が減少するので、大きな借入の場合はより返済額を少なくできるでしょう。

銀行カードローンは審査時間が長いので注意

銀行カードローンの問題点として、近年は審査時間が延びています。審査時間により多くの時間がかかってしまう傾向を持つ銀行カードローンは、より詳細なチェックが必要となったため、これまでよりも審査に時間がかかってしまいます。

最大の理由は銀行カードローンに対してより多くの確認事項を持たせるように要求されたからです。

これまでは銀行側の裁量によって審査を終えていたため、審査にかかる時間はかなり短くできました。

銀行によっては短時間で審査が終わり、即日融資が受けられると説明した商品もあります。

しかし現在は即日融資ができず、銀行カードローンは確認事項が増えたため、これまでのような早期の審査はできなくなりました。

現在の審査は数日程度が必要で、最終的な審査結果が通知されるまでに3営業日程度かかる場合があります。

それからローンカードを発行して郵送するため、利用までにはかなりの時間がかかる場合もあります。

銀行カードローンと消費者金融の審査の違いは?審査基準・審査時間を比較

2018年からは借りるまで最短1週間前後かかる

2018年から、銀行カードローンに対して警察のデータベースを照会するように通知されました。

反社会的勢力に対してお金を貸さないようにするため、気軽に借りられるカードローンには厳しい審査を行うようにしたのです。その結果銀行カードローンの審査はかなり長くなってしまいました。

これまでは銀行側がいいと思っていればすぐに貸し出せたのですが、現在は銀行カードローンの審査を終えた後、信用情報とは別に警察のデータベースを確認し、犯罪歴がないか確認しなければなりません。

本当に犯罪歴がなければ問題なく貸せるのですが、犯罪歴が見つかった場合はこの時点で審査に落とさなければなりません。

さらにデータベースの照会は1日では完了せず、数日程度がかかる場合もあり、審査時間が大幅に延びてしまいました。

現在の審査は3営業日程度を基準に、長いところでは1週間程度も必要になってしまいます。従って銀行カードローンを利用するなら、カードローンの審査に時間がかかると判断して、ゆっくり時間を取らなければなりません。

ローンカードを発行しなければ利用できない銀行カードローンも多数あります。

銀行カードローンの発行にかなりの時間がかかってしまい、場合によっては1週間程度も借りるまでに時間がかかるケースがあります。

ある程度ゆっくり待てる余裕を持って審査を受けてください。

消費者金融は最短30分で即日融資できる

一方で消費者金融の場合、警察のデータベースを照会する必要がないほか、総量規制さえ守っていればすぐに貸し出しができるため、短時間でお金を貸せるメリットを持っています。

貸し出しまでにかかる時間は最短で30分となり、審査さえ終わればすぐに融資を行うようにしています。

消費者金融は高い金利を適用する代わりに審査の基準を甘くしており、そんなに長く審査の時間を取っているわけではありません。

また、警察のデータベースを紹介しなくてもいい会社としてカードローンを提供するため、現在でも即日融資が簡単にできるのです。

急ぎの用で融資を受けたいなら、消費者金融を利用してください。

銀行カードローンの審査ではどんなところを見られる?

銀行カードローンでは審査で色々なところを確認されています。かなり厳しい審査もありますので、審査項目についてしっかりと確認し、自分が審査基準に合致しているのか知っておきましょう。

現在銀行カードローンの審査で確認されている項目は以下の通りです。

  • 自身の年収
  • 仕事の状況
  • 借入の状況
  • 希望する限度額
  • 信用情報

以上の項目を確認されています。

特に重要なのは自身の年収であり、年収が不足している人は審査に落とされてしまいます。

銀行カードローンは利用するために必要な年収が決まっているわけではないものの、あまり収入を持っていない人には利用させないようにしています。

他にも他社借りている金額が多すぎる場合や、仕事の状況から信用が得られない場合など、信用できないと判断された場合は審査に落とされます。

審査で確認されている項目はすべて満たさなければならず、1つでも厳しいと判断されれば銀行カードローンは利用できないと考えておきましょう。

最も重要なのは申込者の年収

銀行カードローンを使うのであれば、絶対に申込者の年収は重要です。

年収が不足していると判断された場合、限度額を抑えても銀行カードローンを利用できないと判断され、審査に落とされてしまいます。審査を通過するには最低でも100万円以上、できれば200万円以上の年収を確保してください。
申込者の年収が足りなければ、限度額10万円という最低限の数字も適用できず、審査に落とされてしまうのです。返済できる年収というのは、限度額に対して3倍以上の数字が必要で、より安心できる年収を提示しなければなりません。

年収は少額であればごまかしても審査に影響はありませんが、大掛かりにごまかしてしまうと収入証明書の確認でバレてしまいます。いいように見せかける行為はなるべく避けたほうがいいでしょう。

銀行カードローンは限度額が年収の何%だったら審査に通る?

年収が低くても返済額が少なければ審査に通る

年収が低いと判断された場合でも、返済額が少ない限度額であれば問題なく審査を通過できます。返済額が数千円程度であれば、年収が少なくても借りられる場合もあるのです。

返済額が少ない場合、少額の収入でも返済できると判断されるため、返済額がしっかり捻出できると判断されます。

逆に年収が少ないのに返済額が大きな銀行カードローンは、返済額が捻出できないと判断されて審査に落とされるのです。

もし年収に不安を持っているなら、年収が少なくても返済額が抑えられる少額のカードローンを希望するといいでしょう。

収入の安定性も審査ではチェックされる

収入の安定性もしっかりチェックされています。

収入の安定性がないと判断されれば審査に落とされます。例え多くの収入を持っている人でも、一時的な収入増加と判断された場合は審査に落とされます。

収入の安定性は、仕事を長く経験しており、安定して収入をもらっていると判断されれば認められます。

仕事の年数は1年程度は必要で、それよりも短い場合は審査に落とされてしまいます。最低でも1年程度の仕事は続けて、しっかりと審査を通過できるようにしましょう。

直近で借金やローン・クレカ滞納があると審査に通りにくい

借金を抱えている人は審査に通りづらい傾向があり、特に最近借りたばかりの人は審査に落とされやすくなります。

直近で借りている情報が見つかった場合は、返済されるのか不安に感じられてしまい、審査を通過できなくなってしまうのです。

同時に借金の滞納が発覚した場合は審査に通らなくなります。借金の滞納はあらゆるローンに適用されているほか、クレジットカードの滞納も同様に考えられています。

クレジットカードの滞納などによって、返済に問題があると判断されれば審査を通過できません。

滞納の場合は借金よりも審査を通過できなくなり、場合によっては数年間審査を通過できない場合があります。

金融事故が起きたら審査申し込みまで期間を空ける

もし金融事故と思われる状況が起きた場合は、審査申込までかなり時間を空けるようにしましょう。

その期間は最長で5年、中には10年以上必要な場合もあります。特に債務整理を行った場合は、金融事故でも一番厳しい判断を受けるため、できれば7年近くは期間を空けたほうがいいでしょう。

金融事故は審査でも一番厳しい項目として見られています。返済しない、返すつもりがないと思われれば審査は通過できないのです。

審査を通過させないような情報が多数見つかっている間は、どれだけ収入を持っていても銀行カードローンは利用できません。

自分が金融事故と思われる行為を行った場合は、信用情報機関にその情報が残されます。

信用情報がいいものに変わるまで、ゆっくり待ってから銀行カードローンに申込みをしましょう。

銀行カードローンの審査に必要な書類は2種類

銀行カードローンは提示されている情報が正しいのか、書類による確認を行っています。

書類を確認して、本当に問題がないと判断された人だけ、銀行カードローンを利用できます。

銀行カードローンでは必要な書類が2つ用意されています。

1つは本人確認書類です。本人の情報が間違っていないか確認するために必要で、写真付きの身分証明書を要求されます。写真のついていない身分証明書しか持っていない場合は、2種類以上の書類を提出するように要求されます。
もう1つは収入証明書です。必要な収入を本当に確保しているのか、収入の額を見て判断しています。収入が掲載されている情報と異なる場合は審査に落とされやすくなり、特に大幅に差が開いている場合は審査に落とされやすいのです。

この2つの書類を提出して、ようやく銀行カードローンが進められます。2つの書類はしっかりと提出するようにしましょう。

身分証明では運転免許証を使うのがおすすめ

身分証明書は色々な書類を提出できますが、1枚ですぐに証明できるのは運転免許証です。

運転免許証は必要な情報が全て揃っているほか、免許証の更新日に問題がなければ身分証明書として非常に使いやすいのです。

運転免許証を持っている人は、銀行カードローンの審査にコピーを取り、提出するようにしましょう。

他の書類は発行するまでに時間がかかったり、写真がついていないので2つ以上の書類を出すように求められてしまいます。

1つでしっかりと証明できる運転免許証はとてもいい書類なのです。

50万円以上借りるには収入証明書の提出が必要

限度額が50万円以上に達すると判断された人、もしくは最初から高い限度額を要求した人は、収入証明書を提出しなければなりません。

収入証明書は50万円以上で要求される場合があるものの、銀行カードローンによっては200万円近くまで提出しなくてもいい場合があるので、どれだけの金額で要求されるのかしっかりと確認しておきましょう。

収入証明書は主に源泉徴収票を採用します。会社で発行された源泉徴収票をコピーして提出し、審査を行っている保証会社が確認します。

源泉徴収票がなければ、給与明細の2ヶ月分などで対応できる場合があります。提出しやすい方を選ぶといいでしょう。

個人事業主など、源泉徴収票が提出できない場合もあります。

その場合は提出する書類を確定申告書にするなど、確実に収入を判断できる書類を出しましょう。

なお収入証明書が古いものでは確認が取れないため、必ず最新の書類を提出してください。古いものを提出した場合は再提出を要求されます。

まとめ

銀行カードローンは気軽に借りられる商品の1つで、すぐに借りたいと思っている時には向いていませんが、低金利で借りたいと思っている時に便利な商品です。

上手に使えば確実に生活を楽にしてくれる商品ですが、審査を通過しなければ利用できません。確認されている項目はもちろんのこと、必要書類等の確認もしっかり行い、確実に審査を通過できるようにしましょう。

審査に通りやすい!おすすめ銀行カードローンランキング