銀行カードローンの審査期間は翌日~2週間!短縮する方法はある?

公開日:

低金利・信頼できる運営元が魅力の銀行系カードローンは、2018年より即日融資ができなくなりました。

消費者金融の利用経験がある人・すぐにお金が必要な人にとっては、大きなデメリットではないでしょうか。

  • 審査期間が延びた理由
  •  銀行ごとの違い
  •  審査時間を短縮するための申込時のポイント

これらを押さえれば、今後も銀行系カードローンから希望するタイミングで借りることは可能です。

申込み前の人は、ここで事前情報と準備をしっかり整えてから手続きに臨みましょう。

審査の甘い銀行カードローンはある?審査基準・難易度・通るコツを分析

銀行カードローンは2018年から即日融資が不可に

銀行系カードローンは、2015年頃から「借りすぎる人が続出している」と指摘されていました。

合わせてマネーロンダリング目的の利用・反社会勢力が申し込むケースも確認されており、2018年から審査方法の見直しが行われています。

見直し項目のなかでも、利便性に強く影響するのが「即日融資の停止」です。

犯罪目的の利用を防ぐため、あたらしく「申込者の名前が警察のデータベースに掲載されていないか確認する作業」が加わりました。

これが原因で、ほぼ全ての銀行で融資は最短翌日となっています。

銀行カードローンと消費者金融の審査の違いは?審査基準・審査時間を比較

銀行カードローンの審査期間は1週間以上に及ぶことも

「以前は全ての銀行でも即日融資できていた」というわけではありません。スピード審査を実現して積極的に貸付をしていたのは、一部の都市銀行のみです。

メガバンク3行と地銀(地方銀行)では、2017年以前から審査が長引く場合がありました。

審査完了まで1週間以上かかる場合もあります。なるべく早く借りたい場合、申込みタイミングに注意しましょう。

休業日を挟むと審査期間がより長くなる

規模が小さく行員も少ない地銀だと、土日は営業していない場合も珍しくありません。

土日休のある銀行で金曜日に新規申込をした場合、時間帯によっては翌週月曜日から審査開始となる場合があります。

結果的に申込から審査完了まで3~4日程度時間がかかり、希望するタイミングでキャッシング出来ない可能性があります。

年中無休で営業している都市銀行やメガバンクでも、土日は申し込みが集中するという問題があります。

申込み順に審査するため待ち時間が延び、スムーズに手続きを進めてもらっても、融資実行まで2~3日程度かかる場合があります。

審査通過から契約までは更に時間がかかる

審査完了の通知をもらっても、すぐにキャッシングできるとは限りません。

ATMで使えるローンカードを入手できるまで、現金での借入は不可能です。振込融資を指定しても、指定した口座が即時振込に未対応であれば、実際にお金が手に入るのは翌平日となります。

  • 申込みタイミング
  • 融資実行タイミング

銀行系カードローンで一刻も早く借りるには、上記2点を考慮して行動する必要があります。

ネットバンク系のカードローンは審査期間が短い傾向

一方で「ネット銀行」「ネットバンク」と呼ばれる無店舗型の銀行だと、審査~融資までの時間が比較的短い傾向にあります。

ちなみに、ネット銀行とは実店舗や紙の通帳が存在せず、アプリとキャッシュカードだけで取引できる銀行のことです。

ネットバンクは審査手順がシンプル&即時振込が出来る

銀行系カードローンの審査は、仮審査・本審査の順で進みます。

仮審査が最も重要で時間のかかるプロセスですが、ネット銀行なら数十分~1時間程度で済む場合がほとんどです。

IT企業やネットサービス会社が経営するネット銀行は、非効率な手続きを嫌います。

高度にシステム化された審査で効率よくカードローン事業を行っているため、従来の銀行より審査期間を短くできるのです。

ネット銀行の振込融資はリアルタイム反映

主要なネット銀行は、2018年10月より他行宛の即時振込に対応しています。振込融資を選択すれば、土日祝日でも審査完了次第すぐに口座へ残高が反映されます。

【土日祝日でも即時振込で借りられるネット銀行一覧】

  • 住信SBIネット銀行「ミスターカードローン」
  • 楽天銀行カードローン
  • ジャパンネット銀行ネットキャッシング
  • ソニー銀行カードローン
  • オリックス銀行カードローン

※振込先に指定した口座が全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)に加盟していることが条件です。現在、みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・りそな銀行を含む全国500行以上が加盟しています。

審査期間・契約から融資までの時間の両方が短く、ネット銀行口座の有無に関わらず急ぎの人におすすめできます。

ポイント還元などのメリットも

ネット銀行のカードローンは、自社サービスへの勧誘が主な目的です。口座も利用してもらい、預金残高を増やしたいのが銀行側の狙いです。

そこで、各社さまざまな特典を設けてカードローン事業を運営しています。

【楽天銀行カードローン】

  •  借入&返済で、楽天Edy決済でも使える「楽天スーパーポイント」が貯まる
  • 楽天会員はランクに応じて審査優遇※必ずしもすべての楽天会員が審査の優遇を受けられるとは限りません。

【住信SBIネット銀行】

  •  自行クレジットカード「ミライノカード」保有で金利0.1%引き下げ
  •  SBI証券口座・住宅ローン残高ありで、さらに金利0.5%引き下げ
  • 「借入残高50万円以上」がカスタマーランクの判定条件(ATM利用手数料が月5~7回無料に)

カードローンだけでなく関連サービスも理由すると、どんどんお得になる仕組みが整っています。

銀行カードローンの審査期間(審査時間)を短くする方法

急ぎで借りる必要があっても、利便性や金利面から「この銀行でどうしても借りたい」と考えている人が多いのではないでしょうか。

審査が長引きがちな銀行でも、ポイントを押さえると申込み~融資完了の時間を短縮することが出来ます。

審査時間短縮のポイント①WEBから申し込む

銀行系カードローンは、一般的にWeb・電話・郵送・3種類の申込方法を選択できます。

Web申込であれば、オペレーターの対応待ちや郵送物のやりとりの面倒を省けて便利です。

【Web申込のメリット】

  1. 受付待ちが不要
  2. 24時間365日、自分の好きなタイミングで申込みできる
  3. 必要書類はメールまたは専用アプリで提出できる

ただし、提携ATMでキャッシングしたい人は注意しましょう。

ローンカード(借入専用カード)は郵送での受け取りとなるため、審査終了後4日~1週間程度待つ必要があります。

ATM借入希望の場合は「無人契約機のある銀行」がおすすめ

ローンカード到着を待てない場合、無人契約機のある以下の銀行系カードローンをおすすめします。

まず一つ目は、三菱UFJ銀行「バンクイック」です。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の基本情報
金利 1.8%~14.6%
限度額 500万円
申し込み条件 ・申し込み時の年齢が満20歳以上65歳未満の方
・日本国内に居住する個人の方
・原則的に安定した収入のある方
・保証会社であるアコム株式会社の保証を受けられる方
担保・保証人 不要
無利息期間

一部支店に「テレビ窓口」が併設されており、ここでローンカードを受け取ることが出来ます。

平日9~20時・土曜祝日10~18時・日曜10~17時で営業しており、銀行窓口営業時間外でも利用可能です。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査基準と流れ・ポイント

2つ目は、三井住友銀行カードローンです。

三井住友銀行カードローンの基本情報
金利 4.0%~14.5%
審査時間 ※最短翌営業日
申し込み方法 ネット・自動契約機・電話・郵送
遅延損害金 20.0%
返済方式 残高スライド元利定額
限度額 800万円
会社名 株式会社三井住友銀行
本社 東京都千代田区丸の内一丁目1番2号

同じく一部支店に「ローン契約機」が併設されています。所定の曜日・休業日以外は年中無休で9~21時に営業しており、ローンカードを受け取ることが出来ます。

申込みの際はWebから・カード受取のみ無人契約機を利用することで、申込から融資までの時間を短縮できます。

三井住友銀行カードローンの審査の流れ・金利・返済方法・口コミを解説

審査時間短縮のポイント②平日11時頃までに申し込む

カードローン審査は申込順に行われています。銀行の営業時間内で早めに申し込んでおくと、審査担当者の対応も早く回ってきます。

おすすめは、一般企業の昼休憩時間を避けて「平日の午前11時頃までに申し込むこと」です。ランチタイム以降は申込みが殺到し、狙い通り早く審査してもらうことが難しくなります。

審査時間短縮のポイント③連休前に申し込まない

同じく申込みが殺到することを考慮して、金曜や大型連休前の手続きはなるべく避けましょう。

連休に入る前は、休日の出費に利用したい申込者が殺到します。また、Webからの申込は年中無休で受付しているため、週明けは審査担当者の処理数が激増します。

この影響で、審査の全工程が終了するのが連休明け2日目以降になる可能性が高く、トータルで1週間以上待たされる要因になりかねません。

カードローンを利用すると決心した段階で、出来れば週半ばの平日に申込みをしておきましょう。

審査時間短縮のポイント④希望額をなるべく低くする

一般的に、カードローン審査は希望融資額が多いほど時間がかかります。借りる目的に不審な点はないか・収入が一定基準以上で安定的な職業か等、より慎重に審査が行われるためです。

返済実績を積むことで、のちに増額審査を受けることも出来ます。

必要最低限の金額で申し込むようにしましょう。

審査時間短縮のポイント⑤在籍確認に対応する準備をしておく

申込者属性や必要書類の審査が一通り終わっても、すぐに契約できるわけではありません。

勤務先の会社が実在していること・申込者が実際に働いていることの2点を確認するために、必ず電話で「在籍確認」が行われます。

銀行カードローンの審査は勤務先に在籍確認の電話が来る!どうしたらバレずに対処できる?

在籍確認の電話は、申込者本人が対応する必要はありません。

申込者がシフト休もしくは外出で「不在にしている」ことさえ分かれば、それをもって審査完了となります。しかし、電話対応者が次のような反応をすると、在籍確認は失敗という扱いになります。

審査担当者:「三菱UFJ銀行の○○です。(申込者)様はいらっしゃいますか?」勤務先の電話対応者:
「(申込者)が在籍しているか、こちらでは分かりません」
または
「社員の情報は機密となっており、お答えできません」

自分につながる内線番号を申込書にきちんと記載しておくか、会社に「クレジットカードの契約をしたので在籍確認がある」と伝えておくと安心です。

派遣社員の在籍確認

派遣社員の場合、毎日勤務している会社ではなく「派遣元」が雇用主になります。在籍確認も、派遣会社に対して登録スタッフの情報を確認するかたちで架電します

ここで注意したいのが、派遣会社の対応です。登録スタッフの情報は社外秘にあたり、プライバシー保護を理由に電話対応してくれない可能性がありことです。

事前に派遣元へ「ローン契約をしたので在籍確認に対応してほしい」と伝えておきましょう。

どんな種類のローンを契約するのか、派遣元に伝える義務はありません。銀行名と「クレジットカード契約のため」等の理由を伝えるだけで問題ありません。

審査を即日で終わらせるなら消費者金融カードローン

これらの審査を速やかに終えるためのポイントを心がけたとしても、2018年現在は即日融資不可です。

一刻も早くキャッシングしたい人は、消費者金融系のカードローンを選ぶことも検討しましょう。

アコム・アイフル・プロミス・SMBCモビット・レイクALSAの場合
審査期間 最短30分
融資までの時間 最短30分※レイクALSA:最短60分

振込希望・平日午前中の申込み・在籍確認へ対応する準備の3条件を揃えておけば、Web申込で即日融資を受けることが出来ます。

自動契約機を使えば最短1時間で借入可能

大手消費者金融なら、いずれも全国に自動契約機(無人契約機)を用意しています。これを使うことで申込~ローンカード発行を1時間で済ませることができます。

年中無休で営業しており、土日祝にコンビニATMですぐ借りたい場合にもうってつけです。現在の銀行系カードローンにはないメリットの一つです。

次の2社は、スマホアプリだけでキャッシングできる「カードレス契約」に対応しています。

この契約方法だとWeb申込から1時間程度で借入できるようになり、カードを持ち歩く必要がないため家族にバレるリスクも防げます。

自動契約機(無人契約機)とは?手続きの流れ・営業時間・使い方の疑問を解決

プロミス・SMBCモビットは「Web完結」「カードレス契約」に対応

プロミスとSMBCモビットの2社は、スマホアプリだけでセブン銀行ATMからキャッシングすることが出来ます。

ローンカードの発送を待つ必要はありません。

カードレス契約に申し込むことで融資までをWeb完結できるため、時間のない人にもおすすめできます。

プロミス「アプリローン」のメリット・デメリットと審査の流れ【口コミ・評判】

SMBCモビットがセブン銀行「スマホATM取引」を導入!ノンバンク史上初の試み

金利の高さは無利息期間サービスでカバーできる

消費者金融には、30~180日の無利息期間が設けられています。

これにより、少額借入・短期返済であれば、銀行系カードローンよりもお得に利用できます。

各社の無利息期間
アイフル・プロミス・アコム 初回キャッシングのみ30日間
レイクALSA 5万円まで180日間・初回キャッシングから30日間のいずれかから選択
ノーローン 契約後、何度借りても1週間無利息

「給料日前に少し足りなくなってしまい、10万円だけ借りたい」という例を考えてみましょう。

無利息期間のないバンクイック(金利14.6%)とアコム(金利18%)で比較します。

【借入後、30日以内に一括返済した場合】

  • バンクイック:支払総額101,216円(利息1,216円)
  • アコム:返済総額10,0216円(利息なし・提携ATM利用手数料として216円発生)

アコム店舗なら、ATM手数料も無料になります。手持ちの預金口座から出金する感覚で利用でき、無駄がありません。

銀行系カードローンの低金利は、まとまった金額を数か月~1年以上に分けて長期返済する場合にお得さを実感できるものです。「今回少しだけ」という場合は、消費者金融の方がおすすめできます。

銀行カードローンは時間がかかりがち!コツを抑えて最短で融資を受けよう

銀行系カードローンは、犯罪対策のため警察データベース照合作業が加わった影響で、現在では最短翌日融資となっています。

申込みタイミングや在籍確認の対応次第では、審査機関が1週間以上に伸びることもあり得ます。

【審査期間を短縮するコツ】

  •  連休前を避け、週半ばの平日午前中に申し込む
  • 希望融資額は最低限に抑える
  • 在籍確認の電話はすぐに対応できるようにしておく

カードローン選びも重要な要素です。

ネット銀行は即時振込に対応しており、契約~融資までほとんどタイムロスがありません。どうしても即日融資にこだわりたい場合、消費者金融もおすすめします。

無利息期間があり、利用スタイル次第で銀行系カードローンよりもお得に活用できます。