無職でも銀行カードローン審査に通る?収入0でもお金を借りる方法

公開日:

無職はなかなかお金を借りられないため、銀行カードローンの審査を受ける意味がないと思われています。しかし、無職でも銀行カードローンの審査は受けられます。

無職に対して審査すら受けられないような状況は銀行側が作っていないため、希望すれば銀行カードローンの審査は受けられるのです。

ただ、銀行カードローンの審査を通過するという部分まではなかなかいけません。銀行カードローンは厳格な審査を行っているほか、収入を安定して得られるような状況でなければ審査を通過できないのです。

ここでは銀行カードローンを無職が受けた場合、どのような状況になるか説明します。

消費者金融おすすめ比較ランキング【2018年】審査・金利・無利息・口コミ

無職でも銀行カードローンの審査に申し込むことは可能

銀行カードローンの審査は誰でも受けられます。

希望するなら無職でも審査を受けられるようにしており、無職で収入を持っていない人も申し込み自体は可能です。しかし、申込みはできるといっても、審査を通過できるかどうかは別の話です。

無職の場合、銀行カードローンによっては申込みの段階で審査落ちというのも珍しくありません。

プログラム等でしっかりと確認されてしまい、どのような職業なのかも確認されてしまいます。そして収入面と職業面の2つが必要基準に達していないため、審査に落とされる可能性も非常に高いのです。

申し込み自体は可能ですし、もしかしたら無職でも審査を通過できる可能性があるかもしれません。何か申込みをして審査を通過できる要素を持っているのであれば、銀行カードローンへ申込みをしてもいいでしょう。

収入・信用が足りないので審査に通るのは難しい

無職だと収入を持っていないと判断されるため、審査を通過するのはかなり難しくなります。

審査を通過したいと考える場合、最低でも自分で収入を確保するなどの対策を行ってください。収入を得られる仕事がなければ、そもそも銀行カードローンの審査はほとんど通過できないのです。

もちろん仕事をしていないというのは、信用が足りないと判断されます。信用できる人は仕事をしっかり行っており、職業欄に仕事に関連する項目を記載できます。

無職の場合、職業の信用は一切ありませんから、どれくらい収入を持っていたとしても信用はできません。

銀行カードローンの場合、収入を持っていないというだけで審査に落とされるのは当然で、しかも無職と書かれているならかなりの確率で審査に落とされる可能性があるのです。

貯金が十分にあるだけでは審査に通らない

収入が足りないのであれば、貯金を作っておけば大丈夫と思う方もいるでしょう。しかし、貯金は銀行カードローンの審査には全く関係のない項目です。

貯金に関連する記述は、銀行カードローンの審査にはありません。

カードローン等の申し込みの際は、年収の数字は記載できるものの、預貯金等の金額を記入する欄は設けられていません。

従って貯金を持っているかどうかを判断する項目はなく、現時点で稼いでいる収入を考慮して最終的に審査結果が通知されるのです。

貯金がかなり多い状況なら審査を通過できるというわけではなく、現時点で持っている収入というのが一番重要な項目だと思ってください。収入をしっかり持っていないと審査は通過できません。

審査に通りやすい!今日中に借りれる消費者金融おまとめローン4選

無職でも収入があるかないかで審査結果は変わる

無職の場合、収入を持っていないと思われていますが、何らかの形で収入を持っていれば収入欄に記載できます。そして収入を持っているかどうかが審査を通過する最大の焦点です。

収入を持っていない無職の場合、審査を通過できる可能性はほぼありません。

収入がなくても審査を通過できる人は、専業主婦など他に収入を持っている人が返済できると判断される場合だけです。

しかし収入を持っている無職の場合、年間で得られている収入の額に応じて、最終的に審査結果が変わります。

もし多くの収入を確保できているのであれば、銀行カードローンの審査を通過できる可能性も僅かながらあります。ただ、審査を確実に通過できるというわけではないので、無職の場合はより多くの収入だけではなく、証明できる何かを作らなければなりません。

収入を持っている無職というのは非常に珍しいかもしれませんが、無職でも収入を得る方法はいくつかあります。収入をしっかり確保できれば、審査結果が変わるかもしれません。

年30万円の収入が審査通過の大前提

収入をどれくらい持っていれば審査を通過できるのかという話ですが、最低でも年間30万円以上の収入を持たなければなりません。30万円を下回るような収入を持っていた場合は、審査に落とされてしまいます。

借入というのは、年収の3分の1程度を基準にしています。消費者金融は総量規制によって制限されているものの、銀行カードローンは総量規制の制限はなく、収入を持っていなくても審査を通過できる場合があります。

ただ、年収の3分の1以上を貸してしまうと、返済のリスクが非常に高まると判断されます。そこで銀行カードローンでは、年収の3分の1以上は限度額をあまり設けないようにしています。

30万円というのは、限度額10万円を得るために必要な最低限度の収入です。30万円以上無職でも収入を得られているようなら、審査を通過できる場合があります。

収入証明書類が発行できない内職は年収換算しにくい

どれだけ収入を持っていても、銀行カードローンに対して収入証明書を提出できない仕事だとなかなか証明ができません。

特に内職の場合は、収入を提供できる書類を作れないため、収入がこれくらいあるという証拠を示せず、年収に換算されずに審査に落とされる場合もあります。

自宅でもできる仕事は年々増えていますが、内職のように収入に関連する書類が送られない仕事もあります。

内職でも収入としてみなされるのは事実ですが、収入を証明できる書類がなければ審査は通過できない傾向が多く、銀行カードローンを使えないのです。

確実に審査を通過するには、収入に関連する証明を出さなければなりません。内職のように収入を示しづらい仕事は、何らかの方法を使って銀行カードローンの審査で証明を出せるようにしましょう。

消費者金融カードローンは年収0だと審査申し込み自体できない

審査基準が銀行カードローンよりも甘い消費者金融ですが、収入を全く持っていない無職では審査を通過できないほか、申込みすらできません。

先ほど消費者金融が総量規制を受けていると説明しましたが、総量規制が申し込みを受けられない原因です。

総量規制は年収の3分の1以上を貸せないと制限しているほか、無収入の人には貸せないようにルールを定めています。つまり無収入で仕事を行っていない人は、消費者金融カードローンの審査すら受けられず、申込みの段階で排除されてしまうのです。

これではお金を借りたいと思っても、実行に移せないのです。

消費者金融は収入を持っていない人には非常に厳しい会社です。収入を持っていれば審査基準は甘くなるものの、無収入に利用させるほど甘い会社ではありません。

総量規制とは?知っておくべきポイントと規制の例外となるカードローンを紹介【2018年】

無職の人が銀行カードローンの審査に通る方法

無職でも銀行カードローンの審査を通過したいと考えるなら、審査を通過するためにできることは全て行っておきましょう。

何でもいいからとりあえず挑戦し、審査を通過できるような環境を整備していくのです。

特に収入に関連する項目は、なるべく証明できるようにしっかり書類の作成を行いましょう。書類の作成だけでも審査を通過できる可能性は高まっていくのです。

確定申告をやっておく

収入を持っていると証明させる方法の1つが確定申告です。確定申告を行っているかどうかで銀行カードローンに証明を提出できるかが変わってきます。

確定申告の場合、収入を持っている人は収入関連の項目を記載できます。もし内職等で収入をもらっていたのであれば、確定申告によって収入を証明しておき、銀行カードローンに提出できるようにしましょう。

例え確定申告で税金の支払い義務がなかったとしても、収入を得ているなら確定申告を行ったほうが将来的にはいいのです。

銀行カードローンの審査のためだけでなく、それ以外にも証明できる書類として確定申告は使えます。

銀行カードローンの審査用に作る名目で、なるべく詳細に収入の状況を記載しておき、審査を受けた時に信頼されるようにしましょう。

フリーターの人は紙の給与明細をもらっておく

フリーターとして仕事をしており、現在無職の状態だった場合は、紙の給与明細をもらって残しておきましょう。過去の収入状況を確認できれば、銀行カードローンの審査を通過できる場合もあります。

ただ、フリーターとして仕事をしていたものの、現時点で無職で収入がないと判断されれば審査を通過できない場合も多々あります。給与明細があまりにも古い書類だった場合など、信頼できないと判断された場合は特にその傾向が強まります。

給与明細をもらうのはいい方法ですが、直近の給与明細をしっかり提出できないと審査を通過できません。しっかりと給与明細を受け取っておき、銀行カードローン側に提出できる書類として残しておきましょう。

限度額は最も低い額まで下げる

限度額は銀行カードローンへ申込む人が決められます。欲張って多くの限度額を希望したいと考える方もいますが、限度額を増やしてしまうと銀行カードローンの審査を通過できません。

特に無職の場合、限度額を増やすと審査を通過できる可能性は劇的に下がってしまいます。

そこで限度額を一番低い数字に設定します。銀行カードローンの場合は10万円が大半で、中には1万円という銀行カードローンもあります。とにかく最低限度の数字に設定し、銀行カードローンの審査を通過しやすい状況に持っていきましょう。

限度額は後から増やす方法があります。

最初のうちは10万円や1万円程度の限度額で使い続けて、将来的に収入等が増えてきた段階で銀行カードローンの増額を希望すると、大きな限度額を確保できる場合があります。

長年口座利用してきた銀行のローンに申し込む

銀行カードローンの中には、銀行を多く利用している実績等を考慮して、無職でも最低限度の限度額でカードローンを発行する場合があります。

現時点で一番長く利用している口座の銀行を選んで、銀行カードローンへ申込みをする方法もあります。

利用している実績が長くなると、銀行側も長年利用しているという部分をメリットとして捉えてくれます。

無職というハンデをひっくり返せるほどのプラスにはなりませんが、審査の段階で利用している実績をプラスして、最終的に審査を通過するという決断をする場合があります。

ただ、長年利用している口座といっても、10年以上の利用実績等がなければ銀行カードローンの審査にはあまり影響がありません。かなり前から利用していないことには、審査をうまく進められないのです。

無職の人がカードローン審査を受けるのはおすすめできない

無職で銀行カードローンの審査を受けるほか、消費者金融の審査を受けるというのはあまりお勧めできない方法です。場合によってはさらに信用を失ってしまい、次回以降の申込にも影響が及んでしまいます。

無職というだけでも審査では大きなマイナスを背負う形になりますし、審査を通過させるために申込内容をいいように見せていた場合、虚偽の記載と判断される場合もあります。

無職は銀行カードローンにとって一番厄介な属性と判断されているため、審査に落とされる可能性は急激に高まるのです。

収入さえ持っていればどうにでもなるというわけではありません。無職というだけで大きなハンデを背負って銀行カードローンの審査を受けているのです。

そしてハンデは審査に落とされるという結果につながり、どのような収入を持っていたとしてもカードローンの審査を通過できない場合が生まれてしまいます。

カードローン審査は申込者自身の属性・信用が見られる

銀行カードローンを含めて、カードローンの審査は申込みをしている人の属性を判断されます。

当然ですが申込みをしている人の信用がないと判断されれば審査に落とされてしまいます。信用できると判断されている人だけに、銀行カードローンは利用できるのです。

カードローンの審査で他人の情報までは確認していません。申込みをしている人の情報だけを判断し、本当にカードローンを利用させてもいいのかしっかりと判断しています。

申込者の情報が良くないと判断されれば、当然のように審査に落とされてしまいます。

銀行カードローンは、特に申込者の属性という部分はしっかり判断しています。無職が審査を受けているという状況だけでも、あまりいいように捉えてくれないのが現状なのです。

無職の人でもお金を借りる3つの方法

どうしても無職でお金を借りたいと考えるなら、次に紹介する方法を利用してお金を借りるといいでしょう。

中には無職でも審査を受けずにお金を借りられる方法がありますので、短時間で利用できる場合もあるでしょう。

質屋を利用する

質屋は品物を預ける代わりにお金を貸してくれるお店です。質屋では審査を行っておらず、預けられた品物の価格を査定して、最終的にお金を渡してくれます。

金目の物を提供しておけば、質屋ですぐにお金を借りられます。

質屋は買取サービスも行っていますが、今回利用するのは預入です。

商品を質屋に預けておき、その査定額の金額を受け取ります。後日受け取ったお金を返せば、質屋から預けたものを返してもらえるのです。

無職でもこれなら簡単に実施できますし、高い査定額の商品であれば希望している金額もすぐに出してもらえるでしょう。

近年は無職に対して厳しい判断を行うカードローンも増えているため、無職の場合は審査を行わない質屋等を利用して借りたほうが安心でしょう。

クレジットカードを使ってキャッシングをする

クレジットカードに搭載されているキャッシング枠を利用すると、お金を借りられる場合があります。

キャッシング枠は事前にクレジットカードの審査を受けて、枠を設定してもらう必要があります。無職になってからクレジットカードの審査を受けても、キャッシング枠を作ってくれない場合があるので注意してください。

キャッシング枠を持っているクレジットカードでは、マイページ等で手続きを行うとお金を借りられます。

また、一部のクレジットカードはATMによる融資にも対応しているので、ATMに入れて必要な金額を入力するとお金を借りられます。持っているクレジットカードがATMにも対応している場合、外出先でも借りられるというメリットが生まれます。

ただ、無職にキャッシング枠を設けないクレジットカードも多々あります。また、クレジットカードで問題を起こしている場合、キャッシング枠の設定が変更され、使えない場合もあります。

現時点でクレジットカードのキャッシング枠が準備されているのか、そしてキャッシング枠に余裕があるのかをしっかり確認してから、お金を借りるようにしてください。

自治体からお金を借りる

一部の自治体では、無職等でも借りられる融資を提供しています。自治体に相談すると、一定の期間であれば融資を受けられる場合があります。ただ、自治体からお金を借りる場合、あまり多くの金額を出してくれない点には気を付けてください。

自治体を利用するメリットは、金利が低いという部分です。

クレジットカードは金利が高く、返済額もかなり大きくなってしまいますが、自治体から借りるとあまり多くの金利が適用されず、返済額は元本とほぼ同じです。

つまり返済を抑えたいと考えるなら、自治体からお金を借りればいいのです。

もし自治体からの借り入れを希望する場合は、担当している役所に相談してください。役所では手続きの方法に加えて、どのような融資が受けられるのかを説明しています。

説明を聞いてから申込を行い、必要な融資につなげていきましょう。

なお、自治体の中には融資を受けられない場合もあります。融資の方法を持っているかどうかも含めてまずは相談してください。

また、自治体も一応確認作業等を行っており、申込内容におかしい部分があると融資を受けられない場合があります。

まとめ

銀行カードローンは無職でも申し込みまでは可能ですが、審査を通過するという部分まではなかなかいけません。むしろ審査に落とされる可能性が劇的に高いので、銀行カードローンの審査は受けないほうがいいかもしれません。

無職でも借りられる方法はいくつか用意されているので、まずは無職が利用できる借り入れの方法を試してください。

その上でもう少し借りたいと思っている方、収入があるので銀行カードローンの審査を通過できるかもしれないと考える方は、審査に必要な書類等を準備して銀行カードローンへ申込むといいでしょう。

即日融資に対応している消費者金融一覧!即日融資を受ける条件・口コミまとめ