銀行カードローンは限度額が年収の何%だったら審査に通る?

公開日:

カードローンに申し込む場合、信用情報や申込者属性・法律で決められた貸付上限額に応じて、借りられる金額(契約時の限度額)は異なります。

返済能力に対して多すぎる希望融資額で申し込みを行った場合、そもそも審査に通らず・契約できない可能性もあります。

銀行系カードローンの審査は2018年から一層厳しくなっていますが、そもそも年収に対してどの割合まで借りられるのでしょうか。

貸付できる上限・限度額の審査基準やポイント・学生や専業主婦が期待できる融資額について解説します。

銀行カードローンの審査基準と審査に落ちる理由をプロが徹底解説

銀行系カードローンの限度額目安は年収の3分の1

銀行系カードローン最大の特徴は、消費者金融で実施されている「総量規制」がないことでした。

※総量規制とは:
年収の1/3以上は借りられない、貸金業法の規制です。貸金業法は消費者金融(サラ金)が守るべき法律であり、銀行系カードローンは「銀行法」という別の法律に従っています。銀行法には貸付制限がなく、かつては年収の1/3を超えて借りることが出来ました。

銀行系カードローンで借りすぎ・多重債務に陥る人が増えて、2018年からメガバンク・都市銀行が一斉に自主的な総量規制を始めました。

とはいえ銀行法にはまだ貸付制限が明記されていないため、貸付上限は年収の1/3~1/2とまちまちです。

銀行カードローンも総量規制へ?審査が厳しくなった今でも効く打開策

地銀なら年収の2分の1まで借りられるケースも多い

地方銀行の多くがローン商品を収入源としているため、あまり厳しく制限出来ないのが現状です。

年収の1/2までという緩めの制限にしていることが多く、有名な銀行よりも地元の銀行のほうが希望融資額通りに借りられる可能性が高いと言えます。

【年収の1/2まで借りられる銀行】
百五銀行(フリーローンや住宅・自動車ローンも合算)
秋田銀行
琉球銀行参考:2017/9/27日経新聞電子版

総じて「メガバンクや都市銀行ほど自主規制が厳しく、地方銀行ほど規制がゆるい」傾向にあります。

実際は3分の1ピッタリを希望しても落ちるケースがほとんど

とはいえ、例えば年収300万円の人がぴったり100万円まで借りられるわけではありません。

限度額の審査基準は、年収に対する貸付上限だけではないからです。希望融資額が通るかどうかを決めるもっとも重要な要素は、次の2点です。

  • 申込者属性(職業や勤続年数・居住年数等から総合的に判断)
  • 信用情報(過去のキャッシングやローンの返済履歴)

他にも、銀行系カードローンには独自の「返済比率・無担保比率」という考え方があります。

  • 返済比率:年収に対する年間の返済金額の割合のことです。返済比率が30%を超えると、審査に落ちたり限度額を引き下げられたりする可能性があります。
  • 無担保比率:年収に対する「無担保ローン残高の比率」を指します。消費者金融(サラ金)からの借入・クレジットカードのキャッシング枠の利用残高・美容ローン等の合計が年収の1/2を超えると、銀行のローン審査で不利となります。

審査基準となる項目が極めて多く、全ての項目で満点評価をされることはほぼありません。年収の1/3までぴったり借りられるということはほとんどないと考えましょう。

年収よりも月収が安定しているかどうかが重要

銀行系カードローンで出来るだけ希望通りの金額を借りようとする場合、年収よりも重要なのが「安定した収入であるかどうか」です。

安定した収入と見なされる条件は、原則として次の通りです。

  • 数か月以上の長期の雇用契約であること
  • シフト制の場合、最低シフト日数が保証されていること
  • 2ヵ月に1度以上の定期的・連続した収入
  • 必ず固定給があること(完全歩合制は安定していると見なされない)

注意したいのが、雇用形態がアルバイトまたはパートの人や、学生の申込です。

フリーター・アルバイトは3分の1より低くなるケースが多い

カードローン審査では、申込者属性を自動採点する「スコアリングシステム」が導入されています。

申込書の情報をコンピュータに読み込み、評価点数から仮審査結果を出すというものです。仮審査結果には、もちろん融資可能額も含まれます。

アルバイト・パートはスコアリングシステムにおいて低評価となるのが一般的で、融資可能額も低く設定されます。したがって、貸付上限額である「年収の1/3」となることはほとんどありません。

正社員・派遣社員に比べて、借りられる金額は低くなります。

学生の場合は10万円しか借りられないケースがほとんど

申込者属性が融資可能額に影響することを述べましたが、学生という肩書が最も不利になります。収入額や他の申込者属性に関わらず、銀行系カードローンの最低限度額に設定されることがほとんどです。

ほとんどの銀行が「最低限度額10万円」と定めており、学生のカードローン申込みで期待できる限度額も10万円程度になります。

学生が出来るだけ希望通りの額を借りようとする場合、次の2つのポイントを押さえましょう。

  • 同じバイト先で出来るだけ長く務める(勤続年数を積んで申込者属性の評価を上げる)
  • なるべく希望融資額を10万円以内に収める

10万円きっかり借りられるというわけではなく、カードローンの限度額範囲によっては「1万円きざみの少額」で審査が通るケースもあります。

年収0の専業主婦でも銀行カードローンを借りれる?

原則として、本人名義の安定した収入がなければカードローンを利用することは出来ません。しかし、夫の収入を審査対象に含める「配偶者貸付」という救済制度も存在します。

つまり、夫に安定した収入があれば、働けない事情のある専業主婦でもお金を借りることは可能です。

申込条件をよく読んで借入先を選ぼう

ただし、全てのカードローンで「夫の収入を申告すると申し込める」というわけではありません。配偶者貸付を認めるかどうかは、貸金業者や銀行の判断にゆだねられるためです。

例えば大手消費者金融(アコム・アイフル・SMBCモビット・プロミス等)は、共通で配偶者貸付を認めていません。銀行系カードローンでも、一部の銀行は「専業主婦不可」としています。

専業主婦不可の銀行系カードローンの例:京都銀行
「安定かつ継続した収入のある方(ご本人に収入がない方はご利用いただけません。)」

このように、申込条件に「本人に収入があること」を定めている銀行系カードローンでは、夫の収入をもとに審査してもらうことが出来ません。限度額以前に、審査に通過して契約すること自体が出来ません。

申込前にしっかりと商品概要(申込条件)を読んでおきましょう。

夫が審査対象になることに注意

注意したいのが、配偶者貸付の場合は夫に対してカードローン審査が行われることです。限度額審査も、夫の収入・借入件数に応じて金額が変動します。

夫が独身時代を含む過去に金融事故(返済遅延や債務整理)を起こしていた場合、やはり審査に通ることは困難になります。

夫の年収の1/3以上の借入があった場合も、銀行系カードローンで借りることは出来ません。

年収3分の1以上の融資を受けるにはどうすればいい?

金利を安くしたい・よりまとまった額が必要になった等の事情があれば、カードローン利用中の「増額審査」を受けて融資限度額を増やすことが出来ます。

そもそも銀行系カードローンの貸付制限(自主的な総量規制)は、新規申込者に対するものです。

すでに借りていて返済実績があり、銀行に「信用力がある」と判断してもらえた場合、年収の1/3以上の融資をうけることは不可能ではありません。

必ず増額できるわけではない

注意点として、増額の申込みをした際も所定の審査に通る必要があります。

返済実績があれば誰でも必ず増額できるというわけではありません。増額時の審査基準は次の3つです。

  • 信用情報に事故歴がないか
  • 自社で過去に返済トラブル(返済遅延や債務整理)を起こしていないか
  • 新規申込時からの収入/他社借入件数の変化

加えて、返済比率・無担保ローンも審査されます。その銀行で完済した実績がある・カードローン申込時よりも収入が増えているといった事情があれば、増額に成功しやすくなります。

逆に、収入が減って他社借入件数が増えた・他社で返済遅延や債務整理を起こしている・そもそもその銀行内で返済トラブルを起こしているという場合、増額できる可能性は低くなります。

一定期間ルールを守って利用することが必要

限度額を増やしてもらうために何より大切なのは、増額したいカードローンできちんと実績を積むことです。借入をしてから1回しか返済していないという状況では、増額することは出来ません。

なんども返済・完済実績を積んで、銀行に返済能力を認められるようになります。

一般的に、増額審査に通るためには半年~1年程度の遅れのない返済実績が必要です。この間に他社から借入することもNGです。

ルールを守って計画的にカードローンを利用することが、必要とする金額により近い融資を受けるためのポイントです。

まとめ

銀行系カードローンで借りられる限度額は、年収の3分の1~2分の1です。貸付上限はメガバンクや都市銀行ほど厳しく・地銀ほどゆるい傾向にあります。

ただし「年収の1/3まで満額の融資を受けられる」ということはほとんどありません。出来るだけ希望融資額を低くして申込みすることが、必要な額に近い借入をするためのコツです。

借りたあとは、将来の増額審査に備えて返済実績を積みましょう。他社から借りたりせず、出来るだけひとつの銀行でルールを守って利用することが大切です。

銀行から返済能力について信用を勝ち取ることが、銀行系カードローンをより便利なものにします。

審査に通りやすい!おすすめ銀行カードローンランキング