銀行カードローンの審査に落ちたらどうしたらいい?どこに再申込すれば通る?

公開日:

銀行カードローンの審査に落とされてしまった場合、まずは自分に原因がなかったかしっかりと調べることが大事です。

そして自分に足りない要素を補い、銀行カードローンの審査を通過できるようにしましょう。何も考えずに審査を受け続けても、いい結果はもたらされません。

もし銀行カードローンの審査に落とされ続けるようなら、別の会社に切り替えるといいでしょう。銀行カードローンでも審査基準がそこまで厳しくない会社を選ぶか、思い切って消費者金融等を検討するのもいい方法です。

審査の甘い銀行カードローンはある?審査基準・難易度・通るコツを分析

銀行カードローン審査になぜ落ちたのかまず考えよう

銀行カードローンの審査に落とされた原因がわからないと、対策も全くできません。

しっかりと対策しなければ銀行カードローンの審査には延々と落とされてしまい、カードローンを利用するところまで行かないのです。

従って銀行カードローンの審査に落とされたのであれば、まずはどの部分が原因で審査に落とされたのかしっかりと考えてください。

審査に落とされた理由などがわかれば、落とされた理由を改善させるだけで審査を通過できるかもしれません。

しっかりと審査に落とされた部分を見直し、自分なりに改善できると判断できるのであれば、改善させてから審査を受けるといでしょう。

銀行カードローンの審査基準と審査に落ちる理由をプロが徹底解説

自分の属性・信用情報に問題があったのかを疑う

最初に自分の属性を疑ってください。

属性というのはあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、申込みをした内容です。

申込内容に問題があれば当然審査には落とされてしまいます。審査に落とされないようにするには、属性の改善が最も重要なのです。

属性の部分でも収入面の問題、そして借金の問題には特に気を付けてください。収入が足りないと判断されれば審査を通過できない可能性はかなり高いですし、借金を持っている場合は借入額が多すぎると審査に落とされてしまいます。

収入は希望する限度額の3倍以上、借金は収入の3分の1以内に抑えなければ、どの銀行カードローンでも審査に落とされます。

また、信用情報に問題がないか確認しておきましょう。

信用情報は過去の問題が全て掲載されているところで、信用情報機関という特別な会社が情報を管理しています。

この情報機関には金融に関連するあらゆる情報が残されていて、過去に遅延を起こしていた場合はもちろんのこと、債務整理等で借金を減額している情報なども残されています。

信用情報が悪いと、この人に貸しても返ってこないと判断されてしまい、審査に落とされてしまいます。

また、金融事故に該当する情報が残されていた場合は、数年間は審査を通過できないため、カードローンの申込みをしただけで審査に落とされます。審査を通過したいのであれば、信用情報が改善されるまで時間をかけたほうがいいでしょう。

しっかりと属性や信用情報の問題を整理して、問題があるようなら改善させられないか検討してください。

問題が見つかれば改善可能かどうかを考える

色々な問題が発覚した際、このまま問題が解決できるのかしっかり考えておきましょう。

問題が改善できるようならいいですが、時間を使わないと改善できないような状況であればしばらく待ってください。特に信用情報の場合、時間が経過しないと情報が削除されない場合もあるのです。

収入や借金が原因で落とされた場合は、まず収入アップと借金返済を行えばいいのです。

この2つを同時に実行できれば銀行カードローンの審査は通過できるでしょう。また、仕事の年数不足で落とされた場合は、仕事の年数を増やせばいいので、時間の経過と同時に審査を通過しやすくなります。

一方で信用情報が関連している場合、信用情報を削除するためには数年程度の時間がかかります。

悪い情報が1つでも残されていれば審査を通過できない傾向が多いため、時間をかけて情報が削除されるまで待ったほうがいいでしょう。

安易に何度も審査を受けないことが、銀行カードローンの審査を通過させる要素になります。

銀行カードローンの審査があなたには難しすぎたかも知れない

もしかしたら、銀行カードローンの審査が難しすぎたのかもしれません。

どのような方法を利用しても、審査を通過できないような属性、そして信用情報であれば、どれくらい時間を使って改善しても審査を通過できないかもしれません。

銀行カードローンの審査は通過する確率がそこまで高いわけでもありません。多くの人は審査に落とされていますし、会社によってはさらに厳しい審査を行っており、ほとんど審査に通過できない状況も生まれているのです。

こうした状況の中、審査を受けるべきか慎重に考えたほうがいいでしょう。

自分には難しいと感じた時は、素直に別の会社を利用するか、適度に時間を置いてからもう1度審査を受けたほうがいいでしょう。

銀行カードローンと消費者金融の審査の違いは?審査基準・審査時間を比較

銀行カードローンの審査通過率は40%程度

銀行カードローンの審査通過率は、さほど高いものではありません。

実際に通過している人は40%くらいで、60%近くの人は審査に落とされています。審査を通過したいと考えている人が多いのですが、半分くらいの人は審査に落とされてしまっており、審査を通過できない状況が続いているのです。

銀行は審査基準をかなり厳しいものとしており、そう簡単に審査を通過できないようにしています。

希望している限度額が多すぎるとか、過去に銀行に対して問題を起こしているような人も審査を通過させないほど、厳しい判断をしています。

収入不足や借金の額を見て早々に審査に落とす場合も多く、保証会社の保証を受けられずに審査落ちという連絡が多くなっています。

その結果、審査によって半分以上の人が銀行カードローンを利用できないまま審査落ちの連絡を受けています。

残されている人は銀行カードローンの審査基準を何とか通過して、カードローンを利用できる選ばれた人なのです。

低金利な銀行カードローンほど審査基準は厳しい

金利によって審査基準は変わります。

金利は返済時に使われる情報かもしれませんが、実際には審査基準を確かめる際にも重要なポイントです。銀行カードローンの場合は低金利の商品が多く、なかなか審査を通過できないケースが多くなっています。

金利を下げているのは返済を楽にさせる反面、審査基準をかなり厳しくされており、高金利の審査を通過できている人でも落とされる場合があります。

銀行カードローンの中でも特別厳しいとされる低金利のカードローンは、高金利で提供している会社と同じように考えると痛い目に合うのです。

低金利の会社は審査が厳しいと判断して、より多くの情報を整えないと駄目だと判断しておきましょう。

銀行カードローンは金利が低いほど審査が厳しい?

2018年から銀行カードローンの審査は更に厳しくなった?

2018年から審査基準はさらに厳しくなりました。

犯罪歴を持っている人は警察のデータベースを照会しただけで審査に落とされてしまいます。銀行カードローンは警察の情報を確認するように求められているため、これまで審査時に影響がなかった犯罪歴も影響を及ぼしてしまいます。

さらに、スルガ銀行の問題を受けて、地方銀行を中心に融資について再検討しているところが多くなり、これまでの基準で銀行カードローンを使わせない可能性が出てきています。

カードローンの審査は自主的にさらに厳しい状況となり、多くの人が審査落ちとなる状況が生まれつつあります。

銀行カードローンの審査に落ちた時の注意点

もし銀行カードローンに落とされたのであれば、審査落ちについて真摯に受け止め、どのような改善を図ればいいのかしっかり考えてください。

同時に、他の審査を受けられる会社がないのか考えてもいいですが、現状のままでは銀行カードローンの審査を通過させるのはかなり厳しいものと考えておきましょう。

審査に落とされた場合は、絶対にやってはいけないことに注意してください。守らないで審査を受け続けていると、最悪の場合は銀行カードローンを利用できなくなります。

カードローンを使えなくなり、緊急で借りたいと思っている時に何も借りる手立てがなくなるのは絶対によくないことです。まずは審査に落ちたら何をすべきかしっかり考えましょう。

銀行カードローンの審査に落ちたらどうする?落ちた後も借りれるカードローンはどこ?

同じ銀行に再申込をしても通過の可能性は低い

一番行ってはいけないのは、同じ銀行に申込みをする方法です。

再申込について銀行カードローンは認めていますが、同様の審査内容では審査を通過できないと判断しており、前回よりも早く審査落ちの連絡が入ります。

そして審査落ちの連絡が続いていくと、最終的に申込みをした銀行から審査を拒否される形になり、銀行カードローンを利用できなくなります。

審査に落とされたのであれば、審査を通過するために何が必要なのか真剣に考えて、審査を通過する方法に時間をかけてください。

審査を通過できないから同じ内容で何度も申し込むというのは一番良くない方法で、信用を失って最終的に大きな問題へと発展していくのです。

同じような金利・申し込み条件のところも落ちる可能性が高い

申込みをした銀行と同じ条件、そして金利の数字も似たようなところを狙えばいいと感じるかもしれませんが、この方法も審査に落とされる可能性が高くなります。

同じような条件で審査を受けた場合、先に落とされた銀行と同じような結果が通知されるケースが多く、銀行カードローンを利用できないからです。

同じような金利や条件を提示している会社であれば、先に審査に落とされている会社と同じように見られているわけです。

その結果、同じような結果が通知されるのは当然のことで、銀行カードローンは利用できません。

何らかの条件を改善しなければ、同じような内容の銀行カードローンも落とされてしまいます。

しかも審査落ちの情報が信用情報機関に残されているため、1回審査に落とされているという状況がどの銀行にもわかっているのです。

同じような内容でも落とされているなら、審査に落としたほうがいいと判断される場合が多く、似たような金利や条件の銀行カードローンも審査に落とされやすいのです。

まずは条件改善をしっかり行って、似たような条件を提示している会社でも審査を通過できるように心がけましょう。

審査落ちから再申込まで半年くらい期間を空けるのがおすすめ

審査落ちからすぐにまた審査を受けるのはよくありません。

すぐに審査を受けると審査落ちの情報が残されており、信用情報が悪いままで審査を受けてしまいます。信用情報に1つでも悪い情報が掲載されていると、信用できないと判断されて他社でも審査に落とされる可能性が高くなります。

一番いいのは半年程度の期間を空けることです。半年くらい空けておけば、ほぼ審査落ちの情報は消えています。

そして審査を受ける際の条件が変わっており、属性にも変化が少し生まれているはずです。属性の変化が見込まれれば、銀行カードローンの審査を通過できるかもしれません。

すぐに再申込という方法は使わず、半年くらいは我慢して条件を整えるように心がけましょう。

どこに申し込んだら審査に通る?再申込の賢いやり方

再申込を行う場合、これまでの条件では審査を通過できない可能性が高いため、思い切って会社を変えるなどの対策を入れましょう。

会社を変更すると、同じ条件でも審査を通過できる可能性がある他、場合によってはすぐにでも融資が受けられる可能性もあるのです。

即日融資などのチャンスを考えて、再申込では消費者金融等を選んでもいいでしょう。

消費者金融は警察のデータベースを照会していませんし、審査基準は銀行カードローンよりもかなり甘くなっています。

銀行の審査を通過できない人が、消費者金融であれば審査を通過できる可能性は十分にあります。

メガバンクに落ちたら地銀・ネットバンクがおすすめ

多くの人が審査に落とされているのは、メガバンクと呼ばれる全国展開をしている銀行かもしれません。

全国的に展開している銀行の大半は審査基準が厳しくなっている他、再申込でも審査に落とされる可能性が非常に高くなっており、銀行カードローンを利用したいと思ってもそう簡単に審査を通過できないのです。

そこで地方銀行やネットバンクの銀行カードローンを考えます。

地方銀行はメガバンクよりも金利が高く設定される場合もあるので、審査を通過できる可能性が高くなります。

ネットバンクは銀行カードローンでも高金利で提供している会社が多いため、メガバンクよりも審査基準が甘い可能性もあり、審査を通過しやすくなります。

審査に落とされた場合、思い切って会社を変える選択を考えてもいいでしょう。審査を通過できずに苦労するくらいなら、少し金利は上がりますが地方銀行やネットバンクが提供する銀行カードローンを選択してください。

審査を通過して借りられるという部分に重点を置くのです。

審査に通りやすくお得に借りれるところなら大手消費者金融

審査に通りやすい消費者金融を検討してもいいでしょう。

消費者金融はアコムやアイフル、プロミスなどが代表的な会社で、上限金利が18%に設定される会社が多くなっています。

上限金利だけを見ると返済額が高くなり、借りた場合に負担が大きいように感じるかもしれません。しかし、審査基準は甘くなっているので、これまで審査を通過できなかった人が審査を通過してお金を借りられます。

大手消費者金融は無利息サービスを持っているので、初回の利用に限っては無利息でお金を借りられます。

無利息サービスは30日間適用されており、30日間は利息が発生しません。利息の支払いが減るだけでもかなり嬉しいポイントですし、30日以内に返済を終わらせてしまえば利息なしで借りられます。

高い金利が適用されている大手の消費者金融ではありますが、その分借りやすさにも重点を置いてサービスを提供しています。

なかなか借りられなくて困っている人も、大手消費者金融で無利息サービスを使えば気軽に借りられますし、返済額を抑えられる可能性も十分にあります。

上限金利18~15%の銀行カードローンに落ちた方は中小サラ金がおすすめ

大手消費者金融も厳しいように感じているなら、別の消費者金融を検討してください。

特に上限金利が15%から18%という数字でも落とされているなら、大手消費者金融でも落とされる可能性があります。

そこでより審査を通過しやすい中小のサラ金業者で審査を受けましょう。

中小のサラ金と言っても会社を知らない人が多く、情報を調べにくいと感じるかもしれません。

会社名で言うとフクホーやセントラル、スルガ銀行系列のダイレクトワン、更にはアローなどが該当しています。

これらの会社は中小のサービスとして大きな借入はできないものの、小さい借入を行うには十分な限度額を確保できます。

中小のサラ金は審査基準が大手消費者金融よりも甘い傾向にあり、消費者金融でも審査を通過できずに困っている人が審査を通過してお金を借りられます。

金利はやや高いものの、すぐにでも借りたいと思っている時は中小の会社を狙いましょう。

まとめ

銀行カードローンの審査は厳しい傾向にあり、1つ1つの属性を改善しなければ審査を通過できない場合が多くなっています。

審査をどうしても通過したいと考えるのであれば、まずは自分の属性や信用情報、そして再申込のタイミング等を上手に改善してください。

改善させる情報によって、銀行カードローンの審査を通過できる場合があります。

再申込でも落とされるようなら、別の会社を検討してもいいでしょう。

消費者金融のように審査を通過しやすい会社もあれば、大手よりもさらに小さい会社のサラ金を狙う方法もあります。審査を通過するためにどの会社に申込みをするか、審査に落とされたらしっかりと考えましょう。