銀行カードローンの審査は主婦も通る?夫の収入は考慮されるのか

公開日:

専業主婦も銀行カードローンへの申込は可能で、審査を通過するとカードローンでお金を借りられます。銀行は専業主婦の申込も考慮しており、一般の人とは違う形で審査を行っています。

ただ、専業主婦は審査を通過できない可能性も高くなります。審査に落とされ続けてしまうとカードローンでお金を借りられない可能性もあるので、しっかり審査を通過するように心がけてください。

ここでは銀行カードローンを専業主婦が利用するための方法や、銀行カードローンを使えなかった場合の借入について説明します。

審査の甘い銀行カードローンはある?審査基準・難易度・通るコツを分析

銀行カードローンは専業主婦でも審査申し込みはできる

銀行カードローンは専業主婦でも審査を受けられて、申込の内容次第で審査を通過できます。

ただ、専業主婦に銀行カードローンを利用させてくれる会社というのは非常に少ない傾向があり、なかなか審査を通過できない状況が続いてしまうでしょう。

専業主婦は収入を持っていないため、収入の証明ができない点で問題が起きてしまいます。

さらに銀行カードローンは安定した収入だけではなく、収入の金額というのも重視されています。

専業主婦は収入を安定して受け取れないどころか、収入額も少ないと判断される可能性があり、思っていた以上に銀行カードローンの審査に落とされるのです。

審査を通過したいと考えるなら、本人の収入をしっかり確保しなければなりません。ある程度の収入を確保できなければ、専業主婦が銀行カードローンを使うのは難しいことでしょう。

銀行カードローンの審査基準と審査に落ちる理由をプロが徹底解説

本人の年収が0だと審査通過は難しい

銀行カードローンの審査では、本人の収入がどれくらいあるかという部分に着目しています。

本人の収入が足りないと判断される場合、当然のことですが審査に落とされてしまいます。銀行カードローンを利用するには、最低でも収入の確保が必要です。

収入を確保していないと、銀行カードローンの審査では収入不足を判断されます。

もちろん年収が0円と書かれていれば、貸していいとは考えられないと判断され、銀行カードローンの審査に落とされてしまいます。

安定した収入をしっかり確保するほか、本当に貸してもいいと思われるくらいの収入をしっかり得たほうがいいでしょう。

ただ、専業主婦ではなかなか必要な収入を稼げない傾向が多いのです。専業主婦というのは主婦に専念しているという意味であり、収入を得る仕事は行っていないのです。

つまり収入を確保する方法がないため、銀行カードローンの審査に落とされる可能性は相当高くなるでしょう。

安定収入のあるパート主婦なら審査に通りやすい

一方で安定した収入を確保している方は、審査を通過して銀行カードローンを利用できる可能性があります。

パートで収入を得ている方は、限度額が低い状況ではあるものの、銀行カードローンを利用できるのです。

パートの収入は安定して受け取れる金銭と判断されており、年収欄にも記載できます。

パートで一定の収入さえ確保していれば、銀行カードローンの審査では問題なしと判断され、限度額をある程度抑えて審査を通過させてくれます。そして銀行カードローンを発行して融資を受けられるのです。

安定した収入を確保できるかどうかが非常に重要で、銀行カードローンの審査では絶対に満たしておきたい項目です。パートでもいいから安定した収入をしっかり確保しているようなら、銀行カードローンの審査に落とされる可能性は低くなるでしょう。

銀行カードローンは利用を同僚・家族にバレる心配なし!

銀行カードローンを専業主婦が利用する場合、同僚となる人はいないので気づかれる可能性はほぼありません。

さらには家族に色々な情報がバレる心配もなく、銀行カードローンを利用しても気づかれない傾向が多いのです。

今の銀行カードローンは、本人以外の人に情報が知られるという問題を避けたいと考えています。

本人以外の人に借りていると知られて、あらゆる問題が起きないように会社としても対策を考えて、実際に適用させています。

同僚や家族にバレてしまう問題がないために、銀行カードローンは安心してお金を借りられる方法と言えるでしょう。

明細や書類が家に届くことはない

銀行カードローンを利用した明細は、家に届くことがほとんどありません。

一部のカードローンは、銀行カードローンを利用してほしいという名目で、キャンペーンに関連するはがき等を送ってくる場合があるものの、カードローンを利用した際の明細が届くことは基本的にありません。

その理由として、銀行カードローンの明細はWEB明細に切り替わっているからです。

昔は郵送でしか通知できなかったため、どのような銀行カードローンも郵送による明細を作っていました。しかしネットが発達し、パスワード等でしっかり管理していれば問題はないと判断されたため、WEB明細を作るという会社が多くなってきました。

WEB明細はインターネット上で確認できて、残高等の照会も簡単にできます。

さらに銀行カードローンの場合は、インターネット上で融資も受けられるため、WEB明細を見ながらもう少し借りてもいいかなと思った時、すぐに行動できるという良さもあります。

もちろんパスワード等が知られなければ、誰にも借りている情報はわからないのです。

連絡は個人の携帯かメールに届く

銀行カードローン側から何らかの連絡が入る場合、連絡先は自宅ではなく個人の携帯電話に行われます。

またメールによる連絡を希望される場合も、メールでの連絡を行ってくれます。つまり自宅で電話が鳴ってしまい、家族に気づかれる可能師絵はほとんどないのです。

何らかの連絡が必要と判断された場合、真っ先に連絡するのは携帯電話です。

携帯電話に連絡を入れておけば出てくれるだろうと銀行側は考えており、多くの銀行が携帯電話への連絡を行っています。

それでも連絡を取れない場合は、1度メール等を入れて情報を発信し、それから電話に出てもらうという対策を使っています。

家族に知られるという問題は銀行側としてもあまり起こしたくないため、銀行カードローンの場合は本人に対して連絡を入れるように徹底しています。ただ、本人が望む場合、自宅に電話をかける場合もあります。

向こうが銀行名のみ明かすので借入がバレにくい

銀行側としても、銀行名以外に提示する情報を出さないため、借入等に関する話は一切ありません。

銀行側が勝手に情報を出してしまい、借入が他の人に気づかれる問題は基本的に起こらないのです。

銀行としては、利用してくれる人が安心して借りられるよう、借入に関する情報は連絡等では行いません。

銀行名で電話を行い、借りに本人以外の人が出た場合には、またかけなおすという方法を使ってあまり電話で情報を出さないようにしています。

ただ、借入の返済を行っていないなどの問題は、当然のように銀行が他の人に知らせる場合もあります。

この場合は借入の返済を行っていない本人に問題があるため、早期に返済を行うようにしましょう。

銀行カードローン審査では夫の収入も評価される?

専業主婦が銀行カードローンを利用するには、夫に同意を求めなければなりません。勝手に審査を受けて銀行カードローンを使えるようにはしていないのです。

ただ、夫の収入というのは評価の対象外であり、審査で何らかの影響を与えるというのはありません。夫が仕事をしており、返済できると判断されれば、銀行カードローンを専業主婦にも利用させているのです。

カードローン審査では配偶者の収入は考慮されない

配偶者の収入というのは、銀行カードローンの審査では考慮されていません。

配偶者が持っている収入というのは、基本的に審査をする項目ではないと判断されており、どのような場合でも収入の金額を調べて審査に反映させるという行為は行っていないのです。

配偶者の収入を確認していた場合、銀行カードローンの審査はもっと厳しくなっていたでしょう。

専業主婦はほとんどの人が利用できなかったり、審査の段階で気づかれる場合があるなど、利用するまでにかなり不利な状況に追い込まれる可能性もあるのです。

しかし現在の銀行カードローン審査では、配偶者の収入を基本的には考えていません。

配偶者がある程度収入を持っているだろうと判断した段階で、配偶者貸付という方法を利用して融資を行います。従って配偶者の収入は考慮されません。

「配偶者貸付」を使うには夫の同意が必要

配偶者貸付を使う場合、夫の同意を得なければなりません。

夫が同意しなかった場合、配偶者貸付ではなく本人の収入を考慮して判断されます。

つまり夫の同意が得られれば配偶者貸付という方法は使えますが、同意を得なければ本人の収入等で判断されてしまいます。

専業主婦が本人の収入で銀行カードローンを利用できるわけがありません。夫の同意を得て配偶者貸付を使うのが一般的な方法であり、多くの専業主婦に利用されている方法なのです。

夫の同意を得なければほぼ銀行カードローンは利用できないため、先に話をして同意を得られるようにしましょう。

なお、夫の同意を得たとしても、配偶者貸付は得られる限度額が少ない傾向にあります。あまり多くの金額は借りられない点に注意してください。

収入0だと審査に通るのはほぼ不可能なので注意

収入を持っていない人は、銀行カードローンの審査に落とされる可能性が非常に高いため、審査を通過するのは非常に難しいでしょう。

銀行カードローンは収入を持っていない人は、配偶者貸付以外ではほぼ貸していない状況もあるため、審査を通過できる人は限られているのです。

夫の同意を得られない限り、銀行カードローンの審査は収入0円で通過できないと考えておきましょう。

カードローンには利用するために必要な最低限の収入が決められているほか、色々な条件を加えたうえで銀行カードローンの審査判断を行っているのです。

無職でも銀行カードローン審査に通る?収入0でもお金を借りる方法

最低限度額の3倍以上の年収が審査通過には必要

銀行カードローンの審査を通過するには、最低でも限度額よりも3倍以上の収入を確保しなければなりません。

年収の数字が限度額の3倍に達していなかった場合、審査に落とされるリスクはどんどん高くなっていきます。

収入を持っていない人は、3倍にしても0円のままです。つまり限度額に対して必要な収入を確保していないため、審査に落とされてしまいます。

銀行カードローンの審査を通過するには、10万円の限度額でも最低で30万円以上の年収を持たなければならず、専業主婦のように収入を持っていない人では利用できないのです。

限度額を欲張ってしまうと審査に落とされるのは、最低でも限度額の3倍は年収を稼がないと審査に落とされるためです。

パートで仕事をしている主婦の方も、限度額を増やしすぎると審査に落とされるので気を付けてください。

銀行カードローンは限度額が年収の何%だったら審査に通る?

専業主婦はカードローン以外の方法でお金を借りよう

年収を持っていない専業主婦がカードローンを使うのはほぼ無理な話ですので、別の方法を利用してお金を借りたほうがいいでしょう。

近年は色々な方法でお金を借りられるため、銀行カードローンにこだわる必要はありません。

ただ、専業主婦では消費者金融を使えないので気を付けてください。

消費者金融は収入をもってい人には審査を通過させやすくしていますが、無収入の人は総量規制のルールによって審査に落とされてしまいます。

銀行カードローンが駄目なら消費者金融は収入を持っている人の考え方であり、専業主婦では適用できない考え方なのです。

もし専業主婦がお金を借りたいと考えているなら、これまで利用したことのない方法が多くなります。あまり知らない方法を使うために怪しいと感じたり、怖さを感じる場合もあるでしょう。

知らないサービスを利用する場合は、できる限りネットで調べて、安心して利用できるようにしましょう。

専業主婦におすすめ!お金を借りる3つの方法

ここからは専業主婦でも利用できるおすすめの借り方を紹介します。

銀行カードローンは専業主婦にはほとんど利用できないものですし、借りられる金額も正直多くありません。

より多くの借り入れを希望したいと考えるなら、これから紹介する方法を使ってある程度多くのお金を借りられるようにしましょう。

質屋を利用する

一番簡単に利用できるのは質屋を使う方法です。

質屋は預けられた品物に対してお金を貸してくれます。品物はお金が返済されない限りは質屋が預ける形となっており、必要なお金をすべて返済できれば再び取り戻すことが可能です。

質屋を利用する方法は、高い品物を持っていれば誰でも可能です。

金目のものと判断されれば質屋が査定を行って、一定の金額を貸してくれるのです。

後は借りたお金を一定の時期までに返してしまえば、無事に預けたものも返してもらえます。気軽に借りたいと思っている方には利用しやすい方法でしょう。

お金がないなら質屋を使え!即日現金を受け取る方法

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

持っているクレジットカードのキャッシング枠が作られていた場合は、クレジットカードのキャッシング枠を使ってお金を借りましょう。

キャッシング枠はショッピング枠とは別に作られている項目で、お金を借りたいと考える方だけに提供しています。

専業主婦の場合、クレジットカードのキャッシング枠が作られているかどうかも重要になります。

一部のクレジットカード会社は、キャッシング枠を作ってくれない可能性があり、専業主婦には枠を設けていないのです。

ただ、クレジットカード会社の中に、専業主婦に10万円程度のキャッシング枠が設けられる場合もあるので、調べてみるとクレジットカードでお金を借りられる場合があります。

利用する場合はクレジットカードのキャッシング枠がしっかり用意されているか確認してください。キャッシング枠が設けられていない場合は借りられないため、他の方法を使うといいでしょう。

キャッシング利用できるクレジットカードまとめ

自治体からお金を借りる

自治体からもお金を借りられます。自治体の場合は用途に応じてお金を借りられるシステムが採用されており、基本的には収入が足りない方への補助という形を取っています。

ただ、お金を貸しているサービスですので、借りた場合は返済しなければなりません。

主に福祉や教育に関連する費用、不動産に関連する融資などを自治体が担当しています。

どうしても個人的に利用したい費用があるなら、自治体に相談して審査を受けてください。

自治体からお金を借りる場合でも、必要な審査を通過しなければ借りられません。条件をクリアしてから必要なお金を借りるようにしましょう。

まとめ

銀行カードローンは専業主婦ではなかなか借りられない商品ですので、お金を借りる場合は夫の同意を得るようにしてください。

夫の同意を得られない場合、パートで稼ぎを持っていない限りは銀行カードローンを利用できません。

別の方法でお金を借りる手段も増えていますので、銀行カードローンでは駄目だと判断された場合、別の方法を利用してお金を借りましょう。

特に自治体が提供している融資や質屋であれば、思っていた以上にお金を借りられるチャンスがあります。

審査に通りやすい!おすすめ銀行カードローンランキング