銀行カードローン審査で嘘をついても大丈夫?年収を水増ししたらバレるのか

公開日:

銀行カードローン審査では年収が最も重要なポイントです。年収をしっかり確保していないと、審査を通過できないため、ある程度の収入はしっかりと準備したほうがいいでしょう。

近年問題となっているのが、年収を偽装する方法です。

本来持っていないはずの年収を記載したり、年収の水増しを行って持っているように見せかける行為は非常に危険です。銀行カードローンの審査では行わないほうがいいでしょう。

審査の甘い銀行カードローンはある?審査基準・難易度・通るコツを分析

銀行カードローン審査は年収の嘘を全て見破れるわけではない

年収で嘘をつく行為は、銀行カードローン側がある程度は見破れると判断しています。

その理由として収入証明書の提出を要求できるためで、高額な借入であれば収入証明書を出してもらい、本当の収入を見せてもらえるのです。つまり銀行カードローン審査では、ある程度の嘘は見破れるのです。

しかし、年収を多く見せたとしても、元々少額の限度額を希望している人には確認の術がありません。銀行カードローンの中には、収入証明書を提出しなくてもいいとする限度額が設けられています。

収入証明書を出さないと嘘は見破れないため、出さなくてもいい金額で審査を受ける人は対処できないのです。嘘をついているかもしれないと思っても、確認作業ができなければそのまま審査に通すしかありません。

嘘は全て見破られるわけではなく、一定の条件下で審査を受けた際に見破られる傾向が多いのです。銀行カードローンの審査では、限度額を高くしなかったり、少しだけ収入を増やす程度の方法であれば、嘘がバレない可能性もあります。

担当者も「おおよその額でOK」と言っている

実際に審査を受ける際、銀行カードローンの担当者もおおよその額でも問題はないと説明しています。

細かい部分まで提示しなくてもいいので、大まかな年収で記載しても構わないと考えています。少し程度の偽装であれば、嘘をついても問題なくカードローン審査は通過できるのです。

細かい部分まで見るのは担当者でもかなり厳しい傾向にあります。担当者も多くのカードローン審査を担当しており、1つ1つの情報を確認するのはかなり難しいのです。

そこでおおよその額でもいいので年収を提示してほしいと告げ、銀行カードローン審査で年収の確認を行いやすくしているのです。

1万円未満の金額は四捨五入を行っても問題はありません。また、1万円の桁を四捨五入して、少し多く見せる程度でも実際にはバレない傾向があります。おおよそというのは、ある程度実際の年収に近ければ大丈夫です。

少額の水増しは審査結果に影響しないことも多い

少額程度の水増しを行ったところで、銀行カードローンの審査に影響しないことが多くなっています。

カードローン審査というのは、年収を大掛かりに水増ししている場合でなければ、そのまま審査を進めて審査結果を公表するケースが多いのです。従って銀行カードローンの審査を行っている場合でも、少額の水増しを行って年収だけで審査に落とされる心配はありません。

水増しを行っても審査に落とさない理由として、多少であれば返済能力に影響しないと考えているからです。

かなり大掛かりに年収を偽っているのであれば別ですが、ほんの数万円程度の水増しであれば別に変わらないのです。つまりちょっとだけ多く見せる程度の金額であれば、年収の水増しで審査に落とされる可能性は高くありません。

水増しによって審査に落とされる可能性がないわけでもありませんが、銀行カードローンはそこまで厳しく見ているわけでもありませんので、ちょっとした水増し程度なら大丈夫と考えましょう。

ただ、嘘をついている以上バレる可能性は出てしまうわけです。嘘がバレたら一発で審査落ちですから、わざわざ審査に影響しないような嘘をつく必要はないでしょう。

明らかな収入の水増しをおこなうと二度とカードローンを借りれないことも

少しの水増しであれば問題ないものの、大掛かりに水増しを行ってしまうとカードローン審査に落とされるだけでなく、二度とカードローンの審査を通過できず借りられない場合があります。

収入の偽装というのはカードローンの信用を失う行為であり、絶対に行ってはいけないのです。

大掛かりに水増しした場合でも、年収におかしい点があれば審査に落とせるように銀行は考えています。

年収の確認によって、おかしいと思われる人は審査にすぐ落とせるのです。特に給与明細の提出など、簡単にできる年収の確認方法によって、偽装していると判断できる場合が多いのです。

嘘がバレてしまえば大きな問題となり、信用情報は一気に悪くなってしまいます。そして信用情報が駄目になってしまうと審査を通過できる可能性がなくなり、銀行カードローンを利用できなくなります。

給与明細の提出でバレるケースは多い

年収を判断するための方法として、給与明細を提出するように求められます。

源泉徴収票があれば源泉徴収票を優先しますが、出せないという判断であれば給与明細を提出するように求められるケースが多いのです。

年収の確認に給与明細を提出しなければならない時点で、年収の確認ができなければ審査を通過できないと判断しておきましょう。

給与明細を提出したところ、明らかに収入が間違っていると判断されたり年収を12ヶ月分合計しても数字が合わないと判断されると審査に落とされるケースがあります。

もちろん賞与の金額等も審査では配慮されますが、給与明細の提出で年収がおかしいと思われる段階で、この人は信頼できないと判断されてしまいます。

信頼できないと判断されれば審査に落とされてしまいます。そしてカードローン審査を通過できないため、最終的にお金を借りる方法が制限されるなどの問題に直面してしまうのです。

長期間の給与明細提出を追加で希望されることも

1枚の給与明細だけでは審査を通過できないと判断され、長期間の給与明細を提出するように求められる場合があります。本

来であれば多くても2枚提出しておけば、給与明細は年収を判断するポイントとなります。しかし信頼できないと判断される場合、半年以上の給与明細を提出するように求められるのです。

半年以上というのは本当に給料が信用できるか不安に感じられており、追加の確認が必要と判断された場合に適用されます。

給与明細の提出を求められた場合は速やかに提出を行わなければなりません。提出しない場合は年収の部分で問題ありと判断され、審査に落とされてしまいます。

給与明細が1枚あれば大丈夫ではなく、複数枚必要なケースもあると考えておきましょう。多くの枚数が必要な場合は過去の給与明細をしっかり探して提出できるようにしてください。

嘘がバレると信用情報が大きくキズ付いてしまう

信用情報は嘘によって一気に傷がついてしまい、審査に影響を及ぼしてしまいます。

もちろん申込みをした銀行カードローンの審査には落とされてしまいますが、それ以外にも他のカードローン審査に影響する信用情報が掲載されてしまい、次々と審査に落とされてしまいます。審査に落とされ続けてしまうと、銀行カードローンを利用できなくなってしまうのです。

審査を通過しなければ銀行カードローンは利用できません。しかし審査を通過するために必要な信用情報が悪いと判断されれば、一気に信頼されなくなり審査に落とされてしまいます。

信頼できない人は駄目だと判断されている以上、信用情報に傷がつく行為は非常に危険なのです。

年収の偽りは非常に危険です。銀行カードローンの審査を通過したいのであれば小規模な金額に抑えるなどして、大掛かりな水増しはしないように心がけましょう。

審査に通ったあとに嘘がバレることもある

審査を通過した後、年収に嘘が記載されていたと気づかれてしまい、影響が及ぶケースもあります。

嘘がバレてしまえば色々な問題が生じてしまうほか、最悪のケースは逮捕される可能性もあります。従って逮捕されるリスクを避けるためには、年収の偽りは避けたほうがいいのです。

審査を通過してよかったと思ったら、銀行カードローンを利用している時に嘘をついていたと気づかれる可能性も十分あります。

年収をごまかしてもどこかで気づかれるものと考えて、最初から年収の額を増やさないほうがいいでしょう。

銀行カードローンは限度額が年収の何%だったら審査に通る?

強制解約の後に一括返済を要求される

もし年収を偽っていたと考えられる場合、銀行カードローンを利用させると危険なユーザーと判断されます。

そこで銀行側はこれ以上のカードローン利用をさせないため、契約を解除して返済してもらおうと考えます。これは強制解約という行為です。

強制解約を行われると、その時点でカードローンは利用できません。

当然ですが契約自体もありませんので、借りている金額の返済を求められます。返済は一括で行う必要があり、どれだけ多くの金額を借りていたいとしても、その場で返済が必要です。

強制解約される人はそれなりにいます。銀行カードローンを利用して嘘をついていたと気づかれた場合はもちろんのこと、カードローンの利用状況等に問題があるなどの理由で、強制解約を受ける可能性もあるのです。

解約されないためには正しい情報を提供する必要があるでしょう。

最悪の場合は逮捕されることも

年収の偽装によって強制解約をされるだけならいいのですが、それ以上に問題となるのが逮捕される場合です。あまりにも年収をごまかしていたと判断され、銀行から不正にお金を融資させようとした場合、逮捕される可能性があります。
不正な融資というのは当然犯罪行為に該当するもので、企業でも決算情報を偽るなどの行為は違反行為です。逮捕されるケースも当然あり、企業が立ち行かない状況も生まれやすくなります。個人でも同様の行為が適用されており、犯罪行為に該当すると判断した場合、銀行側の告発によって逮捕できる状況が生まれます。

逮捕されれば懲役刑が課せられるほか、カードローンで借りた金額は一括返済の必要も出てしまいます。さらに前科が加えられますので、今後の銀行カードローン審査はほぼ通過できなくなり、将来的にお金を借りたいと思っても借りられない問題が生じてしまうのです。

わずかな水増しをカードローン審査でおこなう必要はない

銀行カードローンの審査では、わずかな水増しを行う必要はありません。水増しを行っても審査に影響はありませんし、大掛かりに水増しをして逮捕される、もしくはカードローンの強制解約による一括返済を受けるのは非常に危険です。水増しの必要はどこにもないと考えておきましょう。

カードローン審査を通過したいのであれば、本当の情報を見てもらい、審査で信頼できるようにしましょう。信頼できると判断されれば、収入があまりなくても限度額が小さいカードローンを利用させてくれる場合があります。

収入を偽って大量に借りるのはデメリットも非常に大きくなってしまいます。収入基準を変更するくらいなら、ありのままの情報を提供したほうがいいでしょう。

年収100万円ほどで審査に通ったケースも多い

銀行カードローンの審査は厳しいとされますが、限度額によっては年収100万円でも審査に通過してしまいます。

10万円程度の限度額なら、100万円の年収でも返済できる可能性があるため、審査を通過できるのです。

従って多くの年収を確保していればいいのではなく、銀行カードローンの限度額に合わせた年収をしっかり確保しなければならないのです。

限度額があまり多くないと判断されれば、必要な年収も減少します。

限度額10万円なら最低で30万円程度の年収があれば審査を通過できる場合もあり、多くの収入をしっかり確保する必要はどこにもありません。そして本当の情報を提示しておけば、カードローン審査でも問題はないと判断され、審査後のトラブルも防げるのです。

低収入の方でも銀行カードローンの審査は通過できます。審査を通過するには本当の情報で勝負したほうがいいのです。

収入基準をクリアできても勤務先の規模や雇用形態で落ちる

借りに収入基準を偽装によってクリアしても、勤務先の規模や雇用形態という部分でおかしいと判断されて審査に落とされてしまいます。

本来年収というのは、それに見合った雇用形態、そして勤務先の規模が備わっているはずです。明らかに違うと判断されれば審査に落とされます。

特に多いのがアルバイトなのに年収300万円以上という場合です。アルバイトで年収300万円というのはかなり厳しい条件ですし、勤務先がコンビニや小売店ならほぼあり得ない数字でしょう。

銀行カードローンも、こうした部分はしっかり審査で確認しており、仕事の形態などを考えておかしいと判断されれば審査に落とされます。

雇用形態を偽装しても在籍確認で簡単にわかってしまうため、審査の際にあらゆる情報をごまかしても審査は通過できないのです。

無事借りれたとしても返済できず自己破産してしまう

うまく審査を通過できたとしても、その後大きな問題として借金の返済が挙げられます。

最低返済額はカードローンの利用状況によって決められます。最低返済額があまりにも高いと、収入が足りなくて返済できない状況となります。

そして銀行カードローンの返済ができなくなると、督促等の電話を受けるようになり、強制的に返済するように求められてしまいます。

こうした返済できない状況を打破するには自己破産しかありません。自己破産によって家や車といったものを失ってしまうほか、数年間の借入が禁止されます。

そしてクレジットカードや分割払いの利用停止も発生するため、生活に大きな影響を及ぼしてしまいます。自己破産は借金の整理では一番いい方法かもしれませんが、生活に与える影響がかなり大きいため、本来なら行うべきではありません。

審査を通過して銀行カードローンを利用したのに、結局返済できなくて自己破産というのは本当に駄目なことです。絶対に避けるようにしましょう。

まとめ

年収を偽装して銀行カードローンの審査を受けてもいいことがなく、大半のケースで審査に落とされてしまいます。さらに審査を通過したとしても、返済できない状況が続いて自己破産の選択を取るなどの問題が起こりやすくなります。

審査というのは偽って行うのではありません。現在の情報をしっかりと示して、銀行カードローンを利用できる人と示さなければなりません。見栄を張るような行為はしなくてもいいのです。

審査に通りやすい!おすすめ銀行カードローンランキング