銀行カードローンの審査は勤務先に在籍確認の電話が来る!どうしたらバレずに対処できる?

公開日:

銀行カードローンには在籍確認が欠かせません。在籍確認が取れなければ、銀行カードローンを利用できないと判断しているためです。従って在籍確認を行われる前提で、銀行カードローンへ申込を行わなければなりません。

在籍確認は電話によって行われる傾向が多く、電話に出られるかどうかが重要です。ただ、自分が出る必要はなく、会社の誰かが出て対応してくれれば問題ありません。

審査の甘い銀行カードローンはある?審査基準・難易度・通るコツを分析

銀行カードローンは在籍確認をすることが多い

消費者金融でも行われていますが、銀行カードローンでも在籍確認は行われます。

在籍確認が取れない場合、審査落ちの可能性もあり非常に重要な確認作業となります。それくらい在籍確認というのは、非常に重要な項目だと考えられています。

銀行カードローンへ申込みをしている方の多くは、信頼できる申込内容で最初の審査を受けています。

審査を行った後、本当にこの情報が正しいのか保証会社を含めて確認しており、最終的に情報が全て正しいと判断された人が銀行カードローンを利用できるのです。

在籍確認というのは、申込内容の虚偽がないかを確認するほか、本当に仕事をしている実績があるのか、簡単な確認で判断するために行われているのです。

嘘の申し込みを防ぐ目的がある

在籍確認を行わなかった場合、虚偽の申込がそのまま通ってしまい、仕事をしていないのに銀行カードローンを利用されてしまいます。

仕事をしていない人が銀行カードローンを利用しても、返済される可能性は非常に低いのです。従って仕事をしているない人にはカードローンを利用させられず、しっかりと情報を確認して審査に落とさなければなりません。

在籍確認を行う理由として、嘘の申込を審査に落とすと同時に、本当に信頼できる人に対して銀行カードローンを利用するという部分もあります。

申込内容の虚偽が見つかれば、当然銀行カードローンを利用させるわけにはいきません。本当に安心してカードローンでお金を貸すために、銀行側としては保証会社を通じて申込内容の虚偽を判断しているのです。

もし申込内容の虚偽が見つかれば、その時点で審査に落とされます。嘘の申込をしっかり防ぎ、信頼できる本当の情報だけで審査を行うのが銀行カードローンの方針なのです。

在籍確認の電話は本人が出なくてもOK

在籍確認の連絡は本人が出なくても問題ありません。本人が出なければ審査に落とされるというわけではなく、会社の誰かが電話に出てくれれば審査は完了します。

つまり本人が会社に出勤していない休日に申込みを行い、在籍確認を行ってもらえば審査は完了するのです。

確認作業によって、会社に所属して仕事をしているという判断ができればいいので、必ずしも本人が電話に出なくても大丈夫です。

本人が電話に出た場合でも、会社が電話に出た場合でも同様の判断を行い、問題がなければ審査を通過させて銀行カードローンを利用させてくれるのです。

「在籍確認はバレない」は嘘!事前にバレ防止対策をしておこう

在籍確認はバレないという記事や説明が良く聞かれますが、実際にはその話は嘘です。

銀行カードローンでも消費者金融でも、在籍確認はバレてしまいます。気づかれないように色々と行っても、勘のいい人なら簡単に気づけるほど、銀行カードローンの在籍確認は簡単にバレてしまいます。

色々な対策を取って電話を行っても、会社側としては不審な電話と判断するケースが多いのです。

そして、電話の内容から銀行カードローンの在籍確認ではないかと判断されてしまい、会社側にバレてしまいます。中には会社から注意を受ける場合もあるでしょう。

バレないためには対策が必要です。

事前に銀行カードローン側と協議を行ったうえで、しっかりとバレないようにする対策を取ってください。事前の対策がしっかりできれば、ある程度在籍確認でバレる可能性は低くなるでしょう。

銀行カードローンは消費者金融よりもバレにくい

銀行カードローンの場合、電話をかける際に個人名義を使うため、銀行カードローンでは気づかれない場合もあります。

もちろん個人名義を利用しても気づかれる可能性はありますが、それでも消費者金融よりは気づかれない傾向があります。その理由として、銀行カードローンは電話のマニュアルが用意されているためです。

マニュアルに従って電話を行うため、個人名義で連絡を入れてもバレにくいというメリットがあります。

消費者金融にはマニュアルがないケースも多く、銀行カードローンよりも気づかれやすいのです。少しでも気づかれないように調整するには、銀行カードローン側と協議をしたうえで、マニュアル通りに連絡を入れてもらいましょう。

保証会社には電話の目的を聞かれても受け流すマニュアルがある

保証会社が銀行カードローンの在籍確認を担当していますが、電話の目的を聞かれた場合、どのような方法で受け流し、電話を切るのかマニュアルが作られています。

マニュアルに沿って電話を行い、確認作業が終われば電話を切るようにしています。もちろんマニュアルにない回答を企業側が行う可能性もありますが、その場合でもすぐに電話を切るので安心してください。

電話の目的を聞かれるのはどの電話でも同じです。銀行カードローンの場合、カードローンの在籍確認という内容は一切提示せず、別の目的で電話を入れている、もしくは後で本人に電話するという内容を告げて電話を切っています。

目的を聞かれた場合でもすぐに情報を出さないため、消費者金融に比べるとバレにくいメリットがあります。

借入がバレなくても怪しまれるのは確実

バレないようにしっかり対策を行っても、怪しいと感じられる可能性はあります。

特に個人名義ではなく、銀行名義で電話を行った場合などは気づかれやすくなり、何か怪しい目的で連絡を言えられたのではないかと会社が考えてしまいます。

例え借入がなかったとしても、銀行から電話がかかってくるのは少しおかしいと感じられるのです。

本来なら銀行から電話がかかってくる場合、会社に対して電話が入ります。それなのに特定の個人に対して電話を入れるというのは、銀行カードローンなどの電話じゃないかと思われてしまいます。

会社としても、おかしい電話に対してはしっかり対応しており、本人に対して確認を取る場合もあります。怪しいと思われれば銀行カードローン関連の電話じゃないかと思われても仕方ないのです。

事前にどこの銀行から連絡が来るか共有しておこう

もし気づかれるのが嫌で、後から何かを言われたくないのであれば、会社側に対して事前に相談し、銀行カードローンの申込を行うと告げておきましょう。

もし銀行カードローンの申込という部分を避けたいのであれば、他のローンで確認作業があると説明し、銀行から連絡が入るという説明を行うのです。

ローンとだけ告げておけば、住宅ローンで確認を行う場合もあり、そんなに不安に感じられないのです。

また、事前に銀行から電話が入ること、どの銀行から連絡が入るかを説明しておけば、会社としても理解したうえで電話に出てくれます。

これなら安心して在籍確認を行って、銀行カードローンを利用できるでしょう。

自分の勤務先の電話設定を確認しておこう

仕事先がどのような電話設定をしているのか、念のため確認したほうがいいでしょう。

確認しておかないと、最悪の場合在籍確認で審査に落とされる可能性があるためです。特に気を付けておきたいのは非通知での電話です。

銀行カードローンの在籍確認では、番号を通知して連絡を入れている場合もあれば、番号を通知しないで電話をかけている場合もあります。

番号を通知しているのであれば電話に出てくれる可能性があるものの、非通知の電話は取ってくれない場合があり、在籍確認ができないケースも多々あるのです。

在籍確認をしっかり行うためには、会社側の電話設定を確認し、どのような設定なのかを銀行側に伝えたほうがいいかもしれません。

ただ、工場の現場で仕事をしているなど、事務所の電話対応が全くわからない場合は確認できないため、銀行カードローンの電話対応はほぼ会社にゆだねる形になるでしょう。

非通知の電話を拒否設定にしている場合は注意が必要

非通知で銀行カードローンの在籍確認を行われる場合、会社の電話設定次第では審査に落とされてしまいます。

最大の原因は非通知の電話を拒否設定にしているためです。

非通知だった場合は自動的に拒否するという方法も電話には用意されているため、会社によっては非通知を強制的に着信拒否として、電話を取らない可能性もあります。

もし非通知で拒否されるとわかっているなら、先に銀行カードローンの審査で伝えたほうがいいでしょう。これなら保証会社が電話番号を通知して連絡を行うため、電話に出られないという問題はなくなります。

しかし会社の電話設定がわかっていない場合、保証会社が知らないまま非通知で電話をかけてしまい、拒否されて在籍確認ができない場合もあります。

社内電話を全て録音している場合はバレる可能性が高い

電話設定の中には録音に関連している情報もあります。

中には会社の電話をすべて録音しており、何か問題があったときに再生して確認する場合もあります。もし社内電話が録音されている場合、銀行カードローンの審査で在籍確認を行った事実がバレてしまいます。

録音されている音声を再生されるだけで、大体の情報はわかってしまいます。在籍確認の電話だった場合は、銀行側とローンに関連する内容で話をしている場合があり、その内容を会社の人に聞かれたために、在籍確認の電話がバレてしまう可能性が生まれるのです。

録音設定についてもしっかり確認し、録音されているようであれば在籍確認の電話は早々に切ってもらうようにしましょう。

在籍確認の電話に出られなかった!今後どうすれば良い?

在籍確認の電話は1回で出られないケースもあります。

特に会社が稼働していない日は電話に出られない可能性があり、休日のため電話に出られず、次の電話まで待たなければならない場合もあります。

もし在籍確認の電話に出られなかった場合は、次の対策をしっかり行って、確実に在籍確認の電話に出られるようにしましょう。

在籍確認の電話は1回目に出れなくても数回かかってくる

在籍確認の電話はそもそも1回だけで終わるのではなく、何度か電話を入れています。

保証会社は銀行カードローンの審査をできる限り早く完了させたいと考えているので、電話に出られない場合はもう1回電話を行って、問題なく電話に出られるのか確認をしているのです。

もし1回電話に出られなかった場合は、次の電話を待っていればいいでしょう。

数時間程度経過すればもう1度電話がかかってきて、銀行カードローンの在籍確認がしっかり受けられる可能性があります。

これなら問題なく在籍確認をクリアして、銀行カードローンの審査を完了させられるでしょう。

長期間電話に出られないと審査に落とされてしまう

あまりにも電話に出られない場合は審査に落とされてしまいます。

在籍確認は何度も電話を行ってくれますが、電話に出られない回数があまりにも多い、もしくは何度電話をしても電話に出てくれないという状況であれば銀行カードローンは使えないと判断されるのです。

先ほど紹介した非通知による着信拒否を行っている会社、もしくは会社が何らかの理由で長期休業中で、電話に出てくれる社員がいないなどの問題があれば、在籍確認ができない場合もあります。

この場合は銀行カードローンの審査を続けられないため、在籍確認ができないという理由で審査に落とされるのです。

不安な方は事前に相談をしておこう

どうしても審査に不安を抱えている方は、事前に銀行と協議してください。

本人確認の電話が行われている際、在籍確認をこの時間に行ってほしい、もしくは特定の曜日にお願いしたいなどの連絡を入れて、確実に在籍確認を終わらせるのです。

事前に協議しておけば、在籍確認で失敗する可能性は低くなるでしょう。

在籍確認の失敗はせっかく使える銀行カードローンを使えなくしてしまいます。確実にカードローンの審査を終えたいのであれば、まずは銀行側と協議を行って、在籍確認が絶対にできるタイミングを作っておきましょう。

電話内容が録音されている場合の口実は「クレジットカードの在籍確認」がおすすめ

どうしても録音という問題に悩まされ、銀行カードローンの在籍確認というのは難しくなってしまいます。

録音されていると、会社に気づかれるどころかカードローンを利用するという悪評が出てしまい、車内の信用という部分にもかかわってしまうでしょう。

もし銀行カードローンの在籍確認というないようにしたくないのであれば、クレジットカードの在籍確認に変えてもらいましょう。

名目上はクレジットカードの在籍確認としておき、実際にはカードローンの在籍確認を行ってもらえばいいのです。

銀行はクレジットカードも発行しているところが多く、在籍確認を行う場合も多いのです。

銀行カードローンではなくクレジットカードに変えてもらえば、会社が電話の内容を録音していたとしても、クレジットカードの審査なのかと判断してそこまで問題にはならないのです。

担当者とも口裏を合わせておくようにしよう

クレジットカードの在籍確認と告げてもらうためには、担当者と相談しなければなりません。

相談していないままだと、クレジットカードの在籍確認という連絡は絶対にありません。しっかり相談して口裏を合わせ、クレジットカードの在籍確認を行っているように見せかけるのです。

事前に相談して電話の内容を確認しておけば、後は電話に出てしっかり対応するだけです。

電話をかけてもらう方法を少し変えてもらいたいなら、まずは相談したうえでどのような方法で電話を行うか、打ち合わせをしておきましょう。

まとめ

銀行カードローンの在籍確認はしっかり行われますし、在籍確認を行っていないカードローンというのはほとんどありません。

しっかりと情報を確認して、虚偽の記載がないのか全て把握するためには電話をかけるのが一番いい方法なのです。

こうした電話をかけるという方法は、会社によって高いリスクが生じてしまいます。リスクをどれだけ軽減できるかは、銀行の担当者との相談をしっかり行い、連絡の方法を事前に把握しておいた方がいいでしょう。

審査に通りやすい!おすすめ銀行カードローンランキング