【最新版】銀行カードローンの審査に専業主婦は通らなくなった?噂を検証

公開日:

銀行カードローンは専業主婦でも使える商品ですが、徐々に厳しい審査を受けるようになり、規制をかけた銀行も多くなりました。

今までのように銀行カードローンは専業主婦でも使えるというわけではなく、収入を持っていない主婦が利用できない状況に陥る可能性が高くなっているのです。

特に2018年に入ってからどんどん審査は厳しくなっています。審査基準が厳しいのは、専業主婦が銀行カードローンを利用できない問題に直面しているのです。

審査の甘い銀行カードローンはある?審査基準・難易度・通るコツを分析

銀行カードローンは専業主婦でも通ると言われていた

今までは銀行カードローンを専業主婦でも利用できる形にしていました。

多くの銀行は銀行カードローンを専業主婦のために限度額を設定し、その限度額までなら融資を行っていました。融資額は低くなっていますが、専業主婦でも簡単に借りられる方法として注目されていました。

銀行カードローンが消費者金融と違い、専業主婦でも借りられたのは総量規制が設定されていなかったためです。

総量規制は消費者金融に適用されている法律で、年収を持っていない人に貸し出しを認めないほか、年収額から3分の1以上の借入は認められません。

従って消費者金融で専業主婦は借りられませんが、総量規制が適用されていない銀行カードローンであればお金を借りられたのです。

専業主婦にとって、借りられる会社が存在するだけでもありがたい存在でした。しかしその借入が難しくなっている現状では、今後専業主婦が銀行カードローンを利用するのはかなり難しいかもしれません。

銀行カードローンの審査は主婦も通る?夫の収入は考慮されるのか

年収制限がないので収入0でも審査を受けられた

銀行カードローンは年収制限を設けていません。年収を持っていない人でも審査を受けられますし、審査を通過できました。

専業主婦として生活している人でも、夫が収入を確保していると考えられていたため、夫の収入がある程度期待できれば審査を簡単に通過できたのです。

しかも銀行カードローンは年収制限を設けていないので、年収がない人でも審査は受けられたのです。

消費者金融のように、収入制限を一応設けているところは、年収0円で審査を受けても審査に落とされて、年収欄の確認だけでも審査を通過できませんでした。しかし銀行カードローンは年収制限がないため、年収を持っていない人もあらゆる情報を確認して審査を行っていたのです。

年収制限がなかったという部分が、専業主婦には大きなプラスに働いたのは間違いありません。

そして年収制限を持っていた消費者金融より、限度額を制限しながらも借りられる可能性が高かったため、専業主婦は銀行カードローンの審査を多く受ける形になりました。

無職でも銀行カードローン審査に通る?収入0でもお金を借りる方法

2017年4月から銀行カードローンが自主的に収入規制を始めた?

2017年ごろから、銀行カードローンの方針は変わっていきました。

これまでは年収の制限を行っておらず、専業主婦でも借りやすいようにしていました。しかし、2017年から銀行カードローンが自主的に収入の規制を行っており、収入を持っていない人は排除されるようになったのです。

銀行カードローンは、借りやすいという部分もありましたが、今までは一応審査を保証会社等に行ってもらい、安心して借りられる人を決めていました。

しかし、年収を持っていなくても、夫が収入を持っていると判断できる専業主婦を中心に、年収不足でも審査を通過できる可能性があったのです。

こうした問題が収入を持っていない人への貸し出しを認めてしまい、返済できない状況を生み出し続けていました。

銀行カードローンの返済ができないトラブルは近年増加傾向にあり、すぐにでも止めなければならない問題です。

銀行としてもトラブル拡大を防ぐために、収入による規制を行ってカードローンの利用者を制限する形になりました。

9割以上の銀行カードローンが年収による借入規制をしている(2018年現在)

2018年になると、さらに銀行カードローンの年収制限は増えていきました。

現在は9割以上の銀行カードローンが年収を持っていない人へ貸し出しを行っていません。年収による制限を行って、あまりにも返済能力がないと判断された人は審査を通過できないようにしているのです。

返済能力を持っていないと、返済できないトラブルが起こりやすくなります。しかも返済できないトラブルというのは銀行側にも債務を回収できない問題となり、不良債権を増やしてしまいます。

不良債権は銀行の経営にも影響が出てしまう問題なので、個人の貸し付けと言っても返済できない状況だけは作りたくないと考えたのです。

さらに国の方からも審査基準について厳格にするよう求められたため、銀行カードローンの審査はどんどん厳しくなっていきました。

その結果、収入を持っていない人は銀行カードローンを利用できないように銀行が独自に設定し、年収による規制を設けているのです。

現在はその会社が9割以上に上り、ほぼ専業主婦や無職が借入を行うのは難しい状況となりました。

2018年に審査が厳格化されてから低収入者も融資がおりない

2018年になり審査はさらに厳格化されました。

低収入者も銀行カードローンを利用できたのですが、2018年からは低収入者は銀行カードローンを利用できなくなりました。

年収による規制を設けたことで、一定の収入額を超えていない人は審査を通過できないようにルールが変わってしまい、とばっちりを受ける形で低収入者も利用できなくなったのです。

本来は年収を持っていない専業主婦や無職を制限するために年収による規制を設けたのですが、同時に低収入者も返済されないリスクが高いと判断されてしまい、銀行カードローンの審査を通過できなくなりました。

これまでは10万円程度の限度額で借りられたのですが、10万円程度の限度額でさえ求められる収入がかなり増えており、低収入者では審査を通過できない可能性が高くなりました。

今後は低収入者も銀行カードローンを利用できない状況となります。

低収入者の場合は消費者金融の審査を受ければ借りられる可能性もありますが、その分利息の支払いは多くなるでしょう。

利息の支払いを軽減できる銀行カードローンの審査を低収入者が通過できないのはかなり痛い問題なのです。

なぜ銀行は年収を規制しだした?その背景は?

銀行が年収規制を行った背景には、保証会社に任せて銀行側が審査を行っていない問題がありました。

これまでの銀行カードローン審査は、保証会社に丸投げする形で審査を行っており、大半の審査は保証会社にお願いしていました。

この方法に批判が多く集まっており、改善しなければ銀行自体の信用が得られないと判断し、方法を変えた部分があります。

もう1つは自己破産が増えてしまった部分です。

自己破産は借金をすべて免除する代わりに、あらゆる財産を失うというリスクの高い債務整理です。

もちろん債務整理を行わず返済していくことが重要なのですが、過剰な貸し付けを行っていた銀行が多く見られたため、2017年ごろから銀行カードローンによる問題が表面化しました。

返済できずに自己破産という問題を避けるため、銀行は規制を強いられる形になったのです。

こうした影響により、銀行カードローンは年収による規制を行い、明らかに返済できない人に貸し付けを行わないようにしています。

保証会社任せの審査に対する批判は前からあった

以前から保証会社を利用した銀行カードローンの審査は行われていました。

一部の銀行はカードローンの審査に消費者金融を保証会社に据えるなど、保証会社の保証を受けられる人にしか貸さないようにしていました。しかし保証会社に審査を丸投げし、事実上銀行は審査を行っていない問題が起きていたのです。

保証会社は銀行側が指定したルールに沿って審査を行いますが、銀行側が審査に関与することはありません。

銀行は保証会社が審査を終えたという連絡を受けた後、メール等でユーザーに連絡を取るくらいで、ほとんど審査には関わっていなかったのです。

こうした銀行が審査状況を知らない、本人の情報をろくに確認していないというのは問題が多く、批判もありました。

年収による規制が行われたため、現在は銀行カードローンの審査に銀行も関与しています。銀行側は年収等の数字を見ながら、本当に貸してもいいのかしっかりと情報を把握しているのです。

2017年に過剰借り入れによる自己破産者が増加

2017年ごろから、過剰に借入を行っていたために返済できず、自己破産を行う人が増えていきました。

自己破産に至るまでの過程は色々ありますが、近年はカードローンに関連する問題に弁護士が携わる形が多くなり、自己破産を提案するケースも増えているのです。

以前から銀行カードローンによる債務整理はありました。

しかし表面化しているわけではなく、債務整理を一部の人が行っている程度だったのです。

ところが2017年ごろから銀行カードローンの貸し付けが過剰になっており、ユーザーは過剰な借入を繰り返したために返済できず、自己破産に踏み切らないといけない状況に追い込まれたケースがありました。

こうした返済できないという問題が表面化したため、国からも苦言を呈されました。

銀行側は信用を失うわけにはいかないと判断しただけでなく、返済されずに回収できない債務ができる問題を防ぐため、年収による規制を設けたのです。

スルガ銀行の不祥事で自主規制は更に進む?

2018年になり、更に銀行の問題は発生していました。それがスルガ銀行です。

スルガ銀行が起こしたのは銀行カードローンではありませんが、融資の情報を不正に偽るなどして審査を通過させて、返済能力のない人に融資を行っていた問題が起きたのです。

審査は本来審査部と呼ばれる、しっかりした審査を行っているところで融資の判断しています。

ところが審査部に対して営業部が圧力をかけるという、本来では起きてはいけないことが発生していました。

さらに審査部の人事は事実上営業部の影響を受けており、営業部が人事にも関与している大きな問題も発覚しました。

スルガ銀行のケースは他の地方銀行により厳しい審査を行うように示された一例でもあります。

今後は地方銀行を中心に、銀行カードローンの審査も厳しくなる可能性があります。

スルガ銀行カードローンで即日融資を受ける条件と方法!

営業が審査部に圧力をかけたことが大きな原因だった

本来の銀行は、営業が審査に圧力をかけることはありません。

営業部と審査部は同じ銀行ではありますが、分かれた部署として活動を行っているからです。そのため融資の審査に営業部が関与するのは無理な話です。

審査はそれくらい影響を受けない立場で行わなければなりません。

しかしスルガ銀行が行っていた不正は、営業部が審査部に対して提示された情報に圧力をかけ、融資を行えるように要求していました。

営業部のトップはかなり高圧的な態度を取ることが多く、審査部が口出しを続けていると異動させるなど、人事にも関与して無理矢理審査を通過させていました。

これが表面化したことで、スルガ銀行は銀行が本来行うべき審査を行っていないと世の中に知られました。

銀行は厳しい審査を行っていなければなりません。

しかしスルガ銀行のように不正に融資を行い、返済能力がない人に高額な融資を行っている問題が出たことで、他の銀行はより厳しい審査を行う必要が出てきました。

スルガ銀行の問題は1つの銀行が起こした問題ではなく、他の銀行でも起こる可能性を持っていた問題だったのです。

行員の距離が近い地銀カードローンにメスが入る?

今後は行員の距離が近く、圧力がかかりやすいとされる地方銀行のカードローンにメスが入り、より厳しい審査を行うように要請される可能性があります。

また、地銀のカードローンが本来融資のできない人に融資をしているなどの問題が発覚し、カードローン自体の規制がさらに厳しくなるかもしれません。

スルガ銀行の問題により、地方銀行はより厳しい融資の体制を整えなければなりません。

同じような問題を起こせば信用はなくなり、銀行が破綻する可能性もあるからです。

今後は融資の問題を起こさないためにも、銀行側が審査に圧力をかけられないような体制を整える必要があるでしょう。

これから専業主婦がお金を借りるにはどうすればよいのか?

今後専業主婦がお金を借りるには、銀行カードローン以外の方法を取らなければなりません。

銀行カードローンでの融資は期待できませんし、多くの人が審査に落とされ続け、信用情報にも問題が起きてしまうでしょう。

他にも貸してくれる方法がありますので、別の方法を利用して融資を受けるように考えましょう。

質屋のように、今までとは異なる方法でお金を出してくれるところもあるので、自分が持っているものをすべて生かして、何とかお金を借りる方法を見つけてください。

配偶者貸付を利用してお金を借りる

配偶者貸付という方法を利用すれば、専業主婦でもお金を借りられます。

配偶者貸付というのは、配偶者の同意が得られれば専業主婦でも借りられるという制度で、配偶者と借りる本人が持っている年収額から3分の1まで借りられる方法です。

つまり配偶者貸付を利用すれば、専業主婦でも借りられるチャンスがあります。

この場合は配偶者の同意を得ておくこと、配偶者と婚姻関係にある書類の提出、配偶者の年収を証明する収入証明書が必要です。

かなり面倒ですし、1人だけで融資ができる方法ではありませんが、夫の同意さえ得られればカードローンでお金を借りられる可能性を持っているのです。

もし夫が同意してくれるようなら、配偶者貸付を検討してもいいでしょう。

質屋を利用する

質屋は夫に関係なく利用できる場所です。

自分が持っているものを預けて、預けたものに対応した金額を質屋から出してもらいます。質屋は預けたものをそのまま残しておき、一定の期間までに返済してくれれば預けたものを返すようにします。

融資をしてくれる金額はそこまで多くありません。持っていくものによっては大きな借入が期待できるかもしれませんが、数万円程度の融資も多くなります。

従って多くの金額を借りられるという認識で利用するのではなく、少額だけ貸してもらうような感じで利用するのです。

質屋は一定の期間が経過するまでに返済しなかった場合、その商品を売却するなどして融資したお金を回収できます。

従って返済できなかった場合は自分が持っていったものが失われるだけで、返済できない場合の問題は起こらないのです。

ただ、利息の返済さえ行っていれば質流れという問題は防げるので、質屋に利息を払って預かり期間を延長してもらうなどの対策を取ったほうがいいでしょう。

お金がないなら質屋を使え!即日現金を受け取る方法

生活が苦しいならまず自治体に相談を!

自治体でもあまりお金を持っていない人に対して融資を行っています。融資額は少ないのですが、低金利で借りられる可能性があります。

もしお金を借りるところがなく、質屋を利用しても貸してくれる金額が少ないと判断された場合、自治体に相談して融資を受けましょう。

自治体は生活に苦労している人に融資を行っているほか、場合によっては生活保護も検討してくれます。

色々な方法で生活を安定させられるように考えてくれるため、お金に困っている時は1度相談したうえで、最適な方法を自治体に提示してもらいましょう。

もしかしたら生活がすぐに安定するかもしれません。

まとめ

専業主婦は銀行カードローンの審査を通過しづらくなり、現在はほぼ審査を通過できる可能性はなくなっています。

カードローンの貸付問題が大きいのですが、銀行側の問題によってさらに銀行のカードローン融資に問題が起きていると考えられているのです。

今後は銀行カードローンでも総量規制が適用される可能性もあります。もし融資ができなくなれば専業主婦は別の方法で借りなければなりません。

質屋を利用したり、自治体に相談するなどして、お金に困ったときの対処ができるようにしましょう。