お金がないから将来が心配な方必見!人生設計を見直す3つの要素!

節約する女性

「これから死ぬまでに、あなたに必要なお金は?」と訊かれて正確に答えられる人はほとんどいません。しかしライフプランニングを行っておくと、これからの人生でどれくらいのお金が必要か正確に把握できます。
お金がないから将来が不安という方は、ライフプランニングを行って人生設計を組み立ててみましょう。将来的にどれくらいお金が不足するのか分かっていれば、対策を練ることができます。
この記事ではライフプランニングを行う上で重要な3つの要素を解説し、具体的な作り方まで説明していきます。

ライフプランニングとは?

ライフプランニングとは3つの要素をもとに、人生設計を組み立てて将来的に必要なお金をはっきりさせることです。どのタイミングでお金が足りなくなるのかはっきりさせることで、対策を練ることができます。
漠然と将来に不安を抱えている方は、ライフプランニングを実践しましょう。

ライフプランニングで必要な3つの要素

ライフプランニングには3つの重要な要素があります。どれか一つを実践するのではなく、3つの要素すべて実践することで正確なライフプランニングを行えます。

バランスシート

バランスシートとは、現時点での家計の収支を正確に把握するために必要な表です。所有している資産と抱えている負債を数値化することで、自分の経済状況を知ることができます。
ライフプランニングを行う際には、まずバランスシートを作って現状を把握しましょう。

ライフイベント

現状を把握したあとは、これから先の人生設計を行います。出産やマイホームの購入など、これから先控える大きなイベントを書き出していきましょう。人生の節目にはお金が必要不可欠です。またライフイベントを定めることで人生に目標が生まれ、仕事や日々の節約へのやる気も生まれます。

キャッシュフロー

ライフイベントを書き出したあとは、将来的な収支を具体的に予測し、リスクに備えましょう。ある時点でお金が足りないことが分かっていれば、計画的に融資を受けることができます。キャッシュフローまで完璧に組み立てることができれば、将来設計は万全といえるでしょう。

ここからは、実際にライフプランニングを行う方法について紹介します。それぞれの要素ごとに解説し、注意すべきポイントも紹介していきます。

バランスシートの作り方

バランスシートは日本語では「貸借対照表」と呼び、簿記で知っている方も多いでしょう。簡単なコツさえ分かれば簡単に作ることができるので、ぜひこの記事を読んでマスターしてください。
実際のバランスシートはこのようなものです。

バランスシートの例

資産と負債に分けて考える

お金がないと不安な方は、正確に自分の経済状況が分かっていない方が多いです。
そのためバランスシートを作って、資産と負債を正確に把握しましょう。そうすることで、自分がどれくらいの財産を持っていて、どれくらいの負債を抱えているのか分かります。

純資産の考え方

バランスシートでは、資産とは負債と純資産を合わせたものと考えられます。簡単にいえば資産と負債の差が純資産ということです。企業であれば純資産を増やすために頑張っていくわけです。
一般家計においても純資産が多いことに越したことはないですが、とりあえず以前と比べてプラスになっていればOKと考えましょう。

負債が資産よりも多い場合は?

家計でバランスシートを作る場合、負債が資産を上回った時には、純資産をマイナスで入力しておきましょう。純資産がマイナスということは、破たん寸前であることを意味します。早急に何かしらの対策を練るようにしましょう。

バランスシートの例.負債>資産

ライフイベントの組み立て方

現時点での収支を把握したあとは、将来的な人生の大きなイベントを考えてみましょう。

  • 結婚
  • 出産
  • 子どもの進学
  • 住宅/車の購入

人生の大きなイベントにはどれもお金が必要です。ライフイベントを定めておくことで、これからの人生でいくら必要なのか大体の数字を把握できます。ライフイベントは自分で
分かりやすければいいですが、あまり細かに設定しすぎると分かりづらくなるので注意しましょう。

ライフイベントの組み立て方

ライフイベントを組み立てると不安が消える

今後のライフイベントを考えることで、現状の収入でお金が足りるかどうか大体の目安がつきます。何歳までにどれくらい貯蓄が必要か分かることで、漠然とした不安はなくなるでしょう。またライフイベントを組み立てるときには、将来実現したい目標も定めるようにしましょう。ライフプランニングは自分が描いた未来を実現することを目的としているのです。

ライフイベントは人生の転機ごとに考えよう

ライフイベントを決めたからといって、計画通りに人生のすべてが進むわけではありません。そのため人生の転機ごとにライフイベントを見直して、小まめに修正するようにしましょう。特に結婚や出産は分からないことが多いので、あくまで目安として考えるといいでしょう。

キャッシュフローの作り方

ライフイベントを組み立てて将来設計が終わった方は、具体的に必要なお金をキャッシュフロー表で計算しましょう。今後の収支を予測して、ライフイベントに無理はないか見直してみることが大切です。

キャッシュフローの例

ライフイベントと見比べることが大切

キャッシュフローを作る際は、ライフイベントと見比べることが大切です。ライフイベントによってどの程度支出が増えるか計算して、今後の収入と照らし合わせましょう。また毎年の貯蓄額を計算する際には、バランスシートも活用するといいでしょう。その時点で持っているであろう資産と負債を計算することで、貯蓄にまわせる金額を算出することができます。

ライフプランニングは3つの要素を実践することが大切

ここまでライフプランニングを行う上で重要な3つの要素と、具体的な作成方法を紹介してきました。ライフプランニングを考える際には、どれか一つの要素ではなく、3つの要素すべてを組み合わせて考えるようにしましょう

しかし今すぐお金が必要だという方では、ライフプランニングをしたからといって問題が解決されるわけではありません。急いでお金が必要な方はこちらの記事を参考にするといいでしょう。
お金が必要!今すぐお金を借りれるキャッシング7選!