残価設定の注意点!うまい利用法は?

公開日:

 

 

毎月の支払いがお得になるという言葉を信じて、深く考えずに残価設定ローンを利用使用としていませんか?

詳細やデメリットを理解したうえで利用しましょう。思いがけない損をしてしまうかもしれませんよ。

今回は残価設定ローンをうまく利用するためにそのメリットや注意点をまとめて紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

残価設定ローンとは

残価設定ローンとはよく車メーカーがCMで言っている「残クレ」のことです。

3~5年後の車の査定額をあらかじめ差し引いた金額を毎月分割で支払っていく制度となっています。ちなみに、査定額のことを残価といいます。

残価の設定は車種やメーカーによって異なりますが、3年くらいなら約40%~50%の金額で新しい車を買うことができるのです。また、契約の満了となった場合、必ず手放さなければならないということはなく、3つの選択をすることができます。

  1. 車を手放す
  2. 残価を支払って買い取る
  3. 再び残価を組んで乗り続ける

以上3つが満期後の選択肢です。

ここまでみるとすごくお得なものに感じますよね。しかし、この残価設定ローンは利用の方法によって得できる、損をしてしまうという特徴をもっているのです。

そこで、ここからは残価設定ローンのメリットと注意点について紹介していきます。

残価設定ローンの良いところ!

ここでは残価設定ローンのメリットを紹介していきます。

メリットに関しては利用者の費用負担が軽減されるという特徴があります。

支払いが安くなる

残価設定ローンを利用して3年契約にした場合は、車両価格の約半分の値段が残価
に設定されるので、その残りを3年間かけて分割で支払っていくことになるので、月々の支払いが安くなります。また、本体価格の値段も半分で済むので支払う金額は安くなるのでお得になっています。

さらに3年契約での購入となる場合、車検費用もかかりません。5年契約の場合でもメンテナンスパックに加入すれば車検費用が後からかかることがないので安心です。

下取り価格が保証されている

残価は、査定額のことといいましたが、それは契約を満了してディーラーに車を引き取ってもらう際の下取り価格と考えられますよね。この価格は、中古車市場の景気が良くないという場合でも価格が低くなることがないのです。反対に、市場の景気が良いときはさらに高い金額が残価として設定されることもあります。

この価格が常に保証されているので、その時によってとても低いとかそういうことはないので安心して残価設定ローンの組むことができるというメリットがあるのです。

注意点としては契約満了の際、車の状態が契約時の規定超えてしまっている場合は追加料金が発生してしまうことがあります。こうなってしまってはお得に車を買い替えた意味がなくなってしまうので注意しましょう。

<h3残価設定利用の注意点

メリットは支払いがとてもラクになるということですが、その反対に気を付けておかなければならないこともたくさんあるのです。

費用が安く済むからといってすぐに契約してしまうのはやめましょう。残価設定ローンの制度は自動車メーカーが儲かるからやっていることでもあるので、損をしないためにも注意点は確認しておきましょう。

走行距離の制限がある

契約を3年にしようと考えている方は気を付けなければなりません。契約の際にさまざまな条件が付くのですが、そのうちの一つに走行距離があります。

距離の設定は自動車メーカーごとに異なっているのですが、目安としては月に1000km~1500kmくらいとなっています。3年で4,0000kmほどという計算になりますので、車を仕事などに使う方はなかなか厳しい数値であると思います。

この条件をオーバーすると違約金ということでオーバーした走行距離によってお金を支払うことになります。これは残価を減額するという形をとることが多いのですが、利用者が追加でお金を払うことに変わりはないので気を付けましょう。

キズへこみは減額の対象

もちろんキズやへこみ、汚れなどによって残価が減額されるということもあります。

契約期間の間に車をぶつけたりっこすったりしてしまうと残価減額の対象になるので気を付けましょう。また、大きな事故を起こしてしまって車がつかえない状態になってしまうディーラーは引き取ってくれないという場合もあります。自動車保険に入っていないという方は加入を考えるかどうかしましょう。

また、汚れに関してですが、残価設定ローンは結局はクルマを借りているという感覚になるので、キレイン位使用することをおすすめします。

車両価格の半分の値段といっても中古車買った方が安いという場合も多いですし、高いと感じる方は多くいると思います。どうしても新車に乗りたいという方はいいかもしれませんが、車に対して特に思い入れのない方は残価設定ローンでも車購入はやめるべきです。

金利が多い

もちろん、ローンという形で車を購入するわけなので金利も支払うことになります。

ここで多いのは500万円の車で残価が250万円だとしたら、残りの250万円に金利が付くという勘違いです。金利は500万円にかかっているということを忘れないでください。このような設定になっているので、おもったより金利が多いと感じてしまうかもしれません。

うまく利用すれば得するのが残価設定ローン!

新しい車にすぐ乗り換えることができて、金額も普通に比べて非常に安く済むのが魅力ローンですが、人によってかなり差が出てしまうものであるといえます。キズが付いていれば負担額は大きくなってしまいますし、きれいな状態であれば決まった残価のまま返却というように個人によって差がでてしまうということはあります。

残価設定を利用する方は良い点と注意点のバランスをよく考えて、自分にとって本当にいいものなのか決めることをおすすめします。