賠償金が払えない時はどうする?相手を納得させる適切な対処法

公開日:

交通事故をはじめとする突然のトラブル。自分が被害者になることもあれば、だれかを傷つける加害者になってしまう危険性もゼロではありません。

もし、相手に与えてしまった損害が大きい場合、賠償金を請求されることもあり得ます。

しかし、賠償金の額が大きい場合、急な支払いに応じることができないこともあるでしょう。

もし万が一そのような事態に陥ってしまった場合、さいあくのケースでは自分の不動産や給与といった資産がストップされてしまうこともあるため注意が必要です。

そこで今回は、賠償金を自分が請求される側になるような出来事に巻き込まれてしまった際の対処法や、賠償金が支払えない場合に取り得る手段について解説します。

また、相手に被害を与えてしまった場合にできるだけ穏便に事態を落ち着かせるための注意点もまとめました。

いざというときに賠償金が払えず大変なことになってしまわないよう、今回ご紹介する情報を参考にしていただければ幸いです。

急な出費時の対処法-今日中にお金を用意する方法まとめ

生きているといつ損害賠償を請求されるか分からない!

人生には様々な出来事が起こるため、生きている限りいつ損害賠償を請求されるかは予測ができません。

自分に全く悪意がなくても、ある日突然事故の加害者になってしまう危険性があるのです。

車の運転や重い荷物の運搬などを行っている人は、特に注意が必要です。安全に気を付けていても、注意不足から思わぬ事故を引き起こしてしまう可能性があります。

また、混雑している駐車場でほかの人の車にぶつけてしまったりすることもしばしばです。

常に周りの安全に注意しているという自覚があっても、事故が起こるときには予想もできないことが起こるもの。そのため、いつ損害賠償を請求されてもおかしくないということを頭の片隅に入れておくことが大切になります。

事前に意識を高く持っておけば、不測の事態で自分が賠償請求をされたときにも適切な対応が取れるようになり、安全です。

細心の注意を払いつつ、もしもの事態に備えて適切な知識を備えておくようにしましょう。

子どもやペットが危害を加える可能性もある

自分自身が行動に注意していたとしても、加害者になってしまう場合があります。

それは、自分の子どもやペットがほかの人に危害を加えてしまった場合です。子どもやペットには悪気がなかったとしても、実際に何かしらの被害を与えてしまった事実を取り消すことはできません。

また、子どもやペットには責任能力がないため、必然的にその責任は親や飼い主自身が負うこととなります。

子どもにはまだ危機管理能力が十分に備わっていないため、火の扱いであったり、物の扱いといった面で大人には予想もつかないような失敗をしてしまう場合があります。

また、周りを見ずに走り回ったり、高いところから落ちてしまったりしてほかの人にぶつかってしまうと、非常に大きな被害につながる危険性が高いです。

また、ペットは小型の動物であっても人に危害を加える力が強いです。吠えて近所迷惑になるというケースだけでなく、通行人を噛んだり引っかいたりしてしまうことも考えられます。

ペットの種類によっては非常に大きな傷を作ってしまうこともあるため、ペットを飼っている場合は細心の注意が必要です。

相手に損害を加えたらまず謝罪から

生きている限り避けるのが難しい他人に対する損害ですが、万が一自分が加害者になってしまった場合にはまず謝罪することが一番です。

もちろん、交通事故などで相手が悪い場合もあるでしょう。しかし、明らかに自分側に非があるとわかる場合には、謝罪することが大切になります。

予想外のトラブルが起きると気が動転してしまって、冷静に対処できなくなってしまいがちですが、そんな時こそ落ち着いて謝罪するのが大事です。

状況をきちんと整理して、被害状況を踏まえた上で適切な対応をとっていく必要があります。

なお、子どもやペットが相手に被害を与えてしまった場合、見ていないところで起きた事故だと身内をかばいたくなってしまうこともあるでしょう。そのような場合でも、まずは状況をきちんと整理して、大人としての対応を行うことが大切です。

気が動転してヒートアップしてしまうと、さらなるトラブルの火種が増えてしまうことにもなりかねません。まずは、謝罪をきちんとすることが大切です。

故意のトラブルでなければ許してくれる可能性もある

状況によっては、完全にこちら側に非があって相手に被害を与えてしまった場合でも、許してくれる可能性もあります。

被害の大きさや相手の気質にもよりますが、故意におこしたトラブルでない限りは誠心誠意謝罪することで、賠償金を払うかどうかといった状況には発展しないことがほとんどです。

また、トラブルが起きて相手に被害を与えてしまった時に、その瞬間に賠償金が発生するわけではありません。

あくまでも相手が被害に対して精神的、肉体的な苦痛を負って、それを償ってもらうための手段としてとる方法の一つが賠償金です。

そのため、謝罪することで相手が納得してくれた場合には、賠償金という話自体が出てくる前に事態が収束します。

与えた損害の大きさが取り返しのつかないようなものだと、法的な手段に訴えられてしまう可能性も高くなります。

しかし、どちらに転んでもおかしくないような微妙なラインで起こった被害については、きちんと相手に謝罪をして、精神的な苦痛に対して対応していくことで賠償責任を負わずにすむことが可能です。

賠償金は誠意で払うもの!法律で明文化されてるわけではない

なお、賠償金はあくまでも誠意で支払うものであり、法律で明文化されているわけではありません。

何かしらの事故が起きてしまった場合で、相手が賠償金を請求してきた場合であっても、口頭や書面での手続きだけであれば法的拘束力はないのです。

あくまでも、当事者間での合意の下で、誠意を示すために支払うのが賠償金です。

ただし、被害者側が事故で起きた結果に納得がいかず、賠償金の支払いを求めて裁判を起こしてきた場合には話が変わります。もしも訴えられてしまった場合、その訴えに応じなければ全面的に相手の言い分が認められてしまうので注意してください。

もちろん、相手の要求が不当に高いものであったり、実際に発生している損害を過剰に超過した損害賠償請求だったりした場合は、裁判所がそれをみとめないことがほとんどですので、心配は無用です。

損害賠償をしないで逃げ切ることはできる?

自分が加害者になってしまった時に、損害賠償を求められたにもかかわらずそれを無視して逃げ切ることはできるのでしょうか?

事故が起きた直後で気が動転していると、冷静な判断ができない可能性があります。そんな時には、気の迷いで事故をなかったことにして、逃げ切ってしまおうという考えを起こしてしまうかもしれません。

テレビニュースなどで頻繁に報じられる交通事故の状況では、自分が加害者になった自覚があったにもかかわらずその場から逃げてしまったというケースも多く見られます。

それだけ、事故の当事者になってしまった時の判断能力には不安定さがつきものです。

そこで、以下では自分が加害者になってしまった場合、知らないふりをして逃げ切るという選択肢についてきちんと検討していきましょう。

事故から3~10年は責任を負うので逃げ切るのは難しい

結論から言えば、賠償金を払わずに逃げ切るのは事実上不可能です。賠償責任があるような事故から逃げてしまおうという考え方自体の倫理的な是非を置いておいたとしても、事故から3年から10年間はその被害に対しての責任を負うことが法律で決まっています。

そのため、自分が事件の加害者になってしまった場合、賠償責任を放棄してずっと逃げ続けることはできないと考えるのが無難です。下手に逃げてしまうと、かえって悪質だとみなされてしまう恐れもあります。

自分が加害者であるとはっきり自覚しているような状況下では、相手に対しての償いを誠心誠意行っていくことが大切です。

不動産や給与が差し押さえられる可能性もある

交通事故などを起こしてしまった場合、被害者が裁判所に申し立てを起こして、賠償金を請求することがあります。その際、強制執行という手続きが行われることで、賠償金の支払いに強制力が発生するため注意が必要です。

所定の手続きを踏むことによって、被害者が加害者の財産を特定し、その差し押さえを裁判所に申し立てることができます。訴えが認められた場合、加害者側の資産である不動産や給与が差し押さえられるという流れです。

差し押さえられる危険性がある資産としては、給料や不動産のほか、預貯金、自動車、家財などが挙げられます。このほか、保険金やボーナス、退職金といった本来自分がもらえるはずのお金も差し押さえの対象です。これらの財産が差し押さえられてしまうと、生活に著しい支障が出るだけでなく、社会的な信用も失ってしまいます。

賠償金が払えない時はカードローンを借りるのがおすすめ!

もしも賠償金が払えない場合、財産が差し押さえられてしまうリスクを抑えるためにも、いったんカードローンなどで借入を行うことをおすすめします。

請求された賠償金の金額が高額で、一度に支払うことが難しいような大金であったとしても、カードローンから借入を行い、自分のペースで返済していくことで経済的な負担を軽減することが可能です。

カードローンの利用が初めての人であっても、利用すると決めてから実際に借入金が振り込まれるまでの期間は非常に短いため、いざというときに心強い味方になってくれます。

どうやっても支払いが難しいような高額の賠償金を請求されてしまったら、カードローンを利用して借入をすることも、解決策の一つとして考慮するのがおすすめです。

そこで以下では、もしも賠償金を請求されてしまった時にまとまったお金を用意するための方法として、カードローンの利用についての情報を解説します。

万が一自分が加害者になってしまった場合の備えとして、頭の片隅に入れておいていただければ幸いです。

カードローンの審査基準と審査に落ちる人の特徴を徹底解説!これを読めばカードローン審査のすべてが分かる!

月々の返済は数千円から可能

カードローンで借入を行った場合、月々の返済金額は数千円から可能です。支払う必要のある賠償金の金額が高額な場合でも、カードローンで借入すれば毎月数千円単位で無理なく返済していくことができます。

もちろん、返済に余裕がある場合には毎月数万円ずつ返していくことも可能です。

多額の賠償金の支払い義務を負ってしまったとしても、カードローンを利用して一括で支払いを行い、その後数か月に分けて返済をしていけば、経済的な負荷をほとんど感じずに生計を立てていくことができます。

もしも大きな事故を起こしてしまったとしても、その賠償金が支払えず路頭に迷ってしまうということがありません。

なお、月々の返済金額を数千円に抑えた場合、完全に返済し終わるまでの期間が長くなるため、必然的に利息額が増えることには注意が必要です。

できるだけ早い段階で、借り入れた金額を全額返済できるように計画をたてることをおすすめします。

カードローンの返済方法は4種類!メリット・デメリットを解説

大手消費者金融なら最大30日間は利息が0になる

大手消費者金融からカードローンを利用して借入を行う場合、最大で30日間は利息が0になるというメリットがあります。そのため、借り入れて30日以内に返済をすますことができるのであれば、全く損することなくお金のやり繰りが可能です。

テレビコマーシャルを放映しているような有名消費者金融の場合、申込から30日間無利息をうたっているところも多くなっています。

そのような消費者金融は運営がきちんとしていて信用度が高いため、初めてカードローンを利用する人でも安心して使うことできるでしょう。

もし、賠償金の支払いで不足した分の金額を借り入れるタイミングと、次に収入が入るタイミングの間が30日以内であれば、一時的にカードローンで借入を行って、すぐに返すことで無利息での利用ができます。

契約内容をきちんと確認したうえで、利息0で借り入れられるタイミングを賢く利用するのがおすすめです。

ノーローンの無利息期間は1週間ごとに何度でも!利用条件や活用法をご紹介

自動契約機を使えば最短1時間ほどで借入可能

大手の消費者金融では、申込から借入までの時間も非常に短いというメリットがあります。各地に設置されている自動契約機を使えば、申込から最短1時間ほどで借入可能です。

申し込み時には審査があり、個人の信用情報や返済能力の有無などについてチェックが行われます。審査手続きに必要な資料をきちんとそろえて、自動契約機を通じて申し込みを行うことで、スムーズな借り入れが可能です。

もし、借入をするにあたって何かしらの不具合がある場合には、自動契約機で通話できるオペレーターからその旨が伝えられます。

資料に不十分な点がある場合には、万全な準備をして改めて審査を受けることで借入できる可能性が高いです。ただし、資料がきちんとそろった上で審査に落ちてしまった場合には、借入できない何らかの理由があると考えられます。

たとえば、ほかの金融機関での借入金額や件数が非常に多い人や、継続的な収入を得ていることを証明できない人は、大手の審査に通らないことが多いです。

自動契約機で申し込みを行う場合、その場に設置されているビデオ通話システムを使ってオペレーターと会話ができますので、審査にあたって不明な点や疑問がある場合にはその場で確認するようにしましょう。

無事返済能力があることが確認されれば、即日で借入金額を口座に振り込んでもらうことが可能です。まとまったお金が急に必要になった場合は、大手カードローン会社の無人契約機を使うことも検討しましょう。

自動契約機(無人契約機)とは?手続きの流れ・営業時間・使い方の疑問を解決

賠償金が払えないと信用にキズが付く!早めに対処するのがおすすめ

今回は、賠償金を支払わなければいけなくなった時の対処法について解説しました。

賠償金は、裁判所を通じて申し立てを行われてしまうと、最悪の場合不動産や給与などを差し押さえられてしまうことにもなりかねません。

賠償金が支払えないと社会的な信用にキズがついてしまいますので、早めに対処するのがおすすめです。

なお、支払う賠償金の金額が大きい場合には、カードローンなどを活用して経済的な負荷を軽減する方法があります。大手金融機関では最短1時間で申し込みから借入が完了するほか、月々の返済金額は数千円程度に抑えられるのがメリットです。

意図せずに自分が加害者になってしまったら、まずは誠意を込めて相手に謝罪をしましょう。

それでも許してもらえず、賠償金の支払いが必要になってしまった場合には、相手の要求に応じた妥当な賠償金額をきっちりと支払うのがおすすめです。

子どもやペットが相手に損害を与えてしまうなどのリスクに気を付けて、できるだけ事故の加害者にならないように注意しながら、社会的な信用を保つ形で暮らしていくようにしましょう。