結婚式費用が足りない時の対処法!ブライダルローンを使うのがおすすめ

公開日:

大切な人との念願の結婚!でも、結婚式をしたいのにお金がない…。そんな時、ブライダルローンがあれば、結婚式を開くために必要なお金を融資してもらえます。

ブライダルローンとは、一般的な金融機関のローンと同じく、一定の金利のもとでお金を借り入れられるサービスです。

結婚式にかかる費用は、日常生活とは全く異なった金額の出費になることが多いため、そんなにたくさんの現金を用意できない可能性が考えられます。

ブライダルローンは、結婚式関連の使用に用途が限定されてはいますが、結婚式にかかるお金をあとから返済していくことができるため、すぐにお金が用意できなくても結婚式を開くことができるのです。

ただし、ブライダルローンの使用にあたっては注意すべき点もいくつか存在します。そこで今回は、ブライダルローンの特徴や使用上の注意点について確認していきましょう。

急な出費時の対処法-今日中にお金を用意する方法まとめ

結婚式は数百万円の資金が一瞬でなくなってしまう

結婚式はライフイベントの中でも家の購入や車の購入と同じくらいお金がかかるイベントで、数百万円の資金が一瞬でなくなってしまうこともよくあります。

普段の買い物では考えられない金額ですが、一生に一度の晴れ舞台を演出するためのこだわりを実現しようとすると、数十万円単位で出費が増えていくことも珍しくありません。

結婚式にかかる費用は式場をレンタルする料金のほか、ウェディングドレスやタキシードなどのドレスレンタル代、料理代、招待状の作成や送付などの手数料、当日の内装の飾りつけにかかる料金などさまざまです。

さらに、引き出物の用意なども併せていくと、出費がどんどん増えていきます。

最近は小さな規模の結婚パーティーという形で出費を抑えるプランも登場していますが、小規模なものであっても形を整えようとすればやはり百万円弱ほどの資金が必要になってくることがほとんどです。

「お金がないから結婚式はできない」と言えない男性が多い

かなりの出費となる結婚式ですが、大切な人との一生に一度のイベントのため「お金がないから結婚式はできない」とはなかなか言いづらいものです。

特に、二人のうちの片方が、もう片方を養っていくような家計になっているカップルなら、お金の問題でパートナーとの大切なイベントが開催できないのは、プライドも傷つきやすくなってしまうでしょう。

結婚式を挙げるというウキウキした気分の時に、お金の心配によってテンションが下がること自体が二人の関係を険悪なものにしてしまう場合もあります。

これから生涯を共に過ごす大切な間柄になるため、その最初の関門ともいえる結婚式費用はきちんと用意したいものです。

結婚費用が足りない時はブライダルローン(ウェディングローン)を使うのがおすすめ

もし、結婚費用が足りない場合には、ブライダルローンを使うことをおすすめします。なお、ブライダルローンは別名「ウェディングローン」とも呼ばれ、結婚式を挙げるカップルの経済的負担を軽くしてくれるサービスです。

ブライダルローンはほかのローン、例えば住宅ローンやカードローンといったサービスと同様、一定期間お金を借りると利息が付き、返済する時には借りた額に利息分を上乗せして返すといったシステムになっています。

ローンを組んだことがない人でも、ブライダルローンが組める金融機関などに相談すれば丁寧に使用方法を教えてもらえるので安心です。

数百万円といった出費にも対応できるブライダルローンを活用して、手元のお金が足りない場合でも立派な結婚式を挙げることが可能になります。

ブライダルローンは結婚に関する費用に幅広く利用できる

ブライダルローンの特徴として、結婚に関する費用に幅広く利用できる点が挙げられます。

結婚式の式場代だけでなく、ウェディングドレスレンタル代、アクセサリーなどの小物類の用意、会場内のインテリアやウェルカムボードの作成、席次表や名札の作成、お花代、写真撮影代、ウェディングケーキやお料理代、そして二次会の費用や歓送迎にかかる交通費など、結婚にまつわる費用に利用できるのが特徴です。

結婚式を開くときには、最初にはその存在すら知らなかったようなオプションなどもたくさん提案されることがあります。

結婚式のオプションは最低でも数千円から数万円単位での出費が加算されていくため、それらの費用すべてに幅広く対応できるブライダルローンは、結婚式を開きたいカップルの強い味方です。

結婚式場と提携しているブライダルローンは安易に申し込んではダメ

結婚式費用が借りられるブライダルローンですが、注意点もあります。それは、結婚式場と提携しているブライダルローンのプランは安易に申し込んではいけないという点です。

結婚式場でウェディングプランを作成していくと、同時にブライダルローンを紹介されることも少なくありません。この時、二つ返事でブライダルローンの利用を承諾してしまうと、あとで思わぬ損をする場合があります。

すべての結婚式会場があてはまるわけではありませんが、お金を借りる時には十分な注意が必要なことは確かです。ブライダルローンは結婚式場提携のところでなくても利用することが可能ですので、メリットとデメリットをきちんと理解した上で、最適な形でお金のやり繰りをしていきましょう。

金利が高く損をすることが多い

なぜ結婚式場と提携しているブライダルローンに安易に申し込まない方が良いかという理由は、金利が高く、結果的に損をしてしまう額が多くなる場合があるからです。

ブライダルローンもローンである以上、金利の設定がそれぞれのプランによって異なります。ブライダルローンの中には、金利が安いものもあれば、反対に高く設定されているものもあるのです。

金利が高い場合は、結果的にそれだけ多くの支払い総額がかかってしまいます。

結婚式場と提携しているブライダルローン会社は、借主を紹介してくれた結婚式場にも一定の報酬を還元する必要があるため、結婚式場と提携していないローン会社と比較して高い金利を設定しているばあいが多いです。

ただし、結婚式場と提携しているブライダルローン会社を利用することで、金利は高くても結婚式プランに含まれる代金を大幅に値下げしてもらえるような場合もあります。

結果的な支払い総額をきちんとシミュレーションして、お得だと感じられる場合には提携のブライダルローンを活用する価値あるといえます。いずれの場合も、きちんと内容を確認することが大切です。

ブライダルローンを選ぶ際の8つの注意点

結婚資金が足りないときに役立つブライダルローンですが、選ぶ際には8つの注意点があります。

ブライダルローンの選択を誤ってしまうと、一時的にみると経済的に助かったように見えて、中・長期的なスパンで考えると家計を圧迫する原因となる場合もあるので注意したいところです。

もし、結婚式費用の工面にブライダルローンを使うことを検討されている場合は、以下の8つの注意点についてきちんと確認するようにしましょう。すべての条件が納得いくものであれば、ブライダルローンを賢く活用して、結婚式に伴う経済的な負担を軽くすることができます。

融資までの時間を比較する

まずは、ブライダルローンに申し込んで、実際に融資がおりるまでの時間をチェックしましょう。ブライダルローンに申し込んでから融資がおりるまでの日数が長い場合、費用の支払いが発生するタイミングに融資が間に合わないという危険性もあります。

特に、式場の利用費用が前払いだけという場合などは注意が必要です。手元にお金が用意できておらず、ブライダルローンによる融資も下りていないという状態になってしまうと、結婚式の開催自体が危うくなってしまう場合もあります。

できるだけ、融資がおりるまでの日数が短く借りられるブライダルローンを選択するのがおすすめです。融資までの日数が明記されていない場合は、ブライダルローン会社に確認するようにしましょう。

ブライダルローンの中には即日融資に対応しているところもある

ブライダルローンの中には、即日融資といって申込したその日のうちに融資が下りるシステムになっているところもあります。即日融資なら、もし急な出費が発生した場合でも取り急ぎの現金を用意できるため、使い方によっては役立ちます。

ただし、即日融資に対応しているとはいえ、ブライダルローンの使用にあたっては申込審査が必要です。申込審査では、主に借主が借りたお金をきちんと返済できるかどうかのチェックが行われます。

この審査に時間がかかってしまうと、即日融資が受けられないこともあるため、注意してください。審査に必要な書類等をしっかり用意しておくことなどが大切です。

申込期限(結婚式の〇日前)を要チェック

ブライダルローンに申し込む際の注意点として、申込の期限が挙げられます。

結婚式を行う日の直前になってブライダルローンを申し込もうとしても、申込期限を過ぎてしまっていると融資が受けられません。

ブライダルローン会社によって、結婚式の何日前まで申込が可能かという設定が異なるため、よく確認しておくようにしましょう。

もしブライダルローンを利用して結婚式の費用を工面する場合には、申込期限や融資が下りるまでの期間のことも考慮して、早めに計画を進めていくことが重要です。

結婚式の日取りが決まってしまうと、あとは1日ずつタイムリミットが迫ってきます。直前になってお金の心配で焦ってしまうことがないように、時間的な余裕をもってブライダルローンに申し込むようにしてください。

借入前に来店が必要かどうかをチェック

ブライダルローンを利用する際の注意点として、借入の前に来店が必要かどうかというポイントがあります。

ブライダルローン会社によっては、融資を受ける前の段階で一度、店舗に直接出向かなくてはいけない場合もあるため注意が必要です。

もし、来店が必要な場合で、店舗が自宅や職場からかなり離れているといった場合には、忙しくてなかなか時間が取れないということもあるでしょう。

来店が必要なタイプのブライダルローン会社だと、こうした時間調整に手間取ってしまうというデメリットもあります。

反対に、来店しなくても融資を受けられるブライダルローンなら、特に時間や手間をかけずに手元に資金が用意できるため便利です。

金利の高低だけでなくタイプ(固定/変動)もチェックしよう

ブライダルローンを利用する際の注意点には、金利のタイプも挙げられます。金利は何パーセントかといった高い・低いの比較のほかに、固定金利か変動金利かといった点でも比較検討することが大切です。

固定タイプの金利であれば、申し込んだ時から完済するまでの間ずっと金利が変わらないため、返済計画が立てやすく出費も増えないというメリットがあります。

一方で、変動タイプの金利の場合、借りた後に金利がアップすると支払う利息分が増えてしまい、全体的な出費が増えてしまうリスクがあります。

もちろん、金利が下がればその分利息は減りますが、固定金利タイプのブライダルローンと比べると出費額が予測しづらいということを把握しておいてください。

限度額が自分の必要な金額を満たしているかチェック

ブライダルローンにも借りられる限度額があり、自分の必要な金額を満たしているかのチェックが必要不可欠です。

1度に借りられる融資額が、自分たちの結婚資金の支払いに必要な費用を大幅に下回っている場合、その分を自己資金で用意しなくてはなりません。

いつの時点でいくらのお金が必要になるのかをしっかり確認したうえで、ブライダルローンの限度額と比較して考えるようにしましょう。

せっかくブライダルローンを利用しても、全体として用意できるお金が必要な費用を下回ってしまえば、結婚式が開催できなくなったり、プランのグレードを下げる必要が出てきたりします。

申込条件を確認しない人は意外に多いので注意

ブライダルローンには、申込のために条件が設定されていることが多いです。

申込条件を確認せずに結婚式直前になってしまい、いざブライダルローンを使おうと思ったら申込めずに焦ってしまうという事態を避けるためにも、申込条件はきちんと確認するようにしてください。

ブライダルローンの申込条件はローン会社によって異なりますが、一般的には年齢や収入状況、本人たちの返済能力が低い場合には双方の親の収入状況などを加味して、申込可否が決定することが多いです。

申込条件を満たしているかをしっかり確認しておきましょう。

資金使途もブライダルローンによって微妙に異なる

ブライダルローンで融資してもらったお金を何に使えるか?という資金使途も、ローン会社によって微妙に設定が異なります。

結婚式に関連する費用なら幅広く使用を認めてくれているブライダルローンもあれば、結婚式会場に支払う料金だけにしか使えないといった形で資金使途を厳しく限定しているところもあるので、要注意です。

あらかじめ資金使途を確認せずに支払い計画を立ててしまうと、後になって「この費用は融資したお金で支払うことができない」という事態に陥ってしまいかねません。

そうならないように、ブライダルローンで借りたお金がどんな出費に対して使えるのかを正確に把握することが大切になります。

ブライダルローンの中には保証人が必要なところもある

ブライダルローンの中には、保証人を立てないとお金を借りられないところもあります。

自分たちだけでブライダルローンの契約を行うことができない場合には、両親などに保証人になってもらうことが必要です。

ブライダルローン業者は、借りる人の返済能力を担保にしてお金を融資するため、借りる人に万が一のことがあり回収できなくなってしまった時の保険として、あらかじめ保証人を求める場合があります。

保証人として認められる人に条件が付いている場合などもあるため、ルールをきちんとチェックしておくようにしましょう。

無利息サービスのあるブライダルローンがおすすめ!

今回は、結婚式費用が払えない場合に使えるブライダルローンについてご紹介しました。ブライダルローンの金利には様々なものがありますが、中には無利息期間を定めている良心的なブライダルローンも存在します。

無利息サービスのあるブライダルローンなら、一時的にお金を借りたとしても、利息なしで返済することができるため全体的な出費額を抑えることが可能です。

申込にあたっての条件や資金使途などを十分に確認したうえで、適切なブライダルローン会社に融資を頼むようにしましょう。また、申し込んでから融資が下りるまでの期間や上限金額も大切なチェックポイントです。

結婚式は一世一代の大事なイベントのため、どうしてもお金がかかってしまいます。華やかな結婚式を挙げるために、今回の情報を参考にして結婚式費用を上手にやり繰りしていただければ幸いです。

お金を借りる方法まとめ-安全なお金の借り方【完全版】