お金がない時に起こる憂鬱の理由とは

公開日: 最終更新日:

人間はお金がないと生きて行けずとても大変な思いをします。人間社会においてお金がないということは生きることが出来ないということです。自分が全てを賄い家庭菜園のみで生きていくという場合や、親が山や畑を残してくれているので食うに困らないという場合ならば話は別ですが、きちんとその山を活かして狩りをしたり畑を利用して菜園を整えたりすることは、全ての人間が出来るのかと言ったらそうではありません。

お金がないということ自体が自分の人生を生きられるのか否かに密着しているのです。


■お金がないと何に苦労するのか

お金がないということはお店で物を買えないということです。
近所の方と物々交換をすることが出来たとしても、自分が交換するための物を作らなければなりませんし、
相手から受け取れるものも片寄りがあるため、全てを物々交換で行えるのかと言えばそうでは無くなって来ます。
(この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:やっちゃいけないお金の稼ぎ方

ゲームをしたいからソフトが欲しいと言っても、それは物々交換で得られるようなものではありませんし、
綺麗な洋服が欲しいと言ってもその洋服は自分で作るかお金で買うかという二択でしかないのです。
自分で作るにせよ自分の身体に合わせた生地が必要になりますし、その生地を縫い合わせるための糸やデザインによってはファスナーやボタンも必要になります。
自分の身の周りで何かを造り上げることや、自分に必要な栄養源を得るためにはやはりお金がないと困る訳です。


■借りるという選択肢について

お金がないと自分でもっと必要なお金の分だけ稼げば良いということになります。自分のお金は自分で稼ぐか将来を見越して借入を行なうということになるのです。借入とは即ち借金のことで、再来月などの期間を置いて返済をしていく方法や、カードローンなど高額な融資や少額の融資をその時に応じて利用し、分割してお金を返済していくという方法もあります。間違っても行ってはいけないのは知人から借入を行なうという方法です。知人そのものを失ってしまうことになるため、お金は専門家であるサラ金や銀行からカードローンなどの商品を利用して借入をするようにしましょう。お金ない場合は自分で稼がなければ増えないため仕事に就く必要がありますが、もともと仕事をしているにも関わらず収入を増やすということは少し難しいものです。その場合はどうしてお金がどんどん減ってしまっているのか、自分の収入と支出のバランスをしっかり確認してどういった部分で無駄に出費をしてしまっているのか、やはり収入を増やした方が良いのかまたは借入を行なった方が良いのかという計画を立てることをおすすめします。