リボ払いの仕組みと計算方法・手数料の安いクレカランキング!

公開日: 最終更新日:

皆さんはクレジットカードのリボ払いを使ったことがありますか?

「何だか分からないけど損らしいから使わない」という方も多いでしょう。実際にリボ払いを使い続けると、一括払いではかからない手数料がかさんでいきます。

ただデメリットばかりではなく、上手く利用すれば急な出費をしのぐこともできます。

今回は、そもそもリボ払いとは何なのか、メリット・デメリットはどんなものがあるのかなど、リボ払いについて徹底解説していきます!

リボ払いってそもそも何?支払い額はどうやって決まる?

リボ払いとは、月々の支払い額を一定額+手数料に固定する方法です。

一括払いだと、一か月の利用額が引き落としになるのでどうしても支払いに波が出やすいです。

月の給与が固定額ではない方は、「収入に対して引き落とし額がこれくらい」という計算ができないので、支払いに波があるのは危険です。

リボ払いなら支払い額が固定なので、波が出来にくく、支払い額を計算しやすいというメリットがあります。

一定で支払う金額は自由に設定できる!

リボ払いは一定額+手数料ですが、このうちの一定額に関してはカード利用者が自由に決められます。

決められる範囲はクレジットカードごとに定められており、その範囲内で設定できる仕組みとなります。

JCBカードの定額コースなら、一定額は最低5,000円で、それ以上なら1,000円単位で好きなように設定できます。

楽天カードなら定額コースと残高スライドを選べる

クレジットカードのリボ払いは、基本的に上で挙げたような「定額コース」となります。

ただ、クレカの中には、ショッピング枠の利用残高に応じて最低返済額が変化するものもあります。
楽天カードはリボ払いの方法が定額コースと残高スライド式の2つあり、そのうち残高スライド式を選ぶと以下のように支払い額が変化します。

利用残高 最低返済金額
~10万 3,000円+手数料
10万超~20万  6,000円+手数料
20万超~50万 10,000円+手数料
50万超~100万  20,000円+手数料
100万超~ 40,000円+手数料

リボ払い手数料はクレジットカードによって異なる

リボ払い手数料ですが、これは以下の計算式で算出します。

リボ払い手数料=利用残高×手数料の年率÷365日×30日

この年率の部分がカードによって異なり、年率が低いほど毎月の手数料は利用額に比べて少なくなります。

エポスカードや三井住友VISAカードなど、多くの会社は年率15%となっていますが、中には手数料の年率が低いカードも存在します!

年率の低いリボ払い向けカードは、このページの下でランキング形式で紹介しています!

リボ払いは短期で見ればお得だが長い目で見ると損

リボ払いは次の支払い負担を下げられるので、短期的に見ればかなりお得です。ただ、長い目で見れば、手数料は決して安くはありません。

リボ払いの手数料がトータルでいくらになるのか、シミュレーションしてみましょう。

利用するカード 楽天カード
利用額 50万円
手数料(年率) 年15%
月の支払い額(元金) 1万円
利用のコース 『定額コース』

上のステータスでリボ払いをしていったときのシミュレーションは、以下のようになります。

回数 元金 手数料 総負担額 残高
5,000円 6,250円 16,250円 490,000円
2  5,000円 6,125円 16,125円 480,000円
3  5,000円 6,000円 16,000円 470,000円
4  5,000円 5,875円 15,875円 460,000円
49  5,000円 250円 10,250円 10,000円
50  5,000円 125円 10,125円 0円

利用残高が0になるまでは50か月を要しますが、この期間で支払う手数料の総額は、159,375円でした。

一括払いなら手数料は無料だと考えると、16万円弱の手数料はかなり無駄に感じます。

手数料額はなかな減らないので要注意

上のシミュレーションにもあるように、1回目の手数料は16,250円で、50回目の費用は10,125円となっています。

確かに残高に応じて手数料は減額しているものの、減り幅はかなり少ないです。

減り幅が少ない理由としては、やはりどうしても元金を少なめに設定してしまうからです。

元金が低いほど支払いは楽ですが、支払い回数が増えて、かつ利用残高も減りにくいのでいつまで経っても高額の手数料がかかってしまうのです。

「リボ払いは使うほど手数料がお得になる!」とよくPRしていますが、実際にシミュレーションしてみるとそこまでお得になるわけではないので注意しましょう。

リボ払いは”精神的に余裕ができる”のが一番怖い

リボ払いにハマって、結果的に借金地獄に陥る人はかなり多いです。

月ごとに安定した収入があれば、一括払いよりも支払い額が少ない分、手数料を合わせても大して変わらないようには感じます。

しかし、リボ払いは月の支払い額がずっと少額なので金銭感覚がだんだん狂っていきます。

お金を使い過ぎるリスクを感じなくなってしまい、最終的に大損をしてしまうのです。

リボ払いの一番怖いところは、手数料が高いところではなく、自分の身の上以上の支払いをしても何とも思わなくなってしまうところです。

「リボ払いキャンペーン」に惑わされるな!

リボ払いの手数料は、カード会社の利益となります。

利用者がリボ払いに変更すれば、一括払いよりも儲かるので、カード会社はこぞってリボ払いのお得さをPRしてきます。

クレジットカードの利用者ならほぼ全員、カード会社からリボ払いを勧めるメールが届いた経験があるでしょう。

また、最近多いのが支払いをリボ払いに変更することで高額のポイントをプレゼントするキャンペーンです。

これに踊らされてリボ払いに変更してしまう方も多いですが、前述の通りリボ払いは単純なポイントなどのお得さでは測れないリスクがあります。

リボ払いを利用する際は、良く考えてからにしましょう。

リボ払いをお得かつ安全に利用するコツ

前述の通り、リボ払いには大きなリスクがあります。

ただ、月の支払いが少額になるというのは大きなメリットです。

口座に現金が足りない場合にも、リボ払いに変更することで引き落とし額を減らし、延滞金の支払いを防ぐことができます。

ここからは、どうしてもリボ払いを利用したい方のために、お得かつ安全に利用するコツを紹介します。

途中までリボ払いをしたら残金を一括で支払う

お金が苦しいときはリボ払いでしのぎ、お金の余裕ができたら残高を一括で支払ってしまうのも一つの手です。

例えば、利用額が30万円なら、最初の10万円はリボ払いを利用し、残り20万円はボーナスを使って一気に支払ってしまうということです。

一括で支払った月はお金が苦しいですが、トータルでみればかなりの手数料を節約できます。

使った金額の支払いがどんどん後回しになる前に精算できるというのも大きなメリットです。

月ごとの元金を増やす

月の元金(一定額)が1万円なら、少し身を切る覚悟で5,000円を増やして1万5,000円にしましょう。

30万円の利用なら返済回数を30回から20回に減らすことができ、その分手数料も減額されます。

元金を増やすことでお金を使う感覚を感じることができ、使い過ぎの怖さを体感できるのもメリットです。

リボ払い手数料の少ないクレジットカードを使う

リボ払い手数料は年率15%のものがほとんどです。

ただ、手数料が低いクレジットカードもあるにはあるので、最初からリボ払いをする予定ならこうしたクレカを使うことをおすすめします。

ここからは、リボ払い手数料の少ないおすすめクレジットカードをランキング形式で紹介していきます!

リボ払い手数料の少ないおすすめクレジットカードランキング!

1位 R-styleカード

ポイント還元率 1%
ポイント有効期限 24ヶ月
マイレージ還元率 0.25%~0.3%
支払い方法 リボ払い
発行時期 約1週間程度
年会費(初年度) 0円
年会費(2年目~) 0円
締め日 毎月末
引き落とし日 翌月27日

R-styleカードは、ジャックスが提供するリボ払い専用カードです。

リボ払い手数料が年率9.90%と驚くほど安く、平均(年率15.0%)の3分の2以下にコストを抑えられるのが大きな魅力ですね。

元金は最低5,000円から3万円の間で自由に希望できますが、残高によっては希望が通らないこともあるので注意しましょう。

また、R-styleカードは追加の支払いもできるので、ボーナス月には多めに支払うといった工夫で、トータルのリボ払い手数料をおさえることもできますよ。

2位 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

ポイント還元率 0.75%
ポイント有効期限 無期限
マイレージ還元率 1.125%
支払い方法 1回/2回/ボーナス/リボ払い
発行時期 約1週間程度
年会費(初年度) 20,000円
年会費(2年目~) 20,000円
締め日 毎月末
引き落とし日 翌々月4日

こちらは国際的に使われているアメリカン・エキスプレス・カードの中でもブランド力の高い1枚で、全国1,000か所以上の空港ラウンジが利用できる、レンタカーや事務用品の支払いを優待価格でできる「ビジネス・アドバンテージ」というサービスが付いているなどもメリットがあります。

こちらのリボ払い手数料は年率9.6~12.0%となっており、最低年率なら1位のR-styleカードよりもお得になります。

R-styleカードよりもステータスが高く特典も豪華なので、一つ上のリボ払い向けカードを求める方におすすめです!

3位 オリコカード JEWEL-G iD

ポイント還元率 1%
ポイント有効期限 12ヶ月
マイレージ還元率 0.25%~0.3%
支払い方法 1回//リボ払い
発行時期 約1週間程度
年会費(初年度) 0円
年会費(2年目~) 0円
締め日 毎月末
引き落とし日 翌月27日

オリコカード JEWL-G iDはデザインがおしゃれな年会費無料の女性向けカードです。

電子マネー「iD」またはQUICPayが搭載されており、かなりスムーズに支払いを済ませることができます。

リボ払い手数料は年率11.52%と低めで、なおかつ審査も通りやすいので、リボ払いでの利用を検討しているパートの主婦などにおすすめです。

少額ならリボ払いよりカードローンを借りるのがおすすめ

リボ払いの欠点は長期間返済額が一定になるので、漫然と使い過ぎてしまうことにあります。

もしお金が足りなくてリボ払いを選ぶのであれば、足りない金額をダイレクトに借りられるカードローンのほうがおすすめです。

プロミスやアコムなどの大手消費者金融カードローンは、最大30日間の無利息期間サービスを実施しています。

つまり、30日間の借入なら利息が0円で利用できるということです。

ここでいう利息は、リボ払いでいう手数料にあたります。

手数料0円でリボ払いよりも高額利用ができるのはかなりお得ですよ!

消費者金融おすすめ比較ランキング【2018年】審査・金利・無利息・口コミ

消費者金融10社の金利を徹底比較!返済を抑えるには無利息サービスにも注目しよう

リボ払いよりお得!おすすめカードローンランキング

1位 プロミス

プロミス

金利 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
申し込み条件
  •  申し込み時の年齢が20歳~69歳の方
  • 本人に安定した収入がある方
必要書類
  •  運転免許証など
  • 収入証明書
無利息期間  初回借入の翌日から30日間

プロミスは審査が最短30分で完了する便利なカードローンです。

初回借入の翌日から30日間利息が0となるので、1ヵ月以内に返済してしまえばリボ払いよりもお得です。

借入期間が30日を超える場合でも、トータルではリボ払いよりお得になるケースが多いので、しっかりシミュレーションして比較しましょう。

プロミスの審査は甘い?審査基準と口コミ・落ちたときの対処法

プロミスは何時まで即日融資できる?土日申し込みでも最短審査で借りるコツ!

2位 アコム

アコム

金利 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
申し込み条件
  •  申し込み時の年齢が20歳以上の方
  • 本人に安定した収入がある方
必要書類
  •  運転免許証など
  • 収入証明書
無利息期間  初回契約日の翌日から30日間

アコムも自動契約機「むじんくん」を全国各地に設置しているので、WEB申し込み→自動契約機からの契約・ローンカード取得でかなりスピーディな借入ができます。

アコムもプロミスと同じく30日間は利息0ですが、初回契約日の翌日から借入しなくても無利息期間サービスが始まってしまうので、利用の際は十分注意しましょう。

アコムの審査基準を解説!審査に落ちる人の特徴と審査対策まとめ

アコムは何時まで即日融資を受けられる?審査を最短で完了する方法・流れ・コツ

3位 アイフル

金利 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
限度額 800万円
申し込み条件
  • 満20歳以上の方
  • 定期的な収入と返済能力を有する方
  • アイフルの審査基準を満たす方
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書
無利息期間  初回契約日の翌日から30日間

アイフルはプロミス、アコムと同じ大手の消費者金融カードローンで、初回契約日の翌日から30日間の無利息期間サービスを提供しています。

アイフルは専用のフリーローンに電話して催促すればスピーディに融資が受けられるので、いますぐお金が欲しい方にはおすすめのカードローンですよ!

アイフルは何時まで即日融資できる?審査を最短で終わらせる方法

アイフルの審査基準は?口コミ・評判と審査に落ちた時の対処法を解説