お金の節約に役立つクレジッドカードの使い方をご紹介

公開日:

クレジットカードをというと大抵はお金を無駄遣いしやすい、というイメージを抱くことが多いのではないのでしょうか。確かにクレジットカードは現金を持っていなくても、買い物ができてしまいますので金銭感覚が狂いやすいとも言われますよね。またキャッシング機能を利用することができるので、クレジットカードはいざという時に便利だけれど、お金を節約しにくいと思いがちになるのも無理はありません。しかしクレジットカードも上手な使い方をすれば、毎日毎月決まって行う支払いをお得にすることができるってご存知でしたか?クレジットカードのメリットを活用すると、お金を上手に節約することも夢ではないのです。今回はお金がない人にオススメしたいクレジッドカードの使い方をご紹介したいと思います。


お金を節約できるクレジットカードの使い方とは

クレジッドカードを使った決済は、決して無駄遣いに繋がるようなデメリットばかりではありません。実のところお金の節約に繋がるメリットも多く含まれているのです。クレジットカードは現金を使う時と違って、お金の残高を確認しにくい分不安要素が高いという人も多くいらっしゃいます。家計に余裕がない人にとってクレジッドカードは、あまり多用したくないアイテムであるというのが一般的なイメージでしょう。しかしクレジッドカードのメリットをしっかりと抑えておけば、正しい使い方でお金の節約もすることができるのです。クレジッドカードといえば買い物に使えるだけでなく、ポイントを貯めるなど色々な特典を利用することができますよね。特典の内容はカードによって様々ですが、中には節約に大きく貢献してくれるカードも多数存在しています。たとえばテレビCMでお馴染みの楽天カードは、日本最大のネット市場と言われる楽天市場では高いポイント還元率を発揮してくれます。楽天で買い物をすれば高還元率によるポイントを得ることができ、さらにそのポイントでお得にネットショッピングを楽しむことができます。年会費もかからずポイントの有効期限も無いので非常に使い勝手が良いクレジッドカードです。またウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費が永年無料でありながら西友/リヴィン/サニーでの買い物が毎日3%OFFになり、毎月5日と20日のみは5%OFFになるという毎日の買い物をお得にすることができる生活密着型のクレジッドカードです。このように現在ではお金を消費するだけのイメージは逆に、買い物をお得に楽しむことができるクレジッドカードが増えている傾向にあります。クレジッドカードのポイント有効活用していけば、買い物にかかる負担を減らせるだけでなく、買い物をすることによってさらにポイント増やすという使い方もできるようになるのです。


クレジッドカードは節約したい費用に合わせた使い方ができる!

さほど大きな割引きに見えなくても、数年間利用している間に数万円分の割引額となります。毎日の生活で利用する消耗品を安く購入することも大きな節約に繋がります。近所に西友/リヴィン/サニーなどのスーパーがあるなら、是非利用したいカードであると言えるでしょう。このように消費のイメージが強いクレジッドカードですが、逆に使い方次第で毎日の生活に使われるお金の負担を抑えてくれるものもたくさん存在しています。他にも出張や旅行に便利なマイルを貯めやすいクレジッドカードや、ガソリン代の割引きや格安でロードサービスを利用できるクレジッドカードなど、使い方に合わせてお金の節約ができるカードがあります。飛行機代もマイルが利用できないととても大きな負担になりますし、毎日車を利用する人はやはりガソリン代のお金に頭を悩ませる事になると思います。しかし割引き特典やポイントを貯めることができるクレジッドカードを利用することで、日々の出費に対する悩みも解消することができるのです。収入に自身のない人や貯金などお金に余裕がないという人は、自分の目的に合わせて節約に役立つクレジッドカードを探してみてください。


お金を節約するために複数のクレジッドカードを持つべき?

複数クレジッドカードを持つ事はあまり良い印象が無いという方が未だに多いのではないでしょうか。しかし今ではそのようなクレジッドカードに対する印象は、お得にお金を節約できる情報を逃す要因となってしまいます。クレジッドカードについている特典の多くは楽天やヨドバシカメラなど、特定のショップを利用する事に特化した内容となっています。よってそれぞれのサービスをお得に利用するなら、色々なシーンに対応できるようクレジッドカードを複数作っておく事は決して悪い事ではありません。使い方をきちんと決めておけばそれだけお金を節約しつつ買い物をすることができるようになります。毎日利用するお店で使う場合や、飛行機に乗る時に使う場合など自分に負担のかかりやすい費用に目を向けて、発行するクレジッドカードを選ぶと良いでしょう。ただし複数のクレジッドカードを持つ場合に気を付けたいのは支払い口座の指定です。支払い口座も複数持っている場合でクレジッドカードを複数発行するのであれば、指定口座は統一するようにしておきましょう。やむをえない事情がある場合は仕方無いですが、もし支払い口座を別々に指定してしまうとそれだけ口座の管理も複雑になり、信用情報にキズがついてしまう可能性もあるのです。複数のクレジッドカードを持つ際の注意点としては、支払い口座をしっかりと把握しておけるようにするという事が挙げられます。また節約目的で利用するなら年会費にも注意しておきましょう。よほど特典で利用できるサービスを使い倒さない限り、年会費の負担分を取り戻すことは難しいからです。基本的に一般カードを利用する時は、年会費無料のクレジッドカードにしておいた方が、負担が少なくてお金を貯める際にも無難であると言えるでしょう。以前まではお金の残額が確認しにくいという理由で、敬遠されがちだったクレジッドカードですが、現在ではポイントを貯めるためのカードとしても気軽に利用できるようになりました。カードによってはお金の代わりに利用できる電子マネーも貯めることができるのでさらに節約しやすくなったと言えます。この機会にお得な特典が利用できるクレジッドカードを探して、節約に有効活用してみてはいかがでしょうか。