電子マネーでできるやりくり術

どうしてもお金が必要な時ってあると思います。世の中にはそんな時のためのキャッシングやローンサービスがあるので、いざという時にそれらの会社から融資を受けるという借り方もあります。インターネットを使って誰にもバレずに簡単にお金を借り入れできる時代なので、持ち合わせがない!という場合でもどうにかなると思いがちです。しかしお金の都合がつきやすいからといって、複数のキャッシングから借り入れするなどルーズな借り方をしているとやはり信用されなくなります。本来お金とは自分でやりくりするものです。とはいってもお金はあるだけ使ってしまうものなので、使わないという人はまずいませんよね。実は電子マネーカードについている機能の力を使って、信用を失わずにお金を用意するという”借り方”があります。普段から電子マネーカード便利な機能を活用していれば、お金がないという場合に備えることも充分できます。この記事ではクレジッドカードの機能の力を借りて、お金をやりくりする方法をまとめてご紹介したいと思います。


電子マネーを使ったお金の借り方

電子マネーカードに付いている電子マネー機能からお金を借りる方法があります。その方法とはひたすら電子マネーを集めるというもの。単純明快で複雑なことは一切ありません。電子マネーはすでに駅やコンビニといった毎日利用する場所で見かけることができます。電子マネーは集めることをお金の代わりに商品を購入することができるので、機会を逃さずに積極的に集めるようにしましょう。電子マネーの強い所はコンビニやスーパー、駅などほぼどこのお店でも使えるという事。電子マネーがあればお金がない場合でも、貯まっている電子マネーで必要なものを賄うことができます。コンビニなどのちょっとした買い物なら電子マネーでほとんど済ませることが可能です。電子マネーカードなら積極的にポイントを貯めていくことで、何の負担もなしにお金を用意できる借り方ができるというわけです。お金がない人であれば電子マネーを使ったやりくりはとても役に立つと言えるでしょう。


お金にできる電子マネーでやりくりしよう!

クレジッドカードやその他電子マネーカードなどの、電子マネーを利用できるカードは会計時に提示したり、カードを使って決済を行うことで買い物をした分のポイントを貯めることができます。電子マネー機能のついたカードはお金を使っても、お金として利用できるポイントがつくという大きなメリットが利用できます。大抵は1万円の利用で100円分のポイントとなります。ほとんどの人は毎月10万円になるかならないかのお金を消費していると思います。ですからなるべく電子マネーカードでの支払いを心がければ、毎月1,000円程度の額を電子マネーから得ることができるという事になります。またポイント還元率が上がるキャンペーンなどを利用すれば、いつもより2倍のお金を電子マネーカードに蓄えることができるようになります。つまり電子マネーカードを利用すれば利用するほど、さらにポイントを増やしていけるのでちょっとした買い物に必要なお金をためておき、ポイントを購入するという”ポイント借り”でのお金の借り方ができるという事なのです。


お金の代わりにできる電子マネーは現金化も可能!

いくら普及率が高いといっても電子マネーを使って買い物ができない場所も時に存在します。せっかく貯めたポイントで買い物がしたくても、電子マネーが使えないお店ではせっかく貯めたポイントがもったいないですよね。そんな時は現金化ができる電子マネーカードがオススメです。電子マネーの機能が付いているカードの中には、貯めたポイントを現金にできるサービスもあります。電子マネーの中でも大手と言える楽天EDYには、Tポイントを貯めることができるカードがあります。楽天EDYのカードでは検索エンジンのyahooに登録するだけで電子マネーの現金化を行う事ができます。この方法を使えば電子マネーを使えない所でも買い物ができるようになるのです。振り込み手数料が発生しますが、ポイントの有効活用に便利なので現金化でお金の節約をしたいという人にはとてもオススメです。電子マネーカードをどんどん利用して、細かい費用のお金にできる借り方を実践してみましょう。お金がない人も便利に電子マネーからお金を”借りる”ことができます。現在では貯めたポイントを電子マネーや、Suicaのチャージなどに移行できるカードがたくさん存在しているので、自分の目的に合った電子マネーカードを探してみてくださいね。


これからはポイントをお金に換える、ポイント借りが節約の鍵!?

ポイント稼ぎは一見地道な作業ですが、買い物をした分だけお金になるポイントを稼くのは、ただお金を消費するよりもメリットがあります。買い物で購入する多くのものは消耗品ですので、電子マネーを使った買い物はお金を無駄なくやりくりできる方法であると言えるでしょう。電子マネーカードに限らずクレジッドカードの中には集めたポイントを電子マネーに変換できる機能を持ったものまであります。楽天カードなどで使える楽天スーパーポイントなどは1ポイント1円で利用することができるので、買い物をすればするほどお得に電子マネーを利用することができるようになります。電子マネーをお金にするという借り方は、お金の余裕がない人にとって非常に有効な活用方法です。サービス開始当初は電子マネーの普及率はあまり高くなかったため、現金を使わないポイント借りもうまく活用する事はできませんでしたが、これからはますます電子マネーが普及していくので、利用を検討している人はお得に利用するためにも、早い内に電子マネーカードを発行しておくことをオススメいたします。