友達からお金を借りるのはアリ?

請求が来てるけどどうしてもお金が足りない!!なんて時あなたはどうやって工面しますか??親にはあんまり言いたくないし…かと言って消費者金融とかに借りるのもちょっと嫌だし…やっぱ友達に頼ってみようかな。なんて借り方を考えてしまう人もいるでしょうがそれって本当に大丈夫ですか?その姿勢が今まで気づきあげてきた友達との関係を一発でぶっ壊してしまう原因にもなりかねません。どうしても友達にお金を借りたい場合にはそれなりの姿勢を見せる必要があります。


お金の借り方の選択肢に友達が入っている人は危ない!

そもそも友達にお金を借りようと思った人は相手の立場に立って物事を考えることができていますか??確かに大人になってくると収入に差が出てきたりして、対等な友達だったとしても金銭的格差が生まれますよね。金銭的に低いほうからすれば余裕あるだろうし、お金がない人間の気持ちなんてわかるはずがねぇよ!ちょっとくらい貸してくれてもいいじゃんか!なんて気持ちになってしまいがちなもの。でも借りる側はそれくらいの軽い気持ちだったとしても貸す側はそんなこと思いません。ここの温度差は思っているよりも開いていると思ってください。もちろん今日のご飯代貸してくれない?くらいの軽いものならば別にいいけど。って感じでしょうが万単位になってくると話が変わってきます。友達からの借り方の基本としてなぜお金が必要なのかをしっかりと伝えてあげないと、アナタに対する信用を失う可能性があります。もちろん相手も友達から力になってあげたいのは山々だと思いますが、お金に関しては友情では貫き通せないものです。友達なんだから貸してもらって当たり前だと思っている人がいるとすれば、その人はいずれ周りに誰もいなくなってしまう危険性があります。借り方の選択肢に友達が入るのは他の選択肢がどうしても無理な場合に限るべきです。


友達にしっかりとした姿勢を見せる方法

どうしても友達からお金を借りなければならない状況になった時には、しっかりと返済をする姿勢を見せていく必要があります。姿勢を見せる方法として有効的なのが借用書を書くという方法です。もちろん自分から書くと言い出すことが大切ですよ。借用書には借りた日付と金額と内容をしっかりと明記してサインをし、二枚作成してお互いに保有するようにしましょう。ここでしっかりと取り決めるべきは返済期日です。内容はお互いの許せる範囲内で取り決めていくべきでしょうが、例えば一括で何月何日までに返済をするだとか、分割で月に〇〇円返済するだとかを事細かく決めて借用書に記入するようにしておきましょう。そうすることで友達からすると返すつもりがしっかりあるんだなという確認を取ることができるので安心をすることができるでしょう。また友達から借りるから借りる金額だけ返せばいいだろという借り方はやめましょう。お金を借りたら利息を払うというのは当たり前のこと、少しでもいいので利子をつけて返しましょう。普通の消費者金融のように18%などに設定する必要がないと思いますが、例えば5%~10%乗っけて返すようにするとかそういう形を取っていくほうがよいでしょう。これは友達と相談して決めるのではなく自分で返せる範囲でのなるべく高い利子を自分から友達に提示するようにしましょう。友達から利子をいくらつけてくれ!なんて言いたくても言えるわけがないですからね。できればこの利息も借用書に書くようにしましょう。こうやって自分から返す姿勢を見せていくことが友達との関係を崩さない借り方です。あくまでも申し訳ないという姿勢を見せながら事情を説明し、条件をしっかりと設けた借り方をしましょう。


友達にお金を貸せる範囲ってどれくらい??

実際に自分が友達に貸せる金額ってどれくらいまでだったら良いかな?とか考えたことはありますでしょうか。色々と調べているうちに気になるアンケート結果がありました。友達にお金を貸す場合いくらまでなら貸すことができるか?というもの。正直このアンケートの回答結果はバラバラではっきりとした答えは出ていませんでしたが、一番多かったのが30%の1万円という回答でした。10万円も20%くらいいたので、それなりの数字ですね。なんとも言えませんがこのアンケートを見た時に結局大事なところは金額の問題ではないのではないのかなと感じました。実際に借りる側の心境としては何でも打ち明けられる存在だし弱みを見せれる唯一の人間だから頼んでいるのかもしれませんが、友達からしたら“前から思ってたけどおれはATMかなんかなのか?”なんてことを思ったとしてもこれは致し方の無いことですよね…。もちろん年齢によって経済力も変わりますが、お互いの信頼度が貸せる金額に現れているのだと思います。ということは1万円が一番多いというアンケート結果はいくら友達でもお金はあまり多くは貸したくないというのがやはり貸す側の気持ちなのでしょうね。そういう意味でも友達から借りる借り方は良い借り方じゃないと言えるでしょう。


信頼関係を崩さないためにも感謝と約束を忘れないでください!

友達からお金を工面するという借り方は何度も言いますが、せっかく気づきあげてきた2人の関係を崩してしまう可能性が大いにあります。ですので感謝の姿勢と約束をしっかりと守るということを忘れないようにすることが関係維持のためにも絶対にしなければならないことであると言えます。もしどうしても約束が守れなくなってしまった時は、友達だからと言って甘えずに懺悔と理由をしっかりと説明しなくてはなりません!それだけ友達からという借り方はリスキーであるというのを覚えておきましょう!

また友達からお金を借りるのを辞めて働いてお金を稼ごうと考えている方は、やってはいけないお金の稼ぎ方をしないようにしましょう。当サイト「お金がない時の解決NAVI」では、やってはいけないお金の稼ぎ方も紹介しているのでぜひ参考にしてください。
やってはいけない6つのお金の稼ぎ方【男性・女性別】