JAバンクカードローンの審査の流れ!金利・申し込み・審査に通るコツを解説

公開日:

JAバンクは、農業従事者のための金融機関です。

日本全国にサービスを提供しており、JA(農協)の組合員の生産性・生活の向上を目指しています。組合員の生活に資するということで、銀行よりは信用金庫に似た性質を持っています。

信用金庫からお金を借りる方法!

大抵の金融機関は利益をあげるため、人口の多い都市部に店舗展開しています。一方、JAバンクは農業の盛んな地域に約7,800店舗を展開しており、周辺にATMも多いので、銀行があまり進出していない地域の方もスムーズに利用できます。

そんなJAの意外に知られていないサービスに、カードローンがあります。組合員以外でも利用することができるという特徴がありますが、銀行や消費者金融のカードローンに比べてお得な点はあるのでしょうか?

このページでは、JAバンクカードローンのメリットから借り入れ条件、審査の流れ、実際に利用した方の口コミを紹介していきます。

JAバンクカードローンの金利は提供元によって異なる

【JA東京スマイルが提供するJAバンクカードローンの基本情報】

利用条件
  • 対応地域に在住または在勤の方
  • 契約時の年齢が20~70歳の方
  • 継続した安定収入を持つ方
  • JA指定の保証機関の保証が受けられる方
資金使途 原則自由
金利 年4.5%~12.0%(変動金利)
限度額 10万円以上500万円以内(10万円単位)
契約期間 ご契約日から1年後の応答日の属する月のJAが定める日まで
返済方法 約定返済・任意返済
担保 不要
保証人 三菱UFJニコス株式会社
手数料 融資時に0~3240円(JAごとに異なる)

JAバンクのカードローン「JAネットローン カードローン」は、各JAによって内容が異なります。

ただ、基本的にこちらの項目は共通となります。

  • インターネットで24時間365日仮申し込み可能
  • 保証人・担保不要
  • 借入資金の用途は自由

とはいえ、多くの方が最も気になるであろう金利に関しては、各JAごとの設定となります。

各JAの利率を調べる場合は、JAバンクの公式サイトにある、こちらのフォームをクリックしましょう。

クリックすると郵便番号の記入画面にうつるので、そこにお住まいの郵便番号を記入すると、対応しているJAバンクのカードローン情報を確認できます。

JAバンクカードローンの借入条件

JAバンクカードローンを利用するには、まずJAの組合員であることが前提となります。

JA組合員は原則、農業従事者となりますが、数千円を支払えば農家以外の方も准会員となり、借入資格を持つことができます。

つまり、JAバンクがお近くにある方なら、誰でも利用できるということですね。

JAバンクカードローンはネットから簡単に申し込める!

JAバンクカードローンは、公式サイトからの申し込みが可能です。

まず、カードローンの「金利をチェック!」という項目をクリックし、お住まいの都道府県を入力します。

住所を入力すると、対応するJAバンクが提供しているカードローンの金利が表示されます。

商品の内容をみて納得ができたら、仮申し込みに進みましょう。

こちらで入力する内容は、以下の通りとなります。

    • 口座の有無・取引店・口座番号・名義人
    • 希望商品の選択
    • 希望極度額
    • 資金使途の選択
    • 氏名
    • 性別
    • 成年月日
    • 電話番号
    • お住まいの住所・郵便番号
    • 住居の種別・居住年数
    • 税込み年収
    • 家賃(月額)
    • 住宅ローンの支払い金額・ボーナス加算額
    • 他借入残高
    • 家族構成
    • 運転免許証番号
    • メールアドレス
    • 申込者の職業

JAバンクカードローンは即日融資不可!融資まで3週間かかることも

低金利でお得なJAバンクカードローンですが、融資までかなりの期間がかかるというデメリットがあります。

こちらも各JAバンクに違いはありますが、早くても申し込みから1週間、遅い場合は3週間程度かかるようです。

そのため、今すぐにでもお金を借りたい方には、JAバンクではなく即日融資の消費者金融や、こちらで紹介されている手っ取り早くお金を借りる方法がおすすめです。

お金を借りる方法まとめ-安全なお金の借り方【完全版】

JAバンクカードローンの審査は厳しめ?審査基準を解説

各JAバンクのカードローン審査についての説明をみても、ざっくりとしたことしか書いてありません。

ただ、実際に利用した方の口コミを見ると、以下のような基準が設けられているのでは?と考えられます。

  • 税込み年収は最低200万円必要
  • 准組合員の審査通過率はかなり低め(正組合員を優遇)

この基準も地域によって違いはありますが、上記2つをどちらも満たしていなければ、審査に通過する可能性はまずないと考えて良いでしょう。

JAバンクカードローンの審査は銀行・消費者金融よりも難しい?

JAバンクカードローンは、審査がかなり厳しいと評判です。

実際に審査基準を公開しているわけではないですが、「銀行カードローンや消費者金融の審査には通ったのに、JAバンクカードローンは落ちた」という口コミも多数見受けられます。

客観的にみても、JAバンクカードローンは低金利で、かつ営利法人が提供しているものではないので、貸したお金を利息込みでしっかり返してもらわなければ経営が成り立ちません。

そのため、返済能力があり、これまでに金融サービスの延滞などがない、信頼できる人を求める傾向は消費者金融よりも強いと考えられます。

一度審査に落ちると再度の他社申し込みにも影響するので、カードローンは金利の低さだけでなく審査難易度も含めて慎重に検討しましょう。

JAとの関係性がある人は審査に通過しやすい?

JAはカードローン以外にも、以下のさまざまなローンを提供しています。

  • マイカーローン
  • リフォームローン
  • 教育ローン
  • フリーローン

これらのローンを期限を守ってしっかり利用している方は、カードローン審査にも通過しやすいと言われています。

カードローン審査は、信用情報機関が提供している申し込み者の個人情報や金融サービスの利用履歴を参考におこないます。

ただ、いくら過去にしっかり期限を守って返済していたとしても、それが他社カードローンなら100%信用することはできませんよね?つまり、「昔は延滞がなくても、うちから借りたときに延滞がないとは限らない」ということです。

これがもし、JAバンクの他のローンを利用していたなら、信用情報機関よりも詳しい本人情報や利用状況が共有されているはずです。

もしJAの教育ローンで延滞があれば、その後カードローンの審査に通るのは厳しいでしょうが、逆に過去にしっかり期日を守って利用していれば、その分審査で優遇してもらえる可能性が高いです。

もし、将来的にJAバンクのカードローンを利用する予定の方は、なるべく他のローンもJAが提供するものを選ぶと良いでしょう!

※ただ、この方法は急な出費にお困りの方には向いてません。今すぐお金が要るという方は、こちらの記事を参考にしてください。

急な出費時の対処法-今日中にお金を用意する方法まとめ

JAバンクカードローンは低金利だが使いにくい…組合員以外は消費者金融がおすすめ

ここまで、JAバンクカードローンについて解説してきました。

確かに低金利でお得なローンですが、審査が厳しかったり、融資まで時間がかかったりと、誰もが使いやすい商品ではありません。

もともとJAの組合員だった方以外には、あまりおすすめはできません。

単純な使いやすさで選ぶなら、金利は多少高くなりますが、即日融資可能で審査も甘い消費者金融から選ぶのがおすすめです。

こちらにおすすめ業者がまとめてあるので、ぜひご覧ください!

消費者金融おすすめ比較ランキング【2018年】審査・金利・無利息・口コミ