お金がないときに業者から借りるのはおすすめしません

公開日:

お金がないとなったときにまず思い浮かぶのが、銀行や消費者金融からお金を借りるといった解決法です。
確かに、お金がないのであれば誰かから借りるのが一番手っ取り早い解決手段ですが、業者が相手となると少し話は違ってくるのでご注意を。
銀行や消費者金融からお金を借りて返済が遅れてしまうと、最悪の場合にはブラックリストに登録されるといった事態になるかもしれません。


返済の遅延を繰り返しているとブラックリストに…?

業者からお金を借りる際にもっとも気をつけなければならないのが、返済の遅延を繰り返しているとブラックリストに登録されるということです。
ブラックリストに登録されてしまうと、信用情報が必要となる審査に通ることが出来なくなってしまいます。
そのため、消費者金融などからお金を借りられなくなるだけでなく、車や住宅などのローン、クレジットカードなどの審査にも通らなくなってしまうのです。
ブラックリストに登録されてしまうと、最低でも5年間程度情報が消されることはありません。
そのため、現時点では上記のような融資を受ける予定がないという方でも、ブラックリストに登録されるといった事態だけは避けなければならないのです。


お金がないのであれば融資は避けるべき?

通常、融資を受ける際には収入の3分の1を超える額は危ないとされており、総量規制というルールからもそれ以上の融資は禁止されています。
また、年収が低ければ収入のほとんどが生活費に費やされるので、3分の1以下の債務であっても返済するのが厳しくなるでしょう。
そのため、毎月数万円の返済が難しいという方であれば、消費者金融などからお金を借りるのはおすすめしません。
上記のようにブラックリストに登録される危険があるだけでなく、利息の支払いも嵩んで返済が長引いてしまう恐れがあるからです。
そのため、本当にお金がないと困っているのであれば、友人や家族など距離が親しい間柄からお金を借りた方がいいでしょう
もちろん、親しいからといって借金を返さなくていいわけではありませんが、業者のように返済期日を過ぎたからといってすぐにブラックリスト行きということもないでしょう。

上記のようになるべくお金がない状態では業者からの融資はおすすめできませんが、それでも借りなければ生きていけないという方も多いでしょう。
万が一、お金がなくて借金の返済が難しくなった場合には、弁護士などに相談して債務整理を行なってみることをおすすめします。
債務整理を行うと上記のようにブラックリストに登録されることになりますが、金利や借金事態を大幅に減らせるので最後の手段として知っておきましょう。