お金がないとモテないって本当なのですか?

公開日:

お金がないからといって自分はもてないと思い込んでいる方はいませんか?
しかし、世の中にはお金がなくても女性からモテるという人はたくさんいます。
そんなことを聞くと、どうせイケメンだから…と見当違いなことを言う方も出てくるでしょう。
女性のほとんどが男性にお金を求めているのではありません。だって、そうでなければ人類なんてすぐに絶滅しているのではないでしょうか。
また、同様に女性のほとんどが男性にイケメンを求めているのではありません。だって、そうでなければ人間は皆イケメンのはずです。
そう、私たちの命を繋げているのは、やはり愛の連鎖なのです。


言葉が生まれる前からお金がない人間もモテていた?

まだ言葉が生まれる以前の人間たちの時代…。
棒の先に尖った石をつけて動物を狩っていた時代です。
当然、そういった状況では腕力の強い人間たちが、多くの動物を狩ることができ、今でいうお金持ちと呼ばれる層になっていたことでしょう。
しかし、中には当然狩りが下手だった人も大勢いたはずです。
そういった人たちは一体どうやって生きていたのでしょうか。
現代に置き換えて考えてみましょう。いくらお金持ちだからといってお金だけ持っていたのでは生きていくことはできません。
色々なものをお金で買うためには、色々なものを売ってくれる人がいないといけないからです。
そこで、太古のお金持ちでない人は様々な才能を活かして、食料と商品の物々交換を行なったことでしょう。
手先が器用なものは上手に土器を作って売ったことでしょう。
また、頭の良かった人は少ない食料でも効率よく保存することで、飢えることなく生活していったのでしょう。
決して狩りが上手ではない人たちでも、そうやって自分の存在意義を見出し、女性もそんな男性に惹かれていきました。
そのため、私達人類は腕力が強い人たちだけでなく、芸術性あふれる人であったり、頭の良い人であったりと様々なタイプがいるのです。

まずは自分のいいところを把握しよう!

お金がないからといって人間の価値がなくなるわけではありません。
また、何かの才能にあふれていなければいけないということでもありません。
人間にはそれぞれいいところがきっと一つはあるはずです。
まずは、そういった自分のいいところを見つける作業から始めてみてはいかがでしょうか。
たとえ、無口で人見知りであってもいいのです。
人の話をじっと聞くことが出来るというのを、魅力的に思ってくれる女性もきっといるはずです。
一番ダメなのは、お金がないからといって自分を必要以上に卑下することです。
自分のことを嫌っていたのでは他人を愛することはできません。
愛とは自己の投射であり、愛する人というのは自分を映す鏡でもあるのです。
お金がないからモテないと思い込んでいる方は、一度映画版「モテキ」でも見て、自分に自信を持つことの重要性を把握してみてはいかがでしょうか。