お金が足りない時はどうする?生活費が厳しい方におすすめの対処法

公開日: 最終更新日:

毎月の生活費をギリギリで工面している方は、入院や友人の結婚式など、急に思わぬ出費があればスグお金が足りなくなってしまいます。

また、直近で急な出費の予定はなくても、「いつかお金が足りなくなるんじゃないか…」と不安に思っている方は、若者を中心に多いのではないでしょうか。

今回は、お金が足りないときにおすすめの対処法を紹介していきます。今すぐお金が欲しい人から、毎月の貯蓄額を少しずつ増やしたい人まで、幅広い方に焦点をあてているので、ぜひ最後までお読み下さい!

明日支払いなのにお金が足りない!今すぐお金が欲しい人におすすめの方法

急な出費でお金が足りない人は、書類審査や面接に時間がかかるようなバイトに申し込んでも間に合いません。

1、2週間後までにお金が欲しいなら日払いの短期バイトが良いでしょう。時間と労力はかかりますが、リスクなくお金を稼ぐことができます。

ただ、もし明日どうしてもお金が欲しいというなら、手持ちのものを売って換金するか、カードローンなどでお金を借りるしかありません。

このとき、間違ってもヤミ金など、悪質なところからお金を借りてはいけません。法外な利息を付けられ、借金地獄となってしまいますよ。

ここからは、今すぐお金が必要なのにお金が足りない…。そんな方におすすめの方法を紹介します。

即日払いのバイトに応募する

アルバイトの中には、働いたその日にお金がもらえるものがあります。

即日払いのバイトは以下のようなものが代表的です。

  • ティッシュ配り
  • イベントスタッフ
  • 配達業者
  • 交通警備

こうした、人を選ばない単純作業は面接で向いてる人材を選ぶ手間が省けるので、すぐ採用してもらえます。

夜勤のバイトなら時給1,000円以上のものも多いので、週5日入れば結構なお金が手に入りますよ!

昔はマグロ漁船など、日払いのバイトは危険というイメージがありましたが、今は求人募集のサイトでも日払いの求人はすぐ見つかります。

やってはいけない6つのお金の稼ぎ方【男性・女性別】

持ち物を売る

ブックオフや古着屋などは、要らない服・本を持っていけば早くて10分程度で換金してくれます。

今すぐにでもお金が欲しいなら、こうした手持ちのものを売ってしまうのがおすすめです。

ただ、1,000円で買った本が10円しかつかなかったりと、買取価格は購入額に比べて少額になりがちなので注意しましょう。

また、今は要らないと思っていても、買った本や服を一時の感情で手放すのはもったいなくもあります。

そんな方は、質屋を利用するのがおすすめです。

質屋に持ち物を預けてお金を借りよう

質屋に持ち物を持っていくと、それを担保にして、価値に即した金額を融資してくれます。

決められた期間内にお金を返済すれば預けた物を返してくれるので、手放すことはありません。

ただ、売るのと違って返済に利息がつくので、常にお得というわけではありません。注意して利用しましょう。

家族や友人にお金を借りる

困ったときに頼れるのはやはり家族、次に友人でしょう。

お金が足りないなら腹に背はかえられません。まずは相談してみることをおすすめします。

親しい人に頼み込めばお金を貸してくれる可能性は高いです。ただ、一度カンタンにお金を借りるとクセになってしまい、今後何度も頼んでしまうかもしれません。

そうなれば親しい関係に溝ができてしまいますし、何より根本的な解決になりません。

家族間でも借用書を残すなど、責任を持って返す意思を示しましょう。

即日融資のカードローンを利用する

売れるものは全部売ったけど、それでもお金が足りないという方は即日融資のカードローンを利用しましょう。

カードローンには銀行が提供するものと消費者金融が提供するものがありますが、確実にお金を借りたいなら審査に通りやすい消費者金融カードローンをおすすめします。

プロミス、アイフル、アコムなどは申し込みから最短30分で審査が終わるので、最寄りの自動契約機でローンカードを貰えばすぐにお金を借りることができます。

上記の3社は新規借入の方向けに30日間無利息でお金を貸してくれるので、少額の借入なら1ヵ月以内に借りた額をそのまま返せば良いだけです。

映画やドラマでの強引な取り立てのイメージが強いですが、消費者金融はかなり良心的にお金を貸してくれますよ!

慢性的にお金が足りない方におすすめ!生活費の支出を見直すポイント

ギリギリで生活を送れてはいるが、いつ急な出費があるか分からず不安という方は今の日本には非常に多いです。

そもそもの収入が少ないうちは、そんな不安を感じるのも仕方がないですが、ちょっとした改善をするだけで毎月の貯金が数千~1万円増えたり、意識が変わって不安感が和らいだりします。

それでは、お金が足りない生活を脱出するためにおさえておきたいポイントを紹介します。

収支のバランスを見直す

月収がいくらで、そのうちいくらを生活費に使っているのか。この収支のバランスをきっちり把握・管理している方は多くありません。お金に困っている方なら尚更そうでしょう。

お金が足りないのであれば、まず1ヵ月の収入を何に使っているか細かく見直していきましょう。

次に節約の実践ですが、生活費の節約の前に公共料金やスマホの利用プランを必ずチェックするようにしましょう。

基本契約プランのままという方がほとんどですが、パンフレットや公式サイトを見ると、更に自分にあった格安プランが見つかるものです。

生活費の節約も大切ですが、食費を削り過ぎるとストレスや病気のもとにもなるので、最後に見直すのがおすすめです。

買い物のタイミングを見直す

1週間の食料などは土日にまとめ買いをするのが良いと言われています。

これは、1週間で使える量をあらかじめ決めておくことで、無駄な買い物を防ぐ狙いがあります。

ただ、スーパーで売っているパックのお肉や野菜をお得に買おうとすると、どうしても人によって量が多かったり、少なかったりします。

食べきれず賞味期限がきたら余った分を廃棄して新しく買わないといけませんし、買いだめの量が少なければ追加で出費がかかります。どちらにせよ土日に予想していた額より多く出費してますよね。

自分が必要な量を必要なだけ購入するのが最もお得な買い物なのです。

カード払い・口座引き落としをやめる

今は社会人の多くがクレジットカードを持っているでしょう。

クレジットカードは買い物の決済を翌月以降に延ばせるので、直近でお金に困っているときの大きな助けになります。

ただ、カード払いを習慣化すると所持金が減るイメージができなくなります。

家賃・公共料金を口座引き落としに設定している場合も同じで、現金払いに比べて支出を実感しにくいです。

「今日はお金を使い過ぎたなあ…」という反省を何度か経験し、その度に改善をしていくことが何よりの節約となります。そのためにも、各種支払いはなるべく現金でおこなうようにしましょう。

すでに多額の請求があるのにお金が足りない…ダメージを最小限に抑える方法は?

「お金が足りない」といっても、人によって緊急性はだいぶ違います。

遊ぶお金が足りないという人もいれば、生活費が足りないという人もいます。

その中で最も緊急を要するのは、「すでに多額の請求があるが手の施しようがない」というケースでしょう。

上で挙げた方法を全て試したにも関わらずお金が足りないのであれば、何とかしてダメージを最小限に済ます必要があります。

ここからは、どうすれば最悪の事態を回避し、経済状況を早期に立て直せるか解説していきます。

まずは支払いの優先順位を考えよう

複数の請求が重なり、とても期限内に全て支払えない場合は、優先順位を決めましょう。

たとえば、スマホ料金と家賃、カードローン、公共料金の請求が同時に来た場合は、まず高額の延滞料金がかかるカードローンの返済を最優先でおこないます。

次に利用できなくなると困るスマホの料金を支払い、管理人さんに連絡をして支払いを来月にまとめておこなうようにお願いする、公共料金は多少の延滞も多めにみてくれるので、一番最後に支払うといった戦略をたてていきます。

戦略をたてても支払いの遅延は免れませんが、被害を最小限にとどめることができます。

カードローンを使って生活を立て直す

お金が足りずに悩んでいると、ストレスで病気になったり、犯罪まがいの行為に手を染めたりしてしまいます。

「お金がない」というプレッシャーの中で生きるのは、それだけつらいことなのです。

経済的な負担が大きいなら、まずはカードローンでお金を借りて生活を立て直しましょう。

「サラ金からお金を借りるなんて怖い…」という方も多いでしょうが、カードローンをおすすめするのはしっかりとした理由があるのです。

大手の消費者金融は利息なしでお金を借りられる!意外と知られていないお得なメリット

カードローンに否定的なイメージを持つ人の多くは、「サラ金でお金を借りると、高い利息をつけて返済を迫ってくる」という勘違いをしています。

高利息で取り立てる金融業者はいわゆるヤミ金で、警察がしっかり取り締まっています。

正規の消費者金融は利用者を圧迫することはなく、非常に良心的な金利設定となっています。

プロミス、アコム、アイフルの大手3社は30日間なら利息0でお金を借りれるので、場合によっては友人からお金を借りるよりもお得です。

更に大手は申し込みから融資までの手続きをネットで完結できるので、周りに知られることなく利用できます。

会社への在籍確認の電話でも会社名や目的を伏せる配慮をしてくれるので安心ですよ。

お金が足りない方におすすめの消費者金融カードローン

プロミス

プロミス

審査時間 最短30分
即日融資対応時間 9:00~22:00(※一部店舗によって異なります)
土日 即日対応
自動契約機 あり
WEB完結 対応

プロミスは審査から最短30分で融資を受けることのできる、お金が足りない人におすすめの消費者金融カードローンです。

審査に通った後は全国各地に設置されている自動契約機からローンカードを受け取り次第、ATMの利用が可能です。

30日間は利息0で借入ができるので、1ヵ月以内に完済できれば公的なサービスを利用するよりもお得にお金を借りられますよ!

プロミスの審査基準・落ちる人の特徴はこちら!

プロミスの審査は甘い?審査基準と口コミ・落ちたときの対処法

アコム

アコム

審査時間 最短30分
即日融資対応時間 9:00~22:00(※一部店舗によって異なります)
土日 即日対応
自動契約機 あり
WEB完結 対応

アコムも最短30分で融資を受けられるカードローンで、かなり夜遅くの申し込みにも即日対応しているのがお得です。

大手3社の中でも審査スピードが早く、1社目に選ぶ消費者金融としても人気です。

自動契約機「むじんくん」からローンカードを受け取れば、24時間いつでも融資を受けることができるので、仕事が夜遅い方にもアコムはおすすめですよ!

アコムの審査基準・落ちる人の特徴はこちら!

アコムの審査基準を解説!審査に落ちる人の特徴と審査対策まとめ

アイフル

審査時間 最短30分
即日融資対応時間 8:00~22:00(※一部店舗によって異なります)
土日 即日対応
自動契約機 あり
WEB完結 対応

アイフルは最近、下限金利が低く限度額が高くなり、よりお得に利用できるようになりました、

また、自動契約機が8:00~22:00と他社より1時間早く営業しているので、生活のリズムが異なる方にもおすすめですよ!

主婦や学生も安定収入さえあれば申し込み可能なので、お金が足りない方は積極的にチャレンジしましょう。

アイフルの審査基準・落ちる人の特徴はこちら!

アイフルの審査基準は?口コミ・評判と審査に落ちた時の対処法を解説

SMBCモビット

モビット

審査時間 10秒簡易審査
即日融資対応時間 8:00~21:00(※一部店舗によって異なります)
土日 即日対応
自動契約機 あり
WEB完結 対応

SMBCモビットは三井住友銀行グループの消費者金融が提供している会社で、大手ならではの借りやすさが魅力です。

専用の会員アプリ「Myモビ」を使えばスマホからカンタンに借入などの手続きができるので、お忙しい方にもおすすめですよ!

限度額が800万円と高く、まとめて高額融資を受けたい方にもSMBCモビットはおすすめです!

SMBCモビットの審査基準・落ちる人の特徴はこちら!

SMBCモビットの審査の流れとメリット・デメリット

ノーローン

 

ノーローン

審査時間 最短20分
即日融資対応時間 8:00~22:00(※一部店舗によって異なります)
土日 即日対応
自動契約機 あり
WEB完結 対応

ノーローンは新生銀行グループが提供する消費者金融カードローンですが、レイクとは違った魅力を持っています。

ノーローンの特徴は、何といっても借入のたびに利用できる7日間の無利息期間サービスです。

毎月給料日前に決まってお金が足りないという方にノーローンはおすすめですよ!

審査も最短20分と短く、お急ぎの方にもおすすめです!

ノーローンの審査基準・落ちる人の特徴はこちら!

ノーローンの審査基準まとめ!審査に落ちた人の特徴と今後の審査対策