お金がないなら素直にお金を借りよう

公開日: 最終更新日:

日本人というのは世界でも有数の裕福な国であるのに、世界の中でも幸福度指数が低いという悲しい話も聞きます。
確かに、思い返せば私の両親も毎日のようにお金がないと言っています。
しかし、私はずっと思っていました。
お金がないならどこかから借りくればいいじゃない、と。
そこで、今回はお金をどこかから調達してくる方法をご紹介致します。


お金がないならまずは身内から借りよう!

やはり、お金を借りるというのは他人同士ではデメリットも多いので、基本的には身内から借りるのを基本路線として考えていきましょう。
その中でも親というのは非常に大きな存在なもので、利息など一切設けずにお金を貸してくれるという方も多いのではないでしょうか。
また、中にはそのままお金をくれるなんてことも…!
しかし、若いうちならまだしも、大人になってから親にお金を貰うというのはやはり申し訳ないものです。
出来ることなら、そのお金で頑張って親には楽をさせてあげたいものです。


親がダメなら銀行から借りよう!

しかし、上記のように親から無事お金を借りることが出来るというのは少数派で、中には親との関係がうまくいっていないという方も多いでしょう。
そういった時は、つい友人からお金を借りようと考える方もいるかもしれませんが、なかなか友人からお金を借りるというのはリスクがあるのでおすすめはしません。
金の切れ目が縁の切れ目、やはり友人といっても他人からお金を貸してと言われると、相手に対して不信感が募ってしまうものです。
友人というのはお金で買えない貴重な存在であるので、うかつにお金を借りようなど考えない方が賢明でしょう。
そのため、本当にお金に困ったときには銀行から融資を受けるのが一番です。
もちろん、タダとはいきませんが、消費者金融とくらべてかなり安い金利でお金を借りることが出来るので、お金に困った際には銀行から借りてみることを検討されてはいかがでしょうか。


消費者金融からの借金は早めに返済しよう!

消費者金融ときくと一昔前のヤミ金を思い浮かべるという方も多いとは思いますが、今の消費者金融は違法行為とは全く無縁の金融機関なのでご安心ください。
とは言っても、やはり銀行と比べると融資にかかる利息というのは高めに設定されているので、消費者金融からお金を借りる場合には早めに完済することをおすすめします。
とはいえ、やはり人間というのはお金がないと生きていけないものですから、お金がないと困った場合には早期に手をうつことをおすすめします。

また借金をしたくない方は、アルバイトなどでお金を稼ぐといいでしょう。こちらの記事ではやってはいけないお金の稼ぎ方も紹介しているので参考にしてみてください。
やってはいけない6つのお金の稼ぎ方【男性・女性別】