お金を貯めてお洒落をしたいなら

公開日:

ファッションスタイリストって凄くお洒落ですよね。彼らの元で修業をするアシスタント達もファッショナブルな人たちが多いです。ファッションの世界で働いているのだからお洒落に決まっているのですが、彼らの中には月手取りが10万円の様な人もいます。絶対お金はないでしょうし、お金を貯めるなんて出来なそうですよね。その少ないお金の中で、家賃や生活費を払いながらやりくりをしているのですが、普通に考えたら服を買う余裕なんてなさそうですよね。でも彼らはお洒落なんです。夢を追いかけながらお金を貯めるという大切なこともしながら、お洒落もしている。そんな彼らの秘密に迫ります。


やっぱりファストファッションはお金がない人の味方

もう世界的に市民権を得たファストファッションですが、今もかなりの利用者がいます。子供から大人まで、幅広い年齢層、そして金欠から潤っている人まで、皆がユニクロやしまむらでファストスタイルのものを購入していますよね。お金を貯めるなんて無理そうな、金欠アシスタントもそのうちの一人です。彼らはどこで買っているのでしょう。これを読んでいる人であれば一度は行ったことがあるであろう、気軽に楽しめるカジュアルスタイルが売りのGUは、間違いなく金欠アシスタントにとっての味方の様です。現場でこきを使われることがほとんどなので、履くものは動きやすく、かつ、スタイリッシュなものが人気で、とにかく黒のスキニーパンツが鉄板。1500円払えばお釣りが返って来るパンツです。安いからといって、すぐに色落ちする訳でも、破ける訳でもない。心強いですね。黒のパンツであれば、ほとんどのアウターに合わせることが可能なので、価格面だけでなくファッション性の高さも理由です。GUで足元をスタイリッシュに、そしてシンプルに固める金欠な彼らは、H&Mでアウターを揃えます。一般的に、街中で同じアウターを着ている人に偶然会うと、なかなか小恥ずかしく感じてしまうものですが、H&Mのアウターは被っても恥ずかしくない。500円でTシャツを買えたり、2000円で柄物のアウターが買えてしまうファッションメーカーですが、最近ではAlexander WangやBalmanとのコラボ商品を出すほどのブランドにまで成長しましたから、むしろ被ったら着こなしで勝負してやろうという位です。もし金欠であれば是非行ってみましょう。安いくせにかなーりお洒落です。安い様で安くないGAPも、頻繁に行われているセール商品を狙えば金欠でもかなりお洒落を楽しめます。いつもは1万円する様なかっこいいウォッシュジーンズでも、セール時であれば余裕で半額以下になります。常にアパレルの状況を確認している彼らですから、そんな時は行くんでしょうね。お金を貯めるのも大切ですが、ちゃんと服を買うのも彼にとっては重要です!


ネットオークションでお金もポイントも貯める!

ネットオークションを試したことのない方でも、ヤフオクや楽天オークションの名前は聞いたことがあるはずです。実は彼らの多くがオークションでお洒落な服をゲットしているんです。コンバースのオールスターは平均的に約5000円で市場では売られていますが、ネットオークションであれば3000円程で落札出来てしまいます。運のいい時であれば1000円台です。中古のアイテムだけでなく、未使用新品のものだってやけに安く手に入れられてしまうのが大きな魅力なのですね。お店で買えば20万は超すようなヨウジヤマモトの新品のコートだって、ネットオークションでは6万円で買えてしまいます。ハイファッションとチープファッションの組み合わせが今の流れですから、金欠でも一気に超お洒落アウターで勝負出来ちゃいますね。彼らの中で裏ワザなのが、ネットオークションでのクレジットのポイントを貯める、というもの。お金をセーブすることが可能な彼らは凄いかも!?


安い古着屋最強説

ネットオークションはなんだか恐ろしいと思う人には古着屋です。実際、落札時間ギリギリまで携帯の画面の前で待てるほど暇なスタイルストアシスタントは少ないので、そんな彼らは高いものを買わず、お金を貯めることもしたいので、安くてお洒落なアイテムを探しに古着屋へ行きます。いくら金欠でも素敵なブランドもののアイテムが欲しい彼らです。古着屋の価格帯は相当ピンキリなので、同じDiorのスラックスであれど、1万2000円で売るところがあれば、半額の6000円で売るところもあります。古着屋は掘り出し物の宝庫ですから、その情報にはアシスタントと言えどとても敏感なのでしょう。アパレルのお店を回る時は、彼らの多くが古着屋に立ち寄るのです。もし今までに挑戦したことがなければ、今度一度でも良いので古着屋に行ってみましょう。お洒落な人って結構古着屋で買ってるんです。もちろんかなり安いです!


全くお金がなくてもフリマで勝負してしまおう

都内であれば、毎週どこかでフリーマーケットが開かれていますよね。それほど、服を買うためという様なイメージのないフリマですが、金欠アシスタント達は激安アイテムを求めてそこへも脚を伸ばします。フリマは良いアイテムが売られている保証がないので、金欠上級者しか行かないようですが、もし一つでも素敵なものがあればそこでの価格交渉でとてつもなく安い買い物が可能になりますね。Louis Vuittonのバッグでも、上手いこと交渉が計れれば5000円で買えます。普通のお店にはない、フリマの雰囲気の面白さが楽しめたら、あなたもハイレベルな金欠ファッショニスタになれるでしょう。夢のため、お金を貯めることをしながらファッションの道を究める彼らから習えるかもしれませんね。