郵便局・ゆうちょ銀行からお金を借りる5つの方法をわかりやすく解説

公開日: 最終更新日:

お金に困ったとき貸してくれる機関と言えば、銀行や消費者金融が思い浮かびます。

実はその他に、郵便局でもお金を借りることができます。

意外と知られていませんが、身近にある郵便局だからこそ、消費者金融よりも手軽にお金を借りることができ、安全性も担保されているというメリットがあります。

ここからは、郵便局からお金を借りるメリット・方法について詳しく紹介していきます!

郵便局とゆうちょって何が違うの?

郵便局とゆうちょは混同して使われがちですが、意味合いは微妙に異なります。

まず、ゆうちょ銀行というのは日本郵政がおこなっている銀行事業のことです。

郵便事業は日本郵便、保険事業はかんぽ生命が担っています。

これらのサービスを申し込みたい方向けの来店窓口が郵便局というわけです。

つまり、お金を借りる際は、「郵便局」に行って「ゆうちょ」からお金を借りるという言い方が正しいわけです。

郵便局・ゆうちょ銀行からお金を借りる方法は担保有・担保無に分かれる

ゆうちょ銀行からお金を借りる方法は、担保を付けて借りるものと担保なしで借りるものの2種類に分かれます。

担保有のローンは高額融資が下りやすいですが、完済できないと担保(家・口座など)を差し押さえられてしまうリスクがあります。

担保なしは借り入れが少額になってしまいますが、用途が自由で万が一のリスクも少ないのが魅力です。

担保有ローンは口座(貯金)が担保になる

お金の借り方によっては、担保があることが絶対条件のものもありまs。

では、何が担保になるかというと、この場合、ゆうちょの口座(貯金)が対象になります。

  • 財形定額貯金
  • 財形年金定額貯金
  • 財形住宅定額貯金
  • 定額貯金
  • 定期貯金

ゆうちょ銀行を利用していれば、これらを担保にして融資を受けることができます。

ただ注意点として、普通預金のみを利用している方は、これを担保にお金を借りることはできません。

急にお金が足りなくなったときなどに、定期貯金や定額貯金があればイザというときの手助けになるので、普通預金とは別に貯金をはじめてみても良いでしょう。

郵便局・ゆうちょ銀行は無担保・用途自由でもお金を貸してくれる

対して、ゆうちょ銀行が提供しているカードローン、クレジットカードのキャッシング枠には担保が付きません。

用途も原則自由なので、非常に借りやすいのが魅力です。

ただ、担保が無いということは、その分高額を借りにくいということでもあります。

無担保融資は生活の足し目的などの少額借り入れに適しています。

郵便局・ゆうちょ銀行からお金を借りる方法は5種類!それぞれの金利・限度額を比較

定期貯金・定額貯金を利用していれば、郵便局からお金を借りることができます。

お金を借りるサービスは、以下の5種類が提供されています。

  • 財産形成貯金担保貸付
  • 貯金担保自動貸付
  • 国債等担保自動貸付
  • カードローン「したく」
  • JP BANKカードのキャッシング枠

ここからは、それぞれのサービスの金利・限度額などを詳しく見ていきます。

財産形成貯金担保貸付

限度額 最大300万円(1契約)
金利  返済時の約定利率×0.25%
貸付期間 貸付日から2年間
貸付方法 郵便局・ゆうちょ銀行の貯金窓口から貸付
貸付回数 担保とする貯金1件につき1回

財産形成貯金担保貸付は財形年金定額貯金、または財形住宅定額貯金を担保として受ける貸付です。

財産形成貯金担保貸付を申し込む際には、以下の提出物が必要となります。

  • 貸付請求書
  • 財産形成定額貯金等残高通知書
  • 保管証、または貯金証書
  • お届け印
  • 本人確認書類

貯金担保自動貸付

限度額 最大300万円(1契約)
金利  返済時の約定利率×0.25%
貸付期間 貸付日から2年間(2年以内に貯金が満期を迎える場合は、そこまで)
貸付方法 通常貯金の残高を超える払い戻しがあったときに、不足分が自動貸付
貸付回数 制限なし

貯金担保自動貸付は担保定額貯金、担保定期貯金といった総合口座で管理する貯金を担保とした貸付となります。

通常貯金の残高を超える払い戻しがあったときに補填分を自動で貸付してくれるので、ATMからキャッシュカードで残高を超える払い出しをした場合にも金額が補填されます。

自動貸付とはいえ使い方次第で、実質好きなときに好きなだけお金を借りられるということです。

貯金担保自動貸付の手続きには、以下の提出物が必要です。

  • 総合口座通帳
  • お届け印
  • 本人確認書類

国債等担保自動貸付

限度額 最大200万円
金利  貸出時における預入期間1年の約定利率+1.70%
貸付期間 貸付日から1年間
貸付方法 通常貯金の残高を超える払い戻しがあったときに、不足分が自動貸付
貸付回数 制限なし

国債等担保自動貸付は、ゆうちょ銀行か郵便局の貯金窓口で購入した国債(利付国債および個人向け国債)を担保にして、貸付をおこないます。

限度額は購入した国債の80%以内、かつ200万円までとなっています。また、金利は貸付時における預入期間1年の定期預金の約定利率+1.70%です。

それ以外の内容は貯金担保自動貸付と内容の違いはありません。

国債等担保自動貸付を利用する際は、以下の提出物が必要です。

自動貸付の申し込み
    • 国債等証券担保自動貸付利用請求書
    • 総合口座通帳
  • 加入通帳または保護預かり証書
  • お届け印
  • 本人確認書類
自動貸付(通常貯金の払い戻し)
  • お届け印
  • 本人確認書類(取扱金額が50万円以上)
弁済(通常貯金の預り入れ) 本人確認書類(貸付額が200万円を超える場合)

スルガ銀行カードローン「したく」

ゆうちょ銀行はカードローンを提供しています。実際の提供元はスルガ銀行の「したく」という商品です。

申込対象者
  • 申込時の年齢が20~70歳
  • 安定収入がある
利用方法 全国の提携ATM・CDで利用できる
資金用途 自由(事業性資金を除く)
利用限度額 10万円~500万円(初回借入額は300万円まで)
契約期間 1年ごとに自動更新
利率 年7.0%~14.9%
遅延損害金 年利19.5%

したくの金利は年7.0%~14.0%となっており、プロミスやアコム、アイフルに比べてかなり低金利となっています。

借りたお金の用途も自由で、旅行費やエステ代に使いたくて申し込んだ方もしっかり審査に通っています。

カードローンに関して悪いイメージを持っていた方も、ゆうちょという大きな後ろ盾があるので借りやすいですよ!

スルガ銀行カードローン「したく」はゆうちょ銀行で申し込める!即日融資できる?審査の流れは?

「したく」はゆうちょ銀行に口座がなくても利用できる!

したくは、ゆうちょ銀行・スルガ銀行の口座を持っていない方も利用できます。

ただ、口座がなくても借りれるといっても、提携していないわけではありません。

全国の郵便局にある、ゆうちょ銀行ATMから借り入れ・返済が可能です。

更に言えば、したくは銀行口座自体が必要ありません。

ATMにカードを入れれば、その場で現金を入れて返済が完了するので、口座残高を引き落とし設定する必要がないのです。

ゆうちょ利用者だけでなく、幅広い方を対象にしたサービスなのです。

3つの保証会社が柔軟に審査

郵便局からお金を借りる場合は担保付き貸付ですが、スルガ銀行カードローンに申し込む場合は、以下3社が保証会社となります。

  • スルガ・キャピタル
  • ダイレクトワン
  • オリエントコーポレーション

一般的に銀行カードローンは1商品につき保証会社が1つ付きます。

一方、スルガ銀行カードローンには3社保証会社が付くので、おそらく申込者の収入レベルなどに合わせて審査の担当者を替えていると考えられます。

どんな人にも同じ基準を適用するのではなく、申込者に合わせて審査内容を柔軟に変えてくれるのは嬉しいですね。

「したく」は即日融資できないのが難点

したくは銀行カードローンに含まれるので、2018年以降即日融資ができなくなっています。

反社会的組織からの借り入れを防ぐため、銀行カードローンの審査に警察データベースの照合手続きが加わりました。手続きが増えたため審査が申込当日に終わらなくなってしまったのです。

したくも融資を受けられるのが最短翌営業日以降なので、今すぐにでもお金を借りたい方には向いていません。
こうした方には、最短1時間程度で即日融資を受けられる消費者金融カードローンをおすすめしています。

ゆうちょ銀行クレジットカードのキャッシング枠

意外と思われるかもしれませんが、ゆうちょ銀行は「JP BANKカード」というクレジットカードを提供しています。

カードブランド 商品名 申込み条件 キャッシング限度額 金利
JP BANK VISAカード/マスターカード ALente(キャッシュカード一体型) 18歳~29歳※高校生除く 0~30万円 15.0%
一般カード(キャッシュカード一体型/クレジットカード単体型) 18歳以上※高校生除く 0~30万円 15.0%
ゴールドカード(キャッシュカード一体型/クレジットカード単体型)
  • 満25歳以上
  • 安定収入がある
0~50万円 15.0%
JP BANK JCBカード EXTAGE(キャッシュカード一体型) 安定収入のある満18~29歳の方(専業主婦・学生も可) 0~50万円 15.0%
一般カード(キャッシュカード一体型) 安定収入のある18歳以上の方(専業主婦・学生も可) 0~50万円 15.0%
ゴールドカード(キャッシュカード一体型) 安定収入のある満20歳の方(専業主婦は不可) 0~50万円 15.0%

すでにJP BANKカードが手元にあり、キャッシング枠が残っているならば即日融資も可能です。JP BANKカードにはキャッシング枠がついており、これを使えばお金を借りることができます。

すでにカードを持っている方限定ではありますが、ゆうちょ・郵便局からお金を借りる方法の中では最速で融資を受けられます。

2つの返済方法から選ぶことができる

ゆうちょのクレジットカードは、2種類のキャッシング方法があります。

  • キャッシングリボ払い
  • キャッシング一括払い

キャッシングリボは、元金+利息を毎月返済する方法です。一方、キャッシング一括は一度に元金+利息の総額を返済する方法となります。

一括払いの方が支払いは大変ですが、利息がかからないのでトータルの返済額はかなり低くなります。

無理のない返済方法を選ぶようにしましょう。

お金を借りるには審査が必要!審査基準は厳しい?甘い?

銀行カードローンや消費者金融と同じく、郵便局からお金を借りるにも、審査に通過する必要があります。

一般的な金融機関の審査は基準が厳しく、審査が緩いと言われる消費者金融でも、大手の通過率は5割を切っています。

消費者金融の審査基準を徹底解説!審査に落ちる人・通るコツ

郵便局の貸付は審査通過率のデータがありませんが、一般的なカードローン審査とは基準が異なるようです。

大きく違うのは、銀行カードローンや消費者金融は、申し込み者の信用情報・経済力などを審査をするのに対し、郵便局の場合は生きたお金を担保にできるという点です。

貸金業は、貸したお金が利息込みで返ってこなければ成り立ちません。そのため、審査では申込者が完済してくれるかを信用度・経済力の双方から見ていくようになりますが、特に信用度をデータで測るのは難しく、通過確実に見えた人も審査落ちするケースは多数あります。

一方、人でなく口座が担保になる郵便局の貸付は、年収基準が銀行カードローン・消費者金融よりは低いと考えられます。

実際に郵便局の貸付を利用した方から「審査が厳しかった」「審査に落ちた」という感想はあまり聞かれません。

今まで、ゆうちょ銀行の利用で大きなトラブルがなく、かつ担保をしっかりと用意していれば、審査通過の可能性は高いと考えられます。

郵便局・ゆうちょ銀行からお金を借りるとお得!全国に店舗があるので利用が楽

郵便局・ゆうちょ銀行からお金を借りる方法まとめ
融資の種類 利用限度額 返済時の金利 内容
財産形成貯金担保貸付 一口座につき最大300万円 返済時の預金金利+0.25% 預金残高を超える請求がある時、不足分を自動貸付
貯金担保自動貸付 一契約につき300万円 返済時の預金金利+0.25% 貯金残高の一定割合を貸付
国債等担保自動貸付 一人200万円まで 定期貯金の金利+1.70% 口座の残高不足時に自動貸付
カードローン「したく」 最大500万円 年7.0%~14.9% 融資専門商品。用途は自由
JP BANKカードのキャッシング枠 50万円 年15.0% クレジットカードのキャッシングサービス

ここまで郵便局からお金を借りる方法と内容を紹介しましたが、結論としては、ゆうちょ銀行を日常的に利用している方なら、他社カードローンも便利で審査にも通過しやすいと言えます。

不足分を自動で貸付してくれるのも、大きなメリットですね。

ただ、便利過ぎる分、返済計画がおろそかになってしまうという可能性もあります。事前にしっかりと計画をたてるようにしましょう。

ここまで記事を読んでいただいた方は、郵便局の貸付に大変興味を持っていると思います。ただ、勢いでこのまま申し込んでしまうのは大変危険です。

世の中には、あなたも知らないお金の稼ぎ方・借り方が存在します。お金に困っている方はこちらに掲載されているさまざまな方法に目を通り、目的・状況に合わせて最適なものを選ぶようにしましょう。