ひょっとして無駄に税金支払ってない?所得税の計算方法と節税術!

一生懸命働いて稼いだお金でも、税金は容赦なく強奪していきます。
もちろん納税は国民の義務でもあるので、必ず支払わなくてはいけません。しかし支払う必要のない税金まで納めるのは賢い生き方とはいえません。働いても全然お金が貯まらないと嘆いているあなた、一度無駄に支払っている税金がないか確認してみませんか?
サラリーマンだから節税とは関係ないと思っているあなたにも、おすすめの節税術を今回は紹介していきます。

まずは所得税とは何なのか、初歩的なところから解説していきます。

所得税とは?

所得税とは個人の所得から引かれる税金のことです。サラリーマンであれば給与に対して課せられ、自営業者であれば事業で得た利益に課せられます。
会社員の場合、会社側が所得税の計算等をしてくれるため、自分でいちいち計算することはありません。しかし給与以外の副収入がある方は、別途所得税を計算して納税しなければならないため、副業をやっている方は気をつけましょう。

また所得税は収入が高くなればなるほど、税率が上がっていくようになっています。こうすることで貧富の差が広がらないように調整しているのです。稼いでいる人からすると不公平なシステムですが、我々庶民からするとありがたいシステムでもあります。

所得税控除とは?

所得税は所得すべてに課せられるわけではありません。一定額を控除として所得から外して計算するようになっています。所得控除は収入が少ないほど割合が高く、収入が高くなればわずかしか控除されなくなります。

控除額の早見表

ここでは会社から給与を貰っている人の所得控除額を紹介します。

収入金額 所得控除額
~180万円 収入金額×40%※最低でも65万円
180万円~360万円 収入金額×30%+18万円
360万円~660万円 収入金額×20%+54万円
660万円~1000万円 収入全額×10%+120万円
1000万円以上 収入全額×5%+170万円

所得税の計算方法とは?

所得-控除-税率=所得税

所得税を計算する際には、所得から控除される分を引いて、課税される所得に応じて適応される税率をかけて計算します。そのため出来る限り所得から控除する額を増やした方が、所得税を安く抑えることができます。

人的控除と物的控除について

所得税控除には人的控除と物的控除があります。どの控除を適用させることができるか、一度見直してみるといいでしょう。もしかすると、今よりも控除額を増やせる可能性もあります。

所得税率の早見表

所得税は課税される所得に応じて税率が変動します。

課税される所得全額 所得税率 控除額
195万円以下 5%
195万円~330万円 10% 9万7,500円
330万円~695万円 20% 42万7,5000円
695万円~900万円 23% 63万6,000円
900万円~1,800万円 33% 153万6,000円
1,800万円~4,000万円 40% 279万6,000円
4,000万円以上 45% 479万6,000円

所得税を節税するためのコツは?

所得税を節約するためには、控除額を増やすことが最優先です。場合によっては家族の収入を減らした方が、所得税が少なくなって利益を得られる場合もあります。ここで紹介する節税術を参考にして、ぜひ余分に支払っている所得税をカットしましょう。

配偶者控除と扶養控除を活用しよう

所得税は配偶者の所得が38万円以下の場合、原則として38万円控除を受けられます。また配偶者の所得が38万円を超えていても76万円以内であれば、自身の収入が1000万円を超えていない限り控除を受けることができます。
配偶者がパートタイムで働いているという方で、所得が76万円を超えているという方は、パートで働いた時間を減らした方がお得になる可能性があります。

生命保険料控除を活用しよう

生命保険に加入している方は、最大12万円の所得控除を受けることができます。もちろん控除された分、保険料を支払うので直接得することはありません。しかし所得税として国に支払うよりかは、生命保険に加入しておいた方が実質的にお得ではないでしょうか。

また貯蓄型の生命保険であれば、満期になれば支払った保険料の返還を受けることができます。そうなると所得税として支払うはずだった金額が、現金として返ってくることになるので大変お得です。

住宅ローン控除を利用しよう

住宅ローンを支払っている方は、最大で10年間一定の所得控除を受けることができます。住宅ローン控除では、ローン残高の1%所得から控除されるため、非常に大きな節税となります。また住宅の購入だけでなく、リフォームでも一定の条件を満たせば適用されるので、適用されないかどうか一度確認するといいでしょう。

まとめ

会社から給与を貰っているサラリーマンであっても、所得税を節税するテクニックはたくさんあります。一生懸命働いているのにお金がないという方は、自分がいくら税金を支払っているのか確認してみるといいでしょう。