信用金庫からお金を借りる方法!信用組合・銀行との違いは?カードローンの審査基準は?

公開日:

あなたは、信用金庫を利用したことがあるでしょうか。

簡単に言うと、信用金庫は営利を目的としない地域の金融機関のことです。実は、お金に困った方は、信用金庫でもお金を借りることができます。

銀行や消費者金融とも違った独自の基準を設けており、この2つよりも融資を受けやすいともっぱらの評判です。

ここからは信用金庫とは何かというより詳しい説明と、お金を借りる方法・ポイントを紹介していきます。

信用金庫と銀行・信用組合の違いは?

信用金庫は銀行と同じような業務を執り行っていますが、その設立目的などが大きく異なります。

また、信用金庫とよく似た金融機関に信用組合がありますが、こちらも少し違いがあります。

信用金庫、銀行、信用組合の違いは以下の通りです。

区分 信用金庫 信用組合 銀行
適用法 信用金庫法
  • 中小企業等協同組合法
  • 協金法(協同組合によ金融事業に関する法律)
銀行法
目的 国民のために金融の円滑化、貯蓄増強を目指す。 所属する組合員の経済的地位の向上を目指す。 国民のために金融の円滑化を図る
形態 非営利法人(会員の出資で運営) 非営利法人(組合員の出資で運営) 営利法人(民間の株式会社)
会員資格
  • 特定地域に住所・事業所を有し、勤労に従事している者。
  • 従業員300人以下、資本金9億円以下の事業者
  • 特定地域に住所・事業所を有し、小規模事業に従事している者。
  • ※従業員300人以下、資本金9億円以下の事業者
なし
制限
  • 預金は制限なし
  • 融資は原則、会員が対象
  • 預金・融資は原則、組合員が対象(制限付きで員外も利用可能)
制限なし

銀行と信用金庫・信用組合は、営利目的の株式会社か非営利法人かという点が大きく異なります。

ただ、銀行は業務に制限がない一方で、信用金庫・信用組合は会員(組合員)しか原則利用できないという制限が課されています。

これは、会員(組合員)の利益に資するという設立目的を守るために課された制限で、利用する側からすれば銀行が一番不便はありません。

信用金庫・信用組合はどちらも非営利法人ですが、より規模の大きなものが信用金庫、小規模のものが信用組合です。

信用金庫は地域の金融機関!利用できるのは地域住民だけ

朝日信用金庫(台東区)、興産信用金庫(千代田区)、東京シティ信用金庫(中央区)など、東京都内にもさまざまな信用金庫が存在します。

信用金庫は銀行と違い、その地域を利用している方しか利用することができません。

更に具体的に言うと、以下の3条件のいずれかを満たしているのが、利用の条件となります。

  • 信用金庫のある地域に住んでいる
  • 信用金庫のある地域に勤務先がある
  • 信用金庫のある地域で事業をおこなっている

信用金庫もカードローンを提供!銀行・消費者金融とどちらがお得?

お金を借りたい方向けに、信用金庫もカードローンを提供しています。

内容は機関によって大きく変わるので、銀行カードローン・消費者金融と比べてどちらが良いか一概に言えませんが、一般的に以下のメリットがあります。

  • 金利が低い
  • 返済が一定額
  • 少額(1000円単位)での借り入れ可能
  • 1円単位での返済が可能

信用金庫カードローンは銀行・消費者金融より金利が低い!

地域の信用金庫ごとにカードローンは提供されていますが、一般的に法人が提供するものより金利は低めです。

例えば、巣鴨信用金庫が提供しているミニカードローンは、変動金利タイプで上限が年13.5%となっています。

一般的に銀行カードローンの金利が上限15%、消費者金融が18%程度と言われているので、若干ではありますが信用金庫のほうがお得ですね。

同じ非営利法人のろうきんもフリーローンを提供していますが、こちらは固定金利となるので利用者を選ぶというデメリットがあります。

ろうきんは手数料無料?カードローンは超低金利?民間の銀行とも比較

信用金庫カードローンは、少額融資の希望者により向いていると言えます。

毎月の返済額が一定で資金計画が立てやすい!

信用金庫カードローンは、毎月の返済額が一定となっています。

毎回の返済額が同じ返済方法は元利均等返済といいます。一方で、消費者金融などが採用している返済額がだんだん少なくなる方法が元金均等返済です。

この2つの方式は、それぞれ以下のメリット・デメリットがあります。

返済方式 メリット デメリット
元利均等返済
  • 返済計画が立てやすい
  • 初期負担が少ない
  • 総返済額が多い
  • 残金の減りが遅い
元金均等返済
  • だんだん負担が少なくなる
  • 総返済額が少ない
  • 初期負担が大きい=審査時の収入基準も高くなる

元利均等返済は総返済額が多いというデメリットはあるものの、お金に困っている方が返済しやすいプランとなっています。

信用金庫カードローンは少額借り入れ・返済が可能

一般的なカードローンは借り入れ額が1万円からに設定されていますが、信用金庫のカードローンは1,000円単位から借り入れできるものが多いです。

例えば、4万5千円必要な場合、民間のカードローンなら5万円を最低でも希望しなければいけません。するとそこに利息がつき、返済額は無駄に膨れ上がります。

少額借り入れができるということは、最大限お得にお金を借りられるということでもあります。

また、提携ATMからの返済が、何と1円から可能という信用金庫もあります。

お金に余裕があるときに少額でもこまめに返していくことで、返済回数を減らし、より負担を少なくできますよ。

信用金庫カードローンは銀行・消費者金融よりも審査が甘い?

信用金庫は、会員の生活を向上させるという設立目的があるので、営利を目的とする銀行カードローンや消費者金融に比べ、弱者を救済しようとする傾向にあります。

細かい審査基準は公表されていないので何とも言えませんが、「信金カードローンの審査が厳しかった…」という口コミをあまり見かけないことから、そこまで審査基準は厳しくないと考えられます。

審査は長時間かかることもあるので要注意

信用金庫は銀行などと比べて、より丁寧に審査をおこなうと評判です。

しかし、それ故に申込から融資までかなりの時間かかることもあります。

消費者金融に比べて信用金庫でお金を借りる人が少ないのは、この融資スピードの遅さがかなり影響しています。

最短即日で借りられる消費者金融や最短1週間程度の銀行カードローンは今お金に困っている人も利用できますが、それ以上遅くなると事前に予測を立てて計画的にローン申し込みをしなければいけません。

融資を待っている間に、更に困窮してしまう可能性も考えられるので、要注意です。

スムーズにお金を借りたいサラリーマンにおすすめ!信用金庫の職域ローンとは?

近年、信用金庫は職域ローンという商品を取り扱うようになりました。

これは、信用金庫と関係深い企業の従業員向けの商品で、一般的なローンに比べて審査が通りやすかったり、金利が安かったりします。

多くの金融機関は資金用途を自由としているので、個人向けカードローンと同じように利用でき、かつよりお得な商品となります。

勤務先の企業が信用金庫と協定を結んでない場合は、人事などに相談してみましょう。

お金を借りるのは少額でもリスクあり!さまざまな方法を考慮しよう

ここまで、信用金庫の仕組みやお金の借り方を紹介していきましたが、前述の通り融資までに時間がかかるので、今すぐお金を借りたい人には向いていません。

こちらに信用金庫から以外にもお金を借りる方法がまとめてあるので、事前に読みながら自分に合った方法を選んでいきましょう。

お金を借りる方法まとめ-安全なお金の借り方【完全版】

※少額でもお金を借りるのはリスクがあります。しっかりと責任を持って実行しましょう。