お金を貯める方法は無理をしないこと!

公開日:

お金が貯まらないと感じてしまう人は世の中に増えている現在…アナタはどうですか??お金が貯まらないと言っている人は収入が少ない人や見るからにだらしない人ばっかりかと言えばそんなことはなく、一般的に収入が多い人やしっかりとしてそうな人も貯金ができていないという情報があります。それだけ貯金をしていくというのは難しいものだということが分かりますね。ただ実はこういう方々はお金を貯める方法を知らないだけだったりもします。お金が無いといってもお金はたまりませんし、まずはしっかりと貯める意識と方法を身につけて行きましょう!


お金を貯めるのはマラソンだ!!

お金がないと言っている人や貯めることができない人の特徴としてあげられるのが、節約を上手にできない人だと言います。節約をしっかりできればお金を貯めることも出来ると思いますので、秘訣を事前に教えちゃいたいと思います!あるファイナンシャルプランナーさんはこんなことを言っています。節約はマラソンと同じようなものだと。これはどういうことなのかわかりやすく説明すると、マラソンはスタートでダッシュをかましてしまうと後々息切れをしてしまいますよね??貯金でも同じではじめから勢いをつけてしまうと後々の生活が苦しくなって結果として楽をしてしまうんだそう。具体的に表現すると、普段の買い物を安く買いたいと思ってわざわざ遠いところに買い物に出掛けたりしたとしても、最初は続くかもしれませんが後々ちょっとのお金なら近くでいいや~なんてきっと思いますよね。ですので無理をせず自分のペースでずっと続けていける方法をとらないと意味がないのです。大切なことは“自分に合っている”というところと“これは面白そうだな“と感じるものを始めることだそうです。それをクリアして貯金をしていくと心拍数が一定で落ち着いてきてお金を貯めるリズムを作ることができるというわけです。更にマラソンランナーがランナーズハイになるように、貯金をしているひとも貯めることに快感を覚えはじめることもあるようですので、まずは無理をしないスタートを切ることをオススメします。無理は禁物ですよ!


食費とお小遣いは減らしてはならない!!

食費とお小遣いは無駄にお金がかかっているし節約の意味でもなるべく切り捨てよ~なんて思ってしまう方がいるかもしれませんが食費とお小遣いを節約することはオススメできません。この2つはストレス発散をするための重要な要素であると言えます。節約はマラソンと先ほど言いましたが、この2つを削ってしまうとストレスが溜まってしまい結果的に酸欠で倒れてしまう可能性が高いです。具体的に話をして行きたいと思います。まずは食費ですがこれを削減していくと美味しいものを食べる機会が減ってきてしまいますよね。もしくはバランスをとるために量を減らすなんて方法もありますが、これはこれで無意識に間食をすることが増えて余計な出費をしてしまうなど本末転倒な結果になりかねません。ですので間食などの余計な出費をなくすという意味でも朝昼夜の3食はしっかりと美味しくて栄養のあるものを食べるというのは必要なことなのです。続いてお小遣いですがこれも減らしてはいけません。仕事をしていればストレスが溜まってしまうのはもはや宿命。そんなストレスを発散する資金源はお小遣いですよね。それを減らしてしまうと結果的にストレスを発散できないことになりますよね。つまりお小遣いを減らすということはストレスを受ける幅が減るということになります。もしストレスで病気になってしまったら?医療費で余計な出費へと繋がります。もしストレスが爆発してしまったら?今まで貯めてきたお金を散財してしまう可能性もなくはないです。やはりお金を節約して貯めるにはストレスを感じないことが重要であるといえますね。


固定費の削減はストレスフリーです!

じゃぁどこで節約をしていけばお金を貯めることができるのなんて思った方もいるかもしれませんが、それは固定費を削減していくことが鍵になってきます。固定費とは毎月かかる住宅費や保険料、公共料金に通信費、携帯代金など毎月必ずかかるお金のことを指します。どうしても食費やお小遣いを減らすにはストレスを感じてしまうものですが、この固定費を減らしてその分を貯金していく方向に変えれば、収入などをあげなくてもお金を貯めることが可能というわけです。これはストレスにはなりませんよね!ちょっと設定を変えるのは面倒くさいな~なんて思っている人は良く考えてみてください!一回の行動で毎月貯金する金額が生まれるなら費用対効果が高いのは一目瞭然。節約をするためにまず考えなくてはならないのが固定費の削減とも言われているくらいなのです!!一度ご自身の固定費は削ることができないのかどうか見なおしてみると意外と無駄だった部分が出てくるなんて話もあるあるですので見なおしてみてはいかがでしょうか??


無理なく気持ちのいい貯金の形を見つけましょう!

なんども言うようですが無理してお金を貯めるのは失敗してしまういい例です。とは言え収入や生活の仕方など人によって様々なのが現実…。自分がどのようにすれば無理なくお金を貯めることができるのかしっかりと見極めをしていくことが上手に貯金をしていくコツですよ!