お金がない時は闇金に注意すること

公開日: 最終更新日:

お金がないかつ自分では稼ぐ方法が何もないということで、お金を借りて順番に返済しようと考える方はとても多いものです。しかし自分で何も考えずに、そこら辺りにある消費者金融を掴まえてお金がない状況を払拭しようとしても、もしかしたらそのサラ金はいわゆる一つの闇金だったという可能性も出て来ます。


■お金がない時にはお金を作るようにする

お金がないからどうしようもないと嘆く方はとても多いのですが、それならしっかりと計画を立てて自分なりにお金を用意するようにすれば良いのです。
そこでおすすめなのがサラ金のカードローンを利用する方法です。
(この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:アイフル

カードローンであれば自分の都合に合わせて金額を調整することが可能ですし、返済する金額も自分で計画して分割したりリボ払いにしたりすることが可能になるのです。
自分の収入の中で大きい金額で利用することが難しいのであれば、分割して一度に出費する額を減らすことで自分のお金を自由に使えるように幅を広げることが可能になります。
しかしここでどうしても考えて頂きたいこととして、その融資を受ける先の消費者金融をしっかりと見極めることをして頂きたいのです。


■利用する際には事業者登録されているか確認すること

消費者金融と言う言葉は実はサラ金のことを指す言葉でもあるのです。サラリーマン金融という言葉を略してサラ金と言うのですが、消費者金融はそのサラリーマン金融をもっと身近なものにするために作られた言葉です。その対抗にある言葉であるのが闇金という消費者金融です。この闇金というものは高すぎる金利や法外の取立てを行う金融機関のことで、裏ではヤクザが牛耳っている組織であるため警察も物証を掴めないと逮捕出来ないという、とても面倒なものと言えます。そして一度契約をしてしまうと法律外の事柄を行い、恐怖を剣としてどんどん人の人生を切り崩していきます。弁護士や裁判所に駆け込むという手もありますが、自分が最初に見極めておけばこのような事件に巻き込まれずに済むのです。
法外の事柄を平気な顔でやらかす人間達なので、実は法律に則った金融機関の登録手続きを行なっていないとう場合が闇金にはとても多くあります。法律ではお金がないという方にお金を貸すという行為を生業とする場合、金融機関の事業者登録というものを行い業者の番号を取得する必要があるのです。契約をする際にもそれを明示せねばならず、一意の番号であるためその金融機関が本物か偽物かは瞬時に判別することが可能になります。
闇金に一度でも契約をしてしまうと個人情報が露呈し、自分の名前や住所が売られてしまうという可能性もあるのです。お金がない場合は闇金ではなくサラ金からカードローンなどの融資を受けるようにするために、きちんと事業者番号を聞いて確認をするようにしましょう。