お金を稼ぎたい人必見!実際に治験へ申し込んでお金を稼いだ時の話

薬を飲む男性

みなさん、めっちゃ楽してお金稼ぎたくないですか?
一日中寝転んで漫画を読んだり、たまにテレビゲームやDVDを観たりして、お金を稼ぎたくないですか?
私は実際に4泊5日×2回、上記のような生活をして15万円稼ぐことができました。(もちろん3食つき)
なぜ、私がこんな生活をしてお金を稼げたかというと、「治験ボランティア」に参加したからです。
しかしこんなに楽をしてお金を稼げる方法があるというのに、治験について詳しく紹介している記事はあまりありません。
あまりに美味しい話だから人に知らせたくないのか、それても何かしら裏の力が働いているのか…。私には分かりませんが、とりあえずこの記事では私が治験に行ったときの話をしてみようと思います。
ちなみに3年前ぐらいの出来事なので、当時の写真や詳しいデータは残っていないのでご了承ください。(というか、詳しい内容を第三者に話すのは禁止されていたような…まあ、大丈夫か)

治験ボランティアって何をするの?

そもそも治験とは、まだ国から承認を受けていない新薬を投与して、安全性や効き目を確かめるものです。治験ボランティアはその被験者ということです。
一応ボランティアということで、医療の発展のために貢献することが主な目的です。しかし実際には支払われる謝礼金を目当てに参加する人がほとんどですね。まだ国から承認を受けていない薬を投与するということで不安に思う方もいますが、これまで治験による死亡事故は国内では公になっていません。(ある意味怖い?)

治験ボランティアってどうやって申し込むの?

「治験」は人づてに紹介されなければ参加できないと思っている方もいますが、そんなことはありません。今の時代ネットで検索して、WEB上で応募することができます。
しかし「治験」や「治験ボランティア」と検索して出てくるサイトは、治験ボランティアを募集している病院を紹介するただの仲介業者です。当然報酬から仲介料も引かれてしまうのでおすすめしません。
そこで直接病院へと申し込みたい方は、「創薬ボランティア+希望する地名」で検索してください。そうすれば治験ボランティアの参加者を募集する病院が表示されるはずです。
詳しい案件は会員になってから見ることが出来るので、とりあえず信頼できる病院が見つかったあとは、会員登録を済ませてしまいましょう。
(会員登録では氏名や連絡際、健康に関する質問などに答える必要があります。)
ちなみに、私の場合は大学の先輩に紹介されて病院へと会員登録しました。会員登録の際に紹介してくれた人の名前を入力すると、紹介した人に5000円のキャッシュバックがあったようです。ただでお金をあげるのは気にくわなかったので、先輩の名前は入力しませんでした。

会員登録すると募集案件を見ることができます

会員登録を済ませると、募集案件の一覧を見ることができます。
日程や参加条件などが記載されており、希望する治験に参加することができるのです
私が見たときは、「3泊4日×2+通院2回」というように、宿泊と通院型をミックスした形が多かった記憶があります。中には通院しかないものもあり、手軽に参加できるものもありました。
この段階では詳しい謝礼金(一応ボランティアなので、貰えるお金は謝礼金と呼ばれます)は説明されませんが、大体1泊あたり1万円強、通院一回で5千円弱と計算していいでしょう。負担やリスクによって細かな値段は変わりますが、そんな危ない治験は一般人では受けられないので安心して大丈夫です。
私の場合、4泊5日×2回に通院が2回、これで合計15万円程度だったと思います。
(4泊5日の後に通院が1回で1セットのイメージ)地味に通院が面倒でした。

治験に募集するとどうなるの?

自分が希望する案件に募集したあとは、健康診断の実施日の案内がきます。
治験は参加者全員が同じ条件で治験に臨まなければ意味がないらしく、集合時間はかなりうるさく注意されます。健康診断だけでなく、治験期間中は遅刻をすれば即刻治験打ち切りとなるので、時間の管理はしっかりしておきましょう。
倍率の大きい案件の場合、健康診断の成績順によって参加者が決まります。そのため健康診断の1週間前から健康には気を配るようにしましょう。

健康診断に通りやすくなるコツ

健康診断では血液と尿検査、加えて体重や心拍などの検査があります。
体重や心拍などはよっぽど問題がない限り大丈夫です。体重で健康診断に引っ掛かる方は治験より先に自分の体を大切にしてください。
治験に参加できるかどうかは、血液と尿検査の結果にかかっています。日ごろから不健康な生活をしていると、ダイレクトに影響する部分なので不安な方も多いでしょう。
そこで私が実践していた裏ワザは、「健康診断の当日は早起きすること」と「とにかく水を大量に飲むこと」です。
どちらか実践するのではなく、必ず両方行ってください。
最低でも集合時間の3時間前には起きて、水を大量に摂取してください。採血や尿検査を行う前に3回はトイレに行っておくといいでしょう。大量に水を摂取することで、血液をサラサラにすることができ、一時的に綺麗な血液にすることができるのです。
この裏ワザを実践した私は健康診断に受かりましたが、全然信じていなかった友人は健康診断に落ちていたので、信頼度はかなり高いです。

治験中の一日のスケジュールを教えて!

治験中の一日のスケジュールはこんな感じです。

治験中の一日のスケジュール

注目して欲しいのが自由時間の多さです。ちょっとこれだけでは伝わらないので円グラフにもしてみました。

治験中の一日のスケジュール(円グラフ)

見ての通り一日の半分以上が自由時間です。自由時間といっても病院の外へ出ることは出来ません。違う階にも行くことは出来ないので、基本的に病室かユーティリティスペースみたいな場所で時間を潰すことになります。この自由時間の多さが治験で最もきついところです。
一応病院が用意した漫画やゲームで時間を潰せるのですが、何日も健康な状態で病院の中にいるとどうしても飽きてしまいます。これから治験に参加するという方は、前もって暇つぶしグッズを揃えておくことをおすすめします。
私の場合、ひたすら漫画を読んで時間を潰していました。あだち充先生、お世話になりました。

報酬はすぐに貰えるの?

健康診断 1000円~2000円
通院 5000円~10,000円
入院 20,000円程度
治験終了後 残りの謝礼金全額

私が参加した治験の場合、治験前の健康診断では交通費を貰うことができ、治験が始まってからは通院&入院のたびに謝礼の一部を受け取ることができます。そして、すべての治験プログラムが終わったあとに、残りの謝礼金が一括で支払われる形となっています。
一回の治験が終わるまで、大体1カ月程度かかってしまうので、小分けでお金を貰えるというのは非常に助かるシステムでした。

治験って危なくないの?

治験は実際に薬を体に投与するので、リスクが100%ないとは言い切れません。しかし日本国内で行われる治験の殆どがジェネリック医薬品など、安全性が保障されている薬の最終確認です。本当に危ない治験は大抵海外で行われています。(海外で行われる治験は更に高額なんだそうです)
また治験で入院している間は健康的な食事が3食出るので、逆に健康になって退院するという人が殆どです。
もちろん本来は必要ない薬を投与するわけですから、何かしらのデメリットはあるかもしれません。数年前に治験を経験した私は、今のところ何の問題もなく生活は出来ています。

女性や未成年でも治験には参加できるの?

治験で応募される人たちは多種多様で、女性の方のみを対象にしたものや、高齢者のみを対象にしたものもあります。
しかし未成年の場合、本人の意思だけでは確認できず、一般的に応募されていません。たばこ・酒・治験は20歳からと覚えておきましょう。
また、基本的に女性を対象にしている治験以外は、男性のみを対象にしていると考えていいでしょう。治験期間中、被験者は同じ病室で何日も過ごすことになります。安全性を考えても女性と男性が同じ治験プログラムを受けることはありません。

まとめ

実際に治験を体験した際の記憶をもとに、治験ボランティアについて紹介してみましたがいかがでしたか。短期間でお金を稼ぐ方法として治験はかなりおすすめですが、拘束時間も長いので、すでに働いている人には参加は厳しいのかなと思います。
なお、一度治験に参加すると、最低半年は次の治験に参加することは出来ないので、本格的に治験で稼ごうと考えている方は、長期的なスケジュールを組んで考えるといいでしょう。

関連記事:やってはいけない6つのお金の稼ぎ方【男性・女性別】