お金がないからと夢を諦めていたNさんの体験談

お金があれば夢が叶う…なんてことは決してありませんが、お金がなければ掴むことが出来ないチャンスというのも山程あります。
そこで、今回は消費者金融からの融資で夢を掴むきっかけを掴んだ一人の男性の体験談をご紹介致します。

Nさんのスペック
年齢 32歳
家族構成
最高債務額 250万円
現在の債務額 20万円

絵を描くことでご飯を食べて行きたいと考えていたNさんですが、夢であった海外留学はお金の都合から諦めかけていました。
そんなNさんの背中を押してくれたのが、消費者金融の目的ローンだったのです。


絵の勉強のために海外留学へ!

飛行機を下から見た写真

僕は小さい頃から絵を描くことが好きだったので、将来的には絵を描くことを職業にしたいと考えていました。
そのため、芸術大学を出てからは、知人の紹介から小さなデザイン会社で働いていたんです。
給料は多くなかったのですが、職場の雰囲気も良くて気に入ってはいました。
ただし、ずっと自分の中ではやりたかった仕事と、現実の仕事との乖離というものは感じていました。
そんな悩みを大学時代の恩師に相談すると、海外留学の話を持ちかけられたのです。

正直、今の状況を打破する魅力的な話でした。
海外の文化に触れることで、これまでにない新しい感性を磨けるかもしれない、と。
ただ、そこで問題になったのが留学のための資金だったのです。
僕の家はそこまで裕福というわけではなく、大学も奨学金で通っていたので海外留学資金の融資を頼むのは無理でした。
あの頃ほど、自分にお金がないということが悔しかったことはないですね。

意外と多い?お金がないから夢を諦める人たち

よくお笑い芸人など若手時代の貧乏話をしていますが、実際問題お金がないと生きていくことが出来ません。そのため、夢を追いかける時間を削って仕事をせねばならず、いつの間にか夢を諦めてしまうという方も多いようです。しかし、そういった時こそ消費者金融や銀行からの融資を活用すべきなのです。

 


消費者金融の目的別ローンは低金利!?

下がっていく数値を示すグラフ

そんな僕に残された道は、夢を諦めるのか、どこかからお金を借りてくるかでした。
しかし、お金がないから夢を諦めるというのは絶対に後悔するだろうと考えて、僕は消費者金融の融資について調べてみることにしたんです。
すると、目的別ローンという金融商品があることを見つけました。
これは、簡単にいえば、利用目的が決まっている人に行われる融資のことで、通常のカードローンと比べても圧倒的な低金利でお金を貸してくれるサービスだったのです。

早速、僕はこの業者に連絡して、留学のための費用として融資を受けたいと申請をしました。
すると、すぐに審査へと移行してくれて、数ヶ月向こうで勉強出来る分の費用を融資してもらえることになったのでした。

目的別ローンは金利が低くなる?

一般的に利用目的が自由なカードローンよりも、利用目的が決められている目的別ローンのほうが金利は低くなります。目的が決まっているということは、計画的な融資であることが見込まれるため、返済もスムーズに行われると信頼されるからです。夢を追いかけている方はぜひ積極的にこの目的別ローンを利用しましょう!

 


Nさんはその後、半年間の海外留学を経て、現在では個人事務所を開いて様々な作品制作にとりかかっているようです。
その背景にはやはり、海外で触れた異文化の刺激というものが大きかったと語っていました。
もちろん、融資を受けて夢に向かってトライするというのはリスクもあります。
また、夢を諦めたからといって不幸せになると決まったものではありません。
結局は、自分がどういう選択肢を選べば後悔しないのかよく考えることが重要で、消費者金融や銀行などの融資はその手助けになる便利なツールといえるでしょう。