おまとめローンはブラックでも審査に通る?

公開日:

おまとめローンは、借り入れの管理がしやすくなる、などのメリットがあります。

ただ、このローンの審査では必ず信用情報がチェックされますので、実際は誰もが利用できるというわけではありません。

例えば、いわゆるブラックの状態だと、返済が滞るリスクが高いことから、審査には落ちてしまうケースが多いです。このような方は、とくに無担保のおまとめローンは諦めたほうが良いでしょう。

ブラックの場合のおまとめローンについて、ここでは解説していきます。

審査の甘いおまとめローンはどこ?審査基準と落ちる人の特徴・落ちた時の対処法

ブラックとはどんな状態?

ブラックの状態になってしまう原因はいろいろありますが、とくに多いのはクレジットカードや信販会社のローン、カードローンの延滞です。

このようなクレジットカードやローンの返済が滞って強制解約になると、事故の履歴が異動情報として信用情報機関のデータに登録されます。

たびたび延滞を繰り返したことで契約を解除されてしまった場合には、その事実が個人の信用情報にも反映されてしまうわけです。

また、債務整理などを行ったときにも、信用情報機関のデータに記録されます。実のところ、信用情報にも影響を与えるのが、自己破産や個人再生などの債務整理です。

ブラックの状態になった場合は、一定期間はクレジットカードやローンの契約ができなくなります。返済が滞っている状況から、「経済状態が悪く返済能力がない」と判断されてしまうわけです。

また、事故の履歴があると、ルールを守れない人というイメージも少なからず与えてしまうことになります。経済的な面で信用を失っているのが、ブラックの状態と言えるでしょう。

即日融資で審査激甘の中小サラ金業者をピックアップ!

ブラック情報は各金融機関が共有している

信用情報機関のデータに記録されている異動情報は、カードローンを提供している金融機関や消費者金融の間で共有されます。

審査の際に金融機関や消費者金融が信用情報機関のデータをチェックすると、このような異動情報の有無が分かる仕組みになっています。

担保を提供しない無担保のおまとめローンなどは、必ずと言ってよいほど審査の際に信用情報についての詳しい調査が行われます。

担保の提供がない場合は、返済が滞ったときに不動産などの財産を現金化して返済に充てるといった方法は不可能です。

したがって、審査をする側にとってもその方の経済力が重要になってくるわけです。

複数のローンをまとめるおまとめローンは、概して融資の金額が大きくなります。そのため、ブラックの状態だと「いつ返済が滞るか分からない」という不安を融資する側に与えてしまいまいます。

融資に伴うリスクが高くなりますので、そのまま審査を通過させる金融機関や消費者金融は少なく、ブラックの方がおまとめローンを利用するのは難しいのが一般的です。

ブラック情報は5年~10年信用情報に残る

ブラックの情報が信用情報に残る期間は、大体5年から10年です。

履歴が残っている期間は、実のところ信用情報機関によって少しずつ違います。

例えば、銀行などが加盟している全国銀行個人信用情報センター(KSC)の場合、延滞の履歴が残る期間は5年間です。

また、任意整理は5年間、個人再生や自己破産は10年間のあいだデータに記録されることになっています。

また、割賦販売法、貸金業法指定信用情報機関であるCICは、延滞の履歴が5年間、自己破産の履歴が5年間残ります。

こちらの信用情報機関の場合は、任意整理や個人再生をしたときにはとくに記録が残りません。

日本信用情報機関(JICC)は、延滞の履歴は1年以内、任意整理や個人再生、自己破産はいずれも5年間履歴が残るシステムになっています。

審査に通過するかどうかは、クレジットカード会社や金融機関がどの信用情報機関のデータを参考にしているかによって、多少変わってくるかもしれません。

担保があればブラックでも審査に通る可能性あり

土地や家などを担保として提供するときには、例えばブラックの状態であったとしても審査に通る可能性がでてきます。

この場合、審査に通過するかどうかは、提供する担保の価値で大体決まってきます。例えば、地価が高い都会の一等地などに土地や家を持っていれば、ブラックの方でも審査に通りやすくなるかもしれません。

万が一、本人が借りたお金を返済できなくなった場合には、こういった担保を売ることで一定のお金が得られます。

直接本人から返してもらわなくても、融資をする側に債務をカバーできるだけのお金が入るのが、担保を提供した場合です。

そのため、本人に盤石な経済力がない場合でも、融資にOKを出す金融機関や消費者金融もあります。

ただ、こういった担保を提供して融資を受けると、万が一返済が滞ったときには債務の代わりとして担保は取られてしまいます。

したがって、一定のリスクがある点は考慮しておいたほうが良いでしょう。

おまとめローンだけでなく債務整理も検討しよう

債務整理のデメリットに挙げられるのが、信用情報に傷が付いてしまう点です。

信用情報機関によっては、任意整理や個人再生をした場合にも一定の期間は事故の履歴を残しています。

クレジットカードや信販会社のローンが利用できなくなるなどは、デメリットになるでしょう。

自己破産の場合は、家などの財産を処分しなければならないところもデメリットです。ただ、債務整理には、行き詰まった借金の問題を合法的に解決できるというメリットもあります。

例えば、任意整理を選択すると、弁護士や司法書士のサポートを得て債務者に利息分を減額してもらうことができます。

毎月の返済額を減らすことも可能で、負担が少ないやり方で問題を解決できるのがこの任意整理のメリットです。

個人再生では、裁判所を通して手続きをすることで、債務の減額が可能になります。また、自己破産の場合は、債務の全額が免除される点が何と言っても大きなメリットになるでしょう。

おまとめローンの審査に通らないときや、返済を続けるのが難しいときには、債務整理を検討してみるのも1つの方法です。

おまとめローンと債務整理はどちらがお得?内容を徹底比較!

自分がブラックか確かめるには?

絶対に通ると見込んでいたおまとめローンの審査に落ちてしまった場合は、自分の信用情報に問題がないかどうかを一度確認してみましょう。

信用情報機関に登録されている自分の情報は、開示請求をすれば知ることができます。

例えばCICでは、4つの方法で情報の開示を行っています。パソコンやスマホを利用すれば、短い時間で自分の信用情報を把握できるのがCICの情報開示のサービスです。

郵便や窓口に出向いて開示請求をすることも可能で、なぜ審査に落ちたのかを知りたいときには利用してみる価値があります。

開示された内容を見て、万が一身に覚えのない情報が登録されていたときには、すぐに信用情報機関に削除を依頼しましょう。

知らない間に事実と異なる情報が登録されていると、自分がブラックの状態であると気付かずに長期間過ごしてしまうことになります。

何らかの心当たりがあるときでも、事実と相違ないか否かをしっかりと確認しておくのがベストです。

ブラックでもOKの消費者金融は闇金の可能性

ブラックになってしまったときに気を付けたいのが、「ブラックでも即日で借りられます」といった宣伝を行っている業者です。

インターネットで検索をすると、実際にブラックの方でも借りられるという業者がヒットしてくることがあります。

このような業者は、消費者金融を装った闇金の可能性がありますので注意をしましょう。

一般の消費者金融の場合は貸金業協会などに登録をしているため、所定の登録番号を取得しています。

県知事登録や財務局登録があるかどうかも、ぜひ確認しておきたいところ。どこを探しても全く登録の状況が確認できない場合は、未登録の貸金業者ということになりますので、少し気を付ける必要がでてきます。

いわゆる闇金は、貸金業法や出資法などの法律を遵守していない可能性が高く、利息も法律で定められた利率よりも高くなっていることが多いです。

便利なおまとめローンなどを紹介していても、無暗に申し込みをしてしまうのは避けましょう。

ブラック情報を消す裏ワザはないの?

信用情報は、個人の住所や氏名をもとに調査されるのが一般的です。

住所や氏名が変わると過去の信用情報から切り離されるケースが多いため、金融機関でもその方の情報を辿れないケースが多々あります。

実のところ、結婚してから苗字や住所が変わったときなどは、金融機関としても過去のブラックの情報を得るのが困難になってきます。

結婚後に夫の姓を名乗ることが多い女性は、このような事情からブラックの情報が後に消える可能性がでてきます。

ただ、おまとめローンを提供する金融機関側もこういった事情は重々承知しています。そのため、申し込みの際には、以前の苗字や住所などをしつこく聞いてくるケースが少なくありません。

金融機関側からこの手の質問があった場合は、旧姓も伝えなければならなくなりますので、最終的に過去のブラックの情報を見られてしまう場合もあるでしょう。

しかしながら、履歴がデータに残る5年から10年の期間を過ぎているときは、過去のブラックの情報は既に消えている可能性があります。

虚偽の情報で申し込むのは犯罪です

どうしてもおまとめローンの審査に通過したい場合、嘘の住所や氏名を伝えて申し込みをしてしまう方もいるかもしれません。

しかしながら、このような行為は1つの犯罪になります。

事実と異なる内容を故意に伝えて取引を使用とすると、詐欺罪に該当する可能性があります。ちなみに、詐欺罪の処罰は、10年以下の懲役です。

年収を多く申告するなど、ほんの少しでも事実と異なる内容を伝えると、最悪の場合にこういった処罰の対象になってしまいます。

審査の際には、収入証明書や源泉徴収票などの書類、在籍確認で申し込み書の内容と事実が一致しているかどうかを厳しくチェックされます。

不正な方法で行った申し込みは無効になるのはもちろん、金融機関が警察などに訴えた場合は大事になってしまうのが問題です。

添付する書類を偽造するといった悪質な方法を取ると、万が一嘘がバレたときには罪も重くなるでしょう。

バレるバレないにかかわらず、ローンの申し込みの際に虚偽の申告をするのは絶対にやめましょう。

ブラック状態の方は絶対借金しないようにしよう!

ブラックの状態でも、借りたお金は後に返済しなければならなくなります。

複数のローンをまとめたおまとめローンの場合は、返済額もまとまった金額になるでしょう。

このようなおまとめローンの返済が滞ると、さらに事態は深刻になります。最終的に返済に行き詰まる可能性もありますので、ブラックの状態で新たに借金をするのは少し考え物です。

おまとめローンの利息などが少しお得に思えても、自身の状況を考えて冷静に判断を下しましょう。

おまとめローンを利用すべき人の条件!おすすめの業者と審査に通るコツ