おまとめローンはクレジットカードのリボ払いにも使える?一本化したほうがお得になる?

公開日:

おまとめローンはクレジットカードのリボ払いにも利用することができます。

現在、複数のクレジットカードのリボ払いを利用している人は、おまとめローンの利用を検討してみるといいでしょう。

リボ払いを一本化すれば、金利を抑えてお得に返済できるので、毎月の負担もぐっと楽になります。

ただし、おまとめローンの使い方を間違えると、逆に損をする可能性もあるので注意が必要です。

今回はリボ払いをおまとめする際の注意点や、おまとめローンの正しい利用方法などについて解説します。

総量規制対象外のおすすめカードローンはこちら!審査は甘い?おまとめローンの場合は?

リボ払いは利息がどんどん増えやすい

クレジットカードのリボ払いとは、毎月決まった金額を支払う方法です。

毎月支払う金額はクレジットカード会社によって異なりますが、月々の支払いを数千円程度に抑えることも可能なので、一括払いをすることが難しい場合や、毎月の返済負担を抑えたいときに役立ちます。

即日発行可能なカードローン!今すぐ借り入れしたい人におすすめ!

一見便利そうに見えるリボ払いですが、使い方によっては非常に危険があるので注意しなければなりません。

リボ払いだと、毎月少額だけ支払えばいいことになるので、いつまでたっても元本が減らずに、手数料ばかり支払う羽目になってしまいます。

長期間リボ払いを続けていると、手数料の金額が元本を上回ることもあります。

リボ払いのもう一つ危険な点は、お金の感覚がおかしくなってしまうことです。

「リボ払いで返済すればいい」と思い、自分の収入に見合わない高級な物に手を出してしまう可能性もあります。

リボ払いは負担を感じにくいため、気がついたら借金が大幅に増えていたなんてこともありえます。

リボ払いの仕組みと計算方法・手数料の安いクレジットカードランキング!

複数のリボ払いを抱えているならおまとめローンが断然お得

複数のリボ払いを抱えていて、いつまでたっても元本が減らずに困っているのであれば、一本化して返済していくのがベストです。

おまとめローンを利用してリボ払いを一本化すれば、毎月の返済を一つにまとめることができるため、無駄な手数料や手間がかからず、計画的に返済していくことができます。

リボ払いの実質年率はクレジットカード会社やカードの種類によって異なりますが、18%ほどの利息がかかります。

一方、低金利のおまとめローンの実質年率の下限は3%程度となっているため、おまとめローンを利用するだけで毎月の負担を大幅に省くことができます。

例えばA社から30万円、B社から40万円、C社から30万円ずつの合計100万円、それぞれ金利18%で借りている場合、月々の返済だけで合計5万円ほどの出費になります。

これを金利の低いおまとめローンにすると、毎月の返済を1〜3万円に抑えることが可能です。

1社でも借り換えで利息をお得にできる

借り換えローンとは、その名の通り、金利の低いローンに借り換えるための商品です。金利の低い借り換えローンを選べば、毎月少ない負担で完済を目指すことができます。

借り換えローンとおまとめローンの違いは、借り換える数です。借り換えするのが1社だけの場合は「借り換え」、複数社の場合は「おまとめ」に分類されます。

たとえ1社だけであっても、利息をお得にできるのであれば、借り換えローンが向いています。

利息が少なくなれば、月々の返済額を減らすことができるため、結果的に完済までの道のりも短くなります。

現在、金利18%の消費者金融のカードローンを組んでいるのであれば、低金利な銀行のカードローンに借り換えるだけで、毎月の返済負担をぐっと抑えることができるでしょう。

現在利用しているクレジットカードの利息が高く、利便性も良くないと感じているのであれば、借り換えローンを検討してみましょう。

おまとめローンにおすすめの低金利の銀行をご紹介!

通常のショッピング枠はおまとめできない?

クレジットカードのショッピング枠は、おまとめローンの対象にならない業者が多いので注意が必要です。

これは、キャッシング枠とショッピング枠は適用される法律が違うために起こることです。

おまとめローンは「貸金業法」のもとで規制されていますが、クレジットカードのショッピング枠は「割賦販売法」で規制されています。

そのため、貸金業者としては、クレジットカードのショッピング枠をまとめることができません。

キャッシングのおまとめと同じ要領でショッピング枠をまとめようと考えている人は、この点に注意が必要です。

ただ、稀にショッピング枠のおまとめに対応している金融機関もあるので、そこに申し込めばまとめることができます。

ただし、今より金利が高くなってしまったら意味がありません。ショッピング枠をまとめて返済負担を抑えたいのであれば、金利面まできちんと確認しておきましょう。

おまとめローンの審査に落ちてしまったら?

おまとめローンにも審査があるので、審査に通過できなければ、借金を一本化することはできません。

ただし、審査に落ちたからといって諦める必要はありません。おまとめローンを利用できない場合は、通常のカードローンへ申し込むのも一つの手段です。

今の借入金利よりも低い金利の通常のカードローンから借り入れをし、借りたお金でもともとあった借金を一括返済すれば、借金を一本化することができます。

これは、ショッピング枠のおまとめにも有効な手段なので、現在リボ払いで悩んでいる人は試してみるといいでしょう。

一見すると邪道な方法ではありますが、借金地獄にハマって自分の信用に傷をつけるくらいなら、このようなやり方でうまく回避するのも一つの方法です。

銀行のカードローンであれば消費者金融よりも金利が低いので、おまとめローンの審査に落ちてしまった場合に活用してみましょう。

審査の甘いおまとめローンはどこ?審査に通りやすい人の特徴

手遅れになる前に任意整理も検討しよう

いつまでもリボ払いを続けていると、借金地獄に悩まされることになります。毎月の返済が厳しいと感じてきたら、手遅れになる前に任意整理を検討してみましょう。

任意整理をした場合、原則として利息をカットできるため、元本だけの返済に集中することができます。

結果的に完済も早めることができるので、毎月の返済がかなり楽になります。個人再生や自己破産と違って裁判所を通さずに手続きできるため、勤め先や家族にバレる心配もありません。

ただし、任意整理をしてしまうと信用情報機関にその情報が登録されてしまうため、今後5年間新たに借入することができません。

また、個人再生や自己破産に比べて債務を減額させる効果が高くないため、多額の借金がある場合は効果をあまり感じない場合もあります。

メリットとデメリットを考慮した上で、本当に任意整理すべきかどうか慎重に判断しましょう。

任意整理を弁護士に依頼すれば、3〜6ヶ月程度の短期間で手続きが完了します。

弁護士と面談して委任契約を締結すれば、弁護士が各債権者に受任通知を送付します。受任通知の到着後は各業者からの請求がストップするため、支払いをする必要はありません。

和解交渉などはすべて弁護士が行ってくれるため、特に何もする必要はありません。裁判所に出向く必要もないため、あとは和解交渉の結果を待つだけです。

おまとめローンと債務整理はどちらがお得?メリット・デメリット

リボ払いをおまとめする際の注意点

適用金利が下がるように注意

おまとめローンを選ぶときに重要になるのは金利です。

リボ払いは通常18%の金利が適用されます。そのため、おまとめローンの金利は18%以下でなければ損をする可能性があるので十分注意しましょう。

ろくに調べもせずに利用してしまうと金利が上がってしまい、返済が苦しくなることもあります。

そのような状態を避けるためにも、おまとめローンは事前の下調べが必要不可欠です。

おまとめローンであれば簡単に借金を返済できると考えず、今より金利が下がるかどうか必ずチェックするようにしてください。

「審査に通りやすいから」といった安易な理由で、高金利のおまとめローンを選ぶのは禁物です。

おまとめローンの金利を比較する際は、実際に適用される金利で比較して判断するようにしましょう。

希望的観測で低い金利で比較すると損をしたり、返済が大変になることがあるのでやめたほうが無難です。最大金利で比べるのが現実的だといえます。

毎月の返済額を事前に確認

おまとめローンを利用する際は、必ず事前に返済シミュレーションを行ないましょう。

おまとめローンは金利が下がっても、毎月の返済額が増えることもあるので注意が必要です。

せっかくおまとめローンを利用しても、返済額が増えて生活が苦しくなっては意味がありません。

現実的な返済可能額でないと、返済が遅れてしまう可能性があります。利用する前に毎月どれくらいの返済額になるのか確認して、無理のない返済プランを立てましょう。

借金の金額によって最適な金融機関は異なるので、事前に自分で計算して判断しなければなりません。

まずは現在の借金の総額を出し、毎月どれくらいの金額であれば返済できるのか算出してみましょう。

ウェブサイト上にある返済シミュレーションを利用すれば、返済回数や利息の計算を簡単に行うことができます。

おまとめローンを利用しても周囲にばれない?

おまとめローンの場合、契約書など見られない限り、家族や勤務先など周囲にバレる心配はありません。

ただ、契約書は自宅に郵送されるため、同居している家族にバレる可能性があります。

契約書を自宅に郵送されたくないのであれば、WEB完結できる金融機関に申し込むか、ローン契約機のある金融機関に申し込みましょう。

電話連絡を自宅に設定しておくと家族にバレる可能性があるので、注意が必要です。申し込む際に自分の携帯電話に指定しておきましょう。

周囲にバレないようにいくら努力していても、返済に遅れると自宅に郵送物や催促の電話がかかってきます。

家族に絶対にバレたくないのであれば、毎月きちんと返済することが大事です。

返済が遅れたままの状態だと、郵送物や電話をやめさせることができません。返済が遅れたことに気づいたら、早めに入金しておきましょう。

おまとめローンの相談はどこにするべき?消費者金融?銀行?

リボ払いは早めに完済したほうが断然お得

リボ払いの期間が長引けば長引くほど、余分に手数料が発生してしまいます。

早めに完済すれば、手数料も安く抑えることができるので、最終的な支払い総額を安く抑えることが可能です。

一見、毎月少しずつ返済した方がお得に見えますが、最終的な総額を比較すれば、早めに完済したほうが断然お得です。

これからリボ払いを利用する際は、早めに返す目標を立てましょう。

1日も早く完済するためにも無駄使いはせず、借金の返済を優先させることが大事です。