おまとめローンと債務整理はどちらがお得?内容を徹底比較!

公開日: 最終更新日:

おまとめローンって、本当に得なのかわかりづらいですよね。

実際に使っても、返済ペースが速くなるとか、返済額が抑えられるようなイメージというのは少ないかもしれません。

同じように返済額を抑えるサービスとして、債務整理も挙げられています。

債務整理とおまとめローンは、まったく違うサービスなのですが、どちらの方が得をしているのか気になるでしょう。

実際に債務整理を利用する場合と、おまとめローンを使う場合の違いについて説明します。

おまとめローンと債務整理は考え方に大きな違いが

おまとめローン 債務整理
利息 今後も発生し続ける(以前よりは低くなる) 原則0になる
過払い金 戻らない 戻る可能性もある
信用情報のキズ つかない つく

そもそも、おまとめローンと債務整理は何が違うのでしょうか。字義通りに考えると「借金をまとめる」おまとめローンと「借金を整理する」債務整理ということですが、これだけでは違いが分かりにくいですよね。

そこでここからは、それぞれの内容の違いをわかりやすく解説していきます。

おまとめローンは借金の一本化が目的

おまとめローンを利用する目的は、ズバリ借金の一本化です。

複数社から借りていたローンの返済窓口を1つに集約することで、返済の管理が楽になります。

更に、おまとめローンは利用前より一本化した後の金利が低くなっている必要があるので、おまとめ前より必ず利息が減り、返済が楽になります。

ただ根本は借金を減らす・なくすのではなく、あくまでまとめるのが目的です。

債務整理は借金の減額が目的

債務整理は借金を整理する5つの方法の総称です。その5つの方法とは、以下の通りです。

方法 内容
任意整理 債権者(ローンを借りている金融機関)と話し合い、利息のカット、返済額の減額などをおこなう方法。毎月の収入が返済額に届かない方におすすめ。
特定調停 債権者と話し合い、返済方法自体を変える方法。簡易裁判所に申し立てる必要あり。
個人再生 返済額を大幅に減らす方法。ただし、減額後3年以内の完済が必要だったり、裁判所手続きが複雑だったりと、扱いが難しい。
自己破産 裁判所に申し立てて借金を全額免除してもらう方法。ただ、家などの財産を提供する必要がある。
過払い金返還請求 利息制限法の金利を超えて払い過ぎている場合、利息の返還を要求する方法。

上記のうちどの方法を利用するかは、弁護士・司法書士に相談した上で適切なものを教えてもらった方が良いです。

おまとめローンは得をするサービスなのか

おまとめローンは、借金を1つにまとめることで返済額を調整していくサービスです。

ローンという契約によって、最終的には借金の完済が必要となりますが、多重債務を抱えている方にとっては非常に使いやすく、そして借金を1つにまとめることで返済額を大きく減らせるメリットを持っています。

実際におまとめローンを利用していく場合、メリットとデメリットがあるのかをまずは紹介しましょう。

おまとめローンのメリット

おまとめローンは、多くの会社が提供しているサービスです。

従って会社の選択肢が非常に多くありますし、多くの方に利用しているおまとめローンであれば信頼性も確保できるでしょう。

しかも、低金利で借りられるおまとめローンも増えていますので、現時点で借りている借金よりも金利を抑えて、返済額を数万円程度減らせるチャンスがあります。

また、おまとめローンを使えば、多重債務が一気に解消されます。

1つに借金をまとめるサービスを活用して、複数の会社に返済を行っている状態が消えます。

これは、返済のタイミングが1回で終わるメリットに加えて、利息が多く発生している状況も減らせるので、おまとめローンを使えば返済のタイミングを1回だけ守れば、返済できるメリットも出てくるのです。

おまとめローンのデメリット

一方で、おまとめローンにはデメリットも存在します。

一番の問題点として、おまとめローンを利用しても金利が下がらず、あまり借金の減額には貢献しない点です。

おまとめローンは、借金を減額するために活用するというより、多重債務を1つの借金にまとめて利用するサービスです。

減額を狙う方には全く効果が得られず、利息を多少軽減したとしても大きな借金の返済は続ける必要があります。

また、おまとめローンの審査は厳しい会社もありますので、審査を通過できなければローンを利用できません。

かと言って審査の甘い会社を利用していると、金利の高いローンを使うことになり、場合によっては返済額が逆に増える問題点もあります。

金利によって利息を減らしたいと思っているなら、厳しいローンの審査を覚悟しなければならないのです。

債務整理を利用すると借金の減額が可能

一方で、おまとめローンとは異なる方法で借金を減額している方法が債務整理です。

債務整理は、主に3つの方法が用意されています。

任意整理と呼ばれる少しだけ借金を減額していく方法、大掛かりな任意整理に該当する個人再生、そして借金を全額帳消しにする自己破産の3つから、債務整理を選択して実際に行います。

ここからは、借金の減額が可能である債務整理を使うときのメリット、デメリットについて紹介します。

債務整理のメリット

債務整理は、借金を減額できる数少ない方法です。

しかも法によって作られている手法ですので、ローンと違いどの法律事務所を利用しても、大体同じ効果が得られます。

借金の減額幅についても、手法を変えれば減額できる幅は大きく変わりますので、返済できると思っている金額をある程度考えて、債務整理を選べる良さもあります。

また、債務整理では、借金を返済しなくてもいい自己破産が用意されています。

借金の返済がどうしてもできない、これ以上借金を抱えたまま生活をしたくないと思っている方に、自己破産という選択肢を与えてくれます。

これまで借金の返済で苦労していた人にとって、自己破産によって全ての借金を減らし、また新しい生活を送るためのスタートを与えてくれる自己破産は、もう1度人生をやり直すチャンスでもあります。

債務整理のデメリット

債務整理には多くのデメリットが存在します。特に厳しいとされている内容としては、債務整理にはお金が必要な点です。

おまとめローンの場合は、利息によって会社側にお金を返していますが、おまとめローンを利用してすぐに多額の支払いという問題はありません。

しかし、債務整理には成功報酬などの支払いが発生し、個人再生では30万円以上の負担を強いられるケースがあります。

もう1つの問題は、債務整理を行った人は借金を作れない点です。

債務整理を行う場合、信用情報機関に債務整理を行った情報が全て書かれます。

この情報を見ている金融機関は、この人は債務整理を行ったから借金ができないと判断し、一定期間は借金の契約、クレジットカードの発行、分割払いによる購入はできません。

特にクレジットカードの利用が停止されるのは大きな問題となり、通販などのサービスが使えなくなってしまいます。

他にも債務整理を行った情報が知られてしまう問題や、借金を作った原因によっては個人再生や自己破産が認められないケースもあるなど、法律内での問題も結構多くなっています。

債務整理のメリット・デメリットを徹底解説!

おまとめローンと債務整理はどちらが使いやすいのか

ちょっとした借金をまとめたいと思っているなら、おまとめローンの方が契約は簡単です。

むしろおまとめローンの契約を先に考える方が多く、債務整理はよほどのことがない限り、いきなり検討することもないでしょう。

まずは自分の借金を1つにまとめて、返済できる能力があるのかを考え、おまとめローンを利用している方が多いです。

つまり使いやすいと判断されるのは、おまとめローンとなります。

しかし、借金の減額を考えている方は、おまとめローンでは減額がほとんどできないどころか、逆に借金が増加する恐れもあります。

借金をすぐにでも減額し、利息の発生を止めたいと思っているなら、任意整理でもいいから債務整理の契約を行うべきです。

任意整理によって、あまり借金自体は減額されないかもしれませんが、完済までに利息が発生しないメリットを持っていますので、おまとめローンよりも最終的な支払いは小さくなります。

おまとめローンと債務整理、どちらを利用すると得なのかは、借金の額にも影響しています。

小さい借金であればおまとめローンの方が圧倒的に得ですが、大掛かりな借金となれば債務整理を行い、場合によっては自己破産の計画を立てたほうがいいのです。

一方で、小さい借金で債務整理を検討すると、債務整理の費用がおまとめローンの利息よりも高いケースがあり、得をすることがありません。

おまとめローンも大掛かりな借金には使えないデメリットを持っていますので、小さい借金だとおまとめローンが、大きな借金だと債務整理が有効だと考えておきましょう。

おまとめローンを利用すべき人の条件!おすすめの業者と審査に通るコツ

収入があるならおまとめローン・収入がないなら債務整理がおすすめ

おまとめローンを使えば返済額を減額することができます。また、金融機関が提供している商品を利用するので、債務整理の場合と違い経歴にキズがあまり付きません。

ただ、減らせる金額はそこまで多いわけではなく、債務整理と違って借金を全て無くすことはできないので、今後の返済のアテがない人には向いていません。

そもそも、おまとめローンの審査では収入を厳しくチェックされるので、利用できる確率は非常に低いです。そのため、おまとめローンは返済額を収入からギリギリ捻出しているような方におすすめです。

債務整理は、おまとめローンを利用するよりもっと深刻な事態に直面した場合に利用されます。

例えば、現在借入中のローンが返済できそうにない場合や、突然リストラを受けて収入のアテがない場合がこのケースにあたります。つまり、現状の収入ベースでは返済額を下げても完済不可能という方が債務整理に適している人となります。

債務整理をすると最大で借金の免除まで出来ますが、経歴にキズがつくので「お得だから」という理由で安易におこなうのはおすすめしません。

おまとめローンと債務整理は場面によって使い分けを

あまり借金を抱えていなくて、多重債務を1つにまとめたいと思っている方には、おまとめローンがとても有効です。

債務整理の負担に比べると、契約からローンの返済まではとても簡単なものです。

どうしても返済できないくらいの借金を抱えて、法律に沿って減額をしたいと思っている方は、債務整理を検討してください。

自己破産などの方法を採用することで、おまとめローン以上に生活を立て直せる効果もあります。