おまとめローンは主婦でも利用できる?夫にばれずに借金を一本化

公開日:

主婦の方も、一部のカードローンを使って借金を行えますが、2社以上から借りて苦労することはありませんか。

2つの会社にお金を払い続けていると、1つにまとめたいと思う気持ちが生まれるかもしれません。

1つに借金をまとめたいと思っている方のために、おまとめローンを利用する方法があります。

しかし、主婦が利用できるおまとめローンは限定され、なかなか活用できない問題点も抱えているのです。

おまとめローンは主婦では活用できない

大半のおまとめローンは、主婦の方が使えない設定としており、審査に申し込みを行っても審査を通過できません。

今まで審査を通過できると思っておまとめローンへ申し込みを行おうと思っても、実際にはおまとめローンの概要に、主婦は利用できないと書かれるケースが多いのです。

つまり主婦であることが分かった時点で、おまとめローンは使えないと判断できます。

主婦がおまとめローンの利用ができない理由は、主婦の方では収入が足りず、返済されないのではないかと思われるためです。

配偶者などの収入があれば、カードローンという形式で小さい限度額では使えますが、おまとめローンは高額な利用が多い傾向もあります。

つまり、おまとめローンの利用額が、カードローンよりもはるかに高くなる恐れがあるので、おまとめローンは主婦の方には使えないようにしています。

大半のおまとめローンが、主婦の方が申し込みを行っても、自動審査などで落とされてしまいます。

どうしてもまとめたいと思っている方は、専門で提供されているおまとめローンではなく、他の手法を考えてもいいでしょう。

おまとめローンを利用すべき人の条件!おすすめの業者と審査に通るコツ

審査の甘いおまとめローンはどこ?審査に通りやすい人の特徴

主婦の方がおまとめローンと同じ機能を持つローンと契約するには

おまとめローンの契約はかなり難しいものの、おまとめ目的でも活用できるフリーローンであれば、審査を通過できる可能性を持っています。

フリーローンを活用したいと思っている方は、審査を通過できるようにすること、そして収入源をしっかりと確保するように心がけましょう。

主婦が審査を通過できる要因1:自分で収入を確保する

フリーローンでも、おまとめローンでも契約したいと思っている方は、自分で収入を確保してください。

つまり専業主婦ではなく、パートを行って自分で収入を持っている主婦として審査を受ければ、もしかしたら審査を通過できる可能性があります。

ただ、パートの収入はそこまで多いわけでもありません。無理な利用限度額での申し込みを行うと審査に落とされます。

150万円以上の年収を確保しており、過去にカードローンを契約して支払いを行っている信用情報があれば、収入を確保していることでおまとめローンの審査も通過できます。

150万円未満の年収ということであれば、まずはフリーローンへの申し込みを考えて、利用限度額を抑えて審査を通過できないか検討してください。

主婦が審査を通過できる要因2:利用限度額を50万円に調整

利用限度額を100万円までに引き上げてしまうと、主婦の方は返済できないと判断されるほか、専業主婦が借りられる上限を超えていると判断され、審査に落とされて今います。

そこで利用限度額を調整して、50万円以下に設定して申し込みを行います。

カードローンの場合は、50万円以下の利用限度額に限り、配偶者の収入の状況など考慮して審査を通過できる場合もあります。

そこでフリーローンを利用したい方は、カードローンと同じように、利用限度額を50万円以下に設定します。

おまとめローンとしては頼りない利用限度額ですが、低金利を狙うのであれば50万円でもいいから審査を通過しておくのです。

主婦が審査を通過できる要因3:配偶者の方に申し込みを依頼する

これは最後の手段として考えるものです。本来であれば、主婦の方が申し込みを行って、おまとめローンやフリーローンの審査を通過するのですが、収入の問題などもあり審査で落とされる傾向もあります。

そこで、配偶者の方にお願いして、フリーローンやおまとめローンの審査を受けてもらうのです。

これなら、収入を持っている方が審査を受けていますので、最終的に審査を通過できる可能性が高まります。

ただ、借金を抱えている人が異なってますので、おまとめローンの場合は配偶者の借金をまとめたいという名目で申し込みを行ってください。

配偶者の借金ではおまとめローンを使えないと判断された場合には、フリーローンを使ってある程度高い利用限度額を作り、おまとめローンと同じような役割を持たせるといいでしょう。

もちろん、旦那さんに対して知られなくないと思っている方もいます。その場合は、この方法を使わないで、他の手法でフリーローンの利用を検討してください。

主婦は銀行のフリーローンでまとめるのが基本

主婦の方は、総量規制の影響もあり、一般的なキャッシングは使えません。消費者金融の場合は、総量規制の影響を大きく受けてしまうためです。

そこで、フリーローンを提供している銀行を使って、おまとめローンと同じものを作ってしまうといいでしょう。

銀行のフリーローンは、総量規制の対象外に設定されます。総量規制の影響を受けないことで、主婦の方も配偶者の収入を考慮して、一定の限度額に調整したうえでフリーローンの審査を通過できるのです。

キャッシングの審査は通過できませんが、銀行のカードローンやフリーローンを上手に使えば、おまとめローンと同様の効果が期待できるのです。

主婦の方が申し込みを行うと在籍確認はどうなる?

専業主婦の場合は、仕事を行っていませんから、在籍確認については行われません。

ただ、一部のカードローンは、旦那さんの会社へ連絡を入れる可能性があり、在籍確認を取らなければローンを契約できないのです。

気になるようであれば、在籍確認について相談を行い、会社に対して連絡を入れるのか聞いてもいいでしょう。

なお、パートで仕事をしている方は、パート先に連絡が入ります。

パートでも仕事をしていると証明されれば、在籍確認後にローンの契約が完了します。専業主婦の場合のみ、本人確認だけで終わるパターンと、旦那さんの会社に連絡を入れられるパターンがあることを知っておいてください。

旦那さんにばれないように利用したいならカードローンなどを検討

借金がそこまで多くないと考えられる場合で、他のカードローンと契約を行って借金をまとめたいと思っている方は、カードローンと契約を行いましょう。

実はカードローンの中には、在籍確認等を行わず、本人確認のみでカードローンを発行している会社もあります。

旦那さんの会社に連絡を入れられると、その時点で借金がバレてしまうので、カードローンのように在籍確認について厳しくないところを選んでください。

おまとめローンは、銀行側が提供している商品でも在籍確認が厳しいため、知られる危険性はそれなりに高いです。

カードローンを活用して借り換えのような方法でおまとめローンを作れば、意外にも知られる可能性は低くなります。

おまとめローンのような商品は専業主婦でも使える

おまとめローン自体は、主婦の方が利用できないように制限を加える傾向が多く、なかなか審査を通過できずに苦労します。

しかし、フリーローンやカードローンのように、専業主婦でも通過できる商品はありますので、旦那さんの収入を証明できるものを準備するなどして、新しいローンと契約してください。

新しい商品と契約できれば、後は借り換えやおまとめローンと同じようにお金を借りて、現時点で借りている借金を返して1つにまとめます。

気づかれないようにおまとめローンと同じ効果が使える手法を上手に使いましょう。

おまとめローンの相談はどこにするべき?消費者金融?銀行?