おまとめローンは主婦でも利用できる?夫にばれずに複数借入を一本化するコツ

公開日: 最終更新日:

主婦の方も、一部のカードローンを使って借金を行えますが、2社以上から借りて苦労することはありませんか。

2つの会社にお金を払い続けていると、1つにまとめたいと思う気持ちが生まれるかもしれません。

1つに借金をまとめたいと思っている方のために、おまとめローンを利用する方法があります。

しかし、主婦が利用できるおまとめローンは限定され、なかなか活用できない問題点も抱えているのです。

銀行系の低金利おまとめローンランキング!ローンをまとめて返済の利息を減らそう

主婦でもおまとめローン審査への申し込みは可能!

おまとめローンを専業主婦が利用するのは、制度上は可能です。

2010年に総量規制という制度が導入され、消費者金融から年収の3分の1以上の融資を受けることはできなくなりました。収入0の専業主婦は当然年収の3分の1も0円なので、消費者金融カードローンを利用することは不可能となります。

ただ、消費者金融をおまとめローンとして利用する場合は、総量規制対象外となるので、専業主婦でも申し込むことができます。

年収0円の専業主婦がおまとめローン審査に通るのはほぼ不可能

おまとめローンは年収0円の主婦でも申し込み可能ですが、実際に審査に通る確率は極めて低いです。

そもそも、カードローン審査では申込者の収入を最も重点的にチェックされます。融資したお金を利息込みで完済してくれないと貸金業は成り立たないので、当然といえば当然ですね。

そのため、収入がない、あるいは低い方がカードローン審査に通過することはまずないと考えて良いでしょう。

収入がいくらあれば審査に通るかの基準は公表されていませんが、最低でも100万円、出来れば300万円以上の年収はほしいところでしょう。

おまとめローンを利用すべき人の条件!おすすめの業者と審査に通るコツ

審査の甘いおまとめローンはどこ?審査に通りやすい人の特徴

主婦がおまとめローン・フリーローンの審査に通るコツ

おまとめローンの契約はかなり難しいものの、おまとめ目的でも活用できるフリーローンであれば、審査を通過できる可能性を持っています。

フリーローンを活用したいと思っている方は、審査を通過できるようにすること、そして収入源をしっかりと確保するように心がけましょう。

自分で収入を確保する

フリーローンでも、おまとめローンでも契約したいと思っている方は、自分で収入を確保してください。

つまり専業主婦ではなく、パートを行って自分で収入を持っている主婦として審査を受ければ、もしかしたら審査を通過できる可能性があります。

ただ、パートの収入はそこまで多いわけでもありません。無理な利用限度額での申し込みを行うと審査に落とされます。

150万円以上の年収を確保しており、過去にカードローンを契約して支払いを行っている信用情報があれば、収入を確保していることでおまとめローンの審査も通過できます。

150万円未満の年収ということであれば、まずはフリーローンへの申し込みを考えて、利用限度額を抑えて審査を通過できないか検討してください。

利用限度額を必要最低限に下げる

利用限度額を100万円までに引き上げてしまうと、主婦の方は返済できないと判断されるほか、専業主婦が借りられる上限を超えていると判断され、審査に落とされて今います。

そこで利用限度額を調整して、50万円以下に設定して申し込みを行います。

カードローンの場合は、50万円以下の利用限度額に限り、配偶者の収入の状況など考慮して審査を通過できる場合もあります。

そこでフリーローンを利用したい方は、カードローンと同じように、利用限度額を50万円以下に設定します。

おまとめローンとしては頼りない利用限度額ですが、低金利を狙うのであれば50万円でもいいから審査を通過しておくのです。

配偶者の方に申し込みを依頼する

これは最後の手段として考えるものです。本来であれば、主婦の方が申し込みを行って、おまとめローンやフリーローンの審査を通過するのですが、収入の問題などもあり審査で落とされる傾向もあります。

そこで、配偶者の方にお願いして、フリーローンやおまとめローンの審査を受けてもらうのです。

これなら、収入を持っている方が審査を受けていますので、最終的に審査を通過できる可能性が高まります。

ただ、借金を抱えている人が異なってますので、おまとめローンの場合は配偶者の借金をまとめたいという名目で申し込みを行ってください。

配偶者の借金ではおまとめローンを使えないと判断された場合には、フリーローンを使ってある程度高い利用限度額を作り、おまとめローンと同じような役割を持たせるといいでしょう。

もちろん、旦那さんに対して知られなくないと思っている方もいます。その場合は、この方法を使わないで、他の手法でフリーローンの利用を検討してください。

主婦は銀行のフリーローンでまとめるのが基本

主婦の方は、総量規制の影響もあり、一般的なキャッシングは使えません。消費者金融の場合は、総量規制の影響を大きく受けてしまうためです。

そこで、フリーローンを提供している銀行を使って、おまとめローンと同じものを作ってしまうといいでしょう。

銀行のフリーローンは、総量規制の対象外に設定されます。総量規制の影響を受けないことで、主婦の方も配偶者の収入を考慮して、一定の限度額に調整したうえでフリーローンの審査を通過できるのです。

キャッシングの審査は通過できませんが、銀行のカードローンやフリーローンを上手に使えば、おまとめローンと同様の効果が期待できるのです。

主婦におすすめ!銀行のフリーローンランキング!

第1位:東京スター銀行 乗り換えローン

東京スター銀行乗り換えローン

利用できる条件
  • 借入時の年齢が満20歳以上65歳未満
  • 前年の年収が200万円以上の方
  • 給与所得者(正社員、契約社員、派遣社員)
  • 保証会社の保証を受けられる方
金利 12.5%(固定)
限度額 最大1,000万円
担保・保証人 不要

東京スター銀行はそこまで規模も大きくない第二地方銀行ですが、フリーローンがお得と高い評判です。

固定金利の年12.5%なので、それ以下の金利で借り入れている方には利用できませんが、今まで消費者金融のカードローンを使っていた方などは、おまとめることで金利をかなり低くすることができますよ!

最大1,000万円までまとめられるので、高額の借入をおこなってきた方でもかなり余裕で一本化することができる、おすすめフリーローンです!

第2位:りそな銀行 プレミアムフリーローン

利用できる条件
  • 借入時の年齢が満20歳以上60歳未満
  • 前年の年収が400万円以上で、安定した継続収入のある方
  • 専業主婦・学生以外
  • 保証会社の保証を受けられる方
金利 6.0%(固定)
限度額 最大500万円
担保・保証人 不要

りそな銀行プレミアムフリーローンは、何より固定金利6%という金利の低さが最大の魅力です。

おまとめローンは、利用することで返済額が減ると銘打っていますが、実際は金利が年2.0%前後低くなったところで、返済が楽になったとは感じません。

ただ、このりそなのフリーローンを使えば、おそらく一気に返済負担が減ったと感じることができるでしょう!

また、メガバンクが提供している安心感・借りやすさも大きな魅力です。

第3位:イオン銀行 フリーローン

イオン銀行フリーローン

利用できる条件
  • 借入時の年齢が満20歳以上65歳未満
  • 前年の年収が200万円以上の方
  • 保証会社の保証を受けられる方
金利 3.8%~13.5%
限度額 最大700万円
担保・保証人 不要

イオン銀行「フリーローン」はイオン銀行が提供している多目的のローンで、おまとめローンにも対応しています。

最低限度額が30万円と低めなので、少額借入の一本化にも対応しているのが嬉しいところですよね。

また、イオンのフリーローンは利用条件に「前年の年収が200万円以上」と明記されているので、それさえ超えていればパート主婦でも借りやすいのが魅力です。

大抵のフリーローンは年収基準を公表していないので、特に主婦が借りる際は注意が必要ですが、イオンはチャレンジしやすいですよ!

主婦の方が申し込みを行うと在籍確認はどうなる?

専業主婦の場合は、仕事を行っていませんから、在籍確認については行われません。

ただ、一部のカードローンは、旦那さんの会社へ連絡を入れる可能性があり、在籍確認を取らなければローンを契約できないのです。

気になるようであれば、在籍確認について相談を行い、会社に対して連絡を入れるのか聞いてもいいでしょう。

なお、パートで仕事をしている方は、パート先に連絡が入ります。

パートでも仕事をしていると証明されれば、在籍確認後にローンの契約が完了します。専業主婦の場合のみ、本人確認だけで終わるパターンと、旦那さんの会社に連絡を入れられるパターンがあることを知っておいてください。

旦那さんにばれないように利用したいならカードローンを検討

借金がそこまで多くないと考えられる場合で、他のカードローンと契約を行って借金をまとめたいと思っている方は、カードローンと契約を行いましょう。

実はカードローンの中には、在籍確認等を行わず、本人確認のみでカードローンを発行している会社もあります。

旦那さんの会社に連絡を入れられると、その時点で借金がバレてしまうので、カードローンのように在籍確認について厳しくないところを選んでください。

おまとめローンは、銀行側が提供している商品でも在籍確認が厳しいため、知られる危険性はそれなりに高いです。

カードローンを活用して借り換えのような方法でおまとめローンを作れば、意外にも知られる可能性は低くなります。

おまとめローンの相談はどこにするべき?消費者金融?銀行?

おすすめの消費者金融おまとめローンをランキング形式で紹介!

おまとめローンの審査難易度は、金利の高さと反比例すると言われています。

低金利(=低利息)のローンは、その分会社の取り分(利益)が少ないので、キッチリ完済してもらうのが前提となります。完済のためには十分な収入と信用が大切なので、この2点を特に審査する必要があり、基準が厳しくなってしまうというわけです。

一般的に、銀行おまとめローンの上限金利が平均年12~13%前後、消費者金融が15%前後なので、消費者金融のほうが借りやすくなっています。

ただでさえ主婦というスペックは審査で不利になるので、ご利用の際は消費者金融のおまとめローンをおすすめします!

ここからは、主婦にも人気の消費者金融おまとめローンをランキング形式で紹介します。

1位 プロミス「おまとめローン」

金利 6.3%~17.8%
融資額の上限 最大300万円
返済方式 元利定額返済
返済方法
  • 口座振替
  • 提携ATM
  • プロミスATM
  • インターネット
  • プロミス店頭窓口(お客様サービスプラザ)
  • コンビニ(マルチメディア端末)
担保・保証人 不要

プロミス「おまとめローン」は、同社が提供しているカードローンと同じように自動契約機から契約を結ぶことができる、便利なおまとめローンです。

プロミスの魅力は何よりこのスピーディさで、全国各地のコンビニATMとも提携しているので手続きが簡単です。

更に最近は「アプリローン」という公式アプリを使ってカードレス返済ができるようになったので、より利用しやすくなりました!手続きが簡単なので初めての主婦でも利用しやすいですし、何より家族にバレる心配が減るのが嬉しいですね!

2位 アイフル「おまとめMAX」

金利 3.0%~17.5%
融資額の上限 最大800万円
返済方式 元利定額返済
返済方法 口座振替
担保・保証人 不要

アイフルは「おまとめMAX」と「かりかえMAX」という2種類のローンがありますが、アイフルを今まで利用したことのない方が利用するおまとめローンが「おまとめMAX」となり、今までアイフルを利用したことのある方が使うおまとめローンが「かりかえMAX」となります。

本来、おまとめと借り換えの意味は違いますが、アイフルでは2つをこのように区別しているので注意しましょう。

おまとめMAXの返済は、設定した口座からの自動引き落としのみとなります。店舗に入る姿を誰かに見られる心配がないですし、何より返済期日を忘れる不安がなくなります。

主婦の方は生活の中で自由に行動できないことも多く、返済予定のタイミングがズレてしまうことも多々あります。おまとめMAXなら、こうした不安が解消されますよ!

3位 ノーローン「かりかエール」

ノーローン

金利 12.0%~18.0%
融資額の上限 最大400万円
返済方式 元利均等方式
返済方法
  • ノーローンATM
  • 提携ATM
  • 銀行振り込み
  • 店頭窓口
担保・保証人 不要

ノーローンのおまとめローン「かりかエール」は特筆する長所は正直ないのですが、何よりノーローンのカードローンを利用する流れで申し込むとかなりスムーズです。

ノーローンは借入のたびに何度でも利用できる最大7日間の無利息期間サービスが魅力的です。

特にパートの主婦だと、「給与支払いの1週間前は生活が苦しい」という方が多いです。ノーローンを使えばお金が苦しいタイミングで何度も利息0にお金を借りられるのでおすすめですよ!