過払い金請求とは?

公開日:

債務整理の手続きを行う

返したお金が戻ってくるシステムがあれば、とてもラッキーだと思いませんか?
そんな制度が実はあるのです。それが過払い金請求。法改正前のグレーゾーン金利を悪用して貸し付けられた金利は、現在の貸金業法では返還請求できる仕組みとなっています。

「払いすぎたかな?」と少しでも思い当たったら、過払い金請求の相談をするといいでしょう。ここでは、きっとお役に立つ過払い金請求についての情報を、わかりやすくご説明します。

過払い金とは

過払い金とは、わかりやすく言おうと、「払いすぎたお金」です。この分の金額は本来払う必要のないもので、正規の手続きをとれば業者側に返還請求が可能です。

金利の規定を設けた法律に、利息制限法と出資法があります。利息制限法では、上限金利は20パーセントまでと決められていますが、出資法では29.2パーセントまでの金利設定が認められていました。

これが、貸金業法の改正により、出資法の上限金利も利息制限法の水準まで引き下げられました。つまり、どの貸金業者も、どんな貸し付け条件でも、20パーセント以上の金利をつければ違法であり、悪質な貸し付けを行った業者は返還請求に応じなければならない決まりとなったのです。

過払い金とグレーゾーンの関係

貸金業法が改正されるまでは、このグレーゾーンとよばれる金利幅を悪用する業者が横行し、社会問題となりました。返済能力がないにも関わらす、甘い言葉で無理な貸し付けを行い、返済が滞れば会社まで押しかける。そんな異常な風景が当たり前のように行われたのです。

お金を借りる側も、切羽詰まったあまり大金を借りるなど後先考えず借金を繰り返してしまい、無理な取り立てとあいまって、借金苦で苦しむ家庭や個人が続出。一家心中も頻発するなど、社会的に大きな問題として取り上げられたことは記憶に新しいところです。

そうした悲しい事件や、業界全体の問題を受け、返済能力を無視した無理な貸し付けをなくすため、法改正が実施されたという背景があります。健全な金融サービスが行われる意味でも、ある程度の規制は致し方ないかもしれませんね。

過払い金は返還請求できる!

過払い金で苦しむ利用者が多かった時代も、訴訟などで業者側に返還を求める動きはありました。法律が改正されたことを受け、その動きが加速。ついに最高裁判所の判決で、「貸金業者が違法ともいえる高金利の額で貸し付けを行った場合は、利用者側がその分を返還請求できる」という考えが示され、法的にも返還請求が認められるようになったのです。

過払い金は意外と発生している?

では、実際に過払い金を支払ってきた人とは、どんな人たちでしょうか?ポイントは、法改正がなされた時期。つまり、出資法で、利息制限法並みの上限金利が定められ、それまでのグレーゾーン金利が撤廃された2010年がその年になります。

2010年までは、グレーゾーン金利が法的にも認められるかたちで金利が課されてきました。その結果、業者側が押しつける契約に従い、無理に金利を支払う利用者がたくさん存在する実態があります。過払い金を支払っていたという証拠が示されれば、返還請求が可能となるでしょう。

ただし、過払い金にも時効があります。完済して10年を経過すれば、過払い金も時効を迎えますので、借金を返し終わった方でも過払い金を支払った覚えがあればすぐに手続きをとることをおすすめします。

グレーゾーン金利を利用していた業者

過去に、グレーゾーン金利でお金を貸していた業者やサービスを、下記でご紹介します。過払い金について調査するとき、お役に立てるかもしれません。ぜひ参考にしてください。

高い金利でお金を貸してきた業者は、武富士、プロミス、アイフル、レイク、ニコスカード、ライフカード、イオンカード、セゾンカード、オリコカード、三洋信販などです。

これらの業者や、カードサービスを2010年までに利用した方は、ひょっとしたら過払い金が発生している可能性もありますので、今一度調べ直してみるといいでしょう。

過払い金の返還請求は弁護士にお任せ!

実際に過払い金を支払い、返還請求をしたくても、どこに相談すればいいのか分からない人もいるでしょう。過払い金返還請求の手続きを行う際は、弁護士や司法書士など、債務問題に詳しい専門家に一任するのがおすすめです。過払い金を支払ったという確証がなくとも、とりあえず相談してみましょう。過払い金に関する些細な疑問から、具体的な手続きの方法まで、丁寧に教えてくれるはずです。

まとめ

法律の改正により、貸し付け条件などは以前より厳しくなったといえます。お金を借りた時期で差別や不公平を生まないためにも、法律をちゃんと理解し、過払い金請求などの制度を上手に活用することが大事。そして、お金を借りるときは事前に返済計画を立て、健全な消費生活を送ることを心がけましょう。