ビジネクストが使えるatmを紹介!利用方法・時間と手数料について解説

公開日:

ビジネクストを利用する方は、インターネットでの申し込みを経て、最終的に必要な融資を受けます。

ただ、ビジネクストではカードローンを利用しての借入もあり、利用する人が借入のためATMを探さなければなりません。

今回はビジネクストが利用できるATMについて紹介します。ビジネクストが独自にATMを作っているわけではありませんが、提携しているATMがいくつか存在します。

ビジネクストを使えるATMとは

ビジネクストを利用できるATMについて紹介します。提携しているATMは以下の3つです。

1.セブン銀行ATM

セブンイレブンに配置されているATMです。

このATMは多くの消費者金融や銀行のカードローンと提携していますが、ビジネクストのカードローンとも契約を行っています。

ビジネクストを使うのであれば、近くにあるセブンイレブンに行けばいつでも借りられるのです。セブン銀行のATMに対応している点は、身近な場所でお金を借りられるというメリットを得られます。

2.東京スター銀行ATM

おまとめローンなどで有名な東京スター銀行についても提携しています。東京スター銀行のATMは、関東では多く配置されていますので、見つけられればビジネクストで借入が可能です。

なお、東京スター銀行のATMは、返済に使えません。

借入限定での利用となりますので、東京スター銀行のATMによる返済は考えないようにしましょう。

3.アイフルのATM

ビジネクストはアイフルから誕生している会社であり、事実上子会社に近いものです。そのためアイフルのATMでもビジネクストの借入と返済が可能です。

アイフルのATMは、自動契約機と一緒に配置されています。自動契約機を見つけられれば、自然にビジネクストの借入ができるATMを発見できるのです。

以上の3つが提携しているATMとなります。紹介している会社以外のATMではビジネクストの借入と返済はできません。

アイフルATM・提携の銀行ATMで返済する方法・流れ

ビジネクストと提携しているATMの利用時間

ビジネクストと提携しているATMを利用する場合、稼働している時間に気を付けなければなりません。

稼働していない時間帯に訪れても、ATMが使えませんので注意しておきましょう。特に気を付けたいのが、東京スター銀行とアイフルです。

セブン銀行は、セブンイレブンが営業している時間であれば利用可能ですが、借入が可能な時間は7時から23時までに制限されています。

どうしても深夜などにお金が必要になったと判断している方は、翌日にセブンイレブンに訪れるようにしましょう。

東京スター銀行のATMは、置かれている場所によって稼働時間が異なります。

スーパーなどに置かれているATMの場合は、スーパーが営業している時間帯までとなります。スーパーの営業が停止している間は、基本的にATMも使えません。

ATMコーナーに置かれている場合は、ATMコーナーが閉鎖されるまで、もしくは21時までに制限されています。21時を経過している時点で、東京スター銀行のATMは稼働を停止するものが多いため、借りられるのは21時までと考えてください。

アイフルは22時まで自動契約機による様々な手続きを行っています。22時以降は自動契約機が停止したうえで、契約ルームを閉鎖している場合もあります。

そのため22時以降はなかなかATMを使えないと思ってください。

なお、一部の自動契約コーナーは23時まで稼働している場合もあり、ATMのみ23時まで使えるように設定した場所もあります。

提携しているATMを利用した場合の手数料は?

提携しているATMでは、手数料を請求しています。この手数料は自動的に取られてしまう点に気を付けてください。

セブン銀行のATMを使う場合には、1万円未満の場合は108円、1万円以上の場合は216円の手数料がかかります。この手数料が削減されることはありません。

東京スター銀行は、手数料を無料としている時間帯に限っては無料、それ以降は108円の手数料を取られてしまいます。平日は手数料を無料にしている時間帯が長く設定されていますので、平日に借入を行うといいでしょう。

アイフルは全ての時間帯で手数料を無料としています。手数料を取られたくないと思っている方は、アイフルのATMを探すといいでしょう。

あまり手数料に違いはありませんが、提携しているATMによって手数料を取られない時間帯もありますので、手数料についてよく考えたうえで借入を行ってください。

借入や返済を提携しているATMで行う流れ

ビジネクストの借入や返済をATMで行う場合は、しっかりと手続きの順番を覚えなければなりません。

ATMで自動的に表示される内容を見ながら手続きを行っても構いませんが、先に順番を覚えてから手続きを開始したほうがスムーズに進められるでしょう。

ここからは、ATM利用の流れをわかりやすく解説していきます。ちなみに、流れをカンタンにまとめたのが以下になります。

  1. 提携しているATMに行く
  2. ビジネクストのカードを入れる
  3. ATMの画面に従って借入額を入力
  4. 必要な金額が正しいか確認
  5. ATMからお金を引き出す

1.提携しているATMに行く

最初に提携しているATMに行きます。提携しているATM以外ではビジネクストの借入ができませんので、必要なATMを探さなければなりません。

多くの方はセブン銀行を利用するケースが多いものの、東京スター銀行やアイフルのように、手数料を取られないATMもあります。

ATMがどこにあるのかも調べたうえで、使う場所を決めましょう。

2.ビジネクストのカードを入れる

ATMにビジネクストから発行されたカードを挿入します。

ビジネクストは事業用のローンを提供していますが、カードローン形式で契約を行える商品です。従ってカードローンとして発行した場合は、カードの挿入によってATMでの借入が行えます。

カードを発行していないユーザーは、ATMでの借入はできませんので気を付けてください。

3.ATMの画面に従って借入額を入力

画面の指示に従って借入額の入力を行います。表示されている画面の順番に合わせて手続きを行っていくと、最終的に借入額の入力画面に入ります。ここで希望している金額を入力しましょう。

ただ、利用限度額に既に達している、もしくは利用限度額を超えている借入はできません。

エラーなどが発生している場合は、1度借入額と利用限度額の確認を行ってください。

4.必要な金額が正しいか確認

入力している金額に問題がないことを確認してください。もし問題がある、もしくは間違えていると判断した場合は、もう1度画面を戻して借入額を入力します。

間違った借入をしないためにも、最後の画面でしっかりと確認しておきましょう。

5.ATMからお金を引き出す

ATMから必要なお金が出てきます。この金額が他しいのか、ATMから出された後もしっかり確認を行ってください。

もしATMから出てきた金額に誤りがあるようならば、ATMのトラブルが起きている可能性もあります。

この場合は店員やATMコーナーに備え付けられている電話などで連絡してください。

ATMからビジネクストの返済を行う方法

返済についてもATMで行えますが、東京スター銀行ではできません。アイフルとセブン銀行のATMのみが対応しています。

ここからは、返済をおこなう流れを以下の手順で解説していきます。

  1. ビジネクストのカードを挿入
  2. 返済の画面に入る
  3. ATMに返済する金額を入れる
  4. 返済完了の画面を確認

1.ビジネクストのカードを挿入

返済にもビジネクストのカードが必要です。返済の場合でも必ずATMにはビジネクストのカードを持っていくようにしましょう。持っていかない場合は返済ができません。

2.返済の画面に入る

借入と返済の画面に分けて手続きが行われます。返済の場合は、表示された画面から返済のページに入る場所を押してください。

返済の画面に入らなかった場合は、もう1度最初の画面に戻るようにして、返済の画面に入ってください。

3.ATMに返済する金額を入れる

ATMからお金を入れる場所が開きます。ここにお金を入れてATMから返済の手続きを行います。

この時に返済額に足りていない場合は、お金が足りないと表示されますので、追加でお金を入れるようにしてください。

なお、返済額の最低金額が存在します。あまりにも低い返済額でATM返済はできない点に注意しましょう。

4.返済完了の画面を確認

返済完了の画面が表示されれば、返済が完了します。この画面が表示されるまでは、ATMから離れないようにしてください。

画面が表示されたら全ての手続きが完了します。

ATMを使う際の注意点

提携しているATMを利用する場合、いくつかの注意点がありますので気を付けてください。また、一部のATMに限って起きる問題もあります。ATMごとの注意点も確認しておきましょう。

ビジネクストのカードが必要

ビジネクストのカードを持っていないと、ATMでの借入も返済も行えません。借りたいと思っていたのにカードを忘れてしまったという方は、自宅までカードを取りにいかなければなりません。

カードを挿入しないでATMの手続きが行える方法はありません。必ずカードを持っていくようにしてください。

ATMが稼働していても店舗が閉まっていると利用できない

これはセブン銀行のATM以外で起こる注意点です。

東京スター銀行とアイフルでは、ATMの稼働時間が23時、もしくは24時とされる場所もあります。

かなり遅い時間でも借入や返済ができるメリットを持っていますが、店舗が閉まっているとATMが置かれている場所まで行けず、借入も返済もできません。

ATMコーナーの場合は、ATMの場所だけ開けている場合もあります。このケースであれば、店舗が閉鎖してもATMコーナーに入って手続きが行えますので、安心して手続きを行ってください。

特にアイフルの場合、自動契約機の稼働時間が22時までとされているのに、アイフルのATMは23時まで稼働しているケースが多くあります。

一部店舗では、なぜか22時でアイフルを閉めてしまい、ATMを使えない場合もあります。店舗が閉まっている場合は、空いている場所を探してください。

早朝や深夜に借入や返済はできない

全てのATMに共通している問題で、早朝や深夜に手続きは実施できません。

セブン銀行のATMは、セブンイレブンが開いている時間帯はいつでも利用できるのですが、ビジネクストは、7時から23時までに制限されています。

早朝や深夜に手続きはできませんので、稼働している時間帯をしっかりと確認し、その時間内で手続きを行ってください。

ビジネクストはATMを使った借入も可能

ネットで手続きをしないと借りられない、一括で事業用ローンとして振り込まれるのではと思っている方は、ビジネクストに対して間違った印象を持っています。

ビジネクストはカードローンによる借入を可能にしている場所ですので、カードを発行してATMにいけば、利用できる時間帯でいつでも借入と返済が可能です。

事業用のローンであっても、気軽に借りられる部分がビジネクストのメリットです。ATMで借入のできる場所、そして借りられる時間をしっかりと確認してから、手続きを行ってください。