ビジネクストの基本情報【審査・金利・返済・口コミ評判】

公開日: 最終更新日:

ビジネクストは事業主を対象にしたビジネスローンです。

大手消費者金融・アイフルグループの金融機関なので、闇金や悪徳業者ではありません。

しかし銀行や政策金融と比べると、金利はかなり高いので借り入れは慎重に判断してください。

今回はビジネクストのメリット・デメリット、そして審査基準について解説していきます。

※ビジネクストの審査に関する情報はこちら!

ビジネクストの審査基準は?審査に落ちた時の対処法を解説

ビジネクスト・ビジネスローンの基本情報

融資対象者
  • 法人、または個人事業主
  • 申し込み時の年齢が満20~69歳
融資額 50万円~1,000万円
金利
  • 年8.0%~15.0%(限度額100万円以上)
  • 年13.0%~18.0%(限度額100万円未満)
遅延損害金 20.0%
担保 不要
保証人 原則不要※法人は代表者に連帯保証をお願いする
返済方式と期間・回数
  • 元利金等返済:最長5年(60回以内)
  • 元金一括返済:最長1年(12回以内)
必要書類 【法人】

  • 代表者の本人証明
  • 決算書
【個人事業主】

  • 事業主の本人証明
  • 確定申告書
  • 所定の事業内容確認書

ビジネクストは審査が甘く融資も早い!

ビジネクストは、消費者金融ビジネスローンのため、銀行系よりも審査に通りやすい傾向にあります。

さらに、ビジネクストは年18.0%と高金利のため、同じ消費者金融の中でも審査基準が甘いと考えられます。

また、審査スピードが早く、申し込みから3営業日で融資を受けられます。

即日融資可能のカードローンよりは遅いですが、融資額の大きさを考えるとかなり早いといって良いでしょう。

ビジネクストは返済方式を選べる!

ビジネクストは、2種類の返済方式があります。

  • 元利均等返済
  • 元金一括返済

ここからは、それぞれの特徴を詳しく解説していきます。

消費者金融の返済を効率良くおこなう方法と延滞時の対処法

元利均等返済

元利均等返済は、返済額(元金+利息)が毎月一定となる返済方法です。

返済計画が立てやすい、初期の負担が少ないといったメリットがあります。

元利均等返済を使った場合の返済シミュレーションは、以下の通りです。

1年 3年 5年
50万円 45,900円 18,100円 12,700円
200万円 180,600円 69,400円 47,600円
500万円 451,300円 173,400円 119,000円
1000万円 902,600円 346,700円 237,900円

※適用金利は年15.0%(50万円は18.0%)

元金一括返済

元金一括返済とは、期間中は毎月利息の支払いのみをおこない、最終期日に元金だけを一括で支払う方法です。

金利15.0%で元金500万円を1年間利用(返済回数:12回)した場合のシミュレーション結果は、以下の通りです。

返済回数 元金 利息 返済総額 返済後残高
1回目 0 61,643円 61,643円 5,000,000円
6回目 0 61,643円 61,643円 5,000,000円
12回目 5,000,000円 61,643円 5,061,643円 0円
総額 5,000,000円 739,716円 5,739,716円 ――――

※1ヵ月を30日で計算

ビジネクストの6つのメリット

  • 担保・保証人不要
  • ネット手続きのみ、来店不要で借り入れ可能
  • 最短3営業日で融資を受けられる
  • 事業者向けローンの種類が豊富
  • 総量規制の対象外となる
  • 個人事業主も審査を受けられる

担保・保証人不要

法人や個人事業主など、経費にあてる融資を借り入れる場合、保証人や担保を用意しなくてはいけません。

それに比べて、ビジネクストでは、不動産担保ローンを除いて、担保・保証人がいりません。

ただ、法人の場合は代表者が連帯保証となります。

早急に融資を受ける必要がある場合は、ビジネクストなど、ビジネスローンを利用することをおすすめします。

ネット手続きのみ、来店不要で借り入れ可能

ビジネクストは、インターネットで契約まで完結できます。

実際に来店しなくても、借り入れ可能なんです。

(状況に応じて来店を求められる場合はあります。)

  1. ビジネクストのホームページから、申し込みフォームへ飛ぶ
  2. 申し込み情報から仮審査
  3. ビジネクストへの提出書類をFAX or 郵送
  4. 本審査
  5. 契約
  6. 借り入れ可能

他にも、電話や自動契約機による契約もすることができます。

自分にあった契約方法を選ぶことができます。

最短3営業日で融資を受けられる

ビジネクストでは、最短3営業日で融資をうけることができます。

土日祝日など、ビジネクストの休業日を除いて、審査には3日だと考えてください。

保証人や担保なしで、ここまで早く融資を受けれるローンは他にありません。

事業者向けローンの種類が豊富

  • 事業主ローン
  • 医療機関・介護事業主向けローン
  • 不動産担保ローン

これらがビジネクストが提供しているローンです。

各団体の形態向けのローンとなっているので利用しやすいです。

事業主ローン

借り入れは1~1,000万円可能です。(新規取引は500万円まで)

金利は8.0~18.0%で、借入額によって異なり、保証人・担保は原則不要です。

主に、法人・個人事業主が利用するローンです。

医療機関・介護事業主向けローン

融資対象者
  • 保険医療機関、調剤薬局事業者、介護事業者等
  • 申し込み時の年齢が満20~69歳
融資額 100万円~5億円
金利 年5.0%~15.0%
遅延損害金 20.0%
担保 診療報酬債権、調剤報酬債権、介護給付費債権など
保証人 原則不要
返済方式
  • 元金一括返済
  • 元利均等返済
返済期間・回数 最長5年(60回)
必要書類 【法人】

  • 代表者の本人証明
  • 登記事項証明書
  • 決算書二期分 など

 

【個人事業主】

  • 本人証明
  • 確定申告書2年分
【共通】

  • 病院開設許可証
  • 各種免許
  • 保険医療機関指定通知書
  • 支払決定通知書
  • 納税証明書 など

借り入れは100万~5億円可能です。

金利は5.0~15.0%で、事業主ローンよりも低く設定されています。

保証人は不要なのですが、担保として診療報酬債権、調剤報酬債権、介護給付費債権が必要です。

医療器具など、法人よりも多くのお金が必要な医療機関向けの仕組みになっています。

不動産担保ローン

融資対象者
  • 保険医療機関、調剤薬局事業者、介護事業者等
  • 申し込み時の年齢が満20~69歳
融資額 100万円~5,000万円※個人事業主は2,000万円以下
金利 年8.0%~15.0%
遅延損害金 20.0%
担保 土地・建物
保証人 原則不要
返済方式
  • 元金定率リボルビング返済
  • 元金自由返済
返済期間・回数
  • 元金定率リボルビング返済:最長5年(60回)
  • 元金自由返済:最長5年(60回)
必要書類 【法人】

  • 代表者の本人証明
  • 決算書
  • 固定資産評価証明書
  • 各種納税証明書 など
【個人事業主】

  • 本人証明
  • 確定申告書
  • 固定資産評価証明書
  • 各種納税証明書
  • 所定の事業内容確認書

法人・個人事業主向けのローンです。100~5,000万円まで借り入れが可能で、金利は8.0~18.0%です。

不動産を担保としているため、事業主ローンよりも高額な融資を受けることができます。

自社ビルなどを所有している法人などは、このローンを使って資金を確保できますね。

総量規制の対象外となる

個人が消費者金融などから借り入れをする場合、総量規制という規制がかかります。

総量規制とは、年収の1/3以上の借り入れはできないと、法律で定められている規制です。

しかし、ビジネクストは事業制融資の貯め、総量規制の対象外となるんです。

つまり、審査を通過すれば売上に関係なくいくらでも融資が可能と言うことです。

ただし、個人事業主が総量規制の対象外として借り入れるためにいくつかの条件があります。

  • 事業資金としての借り入れ
  • 確定申告書の提出
  • 当社所定の事業計画・収支計画・資金計画の提出
  • 返済能力が見込める方

事業資金であることは必須ですが、範囲内であれば資金用途は基本自由です。

細かく用途が決められていないので、縛りがなくていいですね。

経営者・個人事業主ともに審査を受けられる

ビジネスローンには、法人・個人どちらかしか融資を受けられないものも多くあります。

【法人のみに提供しているローン】
・リコーリース「ビジネスローン自融枠」
【個人のみに提供しているローン】
・セゾンファンデックス「VIPローンカード事業コース」
・オリックスVIPローンカード

ビジネクストは個人・法人どちらも審査を受けられるのが嬉しいですね!

通常、ビジネスローンは個人向けのほうが法人向けよりも審査基準が厳しいと言われています。

ビジネクストは審査基準が個人・法人共通なので、法人が審査に通りやすいビジネスローンと考えられますね!

ビジネクストのデメリット

  • 銀行などと比べると金利はかなり高い
  • 他のビジネスローンと金利を比較
  • 現在利用中の金融機関からの信用度が落ちる可能性
  • 即日融資には対応していない
  • 一定期間返済できなければ一括返済が必要
  • 事業者以外は申し込みできない

銀行などと比べると金利はかなり高い

ビジネクストでは、借り入れ額によって金利の設定が異なります。

100万円未満が13~18%で、100万円以上が8~15%です。

カードローンと同じで、融資額が多くなればなるほど金利が下がる仕組みになっています。

消費者金融とほぼ同じ金利です。

銀行の事業融資では、金利が1%代のものもあり、それに比べるとビジネクストは高いです。

事業融資は融資額も多く、金利が高いと支払う利息も必然的に膨大になるのです。

銀行に比べて審査がゆるく、スピードが早いぶんどうしても金利が高くなってしまうんです。

他のビジネスローンと金利を比較

ローン名 金利 融資額
ビジネクスト 8.0%~18.0% 50万円~1,000万円
セゾンファンデックス 6.5%~17.8% 1万円~500万円
日本保証 9.8%~18.0% 50万円~500万円
リコーリース 15% ~300万円
オリックスVIPローンカード 1.7~16.8% 30~800万円
新生銀行グループシンキ株式会社 13.0%~18.0% ~300万円

法律で設定されている金利の限度額が18%です。

18%の金利を設定しているビジネクストは、他社と比較しても金利は高いです。

金利は融資額によって決まり、8%の金利で借りるためには1,000万円に近い金額を借りなければいけないんです。

現在利用中の金融機関からの信用度が落ちる可能性

現在利用している金融機関がある状況で、ビジネクストから融資を受けると金融側の信頼が落ちてしまう可能性があるんです。

審査があまく、担保も保証人も必要ないビジネスローンの印象は、金融側からするとよくはないです。

ビジネスローンを融資を受けた後に、金融からの追加融資や新規融資をしようと思っても、不利になってしまうので、早急に資金が必要でない限り、利用は控えることをおすすめします。

即日融資には対応していない

ビジネクストはスピード融資を受けれることが売りの1つですが、審査に最短でも3営業日かかります。

個人ローンよりも高額な融資になるので、即日融資は難しくなっています。

他のビジネスローンでも即日融資を行っているところは少なく、一部の情報ではビジネクストも即日可能とありますが、事実上不可能です。

担保や保証人が不要なだけ、他のビジネスローンよりも簡単で早く借り入れることができるのがメリットです。

一定期間返済できなければ一括返済が必要

ビジネクストの最長返済期間は5年(60回払い)です。

返済期間が短く、毎月高額な返済を行わなければいけません。

さらに、一定期間返済ができなかったり、返済期間が過ぎてしまうと、残りの返済額を一括返済しなくてはいけません。

計画的に返済しないと、破産してしまう可能性があります。

事業者以外は申し込みできない

ビジネクストは、個人で融資を受けることはできません。

法人や個人事業者向けのローンなので、事業者以外は利用出来ないんです。

<p個人で融資を受けたい場合は、消費者金融か銀行カードローンを利用してください。

ただ、ビジネスローンと比べると、融資額は少なくなります。

ビジネクストの審査基準と申し込み条件

ビジネクストの審査基準は金融機関同様で公開されていません。

基準が利益なのか信頼性なのか明らかにはなっていません。

そんな中、1つ確実言えるのは、金融機関よりは審査はゆるいです。

金融機関では審査に落ちたが、ビジネクストでは融資を受けられたというケースもあります。

また、経営が赤字でも融資を受けることが可能なことから、審査基準は低いと考えられます。

他のビジネスローンと比較しても、基準は低いです。

ここで申し込み用紙に記載する内容を紹介しておきます。

  • 希望金額
  • 使用用途
  • 創立/設立日
  • 年商
  • 税込年収
  • 自己所有不動産の有無

ビジネスローンもカードローンと同じで、創業年数が古く、収益が安定しているほど審査に通りやすいです。

詳しい審査内容はこちらにまとめてあるので、合わせてお読みください!

ビジネクストの審査基準は?審査に落ちた時の対処法を解説

ビジネクストの各ローンの申し込み条件をチェック

【事業主向けローン】

  • 年齢:満20~69歳
  • 法人、個人事業主

ビジネクストは、創設している事業者にしか融資を行っていません。

これから起業する資金として、融資を受けることはできないのです。

【医療機関向けローン】

  • 年齢:満20~69歳
  • 保険医療機関、調剤薬局事業者、介護事業者

医療機関向けローンは、一般の法人は対象外です。

最大5億円まで借り入れることができ、高額融資が期待できます。

【不動産担保ローン】

  • 満20~69歳
  • 法人、個人事業主
  • 不動産を所有している

不動産を担保に融資を受けるため、事業者向けローンよりも高額融資が期待できます。

不動産を所有していない人、法人・個人事業主以外の人は対象外のローンです。

売掛金があるならファクタリングがおすすめ

ファンダリングは、売上掛金があり、ビジネクストと継続的な関係がある国内法人が対象となっています。

ファンダリングで可能な前払限度額は1億円です。

条件として、譲渡する債権が、譲渡禁止債権でないことと、検収が完了していることが必須です。

必要書類がいくつかあるので、まとめておきます。

  • 法人概要資料
  • 決算書二期分
  • 売掛先企業様との取引を証する書類(取引基本契約書、発注書・領収書、銀行通帳等)
  • 直近1年間の売掛金一覧
  • 各種納税証明書

事業がスムーズに展開していくためにも、ファンダリングサービスを利用して、資金を調達しましょう。

ファンダリングとは?

ファンダリングとは、企業が保有する売掛金を、ローン会社が買い取り、企業に期日前にお支払する仕組みです。

来月になれば売掛金が入るが、今月の資金がどうしても足りないという状況におすすめです。

ビジネクストでは、手数料が月率2%以下と、普通のローンを返済するよりも低いので、売掛金があるならファンダリングを利用しましょう。

ビジネクストを利用する前に低金利の金融機関を検討しよう

金融名 金利 限度額
ビジネクスト 8.0%~18.0% 1,000万円
三菱UFJ銀行「融活力」 2.35%~9.0% 500万円
東京スター銀行「スタービジネスカードローン」 6.5%~14.5% 500万円
三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」 2.35%~ 5,000万円
横浜銀行「スーパービジネスローン」 2.7%~ 5,000万円

ビジネクストは、他の金融機関よりも審査があまく、赤字経営でも申し込み可能なのが特徴です。

しかし、審査や融資スピードが早い分、金利が高く設定されています。

ビジネスローンを組むとき、最初からビジネクストに申し込むのではなく、低金利の金融機関に申し込みをしましょう。

ビジネクストの審査を受けた方の口コミ・評判

申し込みから3営業日で50万融資!ネット完結が魅力

性別 男性
年齢 37歳
ステータス 企業の経営者
業種 運送業
資金面でピンチだったこともありビジネクストへ申し込み。審査時間は3営業日で、50万円の融資がおりました。近くに同業者が多かったりして、お金を借りているところを見られたくなかったのですが、ビジネクストは手続きがネット完結ということもあり、一切周りにバレずお金を借りることができました!

クレカ延滞があっても審査通過!スタッフの対応が良くて好感触

性別 男性
年齢 37歳
ステータス 企業の経営者
業種 運送業
昨年、クレジットカードの延滞を経験し、通るか不安だったが50万下りた。融資まで1週間近くかかったのがネックだけど、他だと2週間かかる場合もあると聞いたのでまずまずかなあといった感じ。電話で話しただけだが、スタッフの方の対応がすごく良くて好感が持てた。

100万希望も審査不通過…計画書を作っておけばよかった

性別 男性
年齢 30歳
ステータス 企業の経営者
業種 Web関係
起業してから3年。今までは社員2人でどうにかなっていたが、今年から規模も拡大し、資本金がある程度必要になったので取りあえず100万円の融資を希望。結果は不通過。今後事業が拡大する見通しもあったので、今考えれば計画書を作成して提出すればよかったと少し後悔。