ビジネクストの評判・噂から見る審査に通る人・落ちる人の違い

公開日:

ビジネクストは個人事業主でも利用できる事業用ローンを提供する会社です。

事業を展開したいと考えている方が、ビジネクストを利用するだけで十分なお金を得られるほか、審査を通過すれば事業を開始できる可能性が高まり、多くの事業に挑戦できるでしょう。

ただ、実際に利用している方が色々な不満や問題を抱えているのも事実です。

ビジネクストを利用すると実際はどうなのか、評判や口コミからその情報を探っていきましょう。

ビジネクストの評判・口コミを限定公開!

ビジネクスト・ビジネスローンの基本情報
融資対象者
  • 法人、または個人事業主
  • 申し込み時の年齢が満20~69歳
融資額 50万円~1,000万円
金利
  • 年8.0%~15.0%(限度額100万円以上)
  • 年13.0%~18.0%(限度額100万円未満)
遅延損害金 20.0%
担保 不要
保証人 原則不要※法人は代表者に連帯保証をお願いする
返済方式と期間・回数
  • 元利金等返済:最長5年(60回以内)
  • 元金一括返済:最長1年(12回以内)
必要書類 【法人】

  • 代表者の本人証明
  • 決算書
【個人事業主】

  • 事業主の本人証明
  • 確定申告書
  • 所定の事業内容確認書

ビジネクストを利用している方の評判や口コミは、これから利用したいと考える方にとって重要なものでしょう。

実際に公表されている評判や口コミ等をしっかりと確認して、これからビジネクストを利用するのであれば参考にしておきましょう。

いい口コミだけがビジネクストに存在するのではありません。当然ですが悪い情報もしっかりと残されているのがビジネクストです。

起業段階でもビジネクストの審査に通った!

起業段階でもビジネクストの審査を通過できました。私はまだ起業していない状況だったのですが、なるべく早く起業のための資金を手に入れたいと考えていました。そこで資金を集めやすい方法を利用するため、ビジネクストへ申込を考えたのです。

最初はビジネクストの審査を通過できるとは思っていませんでした。なぜなら起業する段階で審査を受けても、仕事をしている実績等がないと判断していたからです。

しかし、事業計画書などをしっかりと作成しておくと、ビジネクストから数日後に連絡が入り、審査を通過できましたと伝えられました。まさか審査を通過できるとは思いませんでした。

起業の段階でも審査を受ければお金を借りられるビジネクストは、これから起業したいと考えている方にはいいかもしれません。

実際にビジネクストでは企業段階でも審査を通過できる可能性があるので、これから仕事を立ち上げたいと考えている方など、お金が必要とされるのであれば審査を受けてみるといいでしょう。(20代・男性)

事業計画書を作り込んだら3日で通過連絡がきた!

事業に関連する費用を捻出したいと考えており、何とかしてビジネクストの審査を通過したいと考えました。最初に取り掛かったのが事業計画書の作成でした。事業計画書を提出しなければビジネクストの審査を通過できないと考えたので、審査を通過できるような事業計画書の作成を行ったのです。

どのような事業計画書を作成すれば納得してもらえるのか、まずは事業計画書の内容を細かく記入し、どれくらいの費用が必要なのかも考えて記入しました。かなりの時間がかかりましたが、事業計画書の内容は納得のいくものと考えられ、これを提出すればビジネクストは納得してくれるだろうと考えられました。

実際に審査を受けたところ、事業計画書の内容が良かったのか、3日で審査の通過を伝えられました。かなり早く審査通過の連絡を受けられたのが良かったですし、作り込んだ事業計画書の内容はとてもよかったと思います。

事業計画書はビジネクストにとって重要なポイントです。できる限り細かい内容までしっかりと作成する必要があります。(30代・男性)

銀行ビジネスローンに落ちたけどビジネクストは通った

事業の状況が良くなかったので、再び融資を受けることになりました。融資を受けたいと思ってさいぎょは銀行のビジネスローンに相談したのですが、ビジネスローンの審査は通過できませんでした。最大の理由は売上高が低すぎるという問題で、返済されないのではないかと考えられたためです。

どこからお金を借りればいいのか正直迷っていましたが、最終的に事業用ローンとして提供しているビジネクストに申込みを行いました。

ビジネクストはあまり知らない会社だったので不安でしたが、銀行に提出した内容と同じもので審査を通過できました。ビジネクストは審査を通過しやすい会社なのかなと思っており、これからも困ったことがあれば融資を受けたいと思います。

銀行のビジネスローンは審査の難易度がかなり高いため、審査を通過できない企業や個人事業主もかなり多いのです。

その反面ビジネクストは審査の基準が銀行のビジネスローンよりも甘く設定されているので、審査を通過できる可能性が高くなります。(40代・男性)

金利が高くて不便でした

何とかして借りたいと思っていたので、銀行のビジネスローンを避けてビジネクストを利用しました。審査自体は1週間もあれば簡単に通過できたので良かったのですが、審査を通過してからが少し残念に感じてしまいました。

銀行のビジネスローンの場合、低金利で高額の融資を受けられるというメリットがあったので、基本的には安心して借りられる印象を持っていました。しかしビジネクストの場合、提示された金利が18%だったこともあり、とにかく返済額が多くて大変でした。

返済にかかる負担が大きすぎたこともあり、正直満足できる会社ではないと思います。銀行のビジネスローンを利用できるなら銀行で相談したほうがいいかもしれません。

ビジネクストの金利は消費者金融と同等クラスの高さを持っています。高い金利でお金を借りなければならないため、返済が非常につらいと感じる方もいます。(50代・男性)

個人事業主でも借りれるのが嬉しい!

銀行のビジネスローンを利用したいと考えていましたが、個人事業主では審査を通過できないと判断されるケースが多く、ほとんどの銀行からいい回答は得られませんでした。そこで最後の手段と考えてビジネクストへの申込みを決断したのです。

ビジネクストは個人事業主でも審査を受けられたので良かったと思います。しかも個人事業主が審査を通過してお金を借りられる点がとても助かりました。

お陰でなかなか融資を受けられずに困っていたのですが、ビジネクストに相談したことで融資を受けられるようになって良かったです。

ビジネクストは個人事業主でも利用できる会社なので、個人事業主でお金に困っている方は相談してもいいでしょう。(40代・女性)

「赤字でも大丈夫」と聞いたけどやっぱり落ちた…

ビジネクストは赤字でも大丈夫だから審査を受けてみたほうがいいと言われ、ビジネクストへの申込みを決断しました。赤字決済が続いており、ビジネスローンを利用できずに困っていたので、何とかして融資を受けたいと考えてビジネクストにすがる思いで申込みをしました。

しかし、赤字額が大きすぎた影響から、結局ビジネクストからも審査落ちの連絡が入りました。ビジネクストから審査落ちの連絡が入ったとき、言われている内容と違うじゃないかと感じてしまいました。

赤字でも審査を通過した人がどのような方法を採用したのか知りたいくらいです。

ビジネクストは赤字でも審査を通過できる可能性があります。ただ、赤字額が大きすぎると審査を通過できませんので、赤字額の削減はとても重要なポイントです。(30代・男性)

口コミからわかるビジネクストの審査の仕組み

色々な口コミを見るとわかりますが、ビジネクストの審査には色々な条件が必要であるとわかります。

同時にビジネクストの審査を通過したいと考えるならば、審査基準をしっかりと見たし、安心して審査を通過できるように心がけましょう。

審査通過に必要なのは売上高と将来性

起業段階でも審査を通過できる背景には、ビジネクストが将来性を意識して審査を行っているからです。

将来的にかなりの額を売り上げられると考えられた場合は、起業段階でもビジネクストから融資を受けられる可能性があります。

また、現時点でかなり高い売上高を誇っていると、審査を通過できる可能性が高まります。売上高が高ければ高いほど、収入に該当する項目は多いと判断されるからです。

どれだけ売上高を上げられるかがビジネクストの審査通過には必要な項目です。

事業計画書を作り込めば審査通過率はUPする

事業計画書はビジネクストに提出しなければなりません。

提出しなかった場合、本当に事業を行っているのかわからないため審査を通過できない可能性が高まります。

しかし事業計画書をしっかり作っておけば、売り上げ面で厳しいと感じている方も審査を通過できる可能性があります。

事業計画書というのは、事業を行うための計画を示したものです。

どれくらいの計画によって売上高がしっかりと確保できるのか、そのために必要な予算や期間などを示しておけば、事業の計画性という部分がしっかりと判断できるのです。

ビジネクストの審査では、事業計画書の内容をしっかりと踏まえて、本当にいいと判断している企業には貸し出しを行っています。逆に事業計画書の内容に問題があると判断されれば審査に落とされてしまうので、事業計画書はしっかり作り込むようにしましょう。

赤字だと審査通過はやはり難しい…

赤字決算が続いている状況では、ビジネクストの審査を通過しづらくなります。

赤字が多い企業に対して融資を行っても、お金が返ってこないのではないかとビジネクストは考えているからです。

赤字が続いている企業の方は、まず赤字決算をどうにか解消するようにしましょう。そして赤字がある程度削減されてから審査を受けて、ビジネクストから融資を受けられるように考えるのです。

なお、赤字が存在すると審査を確実に通過できないというわけではありません。

一時的な赤字などの状況であれば、売上高の数字や事業計画書の内容を踏まえて審査を通過できる可能性があります。

ビジネクストの審査に人が入っているという噂は本当!

ビジネクストは自動審査だけを行っている企業ではありません。人の手によって審査が行われており、全ての項目を人によって確認されています。

消費者金融のように、自動審査だけである程度の審査を完了させているわけではないのです。

前々からビジネクストは人によって審査が行われているという噂もありましたが、この噂は本当です。

最初からビジネクストは審査のために社員を導入して、色々な内容を確認しながら最終的な判断を下しています。

コンピューターによる自動審査だけではない!会社の評判が悪いと審査落ちも

多くの消費者金融では、自動審査という方法を利用してコンピューターに審査を任せています。

申込みをされた内容を自動的に審査して、社員の方に対してこのユーザーが審査を通過してもいいのか、それとも悪いのかという情報をしっかりと示しています。

一方でビジネクストの場合、コンピューターによる自動審査も取り入れていますが、あらゆる内容は人の手によって確認が行われます。

コンピューターだけでは事業の信頼性や本当に融資を行っていいのかの判断ができないため、社員が確認をしながら融資を行うか判断しているのです。

人の手によって審査を行いますので、会社の評判という部分が審査に絡んできます。

多くの方に会社がどのように認知されているのかを社員が確認して、本当に安心して融資を受けられる状況であれば審査を通過させます。

一方で会社の評判がかなり悪いと判断されれば、審査を通過できなくなります。

怪しい会社には融資をしないというビジネクストの方針がありますので、審査を通過できない可能性が評判によっては高くなってしまいます。

売上が低くても将来性を評価してくれやすいのが魅力

現時点での売上という部分もしっかりと確認していますが、事業計画書によって将来性を判断し、最終的に融資を行っているのがビジネクストです。

つまり現在の売上高が小さい状況でも、将来的にかなりの売上高を見込めるような事業計画を提出しておけば審査を通過できるのです。

事業計画書は非常に重要なポイントですし、作成している内容によって売上が低い会社や起業段階の人も審査を通過できるのです。

どうしても売上の部分で苦労していると判断している場合は、事業計画書をしっかり作成して信頼されるように努力しましょう。

ビジネクストは高金利で返済が大変という声が多数

売上高だけではなく、将来的な部分までしっかりと確認して融資を行ってくれるのがビジネクストです。

しかしその反面、ビジネクストは高金利での貸し出しを行っているため、返済がとても大変だという意見もかなり多くあります。

なぜビジネクストがここまで金利を高くしているのかは、審査基準を少し甘くする代わりに、返済額を増やして利益を確保したいと考えているからです。

従って消費者金融クラスの金利で融資が行われる傾向が多く、返済額は多くなりがちです。

返済がかなり大変だという意見も多数ある中で、どうしてもビジネクストで借りたいと考える場合は、返済計画についても事前に作成したほうがいいでしょう。

金利18%はビジネスローンの中でもかなり高め

ビジネスローンは銀行や消費者金融でも提供されていますが、ビジネクストが提供している事業用ローンというのは金利がかなり高い分類に入ります。

金利は最低で8.0%ですが、最大だと18.0%です。金利の数字は消費者金融がキャッシングサービスで提供している数字とほぼ同じで、高い金利を適用して融資を行っているのです。

ビジネスローンの場合は、多くのお金を借りる傾向があります。

従って大金に対して高い金利が適用される可能性があり、金利18.0%で100万円近くも借りる可能性が出てしまいます。この場合は金利によって毎日曜に多くの利息が発生するため、ビジネクストに返済する金額がとても多くなってしまいます。

金利はビジネスローンでも相当高い方ですので、なるべく返済を枚付くできるように心がけるほか、返済ペースを少しでも速められるように努力しておきましょう。

銀行ビジネスローンは低金利だが審査が厳しい

一方で低金利で借りられるローンと言えば銀行が提供するビジネスローンです。銀行が提供しているビジネスローンは、ほぼ全ての銀行が低金利での貸し出しを行っており、企業にとっては返済を抑えられるメリットがあります。

しかし、低金利のビジネスローンは審査が厳しく、事業内容や売上高、そして赤字の状況などを踏まえて厳しい内容で審査を受けなければなりません。

起業段階の人はかなり厳しい判断を受けますし、赤字が少しでもあると審査に落とされます。さらに売上高が不足しているという判断でも落とされてしまいます。

銀行ビジネスローンは確かに便利で金利も低いのですが、その分審査は厳しいと判断し、綿密な計画を立てなければなりません。

金利の低さと審査の甘さは両立しない!目的に応じてビジネスローンを選ぼう

金利の低さと審査の甘さは両立しません。

金利が低ければ審査は厳しく、金利が高ければ審査は甘くなります。金利と審査難易度は反比例しており、両方がしっかり揃っているビジネスローンは存在しないのです。

目的に応じてビジネスローンを利用したほうがいいでしょう。ちょっとした借入であれば審査の甘いビジネクストを利用する方法で、大掛かりな借入であれば低金利の銀行ビジネスローンを使うように考えてください。

目的によってしっかりと借りる場所を選べば、より企業にとっては使いやすいビジネスローンが手に入るのです。