ビジネクストの審査は甘い?審査基準はアイフルと同じ?

公開日:

ビジネクストはアイフルが運営しているビジネスローンです。

ビジネスローンの中でも審査基準があまり厳しくないというメリットを持っているほか、ビジネクストであれば低額の融資も期待できるため、あまり多くの融資を受けなくてもいい企業も借りられるのです。また個人事業主でも貸してくれます。

ただ、ビジネクストの審査が厳しくないと言っても、審査基準は消費者金融よりも厳しくなっています。審査を通過しなければビジネクストは利用できません。

これから使いたいと考えている方は、審査基準や審査を通過する条件をしっかり理解しなければなりません。

ビジネクストは即日融資できる?最短で融資を受ける流れ・コツ

ビジネクストはアイフル系列のビジネスローン

ビジネクストは1企業として融資を行っている会社ですが、バックには消費者金融のアイフルがついています。

アイフルはビジネスローンの分野にも参入したいと考えており、新しい会社を立ち上げてビジネスローンに参入しました。それがビジネクストです。

ビジネクストはアイフルの審査基準が採用されているほか、消費者金融で培っているスピード感のある融資を提供しています。

融資のスピードが他よりも多少早いため、他社よりも借りられるまでに時間がかからないメリットを持っています。

アイフル系列のビジネスローンとして高く評価されているほか、なかなかビジネスローンを利用できずに困っている方にも利用されているビジネクストは、今後も注目される会社です。

大きく分けて6種類のサービスを提供

ビジネクストは大きく分けて6種類のローンサービスを提供しています。実際に提供しているサービスは以下の通りです。

  • 事業者用ローン
  • 医療機関、介護関連者向けローン
  • 不動産担保ローン
  • ファクタリング
  • 法人クレジットカード
  • 振込代行サービス

以上の6つのサービスを提供しています。

主に利用されているサービスは事業者用ローンです。個人事業主でも法人でも、事業にお金を使いたいと考えている方には、事業者用ローンの審査によって必要な金額を融資しています。

医療機関や介護事業者に対しては別のローンを提供しています。

その理由としては、医療機関などは必要資金が多くかかってしまうため、一般的な事業者用ローンでは貸し出しが足りないのです。

より多くの金額を借りられるように、医療機関や介護事業者は別のローンで対応しています。

ファクタリングは売掛金を利用した融資の方法で、近年注目を集めています。

売掛債権をビジネクストが購入し、購入額に相当する金額をすぐに融資します。短期間で売掛金を得たいと考える企業が採用しています。

法人クレジットカードや不動産担保ローンなど、銀行向けのサービスも提供しています。

銀行とは異なる会社としてサービスを提供しているビジネクストですが、銀行に近いサービスを提供することで、より多くの方に利用してもらいたいと考えているのです。

6つのサービスはビジネクストが自信を持って提供しているサービスでもあり、実際に利用している企業は多くなっています。

ビジネクストの審査はアイフル並に甘い?

ビジネクストの審査は、他社のビジネスローンよりもかなり甘い傾向があります。

ビジネスローンの審査に落とされている人も審査を通過できるほか、個人事業主に対しても融資を行っています。

ビジネスローンを利用できる範囲を広げているほか、ビジネスローンを銀行では無理だと判断された企業にも融資を行っています。

ビジネクストがあまり審査を厳しくしていない背景には、アイフルが運営している会社という部分があります。

アイフルは消費者金融としてサービスを提供し、あまり厳しい審査を行っていません。

その厳しい審査ではない基準をある程度ビジネクストにも適用し、企業向けにあまり厳しくない審査でビジネスローンを提供しているのです。

ただ、アイフルよりも厳しい審査は行われています。

アイフルのように収入があまり多くない人が利用できるという状況は作っておらず、ある程度しっかりとした収入を持っていなければ審査を通過できないようにしているのです。

アイフルよりも審査は厳しい

アイフルよりも厳しい審査をビジネクストが行う背景には、企業に向けて融資を行う会社という側面があります。

個人向けに融資を行っているのではなく、売上を得て事業を展開していく企業に向けてお金を貸し出しています。

お金を貸したけど返ってこないケースが個人向けよりも多い傾向にあり、倒産などのリスクを考えると、どこでも融資を行えるわけではないのです。

より安心して貸し出せる企業を探すために、審査の基準は厳しいものを採用しています。

消費者金融のアイフルよりもやや厳しく、収入や赤字という部分はしっかりとチェックされています。

問題があると判断される企業はもちろんのこと、赤字経営によって返済されないのではないかと思われる企業についても融資を行わないようにしているのです。

銀行や国のビジネスローンよりは審査が甘め

一方でアイフルよりも厳しいビジネクストですが、銀行や国が融資を行っているビジネスローンよりも審査基準は甘くなっています。

多少の赤字であれば、事業計画によっては審査を通過できる場合があります。

銀行などは審査を通過できないケースがあるため、赤字が出てしまった企業にとってビジネクストは安心して審査を受けられる会社でしょう。

また、審査時間についてもビジネクストは早く、銀行や国の融資よりも待たされる心配がありません。

早期に融資を受けてお金を使いたいと思っている企業にとっても、ビジネクストはとても頼りになる会社なのです。

ビジネクストの審査が甘いとは言えない理由

なぜビジネクストの審査はアイフルよりも厳しく、銀行よりもやや審査が甘い程度の状態なのでしょうか。

実は審査が甘いと言い切れない理由が色々とあります。

その理由をしっかりと理解して、ビジネクストの審査を通過できるように努力しましょう。

借り入れ目的をじっくり審査される

一番の理由は借入目的です。

借入目的が明確にされていないと、ビジネクストは他の分野に融資されたお金を使うのではないかと考えて、審査を通過させないようにしています。

借入目的が不透明な企業や、どう考えても借入目的通りの使い方をしないと考えている企業は、ビジネクストの審査を通過できないのです。

最終的に借入目的に該当する計画が、本当に上手に進んで企業の売上を作ってくれるのか、ここをしっかりと判断しています。

逆に言えば、借入目的がしっかりと判断できて、安心して売上を作れるだろうとビジネクストに考えられれば、審査を通過できる可能性が高いのです。

借入目的については、事業計画書の内容を基に判断されます。

特に赤字を出している企業は、事業計画書の内容はかなり重要なポイントで、事業計画がしっかりと作られていない場合は審査に落とされます。

安心して審査を通過して融資を受けたいのであれば、ビジネクストの審査を通過できるように、事業計画を作らなければなりません。

最初にまとめて融資をおこなう

ビジネクストは何度でも借りられるカードローン形式で融資を行っていません。

1度に多くの融資を行う方法を採用しています。

つまり融資は1回だけ行われ、その1回で希望している金額は全て受け取る形になります。

まとめて融資を行う場合、その金額は非常に多くなる可能性もあり、慎重に審査を行っています。

多くの融資を1度に行っても返ってこないような企業には融資を行わないように心がけ、慎重な審査の下で本当に融資を行ってもいい企業を探っているのです。

審査に人の手が加わっている

アイフルでは審査は自動的に行われ、最終的にプログラムで問題はないと判断されればそのまま審査を通過できます。

消費者金融の審査が甘いとされる理由には、プログラムによって審査が簡単に完了しており、ほぼ人の手が加わっていない点があります。

しかしビジネクストは、人の手によって最終的に判断しなければならない項目が多数あります。

多くの社員が確認し、本当に融資を行ってもいいのか考えているのです。

こうした検討を何度も続けて、全社員が問題ないと判断したところでようやくビジネクストの審査は完了し、融資を受けられるのです。

審査はプログラムによってすべて判断されているのではありません。

ある程度の項目だけプログラムを採用して自動的に判断されますが、最終的に事業計画等の確認が必要なので、人の手によってある程度の審査は行われています。

ビジネクストの審査に通る方法

ビジネクストの審査に落とされてしまうと、利用できるビジネスローンの選択肢は大幅に少なくなってしまいます。

確実にビジネスローンを利用したいと考えたい方は、ビジネクストの審査を通過する方法を知っておきましょう。

ここからはビジネクストの審査を通過しやすくなる要素について説明します。

希望額を低くする

希望する金額が多ければ多いほど、審査基準はかなり厳しくなってしまいます。

そこで希望する金額を抑えて、融資を受けやすいように調整するのです。

本来であれば多くの融資を受けて、事業をしっかりと進めたいところです。

しかし欲張って希望額を増やしてしまうと、ビジネクストの審査を通過できない場合があります。

大金を希望している場合は、より審査基準が厳しくなってしまい、審査を通過できない可能性が高くなってしまうのです。

どうしても審査を通過したいと考える場合は、まず希望額を抑えるようにしてください。

希望額が抑えられると、ビジネクストの審査では希望額が低いので大丈夫だろうと判断される場合があります。

本来の希望額よりも少し下げるような形で、ギリギリでもいいから事業計画が進められる程度の金額に抑えておくといいでしょう。

他社借り入れを減らしておく

他社の借入が残されていると、ビジネクストの審査は一気に厳しくなります。

ビジネクストは他社の借入が残されていた場合でも審査を通過できますが、審査の段階で返済されないのではないかと思われる可能性も高くなり、審査に落とされる場合もあります。

まずは他社借入を減らすように心がけましょう。

他社の借入を10万円でもいいから減らしておけば、ビジネクストの判断はいいものに変わります。

現時点で返済できる借入がどれくらいあり、実際に返済しても事業に問題が起こらないのであれば、他社借入を返済してからビジネクストの審査を受けてください。

申込みで嘘は付かない

申込内容に嘘が存在すると、ビジネクストは信頼できないので審査に落としてしまいます。

当然のことですが、申込内容に嘘を書いたり、決算書類などの偽装しないように気を付けてください。

ビジネクストは嘘をついていると判断した場合は審査に落としています。

嘘かどうかの判断は企業に関連する情報を確認すれば簡単にわかるため、嘘をついて審査を通過する方法は使えないのです。

申込内容を偽装するなど、問題を起こした企業はビジネクストだけではなく、他の融資も受けられない可能性があります。嘘をつくのは絶対にやめましょう。

事業計画書をわかりやすく作成する

赤字企業にとって、今後の事業計画がビジネクストを利用する最後の手段です。

今後の事業計画がいいと判断されれば審査を通過できますが、事業計画が良くないと判断されれば審査に落とされてしまいます。

今後の事業を明確にするため、事業計画書をわかりやすく作成する方法が望ましいでしょう。

とにかく詳細まで記述し、売上がどのように変わっていくのかをビジネクストに示すのです。

ある程度問題のない売上げが期待できるほか、事業がスムーズに進む可能性があると判断されれば、ビジネクストは赤字決算を出していたとしても融資を行ってくれます。

事業計画書を出さなかった場合や、事業計画書で将来性がないと判断されれば、審査に落とされる可能性は急激に高まってしまいます。

融資を受けられるチャンスを広げるためにも、事業計画は丁寧に作りましょう。

ビジネクストより審査の甘いローンはある?

ビジネクストの審査に落とされてしまった場合や、ビジネクストの審査を通過できる可能性が見込めないと思った企業は、別の方法によって融資を受けても構いません。

ここから審査基準がビジネクストよりも甘く作られているローンを紹介しますので、融資を受ける参考にしてください。

法人向けカードローン

ビジネスローンとして提供している商品は審査基準が厳しく作られています。

最大の理由は融資を1度に行う必要があり、提供する金額が1回でかなり多くなってしまうのです。

そこで限度額までなら何度も融資を行える、カードローン形式の融資に切り替える方法があります。

法人向けに用意されているカードローンは、ビジネスローンと同じくらいの限度額が期待できるほか、審査基準がビジネスローンよりも多少甘くなります。

ビジネクストの審査が厳しいと思われる方も、あまり多くの限度額を狙わないという前提であれば、法人向けカードローンを利用できるかもしれません。

ただ、法人向けカードローンの中には審査がかなり厳しい会社もあります。提供している会社を調べたうえで、審査を通過できそうな会社へ申込みましょう。

不動産担保ローン

ビジネクストでも提供している不動産担保ローンは、ビジネクストのビジネスローンよりも審査基準は甘くなります。

その理由はリスクが軽減されるためで、不動産を担保として提供してもらえば、返済されない場合に不動産を売却し、ある程度の金銭を融資側が受け取れるからです。

不動産担保ローンは、不動産の価値がかなり高ければ審査基準が大幅に甘くなります。

不動産で希望している金額分の融資が賄えるのであれば、融資を行う側も安心して貸し出せると判断できるからです。

どうしてもビジネスローンの審査に落とされ続けている方は、不動産担保ローンに切り替えるといいでしょう。

不動産担保ローンであれば審査を通過できる可能性は劇的に上がります。

法人でも使える一般カードローン

法人用に一般向けのカードローンは提供されないケースが多いものの、一部の会社は法人でも使えるカードローンを持っています。

個人向けに準備されているカードローンであれば、企業に提供するカードローンやビジネスローンよりも審査基準は甘くなります。

ただ、法人でも使えるという前提でカードローンを選ばないと、法人で使えないカードローンへ申込、審査に落とされる可能性があります。

審査を確実に通過したいのであれば、法人でも使えるカードローンに絞って考えてください。

なお、個人事業主の場合は一般カードローンの方が審査を通過できる可能性が高いため、ビジネスローンよりもカードローンを考えるといいでしょう。

まとめ

ビジネクストはアイフルが運営している企業の1つであり、審査基準は銀行や国が提供するローンよりも甘くなっています。

しかし消費者金融や銀行が個人向けカードローンで提供している基準よりも審査は厳しいため、企業としてより安定した状況を作らなければ審査を通過できないでしょう。

審査を通過できずに困っている場合は、ビジネスローンに限らず他の選択肢を検討し、融資を受けやすい方法に切り替えたほうがいいでしょう。

審査に落とされ続けて融資を受けられないくらいなら、より簡単に審査を通過できる会社に変えて確実にお金を借りるのです。