ビジネクストは即日融資できない!最短で融資を受ける流れ・コツ

公開日:

ビジネクスト「ビジネスローン」の基本情報
融資対象者
  • 法人、または個人事業主
  • 申し込み時の年齢が満20~69歳
融資額 50万円~1,000万円
金利
  • 年8.0%~15.0%(限度額100万円以上)
  • 年13.0%~18.0%(限度額100万円未満)
遅延損害金 20.0%
担保 不要
保証人 原則不要※法人は代表者に連帯保証をお願いする
返済方式と期間・回数
  • 元利金等返済:最長5年(60回以内)
  • 元金一括返済:最長1年(12回以内)
必要書類 【法人】

  • 代表者の本人証明
  • 決算書
【個人事業主】

  • 事業主の本人証明
  • 確定申告書
  • 所定の事業内容確認書

ビジネクストは、融資まで最短3営業日となっており、即日融資を受けることはできません。

消費者金融のカードローンなら最短即日で融資を受けることができますが、ビジネクストなどのビジネスローンは借入額が大きいので、その分審査も厳密にやるため融資までどうしても時間がかかってしまいます。

ただ、事業用ローンは銀行や日本金融政策公庫から借りると融資まで数週間かかることも多いので、ビジネクストの最短3営業日というのはかなり早いスピードですよ!

今回は、ビジネクストから最短で融資を受けるための手続きの流れと、コツを紹介していきます!

※ビジネクストの審査基準に関する情報はこちら!
ビジネクストの審査基準は?審査に落ちた時の対処法を解説

ビジネクストから最短融資を受ける流れ

ビジネクストの申し込みから契約までの手続きをスムーズに済ませれば、融資のスピードが早まる可能性が高いです。

そこで今回は、ビジネクストの申し込みから契約までの流れを徹底解説していきます!

ちなみに、契約までの流れは以下の通りです。

  • 公式サイトから申し込み
  • 仮審査
  • 必要書類の提出
  • 本審査
  • 契約・借入

公式サイトから申し込み


ビジネクストは、公式サイトの各種ローンの紹介ページ中部に、上のようなボタンが設置されています。

申し込みを希望する方は、こちらをクリックしましょう。

クリックすると、このように申し込みフォームが現れるので、上から記入していきます。

ビジネクストの申し込みで必要な情報は以下の通りです。

  • 希望商品(事業者ローン/医療機関・介護事業者向けローン/不動産担保ローン/売掛金ファクタリング/法人クレジットカード)
  • 資金使途(運転資金/設備資金)
  • 事業形態(法人/個人事業主/給与所得者)
  • 氏名・生年月日・性別・自宅住所
  • 連絡先・会社電話・FAX
  • 希望連絡先
  • 会社名
  • 会社所在地
  • 必要書類の提出
  • 本審査
  • 契約・借入

仮審査

申し込み内容をもとに、簡単な審査がおこなわれます。

ここでみられるのは主に決算情報で、最低ラインをクリアしていれば本審査へ進みます。

仮審査を通過したら、ビジネスローンの場合は以下の書類を提出します。

法人
  • 代表の本人証明書類
  • 決算書
個人事業主
  • 事業主の本人証明書類
  • 確定申告書
  • ビジネクスト所定の事業内容確認書

これらの必要書類は、こちらの3つの方法で提出できます。

  • メール
  • FAX
  • 郵送

郵送だと届くまでに時間がかかるので、最短で融資を受けたい方はメールかFAXでの提出をおすすめします。

本審査

仮審査を通れば、次に本審査が待っています。

ビジネスローンでは会社の経営状況がかなり審査で重視されるため、こちらのような様々な指標に照らし合わせて返済能力を判断していきます。

  • 売上高経常利益率
  • 総資産経常利益率(ROA)
  • 当座比率
  • 流動比率
  • 固定比率
  • 固定長期適合率
  • 自己資本比率
  • 債務償還年数
  • インタレスト・カバレッジ・レシオ

こちらの指標は、申し込み内容を基に自動スコアリングで算出されます。また、経営者・事業主個人の信用情報もチェックされます。

ただ、ビジネクストは審査に人が入ることで、以下のような項目も審査されます。

  • 事業の優位性
  • 事業の将来性
  • 市場規模
  • 会社の評判
  • 経営者の評判・経歴

自動スコアリングは誰が申し込んでも時間に差はありませんが、人がおこなう審査は時間に差が生まれます。逆に言えば、ビジネクストの融資を最短で受けるには、この「人がおこなう審査」をどれだけ早く終わらせられるかがカギとなります。

契約・借入

本審査に通れば、借入可能です。

ただ、ビジネクストは借入できる機関が3か所しかないので、最短融資を受けたい方は事前に場所・営業時間を確認しておきましょう。

  • アイフルATM
  • 東京スター銀行ATM
  • セブン銀行ATM

ビジネクストの融資を最短で受けるコツ

ビジネクストの融資を最短で受けるには、審査を早めに終わらせる必要があります。

どうすれば良いかというと、まず言えるのは、誰が見ても審査に通ると判断できるような申し込み内容なら、すぐに審査は終わるということです。

つまり、以下のような項目をクリアしていれば、ビジネクストから最短で融資を受けられるということです。

  • 資本金が充分ある
  • 従業員数が多い
  • 事業の将来性が高い
  • 会社の評判が良い

ただ、これらが全て達成しているような会社なら、正直ビジネクストを借りる必要はないとも言えます。

そこで今回は、業績があまり芳しくない方でも、ビジネクストの融資をスピーディに受けるコツを紹介していきます。

事業計画書を作成して提出する

ビジネクストは自動スコアリング以外にも人による書類審査をおこなっています。

スコアリングの評価がギリギリだったりした場合は審査が長引いたり、落ちてしまったりもあり得ますが、現在のステータスが審査の当落線上だとしても、今後の成長性を証明できれば、審査通過の連絡が早めにくる可能性は高まります。

現在は業績が不安でも、近い将来に拡大の見通しがあるなら、自前の事業計画書を作成し、提出しましょう。

担当者のチェックの上、納得のいく内容なら、なるべく早く融資が受けられますよ。

経営者・事業主自身の信用情報をきれいにする

ビジネスローンは、企業経営者・個人事業主に対する個人ローンという側面も持っています。

そのため、申込者自身にクレジットカードの延滞などがあれば、会社の業績が良くてもビジネクストの審査に通らないことがあります。

クレジットカードやカードローンの延滞を経験したら、ビジネクストに申し込むまで期間を空けるようにしましょう。

いま借りているビジネスローンを完済してからビジネクストに申し込む

すでに他社のビジネスローンから借りている方は、完済してからビジネクストに申し込むようにしましょう。

個人のカードローンの複数借入なら、おまとめローンで一本化することもできますが、大抵のおまとめローンは事業用目的の借入を含んでいません。

ビジネスローンを複数社から借りるのはかなり難しいですし、審査に通ったとしても時間がかなりかかるのでやめておきましょう。

平日の午前中に申し込みをする

ビジネクストは営業日に審査をおこないます。申し込み~審査に土日を挟むとその分融資が遅れるので気をつけましょう。

また、平日に申し込んだとしても、時間帯によって今日中に審査へ進めるか、明日に後回しするかが決まります。

恐らく午後2時30分までに申し込んだら今日中に、それ以降だと翌営業日に後回しになるので、最短で融資を受けたい方は平日の午前中までに申し込みを完了させるようにしましょう。

希望の融資額を下げる

ビジネクストのような金融サービスは、当然ですが貸したお金を利息込みでしっかり完済してくれなければ経営が成り立ちません。

そのため、審査では余裕を持って確実に完済できるかどうかが最重視されます。

売上高が高ければ何の問題もないですが、売上高が不安でも希望の融資額を下げさえすれば、返済能力をアップすることができます。

前提として、ビジネクストでお金を借りても一時的なつなぎにしかならず、借りたお金で経営を立て直し、次に繋げるのが目的です。

まずはお金を借りる目的を見直した上で、必要最低額を希望するようにしましょう。

申し込み情報をミスなく記入する

ビジネクストの申し込み情報は、手動で記入します。そのため、会社名の誤記載や、資本金・売上高などの数字のミスが起こりやすいです。

申し込み情報にミスがあると、確認の電話がかかってきますが、いくら早く回答できたとしても、その分だけ審査が長引きます。

申し込み情報のミスが多いと、確認の電話もなく審査に落ちるという最悪のケースも起こりうるので気をつけましょう。

ビジネクストは審査スピードが早い!コツを抑えて最短融資を目指そう

ビジネクストは即日融資には残念ながら対応していませんが、最短3営業日とビジネスローンの中ではかなり融資が早いです。

ただ、これはあくまで目安で、社内の事情などで融資が遅れる可能性も充分あります。

融資スピードをこちらがコントロールするのは不可能ですが、上記のコツを実践して、少しでも最短融資の可能性を高めていきましょう!