ビジネクストの不動産担保ローンとは?審査・評判・融資にかかる時間を解説

公開日:

ビジネクストの不動産担保ローンは、なかなか不動産担保ローンを利用できない人、現在他のローンと契約を行っている方に使いやすいローンです。

多くのメリットを持っている不動産担保ローンですので、使うことで大きな融資を受けられるでしょう。

しかし、デメリットも抱えているローンですので、デメリットについてもしっかりと把握して、できる限り不動産担保ローンの詳細を理解してから使いましょう。

ビジネクストの不動産担保ローンとは?

ビジネクストが提供している不動産担保ローンは、利用限度額が100万円から1億円までの間で設定されます。

利用限度額を決めるようとしては、現在持っている収入、担保として提供する不動産の金額、そしてこれまでの借入で問題が起こっていないのかを判断する信用情報機関の記載などによって判断されます。

大きな収入を持っている人で、高い価値を持っている不動産を担保として提供すると、大きな利用限度額が確保できます。

ビジネクストの金利は年5.0%~15.0%

金利は5.0%から15.0%の間で決められます。金利の数字は利用限度額に比例して小さくなり、一番高額な1億円の利用限度額ではほぼ5%が適用されます。

金利の数字は不動産担保ローンでは決して低いわけではありません。金額によっては高いと感じる可能性もあります。

不動産担保ローンを利用する場合、保証人や抵当順位に関係なく利用できます。

保証人を立てないと利用できないローンも多く登場していますが、ビジネクストの不動産担保ローンで保証人は必要ありません。

また、抵当順位によって不動産担保ローンが使えない問題もありませんので、どのような場合でも不動産を担保に出して融資を受けられます。

保証料や手数料、そして事務手数料などが全て無料で使える不動産担保ローンです。

銀行の一部では、手数料などを請求して融資額が少し減らされる場合もありますが、ビジネクストでは額面通りの金額を融資します。

全ての手数料を取らないように心がけているローンですので、手数料を考えずに使えるのです。

ビジネクストが持つ不動産担保ローンのメリット

ビジネクストが提供する不動産担保ローンのメリットは以下の通りです。

1.手数料などが一切かからない

手数料の問題は先ほど説明していますが、ビジネクストでは手数料を一切取りません。

不動産の調査や風刺に関わる手数料は発生しませんので、決められた融資額に合わせてお金を得られる商品です。

意外にも不動産担保ローンには、手数料が高くなる問題点を抱えています。

特に不動産に関わる調査費用がとても高く、不動産を担保に出すために多くの費用を使ってしまうのです。

しかし、ビジネクストは調査費用などは一切取らないので、融資額を減らされてしまうなどの問題はありません。

こうした手数料を取られない点では、他の不動産担保ローンに比べると使いやすい商品で、手数料を払う手間からも解放されるのです。

2.返済回数が多く長期契約が可能

ビジネクストでは、返済回数を最大で360回と定めています。

月に1回の返済を行っていくと、30年間契約ができる商品で、ゆっくりと返済を進められるメリットがあります。

不動産担保ローンの中には、返済回数がもっと少ないため、かなり早く返済を進めなければローンの返済が終わらない可能性もあります。

ビジネクストでは、返済ができなくて困っている人のために、返済回数を最大で360回とかなり多く設定し、返済を行いやすい環境を整備しているのです。

3.住宅ローン契約中でも利用可能

一部の不動産担保ローンは、住宅ローンの契約を行っている際、担保として提供できない可能性があります。

銀行の中には、住宅ローンの契約が完了していない人は利用できないと定めている場合もあり、不動産担保ローンを利用できずに困ってしまう場合もあります。

ビジネクストでは、不動産担保ローンを使いたい方が、どのような状況であっても不動産を担保として差し出せます。

住宅ローンの契約中であっても、親族が保有している不動産であっても担保とで差し出せます。

担保に使う不動産の選択肢が広くなり、自分が保有している不動産以外も担保にできる点はいいところです。

4.利用限度額が高い

利用限度額が最大で1億円というのはかなり高い金額です。

利用限度額が高く、不動産の価値によってはさらに高い利用限度額が望めるというメリットがあり、ある程度多くの金額を借りたいと考えている方には使いやすい商品です。

ビジネクストの不動産担保ローンのデメリット

ビジネクストにはいいところも多数ありますが、デメリットについてもしっかりと知っておきましょう。

1.金利が高い

一番の問題点は、他の不動産担保ローンに比べて金利が高いことです。

金利は銀行などはもっと低く設定しており、ビジネクストの金利の半分程度で借りられる会社もあります。

それだけビジネクストの金利というのは高い傾向にあり、借りた場合の利息が多くなる問題点を抱えます。

借りる場合は返済を早めに終わらせるなどして、少しでも利息を増やさないように努力してください。

2.返済ができない場合の取り立てが厳しい

ビジネクストが提供しているローン全体に言えることですが、返済できなかった場合の取り立てがかなり厳しく、何度も電話連絡を入れられてしまいます。

また、電話連絡を無視していると、今度は郵便などで対応するケースがあり、最悪の場合は裁判所などの力も借りて対応してきます。

取り立ての電話についても、かなり高圧的な態度で臨んできます。

返済をとにかく行わせるために、あらゆる行動を取ってくる会社でもありますので、返済をしっかり行えるように考えてから契約を行ってください。

3.不動産の価値がなければ融資を受けられない

保有している不動産の価値がないと判断された場合、利用限度額の100万円に満たない決定を下された場合は審査に落とされてしまいます。

どのような不動産でも審査を受けられるのですが、あまりにも不動産として価値が足りない、担保として受け取っても売るのは難しいと判断された物件では対応してもらえません。

どうしても不動産担保ローンを使いたいなら、ある程度価値の高い住宅や不動産を提供してください。かなり古い住宅など、価値がつかない不動産もありますので気を付けてください。

ビジネクストの審査を通過する条件と基準

ビジネクストで不動産担保ローンを使いたいと考える方は、審査を通過する条件と基準について理解しておきましょう。

1.年収について

年収は利用限度額の下限が100万円であると考えた場合、一番小さい金額であれば年収300万円もあれば貸してくれます。

ただ、不動産担保ローンを使ってまで100万円という融資を受ける人はほとんどいません。1,000万円以上の融資を希望しているなら、最低でも1,000万円以上の年収、もしくは会社の売上を示さなければなりません。

審査を通過できない人は、年収を持っていない、売上が悪いと判断されています。

年収が200万円未満だったり、純利益が赤字でここ最近の売り上げも悪いと判断されると、審査に落とされる可能性が高まってしまうのです。

2.担保として差し出す不動産について

不動産の価値は、ビジネクストが独自に調査を行って金額を算出します。

この不動産の金額に併せて利用限度額を設定し、利用者に対して貸し出せる金額を示しているのです。

不動産ですが、500万円以上の査定が受けられれば問題はありません。300万円程度の不動産であっても融資を受けられる可能性があります。

1,000万円以上の融資を希望される方は、査定額が1,000万円程度を目標に不動産を選択してください。

なお、不動産の価値が足りないと判断された物件では、融資ができないと連絡されてしまいます。できる限り不動産の価値は500万円以上をベースとして考えましょう。

3.信用情報機関について

過去に借りている会社の情報などを信用情報機関で確認され、最終的に融資が受けられると判断された人にビジネクストはお金を貸しています。

この信用情報機関の情報が悪く、延滞が何度も続いていると判断されると審査に落とされてしまうのです。

過去に借りている情報は、10年程度が経過すると削除されていきます。もし10年以上前に返済をしていない情報があったとしても、信用情報機関で調べてもその情報は見つかりませんので、問題なしと判断されて審査を通過できるのです。

ただ、5年以内に起きている金融事故などは、全て信用情報機関に掲載されています。過去に問題を起こしている回数が多ければ多いほど、審査を通過できない可能性は劇的に高まってしまうのです。

ビジネクストの不動産担保ローンは融資までどれくらいかかる?

一般的なカードローンの場合は、最短で30分程度もあれば融資を受けられます。

しかし、ビジネクストの不動産担保ローンというのは、様々な過程に沿って審査を受けますので、最終的に借りられるまでの時間が長くなってしまいます。

ビジネクストでは、申し込みを行った後に仮審査が行われて、基本情報に問題がないと判断してから電話での確認を行います。

その後電話の確認と必要な書類についての提出を行えば、本審査を行います。本審査の結果、審査を通過して融資が受けられると判断した人にだけ、不動産担保ローンによる融資が行われます。

融資を受けるためには、最短でも2日程度が必要です。審査の対応がスムーズに行われたり、問題なく融資を受けられると判断された場合には、2日程度で審査が終わりため速やかに借入を受けられます。

ただ、審査の対応が遅れてしまうケースも多いため、大体1週間程度を目安に考えておくといいでしょう。

特に必要な書類の提出に遅れた場合は、融資までの時間が遅れてしまう点には気を付けてください。

ビジネクストの不動産担保ローンの評判は?

ビジネクストを利用している方はとても多く、実際の評判としてはそれなりにいいものもあります。

早く融資を受けられたので良かったという評判もあれば、利用限度額がそれなりに高くて満足できたという意見もあります。

他には、不動産担保ローンをこれまで利用できなかったけど、ビジネクストに変えたら利用できたという意見もあり、なかなか不動産担保ローンを使えない個人事業主の方などが高い評価を示しています。

その一方で金利が高いという意見も多く、金利面での改善を期待したいと考えている事業者もいます。

金利は銀行に比べるとやや高い傾向にあるため、どうしても銀行のローンよりも支払いが増えて、返済額で苦労している意見も多いのです。

全体的には高い評価が多く、口コミでも利用してよかったと考えている方が多くいます。ビジネクストは決して悪い評判のローンを提供しているわけではありませんので、安心して使ってください。

ビジネクストは不動産担保ローンで高額借入の可能性がアップ!

ビジネクストという会社は、事業者向けに不動産担保ローンを提供していますが、高額な借入が期待できる商品です。

借入額をできる限り増やしたいと考えている方、そして審査の基準を少し低くして貸してくれる会社を探している方は、ビジネクストを検討するといいでしょう。

ただ、ビジネクストは返済額が増える恐れもあります。審査を通過できるほどの条件を整えることに加えて、返済計画をしっかり練るようにしてください。