ダイレクトワンはブラックでも利用できるって本当?

公開日:

金融業界には「ブラック」という言葉があります。

名前からして嫌な感じがしてしまいますが、コレになってしまい「ブラックリスト」に載ってしまうと借入が不可能になると言われます。

でもそうなった方でも「ダイレクトワンなら借入可能!」という噂もあったりするんです。

スルガ銀行グループで人気のダイレクトワンがブラックの方でも利用可能なら、助かる方も大勢いるはずです。

でも、この噂は本当でしょうか?

ダイレクトワンを始めとしたカードローンを「ブラックは利用できるのか?」を徹底調査してみました!!

ブラックって何?

記事の最初から何度も出てきた「ブラック」という言葉。

「ブラックリスト」に載っている方がこう呼ばれるのですが、実は「ブラックリスト」というモノは金融業界には存在していません。

実際には「個人信用情報機関」に登録されている情報の中で、ネガティブな要素の強いデータのことを指しています。

つまり、信用情報に良くないデータが登録されている人のことを「ブラック」と呼んでいるんです。

ブラックになってしまう理由

  • 返済の遅延や滞納の「金融事故」
  • カードローンやクレカなどに複数申込みを行っている

こんな方は「ブラック」になってしまっている可能性があります。

一度なってしまうと簡単にはブラックであることを消すことはできません。

でもそうなってしまう理由がわかっていれば、ならない様に対処することは難しくはないはずです。

「金融事故」を起こしてしまった

返済の延滞をしてしまったとしても1日や2日では金融事故と扱われないことがほとんどです。

ですが1ヶ月以上など長期に渡っての延滞や、短期であっても繰り返し返済を送らせてしまった場合には、金融事故として登録されてしまう可能性が高くなります。

もし過去に他社のカードローン・各種ローン・クレカの支払いなどで、その様な状況になったことがあるのならブラックになっているかも知れません。

ただ延滞が解消してから最長で5年が過ぎれば返済の遅延に関する情報は消去されますので、遠い昔のことであれば今は問題ない可能性もあります。

忘れられがちなのですが、スマホの本体代金の分割払いなどもローンですから支払いには気をつけてくださいね。

任意整理や自己破産も金融事故です

ローンの支払いに追われたなどで生活が苦しくなってしまい「自己破産」や「任意整理」を行い生活の立て直しを目指した。

これ自体は悪いことではないのですが、「特定調停」や「個人再生」などを含む債務整理を行った方は金融事故として登録されています。

これらの事故情報が抹消されるのも5年の期間が必要です。

債務整理のメリット・デメリットを徹底解説!

「申込みブラック」ではありませんか?

「え!そんなことでブラックに?」と思われてしまうかも知れませんが、複数のローンに短期間に立て続けや同時に申込みを行った方は「申込みブラック」として扱われる可能性があるんです。

目安としては「半年以内に3社以上」とも言われていますが、正式な情報として公表されているわけではなく「1ヶ月で2社」でもブラック扱いになる危険もあります。

申込みの多さが悪影響になってしまうのは、色々な場所へ短期間に申込みを行う人は「お金に困っている」からと考えられるからです。

信用情報機関にはローンの申込みに関する情報も登録されていますので、短期間で複数のローンに申込むのは控えましょう。

申込みブラックは半年から1年で解消されることがほとんどです。

ダイレクトワンの申込み条件

  • 20歳〜69歳までの方
  • 安定した収入のある方

ダイレクトワンの申込み対象者は上記の条件を満たす方です。

特に働き方が問われることもなく主婦・パートの方も契約可能ですし、学生の場合もアルバイトなどで定期的な収入を得ていれば利用は難しくありません。

また、契約までに担保も保証人も必要とはしません。

この様に申込みと契約までに必要な条件がそれほど厳しくはないダイレクトワンは、多くの方が利用しやすいカードローンと言えますね。

年齢条件と定期的な収入があれば申込みは可能?!

結論から言えば、年齢と安定した収入という2つの条件を満たしてさえいれば申込みを行うことは可能です。

ですが、申込めば誰もがそれだけで借入が行えるわけではありません。

申込み後には審査があり、見事通過することができれば契約手続きを行い借入可能となります。

「当たり前」と言われてしまうかも知れませんが、審査を通過しなくてはお金を借りることはできません。

審査では何を見ている?

ダイレクトワンだけでなく、カードローンで行われる審査内容には大きな違いはありません。

ですが「何を重視するか」というのには若干の違いがあり、ある会社の審査に落ちたからと言って全てのカードローンの審査に通れないということはありません。

とは言っても「審査基準」についてはダイレクトワンを含めどこの会社も公表していませんので、結局は受けてみないとわからないということになってしまいます。

「でも、それでは困る」とお思いの方は、ダイレクトワンのホームページにある「クイック診断」を利用してみてはどうでしょうか?

3項目の入力だけですぐに借入可能かの診断結果を見ることができます。

クイック診断は申込みでは無いので、履歴も残らず申込みブラックになる心配もありませんよ。

ただあくまで簡易診断ですので、実際の審査の結果を保証するものでは無いことをお忘れなく。

ここからは、カードローンの審査で重要視される項目をお教えします!

年収・職業・勤続年数

年収は高ければ良いのかと思われがちですが、そうとは言い切れません。

収入の多さは設定される限度額に大きく影響しますが、安定した収入があれば審査ではきちんと評価されます。

アルバイトでの収入が数万円であったりしても、「毎月収入を得ている」のならそんなに心配する必要はありません。

職業に関しては、審査に通れない職種があるわけではないのですが公務員の様な長く安定して働ける仕事は評価が高くなります。

自営業の方は審査に通りにくいと言われてしまうのは安定性に若干の不安があるからなのです。

勤務年数はある程度は長い方が有利です。

幾ら年収が高くても、勤務している期間が短いと高く評価はしにくくなります。

家族構成や住居に関する情報

実は住居や家族構成に関する情報も審査に影響を及ぼします。

持ち家がある人は返済が滞っても雲隠れする危険は少なく、もしもの場合は家を売ることでお金が用意できます。

両親と同居している人などは援助を受けられる可能性もありますよね。

一見すると審査にあまり関係なさそうに感じるこんな情報も、審査ではしっかり見られているんですよ。

審査は総合的に行われます

ダイレクトワンの審査では他にも色々な項目がチェックされますが、それらは機械的に処理されてポイント化され総合的に合否が判断されます。

全ての項目のポイントが高くなくても、審査に通れる可能性はあります。

逆にずば抜けて年収が高くても、他に大きな問題があれば審査落ちする危険だってあるんです。

ダイレクトワンの審査が他社と比べて厳しいということはありませんから、「普通に働いている方」であれば契約できる可能性は充分ですよ。

ダイレクトワンの審査は甘い?審査基準を口コミから徹底検証!

ダイレクトワンの審査に落ちる理由と今後の審査対策まとめ

信用情報に傷があるブラックは、ほぼ一発アウトなんです

申込時に入力した内容などで行われるのは「属性審査」と呼ばれますが、そのポイントが大変に優秀だったとしても審査に合格できるとは限りません。

もし信用情報に傷がある、いわゆる「ブラック」の方なら審査に通れる可能性は非常に低くなってしまうんです。

金融事故を起こした時よりも収入が遥かに増えていたりと、状況が好転していたとしてもそれは変わりません。

信用情報機関に審査に悪影響を及ぼす情報が登録されている限りは、「ローンに申込んでも契約は難しい」と考えていただたくしかありません。

他社からの借入が多い人も落ちる可能性「大」

信用情報機関には、現在の借入件数や借入額も登録されています。

借入件数や額が多かったりする場合も、貸付を行う側としてはネガティブな要素となりますので審査落ちの危険は増してしまいます。

ダイレクトワンは年収の3分の1以上の融資が行えない「総量規制」の対象となる金融機関ですから、すでに年数の3分の1ほどの借入を行っているのなら融資を受けることは難しくなります。

信用情報は自分でもチェック可能

信用情報機関に登録されている情報について気になってしまう方も多いと思いますが、手続きを行うことで自分の情報を開示してもらうことが可能です。

国内に3つある信用情報機関それぞれで手続き方法が違うのですが「全国銀行個人情報センター」は郵送で、「C・I・C」と「日本信用情報機構」は郵送・WEB・店頭で手続きをすることができます。

気になる方は申込みを行おうと考えているカードローンがどの信用情報機関に登録しているのかをチェックして、情報開示を求めても良いかも知れませんね。

ダイレクトワンの場合はC・I・Cと日本信用情報機構に情報を登録していますので、このどちらかまたは両方に情報開示を求めることになります。

キャッシングの審査で重要な「信用情報」とは?信用情報の仕組みと注意点を解説

もし自分が「ブラック」なら?

情報開示を求めた結果や申込みをどこに行っても落ちてしまうなどで、「自分がブラックである」と気づいたのならば今はローンに申込むのは止めておくべきです。

信用情報に傷がある限りは審査に通ることは期待できませんので、返済の延滞があれば支払うなどして金融事故などの原因を解消し、後は待つのが1番です。

年月は必要となりますが「ブラック」に一度なってしまったからといって、永遠にローンが組めないわけではありません。

今はブラックの方も、グッと堪えてまた申込みを行えるタイミングを待ちましょう!