ダイレクトワンは保証会社の審査が必要?

公開日:

カードローンに申し込みを行った際には、借入先だけでなく「保証会社」の審査も受けなくてはいけない場合があります。

ですが、全てのカードローンで保証会社の審査を受ける必要があるわけでは無いのです。

実際ほとんどの方は「審査が必要」と言われれば、それが何なのかなどと疑問を抱かずに手続きを進めているかも知れません。

でも、この存在を意識した今ならば「何の為に保証会社の審査を受けるのか?」や「保証会社の審査無しで利用できるカードローンはどこなのか?」など気になることも出てくるはずです。

わからないことをそのままにしておくのは案外危険ですから、気になったことは早目に解決しませんか?

今回はそんな疑問を解消する為に「保証会社」についての情報をチェックしてみました。

もちろん「ダイレクトワンの利用に保証会社の審査が必要なのか?」という疑問にもお答えします!

保証会社とは

「保証会社」とは、もしも借入を行った皆さんの身に何かトラブルが起きてしまい返済が滞ってしまった時には「借入先に対して返済を代わりに行ってくれる存在」です。

担保や保証人の代わりと言えるかも知れません。

この保証が無かったとしたら、カードローン会社は返済が滞ってしまうと大損ということになり兼ねません。

でも保証会社が間に入っていれば万が一の時には支払いを行ってくれるので、大きな心配をせずに済みお金を貸しやすくなるわけです。

ですが、支払いを代わりに行うことが頻繁にあっては保証会社にとって大きな負担になってしまいます。

そこで「きちんと支払いを行ってくれそうかどうか?」と保証会社も皆さんを審査するのです。

保証会社があれば担保も保証人も不要

保証会社なんて無ければ審査を受ける手間が省けるのにとお思いかも知れませんが、保証会社があることで「担保・保証人不要」となっているとも考えることができます。

実際、多くの方は担保や保証人と言われても思い付く物件や人物が無いということがほとんどではないでしょうか?

そう考えると担保や保証人を用意するよりも手間は少なくて済むはずですので、これは思ったよりも大きなメリットと言えますね。

一度に2箇所の信頼を失いかねない

申し込み先と保証会社の両方の審査に通らないといけないのは気持ち的には大きなプレッシャーになるかも知れません。

ですが保証会社の審査がずば抜けて厳しいということはありませんので、そこまで心配しなくて大丈夫です。

それよりもデメリットとなり兼ねないのは「保証会社に支払いをしてもらった場合には借入先と保証会社両方から信用を失う」ということです。

信用情報機関に金融事故として履歴が残るのはもちろんですが、信用を失った2箇所で今後サービスを受けるのが難しくなってしまう可能性は大きくなります。

また保証会社が代わりに支払いを行った後は、保証会社から一括で支払いを求められます。

決して返済義務が無くなるわけではないので要注意です。
ですが問題なく返済を続ければ、そんなデメリットを受けることになる心配はありませんよ。

ダイレクトワンも保証会社の審査はある?

さて、ここからがある意味本題と言えるかも知れません。

皆さんがこれから申し込みを検討しているダイレクトワンは保証会社の審査を受ける必要があるかどうかですが、先に答えを書いてしまえば「保証会社の審査は不要」となっています。

そして保証会社の審査が不要でありながらも「担保・保証人不要」となっています。

つまり審査はダイレクトワンだけで受ければ良く、面倒な保証人などの準備をしなくて済むということです。

これなら申し込みがしやすいですね。

銀行カードローンでは保証会社の審査があります

スルガ銀行グループのダイレクトワンが保証会社の審査が不要となると「どんなカードローンなら保証会社の審査が必要になるの?」という疑問が湧くのではないでしょうか?

その答えは「銀行カードローンの場合は必要」となります。

現在は様々な銀行がカードローンを取り扱っていますが、銀行でカードローンを申込む際には保証会社の審査が必要になると考えてほぼ間違いはありません。

ダイレクトワンは「スルガ銀行グループ」のカードローンではありますが、実際には「消費者金融」に分類されます。

ですから、審査はダイレクトワンだけでOKなんです。

なぜ銀行カードローンは保証会社の審査が必要?

消費者金融は保証会社の審査が不要なのに、銀行カードローンは必要になるというのは何とも不思議な感じがしませんか?

これは「無担保無保証での融資」において消費者金融のノウハウが優れているからというのが1つの理由です。

銀行カードローンが劣っているわけではなく、消費者金融が優れているので保証会社を他に必要としていないのです。

「お金を借りるなら銀行が安心!」と思っている方は多くいらっしゃるはずですが、カードローンにおいては少し違うかも知れませんね。

保証会社の審査が無いので手軽!

ダイレクトワンは「担保も保証人も不要」でありながら「保証会社なし」なので、手軽に利用することができます。

でも保証会社が無いことで逆に不安を感じる方も少なくないかも知れませんが、実際には無ければないで構わないものです。

なぜなら「保証会社があるからといって金融事故にならないわけでも、返済が滞った時に支払い義務が無くなるわけでもない」からです。

それなら、保証会社の審査を省ける方が便利と言えるのではないでしょうか?

ダイレクトワンは保証会社もしています

実はダイレクトワンは消費者金融でありながら保証会社としても活動しているんです。

スルガ銀行には「リサーブドプラン」という銀行カードローンがありますが、この保証会社の1つがダイレクトワンなのです。

自らが保証会社だから、他の保証会社を利用する必要がないということにもなりますね。

銀行カードローンに対して保証会社としての業務を行っていることは、金融機関として信用できる証と言えるのではないでしょうか?

保証会社をしている消費者金融は他にも

ダイレクトワンの様に、消費者金融や信販会社としてカードローンを取り扱いながらも銀行カードローンの保証会社としても活動している会社は他にも幾つもあります。

例えば三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の保証会社はアコムですし、オリエントコーポレーションはみずほ銀行カードローンの保証会社になっています。

  • 三井住友銀行カードローン・・・SMBCコンシューマ-ファイナンス
  • りそな銀行カードローン「プレミアム、りそなクイック」・・・オリックス・クレジット
  • セブン銀行カードローン・・・アコム

などなど色々な消費者金融や信販会社が、保証会社としての業務も行っています。

銀行グループ+保証会社だから頼りになる!

ここまで何度か書いた通りダイレクトワンは「スルガ銀行グループのカードローン」です。

やはり銀行グループであるということは大きな安心感を与えてくれますよね。

個人情報の保護などもしっかりしていますし、サービスも行き届いており不満無く利用することができます。

ダイレクトワンの場合はそれにプラスして保証会社としての役割も果たしていますので、「金融機関としても一流」と言えます。

「銀行グループ+保証会社」のカードローンであるダイレクトワンなら安心感も抜群で大変頼りになります。

どこのカードローンを選ぶか悩んでいる方も、この商品を選べば問題ありません。